エクセル テーブル 使い方。 COUNTA関数の使い方~データの件数を数えるには [エクセル(Excel)の使い方] All About

What

エクセル テーブル 使い方

Excel 2016でのテーブル機能の使い方:エクセルの使い方• Excel 2016でのテーブル機能の使い方 スポンサードリンク• データリスト内のセルを1つ選択した状態で、[挿入]タブの[テーブル]をクリックします。 「テーブルに変換するデータ範囲を指定してください」のデータ範囲が適切なのを確認します。 適切でないときは正しい範囲を指定します。 「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックが入っているのを確認します。 先頭行が見出しでない場合はチェックを外します [OK]ボタンをクリックします。 データ範囲がテーブルに変換され、書式も追加されました。 テーブルツール リボンが表示され、テーブル名に「テーブル1」と表示されました。 テーブルツールの[デザイン]タブのテーブル名のボックス内でテーブルの名前を変更することができます。 [数式]タブの[名前の管理]を実行します。 [閉じる]ボタンをクリックします。 テーブルの名前を付ける場合注意が必要です。 名前の先頭に数字があったり、名前の中に括弧を使ったりすることはできません。 名前の規則に合致していない場合は、下図のような警告が表示されて修正を求められます。 テーブルのスタイルを設定して、見やすいテーブルを作成してみたいと思います。 テーブル内のセルを1つ選択して、テーブルツール リボンを表示します。 [デザイン]タブのテーブル スタイルのオプション でテーブルのスタイルを設定することができます。 下図では「縞模様 行 」のチェックを外しました。 すると、テーブルスタイルのギャラリーが行の縞模様がないものに変化しました。 下図では「縞模様 行 」のチェックを入れました。 すると、テーブルスタイルのギャラリーが1行ごとに縞模様が付きました。 下図では「縞模様 行 」のチェックを外し、「縞模様 列 」のチェックを入れました。 すると、テーブルスタイルのギャラリーが1列ごとに縞模様が付きました。 スタイルギャラリーからテーブルのスタイルの「緑、テーブルスタイル 中間 7」を選択しました。 テーブルのスタイルが「緑、テーブルスタイル 中間 7」に設定されました。 1行ごとに色がついていて見やすいと思います。 ちなみに、テーブルスタイルのオプションで「見出し行」にチェックを入れてありますので、テーブルの先頭行の書式は他の行とは異なります。 データを連続して入力する場合• データの入力時に[Tab]キーを使うと、右のセルへ移動や、行の最終では新しい行の追加ができますので便利です。 テーブルに連続してデータを入力するときは、右下のセル 最終のデータ を入力するときに [Tab]キーを押します。 テーブルに、次の行が挿入されます。 書式も設定したものが自動で付けられます。 テーブルの右下にテーブルの領域が操作できるハンドルが表示されますので、テーブルの領域 セル範囲 を確認することができます。 なお、追加された行にはデータ行に数式がある場合はその数式がコピーされます。 他の作業からデータの入力作業を行う場合• 他の作業を行った後で、テーブルにデータを追加するケースです。 下図は最終行の次の行にデータを入力し、[Tab]キーを押した状態です。 テーブル範囲が自動で拡張されました。 入力したB12セルの右下に「オートコレクトのオプション」ボタンが表示されます。 これはテーブルの自動拡張をする機能がオートコレクトの機能であるからです。 自動でテーブルを拡張したくない場合はここで機能をオフにします。 オフにしている場合、オンにするにはExcelのオプションで設定する必要があります。 [ファイル]タブをクリックして、バックステージビューで[オプション]を選択します。 Excelのオプションで[文章校正]を選択し、[オートコレクトのオプション]ボタンをクリックします。 オートコレクトのダイアログボックスが表示されますので、[入力フォーマット]タブを選択し、「テーブルに新しい行と列を含める」にチェックを入れます。 行を挿入したい行を選択します。 テーブルの左端にマウスポインタを合わせて、右矢印の状態でクリックしてテーブルの行を選択します。 または、挿入したい行のセルを選択します。 [ホーム]タブの[セルの挿入]ボタンをクリックします。 セルの挿入ボタンの上の部分をクリックします• テーブルに1行が追加されました。 テーブルに複数行を挿入する• 複数行を挿入したい場合は、挿入したい行から複数行を選択します。 テーブルの左端部にマウスを合わせ右矢印のマウスポインタで下方向へドラッグして、複数行を行選択します。 複数のセルを選択します。 右クリックメニューを使って、複数セルの選択からテーブルの行を挿入することができます。 複数のセルを選択して、右クリックします。 削除する行のセルを選択します。 複数のセルを選択します。 削除したい行のセルを選択し、右クリックします。 テーブル内のセルを1つ選択します。 テーブルツールの[デザイン]タブを選択し、テーブルスタイルでスタイルギャラリーを展開して「なし」を選択します。 テーブルのスタイルがクリアされました。 テーブルツールの[デザイン]タブの[範囲に変換]を選択します。 「テーブルを標準の範囲に変換しますか?」と表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。 テーブルが解除されました。 右下のセルのテーブル領域を操作できるハンドルがなくなりました。 また、テーブルツール リボンも非表示になりました。 スポンサードリンク ||Excel 2016でのテーブル機能の使い方.

次の

What

エクセル テーブル 使い方

表って言った。 テーブルの場所 すると、「テーブルの場所ダイアログボックス」が出てきました。 データ範囲は、エクセルさんが自動で検出してくれていますね。 テーブルの作成ダイアログボックス 1行目を見出し(項目名)にしている場合は、「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックを入れておいてください。 クリックでチェックを入り切りできます。 今回は、チェックをしておきます。 最後に OKをクリックしてください。 チェックを入れてOK これで、ただの表がテーブルに生まれ変わりました! テーブルが設定できた テーブルが使えない、できないときは 残念ながらテーブル、共有されたブックでは使用できません。 ブックの タイトルに[共有]と書かれていないか、確認してみてください。 タイトルに[共有]と書かれていないか確認 [共有]と書かれていた場合、ブックの共有を解除しないとテーブルは使用できません。 >> ちなみに「テーブル1」というテーブルの名前は、自由に変えられます。 テーブル内をどこでもいいのでクリックすると、タブの一番右に「テーブルツール デザイン」というタブが現れます。 ここに、 好きな名前を入力すればOKです。 テーブル名の場所 数式を変えると、列すべてに反映される 計算式や関数が間違っていた場合、修正したらほかのセルにコピペしないといけません。 しかし、テーブルに変換すれば、 自動で列の数式をすべて変えてくれます。 セルB2をクリックして、数式バーの一番右に書かれた「"ヶ月"」を「"か月"」に変更し、エンターキーを押してください。 式の一部を修正すると すると、セルB2だけしか変えていないはずなのに、B列すべてが「"か月"」に変りました! 修正が列すべてに反映された 「やべ、ミスってるわ……」というときでも一か所修正するだけでOKですね。 【Excel・エクセル】テーブルの使い方 上記のメリットだけでも便利ではありますが、さらに便利な活用方法がありますよ! テーブルにデータを追加する テーブルに新しくデータを追加してみましょう。 データを追加してみると エクセルさんが「あ、テーブルにデータが増えたぞ」と認識して、自動で行を追加してくれました。 自動で行が追加された セルA9に日付を入れただけなのに、B列やD列に何か書かれていますね? これは、B列とD列には関数を使った数式を入れていたので、エクセルさんが気を遣って自動でオートフィルしてくれたから。 また、E列はプルダウンメニューを設定していましたが、こちらもしっかり引き継がれています。 プルダウンメニューも引き継がれている データを追加すると、 その上のセルの状態をそのまま引き継いでくれるんですね! >> ちなみに、テーブルの右下にある濃い色の点、気になりませんでしたか? 右下に点のようなものが ポインタをこの点に当てると、ポインタの形が斜めの矢印に変りました。 ポインタの形が変わった これをクリックしてそのままドラッグすると、緑の枠線が出てきます。 緑の枠線分だけ行や列を追加できる この緑の枠線の分だけ、行や列が追加できます。 もちろんオートフィルされた状態で! データを入力しなくても追加できる テーブルの色を変える テーブルを設定したときは、青を基調としたカラーリングになっていますが、毎回同じ色味ってのもねぇ……という場合、色やスタイルを変えられます。 まず、 テーブル内のどこでもいいのでクリックます。 クイックスタイルの場所 >> テーブルから行や列を削除する いらない行や列をデリートキーで消しても、テーブル範囲は残ったままです。 消したい方を選ぶ テーブルの解除方法 やっぱりテーブルじゃなくていいや……という場合は、テーブルを解除しましょう。 解除したい テーブル内をどこでもいいのでクリックすると、タブの一番右に「テーブルツール デザイン」というタブが現れます。 範囲に変換の場所 テーブル機能を外して本当にいいんですか?と聞かれるので、良ければOKをクリックしてください。 テーブルを標準の範囲に変換しますか? これで、テーブル機能はきれいさっぱりなくなりました。 普通の表に戻った 書式は残ったままなんだね。 テーブルスタイルで適応された書式を解除するには、二つの方法があります。 テーブル解除前の場合 まず、 テーブル内のどこでもいいのでクリックます。 その他の場所 出てきたメニューから、 一番下にある「クリア」をクリックすれば、書式が解除されます。 クリアで書式を解除 テーブル解除後の場合 テーブルを解除するとデザインタブは使えません。 出てきたメニューから「書式をクリア」をクリックすれば、書式が削除されます。

次の

Excelのテーブル機能の使い方まとめ

エクセル テーブル 使い方

エクセルのテーブル機能 ここでは、エクセルのテーブル機能と設定方法について紹介いたします。 テーブル機能とは Excelにはテーブル機能というものがあります。 テーブル機能を使うことで、Excelに一覧表ということを認識させることができ、認識させることで データの追加や管理がしやすくなる など 一部の機能をよりスピーディーに使う ことができます。 テーブル機能の設定はすぐにできますので、テーブルにできる一覧表は、極力テーブルにした方が作業がしやすくなるでしょう。 テーブル機能の設定方法 表をテーブルしたい場合は、該当する一覧表のどこかをクリックして選択した状態で、ホームタブにある 「テーブルとして書式設定」 を選択します。 「テーブルとして書式設定」を選択すると、どんな形のテーブルにしたいか一覧が表示されますので、任意のデザインを選びます。 デザインは好みに合わせて、もしくは、表の内容に合わせて選ぶようにしましょう。 デザインを選択すると、一覧表の範囲の確認がありますので、範囲を確認したうえで「OK」をクリックします。 これで、テーブル機能の設定の完了です。 テーブル機能を設定する際は、他の表との間に1つ以上のセルの空白を空けたうえでおこなうようにしましょう。 テーブル機能の便利な使い方や機能 テーブル機能を設定することで、どのような便利なことができるのでしょうか?ここでは、テーブル機能の便利な使い方や機能について紹介いたします。 1行ごと色が変わるので見やすくなる 一覧表にテーブル機能を設定することにより、1行おきに色が変わるので、色のない表に比べ見やすくなります。 テーブル機能の設定の際に、デザインも自分で選べますので、自分好みの見やすい表が出来あがります。 スタイルを変更することもできる テーブル機能を設定した際に指定したスタイルを変更することもできます。 途中でデザインを変えたくなった場合は、再度スタイル変更をしてみましょう。 選べるデザインは 60種類以上 ありますので、気分や用途に合わせてデザインを変更することができます。 テーブルの表の行や列を増やす テーブル機能を設定した表の行や列を増やすこともできます。 行を増やしたい場合は、表の右下の端のセルを選択した状態で「Tab」を押すだけで、新しい行が追加されます。 新しく追加された行も自動的にデザインが施された状態となっています。 「Tab」キーのみで素早く簡単に行の追加ができますので、作業を止めることがありません。 表に列を追加したい場合は、見出しを入力するだけで新しく列が追加されます。 文字入力だけで新しく列が追加されデザインも施してある状態になります。 テーブル設定をしていない表では、行や列を追加すると縞模様が崩れてしまいますが、テーブル設定をしていると、デザインが崩れることなく追加していくことができます。 Androidでインターネットを... 403,951件のビュー• Android端末を利用している... 377,001件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 328,985件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 287,415件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 237,246件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 227,982件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 225,890件のビュー• Windowsを利用していると「... 218,645件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 209,397件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 192,012件のビュー.

次の