三国志 three kingdoms キャスト。 三国志~趙雲伝~

中国(華流)ドラマ【三国志 Secret of Three Kingdoms】相関図とキャスト情報

三国志 three kingdoms キャスト

2010年10月28日 22時48分 呂布と貂蝉はどのように演じられたのか、「三国志 Three Kingdoms」で演じたピーター・ホーとチェン・ハオのインタビュー 壮大な規模で製作された が10月27日からレンタル開始となりました。 12月にはDVD-BOX 前編 の発売も行われます。 今回は、このドラマの中で、三国志最強の武将との呼び声高い呂布を演じたピーター・ホーさんと、中国四大美女の1人であり呂布の思い人でもある貂蝉を演じたチェン・ハオさんのインタビューをお届けします。 どちらも人気の高い武将・女性ですが、彼らはどのようにこの役を演じたのでしょうか。 詳細は以下から。 Q: まずはピーター・ホーさんにお伺いします。 脚本を読んだ時の呂布に対する印象はどうでしたか? ピーター・ホー(以下、ホー): 呂布というと領土のために戦う姿ばかりがフォーカスされがちですが、今回の呂布にとっては貂蝉への愛がすべてです。 乱世の中での呂布と貂蝉の純愛は得難いものだと思いました。 呂布のような大将軍は多くの美女と出会っているはずですが、美しさだけでなく、貂蝉の心や性格、賢明さに呂布は惹き付けられたんだと思います Q: どのように役作りしていきましたか? ホー: 資料や本をたくさん読んで「三国志」の専門家の方にも話をうかがいました。 これまでとは違う呂布のイメージにしたかったので、なぜ呂布は忠義の心を持っていないのか、専門家の方に質問しながら相談していきました。 そして、人の意見にすぐ左右され、決定を覆してしまう、単純な性格の持ち主という設定にしました。 Q: ドラマの中で演じられた劉備、関羽、張飛との1対3の戦いはすごい迫力でした。 この撮影のために特別なトレーニングを積まれたのでしょうか? ホー: 呂布には方天戟(ほうてんげき)という有名な武器があるので、撮影前にその特訓を受けました。 馬の上で扱うのには苦労しましたね。 バランスをとらないといけないし、間違って馬に当ててしまったら馬が暴れてしまいますから。 1対3で戦うのはすごく神経を使うので、他のシーンの倍以上疲れました。 Q: 「三国志」の中で好きなエピソードはなんですか? ホー: 呂布が貂蝉と死に別れるシーン、趙雲が劉備の子供を助けに行く長坂の戦い、そしてやっぱり赤壁の戦いですね。 「三国志」は男たちの国取り合戦がメインに描かれていますが、呂布と貂蝉の別れのシーンでは、男の心の弱い部分が描かれています。 愛する女性に弱さを見せる、とても感動的なシーンだと思います Q: 呂布以外に演じてみたいと思った登場人物はいましたか? ホー: 曹操はすごく興味深い人物だと思います。 我慢する時は我慢し、野心をむき出しにする時はとことん野心的になる。 理想を実現するためには多少の汚いことでもやる人間ですが、信念を貫く強さを持っています。 俳優は、そういう複雑さを持った人物をやってみたいと思うものなんですよ。 Q: この「三国志 Three Kingdoms」は25億円もの製作費が費やされ、高視聴率を記録した作品です。 中国ドラマの活況の理由はどこにあると思いますか? ホー: 人口の多さがパワーになっていると思います。 今は多くの富裕層が生まれていて、彼らはお金だけでなく影響力を欲しているからメディアに投資するんです。 視聴者や観客の数も多いですし、ドラマを作ったら、それを複数のテレビ局に売ります。 そうするとすぐに製作費も回収できるんです。 Q: これまでに日本の作品に出演されたこともありますが、今後も海外進出は考えていますか? ホー: 日本のマネージメント会社がいつも日本の映画会社やテレビ局との交渉をしてくれています。 英語圏の作品に出ようと思ったことはないですけど、日本の作品にはまた機会があれば出たいですね。 アジアにはチャンスが多いので、これからもアジアでがんばっていきたいです。 Q: 続いては、チェン・ハオさんへのご質問です。 ハオさんが貂蝉役に決定したいきさつと、演じてみての感想を教えて下さい。 チェン・ハオ(以下、ハオ): 高希希 ガオ・シーシー 監督から直接オファーをいただきました。 お話をいただいた時は、素直にうれしかったです。 今までと違い、本作の貂蝉は情感豊かで人間らしく知恵のある賢い女性として描かれていると思います。 貂蝉は中国四大美女の1人とされていて、見ている人が皆それぞれの貂蝉像を持っていると思うので、演じるときはプレッシャーも感じました。 勇敢な女性として、自分なりの貂蝉を演じられたと思います。 Q: 貂蝉を演じるうえでの役作り、心がけた点などはありますか? ハオ: 侍女から頭角を現して董卓を誘惑するようになるまでの過程で、初めはすっぴんに近くて素朴な感じなのですが、だんだんと化粧も濃くなり、男性を誘惑していくようになるというのは、設定から監督ともお話をしました。 また作品の中で披露している踊りと歌の稽古をして、漢の時代の礼儀や所作を表現できるように心がけました。 Q: 「三国志」は中国以外の国でも人気のある物語ですが、その普遍性はどういったところにあると思いますか? ハオ: 「三国志」には現代に置き換えても通用するエピソードがたくさんあると思います。 兵法とか道理とか、政治やビジネスの世界に置き換えても通じるというところから、時代や国を超えて支持され続けているのだと思います。 Q: ご自身で演じられた役以外に好きな「三国志」の武将はいますか?そして、その理由は何ですか? ハオ: 諸葛孔明ですね。 知略がすごく、賢い男性は好みでもあります(笑)。 今回貂蝉の相手役だった呂布はいわゆる肉食系のパワフルな武将なので、呂布と諸葛孔明の良いところを足して割ったような人がいたら理想ですね! Q: ご自身が「三国志」の中で好きなエピソードはありますか? ハオ: (貂蝉が董卓と呂布の仲を裂いた)「連環の計」ですね。 心理的にドキドキする駆け引きがあり、緊迫感がたまりません! ホーさんが演じた呂布は三国志に登場する武将の中でも特に強い武将として名を挙げられる武将であり、貂蝉は当時専横を極めていた董卓とその養子として他の人間から董卓を守っていた呂布との仲を裂いた女性。 いずれも物語序盤のキーキャラクターです。 方天戟を手に馬を駆る呂布。 この剣舞はいったいどこで披露されるものなのでしょうか。 これまでのドラマを遙かに上回る規模で制作されたドラマ「三国志 Three Kingdoms」は、10月27日からDVDのレンタルがスタート。 12月10日には前編のDVD-BOXが発売されます。 かなりの大作なので一度何らかの機会に見ておくのもよいのではないでしょうか。 sangokushi-tv. com.

次の

映画『三国志 Three Kingdoms』作品情報(あらすじ・キャスト)

三国志 three kingdoms キャスト

MENU MENU• 三国志 Three Kingdoms 登場人物 三国時代(中国)は、黄巾の乱の蜂起(184年)による漢朝の動揺から、西晋による中国再統一(280年)までを指す。 229年までに魏(初代皇帝:)、(蜀漢)(初代皇帝:)、呉(初代皇帝:)が成立、中国国内に3人の皇帝が同時に立った。 三国時代については、陳寿が著した『 三国志 』、明代に書かれた『 三国志 演義 』に記されている。 当作は、100年余りの混乱の時代、・三国時代から普の中国統一までの物語。 (中国全土)の中、物語は189年 皇帝の霊帝が崩御し、14歳の劉弁(後漢の第13代皇帝・少帝弁)が即位したが、朝廷の実権を手にした董卓は少帝を廃して陳留王(後漢の最後の皇帝・献帝)を皇帝につけたところからはじまる。 曹操(そうそう): 君主 155年〜220年。 袁紹(えんしょう)を官渡の戦いで破り、天下統一に乗り出す。 赤壁の戦いで孫権と劉備の連合軍に大敗を喫するが、依然として最大の勢力を誇る。 才人・司馬懿を見出し、後継者の育成に当たらせる。 字は孟徳(もうとく)、第1話から登場する前半の主人公。 本作においては従来の悪漢というイメージよりも、合理主義精神に富む現実主義者という描かれ方になっている。 メモ : 曹家は名臣曹参の裔を称しており、父の曹嵩が三公である太尉であったものの、祖父の曹騰が宦官である事から常に士大夫層からその事を馬鹿にされていた。 袁紹(えんしょう)の幕下にいた陳琳(ちんりん)は、曹操との戦いに向けた檄文の中で、曹操を「贅閹の遺醜」(「宦官という卑しい存在の倅」という意味)と罵倒している。 このように、曹操の血筋や家柄は、彼の敵手であった袁紹(えんしょう)・袁術ほど、他者に大きく先行するものではなかった。 曹丕(そうひ) 187〜226年。 曹操の嫡長子。 庶兄二人が世を去り、母が正室となって後継者となる。 曹操亡き後魏の初代皇帝の座に就く。 荀彧(じゅんいく): 軍師 163〜212年。 袁紹(えんしょう)を見限り、曹操のもとに身を寄せた政治家、軍師。 曹操にさまざまな策を授け、中原平定を補佐した。 冷静沈着であり、幾度となく窮地を救う。 漢室をたすける立場を貫き、魏王となる曹操と対立。 自死する。 張遼(ちょうりょう) 169〜224年。 呂布の最初の義父である丁原(ていげん)、異母妹が霊帝の皇后の何氏である何進(かしん)、呂布と主君を失い続け、最後は曹操の配下となる。 五将軍の筆頭として活躍した武将。 曹嵩(そうすう) 曹操の父。 大尉まで上り詰める。 193年、陶謙の配下に殺される。 曹洪(そうこう) 曹仁と共に曹操に仕えた武将。 曹操の危機に馬を譲り、曹操を救った。 夏侯淵(かこうえん) 曹操の従兄弟。 奇襲攻撃を得意とし、官渡の戦いでは大活躍した。 夏侯惇(かこうとん) 、夏侯淵の従兄弟。 曹操の右腕として活躍した隻眼(せきがん)の武将。 程昱(ていいく) 曹操の参謀。 劉備を殺すように進言するが聞き入れられなかった。 徐晃(じょこう) 関羽の軍を破るなど活躍した武将。 曹丕の時代には右将軍となる。 楽進(がくしん) 最初は記録係として仕え、後に五将軍に挙げられるほど出世した。 陳珪(ちんけい) 徐州の高官。 曹操に呂布を討つようにそそのかした老稽な人物。 陳登(ちんとう) 陳珪の息子。 陳珪に、使者として許の曹操の元に遣わされる。 曹植(そうしょく) 曹操の嫡妻(ちゃくさい)卞(べん)婦人の三男。 詩の才能があり曹操の寵愛(ちょうあい)を受ける。 曹婦人(そうふじん) 曹操の娘。 213年に姉たちと共に献帝に嫁ぎ、後に皇后となった。 司馬懿(しばい):軍師 179〜251年。 代々高官を輩出してきた名門の出で、曹操に見出される。 曹操の死後は、魏の皇帝となった曹丕に重用され、その後も曹叡、曹芳に仕える。 知略に長けており、諸葛亮と激戦を繰り広げる。 第4部から登場する後半の魏の主人公。 字は仲達。 常に曹族からの弾圧を恐れ平身低頭で身を隠すも、大業への志は曲げず最終的に三国を統一する司馬氏の礎を築く。 曹仁(そうじん) 168年〜223年。 董卓討伐の際、千人もの若者を率いて暴れまわり、曹操の配下となった曹操軍きっての名将。 曹操の従弟。 周瑜を計略にはめて毒矢を射る。 曹叡(そうえい) 206〜2239年。 曹丕の長男で、曹丕亡き後魏の第二代皇帝となる。 蜀との戦いの指揮権を司馬懿に委ねる。 許褚(きょちょ) 曹操を警護し続けた巨漢の武将。 曹操軍随一の猛将。 曹操のためなら親をも殺すと曹丕に表される。 馬超との一騎打ちを演じる。 李典(りてん) 武芸よりも学問を好んだ異色の武将。 博望坡(はくぼうは)の戦いなどで活躍。 郭嘉(かくか) 同郷であった荀彧(じゅんいく)の推挙により曹操の配下となった破天荒な軍師。 于禁(うきん) 曹操配下として官渡の戦いなどで活躍。 樊城(はんじょう)の戦いで関羽に降伏。 蔡陽(さいよう) 曹操の捕虜となった関羽に反感を抱く武将。 後に関羽と戦う。 韓福(かんふく) 洛陽太守。 孟坦(もうたん)の提案を受け、劉備の元へと走る関羽を襲撃する。 孔秀(こうしゅう) 劉備の元へと馬を走らせる関羽を、関所で止めようとする守将。 孟坦(もうたん) 韓福に関羽を討つことを提案した部下。 囮(おとり)となり関羽を罠に誘う。 卞喜(べんき) 元黄巾賊。 関羽を待ち伏せるが、僧侶普浄(ふじょう)によって密告される。 蒋幹(しょうかん) 諜報のため旧友の周瑜の元に赴くが、逆に利用されてしまう。 劉備(りゅうび): 君主 161〜223年。 字は玄徳。 前漢の劉勝(りゅうしょう)の末裔だが、若い頃は草鞋(わらじ)を編んで生計を立てる。 黄巾の乱、董卓討伐で、義兄弟の関羽・張飛と共に功績を挙げる。 人徳があり、軍師諸葛亮を得て、曹操の対抗勢力となっていく。 前半の主人公。 関羽(かんう) 162〜219年。 武力と義理堅さを持つ劉備三兄弟の二弟。 一時、曹操の捕虜となるが曹操さえ感嘆させる高潔な武将。 趙雲(ちょううん) 生年不詳〜228年。 公孫瓚(こうそんさん)(後漢末期の武将)が劉備に随行させた武将。 その後劉備の配下に。 武芸の達人で五虎大将軍(関羽筆頭・趙雲・張飛・黄忠・馬超)のひとり。 黄忠(こうちゅう) 生年不詳〜220年。 五虎大将軍の一人として活躍した老将。 劉備の漢中進出に際して、定軍山(ていぐんざん)で夏侯淵(かこうえん)と戦う。 馬超(ばちょう) 176年〜222年。 曹操を暗殺しようとした馬騰(ばとう)を父に持つ。 曹操の軍に敗れ、劉備の配下に。 五虎大将軍の一人。 諸葛亮(しょかつりょう): 軍師 181年〜234年。 字は孔明。 天才軍師。 弟と晴耕雨読の生活を送っていたが、劉備から「三顧の礼」(目上の人が格下の者に対して三度も出向いてお願いすること。 )を受け軍師となる。 「天下三分の計」(劉備が荊州と益州を領有し、劉備、曹操、孫権とで中国を大きく三分割する。 そして孫権と結んで曹操に対抗し、天下に変事があった際、部下に荊州の軍勢を率いて宛・洛陽に向かわせ、劉備自身は益州の軍勢を率いて秦川に出撃することにより曹操を打倒し漢王朝を再興できる、というもの)を説き、曹操・孫権に対応できる勢力を目指す。 数々の武器や道具を開発した発明家でもある。 張飛(ちょうひ) 167〜221年。 劉備三兄弟の三弟。 劉備と関羽を兄と慕う血気盛んな豪傑。 圧倒的な武力と雷鳴のような怒声で敵を震え上がらせる。 龐統(ほうとう) 178年〜213年。 諸葛亮に誘われ劉備軍配下に。 風采(ふうさい)は上がらぬが、その才は諸葛亮と比され、鳳雛(ほうすう)(鳳凰のひな。 転じて、将来優れた人物になることが期待される少年。 )と呼ばれた。 劉禅(りゅうぜん) 207年〜271年。 劉備と甘夫人との間に生まれる。 幼名は阿斗。 17歳で劉備の後を継いで蜀の二代目皇帝となる。 曹豹(そうひょう) 陶謙死後、劉備の家臣となった武将。 超飛と対立し、呂布を頼る。 孫権(そんけん): 君主 182〜252年。 父・孫堅(そんけん)亡き後、兄孫策(そんさく)も暗殺され、19歳で当主となる。 孫策の盟友であった周瑜を都督(ととく)(称号)に迎え、赤壁の戦いで曹操の大群に勝利する。 222年に呉を建国。 229 年に皇帝の座に就いた。 孫小妹(そんしょうめい) 生没年不詳。 孫策、孫権の異母妹。 劉備を罠にかけるために、孫権が孫小妹との結婚を劉備に提案。 しかし小妹は心から劉備を夫とすることを認め、嫁いでいく。 やがて孫権と劉備の戦いが激化し、呉へと連れ戻される。 陸遜(りくそん) 183〜245年。 かつて孫氏と敵対していた陸氏の出だが、孫権に仕える身に。 荊州(けいしゅう)(現在の湖北省の一帯に相当し、楚の古名もある)の関羽を油断させるための策として、呂蒙に変わって臨時大都督となり、関羽を撃破。 呉へと進行してきた劉備と夷陵(いりょう)の戦いで相対する。 呂蒙(りょもう) 178年〜219年。 若くして孫策の代から仕え、孫権の代になっても周瑜の元で赤壁の戦いなどで功績を挙げる。 魯粛(ろしゅく)にも認められ魯粛亡き後は後任となって兵を率いる。 孫権に荊州を奪うべきだと進言し、関羽と激突する。 韓当(かんとう) 孫堅・孫策・孫権に仕え、孫堅の仇、黄祖との戦いで活躍する。 周瑜(しゅうゆ): 軍師 175年〜210 年。 字は公瑾(こうきん)。 若き日に同い年の孫策と出会い、固い絆を結ぶ。 孫策亡き後は、孫権の配下となり、軍を指揮。 赤壁の戦いを勝利に導くが、それを機に、共に戦った諸葛亮を危険視するようになる。 孫策(そんさく) 175年〜200年。 孫堅の長男。 父を亡くした後、袁術から自立。 江東を制覇するが、26歳の時に暗殺される。 孫堅(そんけん) 156〜192年。 孫策、孫権の父。 黄巾の乱などを鎮圧して名をあげる。 反董卓連合軍の中心人物として活躍する。 黄蓋(こうがい) 生没年不詳。 孫堅亡き後、若い孫策、孫権を支えた老将。 赤壁の戦いでは「苦肉の策」の語源となる作戦を実行。 魯粛(ろしゅく):軍師 172年〜217年。 豪族の家に生まれ、周瑜を援助したことが縁で軍師となる。 外交手腕に優れ、劉備との同盟を実現。 程普(ていふ) 孫堅配下の武将として董卓との戦いで活躍。 呉軍の長老的存在。

次の

呂布と貂蝉はどのように演じられたのか、「三国志 Three Kingdoms」で演じたピーター・ホーとチェン・ハオのインタビュー

三国志 three kingdoms キャスト

あの「三国志」に大胆な設定を加え、新たな物語が誕生した!亡くなった双子の兄である献帝・劉協の身代わりとして、秘かに皇帝に成り代わり漢王朝再興の使命を託された劉平。 天下を揺るがす秘密を抱えながら、乱世を終わらせ民を救うべく、幼なじみの司馬懿、皇后・伏寿と共に、覇王・曹操をはじめ,その軍師・郭嘉など強敵たちとの戦いに足を踏み入れていく。 2020. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 28 BS12 トゥエルビ 視聴者相談センター 年末年始休業についてのご案内• 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 21 本日のプロ野球中継は悪天候のため中止となりました。 2015. 2015. 08 本日のプロ野球中継は悪天候のため中止となりました。 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 03 本日のプロ野球中継は天候不良のため中止となりました。 2015. 31 TwellVサイトリニューアルいたしました.

次の