特 茶 スマート シューズ。 特茶オリジナルスマートウォッチ等が当たる「新・特茶デビュー」キャンペーンを実施

「伊右衛門 特茶」でスマートシューズが1000人に当たる、「LINEで参加!動くを、楽しく!」キャンペーン開催

特 茶 スマート シューズ

0」は、足をシューズに入れるだけで、足のサイズに合わせて自動で靴紐が締まる「自動シューレース調整システム」を搭載し、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場する未来のスニーカーのようだと注目を集めました。 しかし、定価は81,000円(税込)と高額で、なかなか手に取る機会はなかったかもしれません。 そんな未来のスニーカーに続く商品「アダプトBB」が2019年4月に発売されました。 ナイキの新作バスケットボールシューズである「アダプトBB」は、自動靴紐調整システムを搭載しながら、価格はHyperadapt 1. 0の約半額という、ファン待望の商品です。 ナイキ アダプトBBの仕組み アダプトBBの定価は37,800円(税込)で、2019年4月5日から販売が開始されました。 ナイキが運営するスニーカー専用ECサイト「SNKRS(スニーカーズ)から購入することができます。 「自動靴紐調整システム」を謳うアダプトBBですが、実際にはスリッポンタイプで、靴紐はありません。 本体のボタンを押すと、内部のモーターとギアが足の圧力を感知して、自動でシューズの締め付けを調整します。 足の甲の部分だけでなく、足首の後ろ側もサイズに合わせて締まり、足全体をしっかりホールドします。 左右それぞれの足に合わせて異なる調整がされるので、まるでオーダーメイドのようなフィット感です。 また、専用のスマートフォンアプリ「ナイキ アダプト」を使って自分好みにサイズを微調整することも可能です。 自分の好きなフィット感になる設定を複数登録しておくことができるので、プレイ中、休憩中など、シーンに合わせて異なるフィット感でシューズを履くことができます。 ナイキによると、バスケットボール選手は試合中に足のサイズが1サイズ分も広がることがあるといいます。 最初はぴったりだったシューズが、試合中にはきついと感じるようになっても、アダプトBBならわざわざ靴紐を結び直す必要はありません。 本体のボタンあるいはスマートフォンアプリから、その瞬間の足に合わせたフィット感を瞬時に手に入れられるのです。 他にも、スマートフォンアプリからバッテリー残量の確認をしたり、ミッドソールライトの色を14色から選んで変更したりすることができます。 黒と白のシンプルなデザインのアダプトBBですが、ライトの色を差し色にしてウェアとのコーディーネートを楽しむのも良いですね。 アダプトBBはワイヤレス充電に対応していて、専用の充電マットの上に3時間本体を置くだけでチャージが完了します。 バッテリーの容量が505mAhもあるため、1回の充電で10日から20日ほど使用できるといいます。 着用中にバッテリーが切れてしまっても、締め付けを緩めて脱ぐことはできるので、シューズが脱げなくなる心配はありません。 アダプトBBは高機能にも関わらず、非常に軽量化されています。 インソールの下にジャイロスコープ、加速度センサー、圧力センサー、Bluetoothモジュール、バッテリー、モーターなど、様々な部品が詰め込まれているにもかかわらず、重量がたったの57g程度とは驚かずにいられません。 防水・防塵機能も備えています。 ナイキが行ったプロダクトテストでは、3分間に約300リットルの水をシューズに浴びせても問題がないとされています。 ナイキ アダプトBBの3つのモード スマートフォンアプリから、シーンに合わせて異なるフィット感を登録・保存しておくことができるアダプトBBですが、プリセットでは「ゲーム」「ウォーミングアップ」「ストリート」という3つのモードが用意されています。 それぞれのモードの設定や名称は、自分で変更することが可能です。 本格的なバッシュ性能でさらなる可能性を引き出す アダプトBBは、抜群のフィット感を実現するだけでなく、NBAトッププレーヤーの意見を取り入れ、バスケットボールのプレイに特化した設計になっています。 ナイキは2018年に、将来有望な若手バスケットボール選手を集め、アダプトBBを着用してのテスト試合を行いました。 年間新人王候補と噂されるダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチや、サクラメント・キングスのデアーロン・フォックスなど、10人ほどの選手たちが皆、アダプトBBの履き心地を気に入って、なかなか脱ぎたがらなかったそうです。 このようにバスケットボールシューズとしても非常に優秀な一足ですが、足の幅が狭くなかなか合う靴が見つからない筆者としては、普段使いのスニーカーとしても注目しています。 足の幅や甲の厚さにピッタリフィットしてくれるアダプトBBなら、どこまでも元気に歩いていけそうです。

次の

ORPHE TRACK|ORPHE

特 茶 スマート シューズ

0」は、足をシューズに入れるだけで、足のサイズに合わせて自動で靴紐が締まる「自動シューレース調整システム」を搭載し、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場する未来のスニーカーのようだと注目を集めました。 しかし、定価は81,000円(税込)と高額で、なかなか手に取る機会はなかったかもしれません。 そんな未来のスニーカーに続く商品「アダプトBB」が2019年4月に発売されました。 ナイキの新作バスケットボールシューズである「アダプトBB」は、自動靴紐調整システムを搭載しながら、価格はHyperadapt 1. 0の約半額という、ファン待望の商品です。 ナイキ アダプトBBの仕組み アダプトBBの定価は37,800円(税込)で、2019年4月5日から販売が開始されました。 ナイキが運営するスニーカー専用ECサイト「SNKRS(スニーカーズ)から購入することができます。 「自動靴紐調整システム」を謳うアダプトBBですが、実際にはスリッポンタイプで、靴紐はありません。 本体のボタンを押すと、内部のモーターとギアが足の圧力を感知して、自動でシューズの締め付けを調整します。 足の甲の部分だけでなく、足首の後ろ側もサイズに合わせて締まり、足全体をしっかりホールドします。 左右それぞれの足に合わせて異なる調整がされるので、まるでオーダーメイドのようなフィット感です。 また、専用のスマートフォンアプリ「ナイキ アダプト」を使って自分好みにサイズを微調整することも可能です。 自分の好きなフィット感になる設定を複数登録しておくことができるので、プレイ中、休憩中など、シーンに合わせて異なるフィット感でシューズを履くことができます。 ナイキによると、バスケットボール選手は試合中に足のサイズが1サイズ分も広がることがあるといいます。 最初はぴったりだったシューズが、試合中にはきついと感じるようになっても、アダプトBBならわざわざ靴紐を結び直す必要はありません。 本体のボタンあるいはスマートフォンアプリから、その瞬間の足に合わせたフィット感を瞬時に手に入れられるのです。 他にも、スマートフォンアプリからバッテリー残量の確認をしたり、ミッドソールライトの色を14色から選んで変更したりすることができます。 黒と白のシンプルなデザインのアダプトBBですが、ライトの色を差し色にしてウェアとのコーディーネートを楽しむのも良いですね。 アダプトBBはワイヤレス充電に対応していて、専用の充電マットの上に3時間本体を置くだけでチャージが完了します。 バッテリーの容量が505mAhもあるため、1回の充電で10日から20日ほど使用できるといいます。 着用中にバッテリーが切れてしまっても、締め付けを緩めて脱ぐことはできるので、シューズが脱げなくなる心配はありません。 アダプトBBは高機能にも関わらず、非常に軽量化されています。 インソールの下にジャイロスコープ、加速度センサー、圧力センサー、Bluetoothモジュール、バッテリー、モーターなど、様々な部品が詰め込まれているにもかかわらず、重量がたったの57g程度とは驚かずにいられません。 防水・防塵機能も備えています。 ナイキが行ったプロダクトテストでは、3分間に約300リットルの水をシューズに浴びせても問題がないとされています。 ナイキ アダプトBBの3つのモード スマートフォンアプリから、シーンに合わせて異なるフィット感を登録・保存しておくことができるアダプトBBですが、プリセットでは「ゲーム」「ウォーミングアップ」「ストリート」という3つのモードが用意されています。 それぞれのモードの設定や名称は、自分で変更することが可能です。 本格的なバッシュ性能でさらなる可能性を引き出す アダプトBBは、抜群のフィット感を実現するだけでなく、NBAトッププレーヤーの意見を取り入れ、バスケットボールのプレイに特化した設計になっています。 ナイキは2018年に、将来有望な若手バスケットボール選手を集め、アダプトBBを着用してのテスト試合を行いました。 年間新人王候補と噂されるダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチや、サクラメント・キングスのデアーロン・フォックスなど、10人ほどの選手たちが皆、アダプトBBの履き心地を気に入って、なかなか脱ぎたがらなかったそうです。 このようにバスケットボールシューズとしても非常に優秀な一足ですが、足の幅が狭くなかなか合う靴が見つからない筆者としては、普段使いのスニーカーとしても注目しています。 足の幅や甲の厚さにピッタリフィットしてくれるアダプトBBなら、どこまでも元気に歩いていけそうです。

次の

サントリー特茶キャンペーン2020

特 茶 スマート シューズ

歩行分析から行動変容までの概念図 この仕組みは、no new folk studioが開発したスマートシューズプラットフォーム「ORPHE TRACK」と、ZEROBILLBANK JAPANのインセンティブポイントプログラム「Yume Coin」を組み合わせ、歩行異常を早期発見する仕組みと、それを改善する行動を推進する仕組みを開発した。 ORPHE TRACKの各種センサーによって、歩幅や歩行速度、移動距離だけでなく、通常の万歩計やスマートフォンアプリでは測定できないような、足の着地角度や持ち上げた足の運び方などを3次元的に分析する。 分析結果によって推奨された運動などに「Yume Coin」のインセンティブポイントを設定。 効果検証のため、2018年8月から一般の人の協力を得て実証実験を進める。 実証実験を通じて、認知症などの発症前の各ステージにおける歩行の特徴の詳細を分析し、予防や未病に役立てる仕組みを検討するとしている。 関連記事• 大林組とNTT ComがIoT活用の実証実験を開始する。 大林組とNTT ComがIoT活用の実証実験を開始する。 日立は、スマートフォンに内蔵されている加速度センサーを利用して、人の幸福感や組織の活性度を計測する技術を開発した。 関連リンク•

次の