東京 アパッチ。 7ページ目の[ 東京アパッチ ]

7ページ目の[ 東京アパッチ ]

東京 アパッチ

結成の経緯 [ ] 1976年にたちによるバンド、マイナー・チューニング・バンド(後に「アパッチとマイナー・チューニング・バンド」に改名 )が当時のヒット曲13曲をディスコ風にアレンジしてメドレーにした「ソウルこれっきりですか」(編曲:)をシングル盤として発売。 同曲が最高2位を記録するなど想定されていた以上にヒットしたため、テレビ番組用のダミーのグループ歌手が結成されることになり、音楽学院(現・タレントコース)の生徒の中からオーディションを行いアイドル・グループ「アパッチ」が結成された。 このグループ名は「若さあふれるパンチ」という言葉をもじったものである。 なお、所属事務所の方針でデビュー後しばらくは私服も色違いで着ており、はかけないこと、で仕事場に来たら罰金500円という事務所との約束事があったという。 1981年に解散したが、メンバーの一人のアコは解散理由を「5年間の契約切れ」と話している。 テレビのではアパッチの3人によって歌われたが、レコードの「ソウルこれっきりですか」のボーカルは ()によるものである。 メンバー [ ] アコ 誕生日: 1958-10-11 (61歳)。 1977年当時、趣味として載っていたのは。 中学卒業後、の工場に就職。 しかしなどもあって、1年ほどで退職。 退職後一時女川に戻るが、後に母親と一緒に上京、馬込の店で住み込みで働きながら、日本テレビ音楽学院に通う。 引退後、25歳で結婚。 二人の息子に恵まれるが、41歳の時に夫が他界。 現在、孫が4人いる。 頃から芸能活動を再開 、再開後は芸名を 「亜子」としている。 所属は知り合いの芸能事務所に預かりという形となっている。 、とのユニットで『恋シンボウ』をリリース。 中学生時代はのファンだった。 ミッチー 誕生日: 1958-03-03 (62歳)。 1977年当時、趣味として載っていたのは作り。 解散後、ラジオパーソナリティ、事務職を経て結婚、引退。 引退後、二人の息子に恵まれ、で農家(との農園)の主婦となる。 ヤッチン 誕生日: 1960-12-31 (59歳)。 東京都出身。 1977年当時、趣味として載っていたのは。 「三越ファッションシスターズ」というの専属モデル、OLを経て主婦。 父が遺した会社を手伝っている。 シングル [ ]• () 初代司会の時代、それまでのに代わってアシスタントを担当(10月頃)。 以後3月の最終回までと共にアシスタントを務めた。 2代目司会の時代や3代目司会の時代は、賞品の読み上げも担当した。 () - アシスタント担当• 2代目司会:・(1978年7月 - 12月)• 3代目司会:・(1979年1月 - 6月)• 4代目司会:・(1979年7月 - 1981年3月) 毎回アシスタントを担当していた訳ではないとの説もある。 (TBS) 後期のアシスタントを担当。 オープニング、エンディングのテーマソングも担当。 () - 体操コーナーなど CM出演 [ ]• 「レオナ66」(1978年)• 「ランランスキップ」(1978年) マイナー・チューニング・バンドのシングル [ ] メドレー演奏曲の()内は原曲を歌唱した歌手名。 CBSソニー 06SH95• ソウル それからどうした! CBSソニー 06SH136 「ソウルこれっきりですか」の関連曲 [ ] 「ソウルこれっきりですか」のヒットにより、同種の企画盤がいくつか発売された。 「ソウルこれっきりですよ!! 」 (曲のメドレー。 演奏:メイジャー・チューニング・バンド、編曲:。 なお、メイジャー・チューニング・バンドは後に「ソウルテケテケテケ! 」(作品のメドレー)というシングルも発売。 「ディスコ・ベイビーちゃん」 (子供番組主題歌を中心としたメドレー。 歌:若草ジャイアンツ、演奏:ディスコ・セインツ、編曲:。 歌手の若草ジャイアンツは平均年齢7. 8歳の7人組。 出典 [ ]• 50)• 140-143、『俺たちのアイドル「アパッチ」』より。 141、「恋のブロックサイン」が発売された当時のメディア向けフライヤー(このページに掲載)より。 2 - 4• ラジオ番組「」でが歌っていたテーマソングと同じメロディ、歌詞違いの曲。 参考資料 [ ]• 別冊 週刊大衆シリーズ あの80年代アイドルは今! 101人大捜査 別冊 週刊大衆シリーズ vol. 昭和40年男 Vol. 34(2015年11月11日発売) p. 140-143 俺たちのアイドル「アパッチ」 この項目は、に関連した です。

次の

アパッチ!!

東京 アパッチ

9分にラーカイもダンクで得点。 しかしこの日のラーカイの見せ場はここだけ。 パスを起点に「スパイラル」オフェンスを行うの浜松。 バイロン・イートンのドリブルから攻撃を組み立てる東京。 浜松の新加入のディクソンが連続得点すれば、東京のダーテズがダンクを2本するなど、互角。 浜松は東京のインサイドからの攻撃に苦しみ、スタートの4選手がファールトラブルに陥るが、太田和利、アーノルド選手らがつなぐ。 東京は青木康平選手が2得点のみであとは全て外国人選手の得点。 28-25で東京リード。 第2Q 東京スタート 呉屋貴教、ジェレミー・タイラー、マイク・シャペール、仲摩純平、青木康平 浜松スタート 大口真洋、ジェフリー・パーマー、ジャメイン・ディクソン、太田和利、太田敦也 太田敦也の得点からスタート。 東京はオープンショットが入らず苦しい展開。 期待のジェレミー・タイラーが豪快なダンクを見せるが攻撃がつながらない。 反対に浜松はパーマー、太田敦也選手が効果的に得点。 岡田慎吾選手が速攻からリバースレイアップ、また友利健哉選手が3Pシュート決めるなどして東京を徐々に突き放す。 それでも東京は仲摩、呉屋選手の3Pシュートもあり、何とか5点差で折り返す。 第3Q 東京スタート バイロン・イートン、ケンドル・ダーテズ、ロバート・スウィフト、板倉令奈、青木康平 浜松スタート ジャーフロー・ラーカイ、ジェフリー・パーマー、ジャメイン・ディクソン、太田和利、岡田慎吾 バイロン・イートンがスティールからのレイアップ、スウィフトがダンクを決める。 浜松はラーカイが負傷、パーマーも負傷し一旦ベンチに下がる。 その間ディクソン、アーノルドが繋ぐ。 特にこのクウォーターはウェイン・アーノルドの一人舞台。 3Pシュートやターンアラウンドでの連続得点。 板倉選手がリバースレイアップや3Pシュート決め追い上げを図ろうとするもアーノルド、大口選手の3Pシュートで引き離し浜松10点差リードして最終クウォーターへ。 第4Q 東京スタート バイロン・イートン、呉屋貴教、ジェレミー・タイラー、マイク・シャペール、仲摩純平 浜松スタート 大口真洋、レイ・ニクソン、太田敦也、ジャメイン・ディクソン、ウェイン・アーノルド ジェレミー・タイラーのダンクでスタート。 しかし浜松は第3Qの好調さをそのまま維持。 ディクソン、アーノルドが得点を重ねていく。 東京は焦りから攻撃が短調になり、ドリブルでペネトレイトしていくシーンが多くなる。 反対に浜松はパスゲームでコートの5人が偏りなく得点していく。 レイ・ニクソン選手が3Pシュートを2本決めるなどして、大差をつける。 このクウォーター、浜松の野投成功率が77.8%。 それに対し東京は37.5%と最後までオープンショットに苦しんだ試合となった。 板倉選手が積極的にオフェンスに絡んで得点していく。 しかし東京は全体的に攻撃が重く中々シュートが決まらない。 パーマー、ディクソン選手の得点を許したところで、東京は60秒タイムアウトを要求。 岡田、パーマー選手の連続3Pシュートでさらに東京は20秒タイムアウト。 東京は落ち着きを取り戻し、イートンの3pシュート、仲摩選手の得点で追い上げる。 レイ・ニクソン選手が3Pシュートを決めるが、シュートチェックに入った選手と交錯し足首を負傷。 そのままベンチへ。 その後も、浜松はディクソン選手のスクープショットなどで加点し28ー21でリード。 第2Q 東京スタート 呉屋貴教、ケンドル・ダーテズ、ジェレミー・タイラー、仲摩純平、青木康平 浜松スタート 大口真洋、ジェフリー・パーマー、ウェイン・アーノルド、友利健哉、太田敦也 第2Qに入っても浜松の攻撃力は衰えず、パーマー、アーノルド、大口選手が得点。 対する東京はダーテズ、呉屋選手が連続得点し、追い上げる。 5分から3分35秒近くまでターンオーバーの応酬となるが、岡田選手の3P、大口選手が速攻からレイアップでファールをもらい3点プレイ。 対する東京はジェレミー・タイラーの連続得点、呉屋選手の3Pシュートで反撃するが点差は縮まらず。 51ー41の浜松リードで折り返す。 第3Q 東京スタート バイロン・イートン、ケンドル・ダーテズ、ロバート・スウィフト、板倉令奈、青木康平 浜松スタート ジャーフロー・ラーカイ、ジェフリー・パーマー、ジャメイン・ディクソン、太田和利、岡田慎吾 後半も浜松のディクソン選手が先制。 東京はイートン選手のシュートと板倉選手のフリースローの1点のみで得点が伸びない。 浜松のラーカイ選手が昨日のうっぷんを晴らすかのようにダンクやハイポストからのシュート決め、東京が7:04でタイムアウトを要求。 ここから青木康平選手のジャンプシュート、ダーテズの3Pで追い上げるが、ボブ・ヒルHCがテクニカルファールを犯し、流れを呼び込めない。 4分からはお互いに点を取り合う。 残り時間僅かで東京の青木康平選手がレイアップを決め、69ー78と追い上げ最終クウォーターへ。 第4Q 東京スタート 呉屋貴教、マイク・シャペール、ジェレミー・タイラー、仲摩純平、青木康平 浜松スタート 大口真洋、ジャメイン・ディクソン、ウェイン・アーノルド、ジャーフロー・ラーカイ、岡田慎吾 浜松のラーカイ選手が先制。 東京もシャペール選手で反撃。 東京はインサイドにボールを集めたいが浜松のヘルプディフェンスに苦しみインサイドからアウトサイドへのボールが上手く供給出来ない。 仲摩選手が攻撃に絡むが3Pシュートに対するフリースローを3本全て失敗。 浜松も攻め手に欠き得点出来ない。 東京はここからダーテズ、青木康平、タイラーらが得点し追い上げる。 一時同点に追いつくがラーカイ選手のフリースロー、アーノルド選手が3Pシュートを沈め、試合を決める。 対する東京はこのフリースローが16.7%と不調で昨日に続き、連敗となった。

次の

プロバスケットボール bjリーグ公式ブログ : 東京アパッチ

東京 アパッチ

9分にラーカイもダンクで得点。 しかしこの日のラーカイの見せ場はここだけ。 パスを起点に「スパイラル」オフェンスを行うの浜松。 バイロン・イートンのドリブルから攻撃を組み立てる東京。 浜松の新加入のディクソンが連続得点すれば、東京のダーテズがダンクを2本するなど、互角。 浜松は東京のインサイドからの攻撃に苦しみ、スタートの4選手がファールトラブルに陥るが、太田和利、アーノルド選手らがつなぐ。 東京は青木康平選手が2得点のみであとは全て外国人選手の得点。 28-25で東京リード。 第2Q 東京スタート 呉屋貴教、ジェレミー・タイラー、マイク・シャペール、仲摩純平、青木康平 浜松スタート 大口真洋、ジェフリー・パーマー、ジャメイン・ディクソン、太田和利、太田敦也 太田敦也の得点からスタート。 東京はオープンショットが入らず苦しい展開。 期待のジェレミー・タイラーが豪快なダンクを見せるが攻撃がつながらない。 反対に浜松はパーマー、太田敦也選手が効果的に得点。 岡田慎吾選手が速攻からリバースレイアップ、また友利健哉選手が3Pシュート決めるなどして東京を徐々に突き放す。 それでも東京は仲摩、呉屋選手の3Pシュートもあり、何とか5点差で折り返す。 第3Q 東京スタート バイロン・イートン、ケンドル・ダーテズ、ロバート・スウィフト、板倉令奈、青木康平 浜松スタート ジャーフロー・ラーカイ、ジェフリー・パーマー、ジャメイン・ディクソン、太田和利、岡田慎吾 バイロン・イートンがスティールからのレイアップ、スウィフトがダンクを決める。 浜松はラーカイが負傷、パーマーも負傷し一旦ベンチに下がる。 その間ディクソン、アーノルドが繋ぐ。 特にこのクウォーターはウェイン・アーノルドの一人舞台。 3Pシュートやターンアラウンドでの連続得点。 板倉選手がリバースレイアップや3Pシュート決め追い上げを図ろうとするもアーノルド、大口選手の3Pシュートで引き離し浜松10点差リードして最終クウォーターへ。 第4Q 東京スタート バイロン・イートン、呉屋貴教、ジェレミー・タイラー、マイク・シャペール、仲摩純平 浜松スタート 大口真洋、レイ・ニクソン、太田敦也、ジャメイン・ディクソン、ウェイン・アーノルド ジェレミー・タイラーのダンクでスタート。 しかし浜松は第3Qの好調さをそのまま維持。 ディクソン、アーノルドが得点を重ねていく。 東京は焦りから攻撃が短調になり、ドリブルでペネトレイトしていくシーンが多くなる。 反対に浜松はパスゲームでコートの5人が偏りなく得点していく。 レイ・ニクソン選手が3Pシュートを2本決めるなどして、大差をつける。 このクウォーター、浜松の野投成功率が77.8%。 それに対し東京は37.5%と最後までオープンショットに苦しんだ試合となった。 板倉選手が積極的にオフェンスに絡んで得点していく。 しかし東京は全体的に攻撃が重く中々シュートが決まらない。 パーマー、ディクソン選手の得点を許したところで、東京は60秒タイムアウトを要求。 岡田、パーマー選手の連続3Pシュートでさらに東京は20秒タイムアウト。 東京は落ち着きを取り戻し、イートンの3pシュート、仲摩選手の得点で追い上げる。 レイ・ニクソン選手が3Pシュートを決めるが、シュートチェックに入った選手と交錯し足首を負傷。 そのままベンチへ。 その後も、浜松はディクソン選手のスクープショットなどで加点し28ー21でリード。 第2Q 東京スタート 呉屋貴教、ケンドル・ダーテズ、ジェレミー・タイラー、仲摩純平、青木康平 浜松スタート 大口真洋、ジェフリー・パーマー、ウェイン・アーノルド、友利健哉、太田敦也 第2Qに入っても浜松の攻撃力は衰えず、パーマー、アーノルド、大口選手が得点。 対する東京はダーテズ、呉屋選手が連続得点し、追い上げる。 5分から3分35秒近くまでターンオーバーの応酬となるが、岡田選手の3P、大口選手が速攻からレイアップでファールをもらい3点プレイ。 対する東京はジェレミー・タイラーの連続得点、呉屋選手の3Pシュートで反撃するが点差は縮まらず。 51ー41の浜松リードで折り返す。 第3Q 東京スタート バイロン・イートン、ケンドル・ダーテズ、ロバート・スウィフト、板倉令奈、青木康平 浜松スタート ジャーフロー・ラーカイ、ジェフリー・パーマー、ジャメイン・ディクソン、太田和利、岡田慎吾 後半も浜松のディクソン選手が先制。 東京はイートン選手のシュートと板倉選手のフリースローの1点のみで得点が伸びない。 浜松のラーカイ選手が昨日のうっぷんを晴らすかのようにダンクやハイポストからのシュート決め、東京が7:04でタイムアウトを要求。 ここから青木康平選手のジャンプシュート、ダーテズの3Pで追い上げるが、ボブ・ヒルHCがテクニカルファールを犯し、流れを呼び込めない。 4分からはお互いに点を取り合う。 残り時間僅かで東京の青木康平選手がレイアップを決め、69ー78と追い上げ最終クウォーターへ。 第4Q 東京スタート 呉屋貴教、マイク・シャペール、ジェレミー・タイラー、仲摩純平、青木康平 浜松スタート 大口真洋、ジャメイン・ディクソン、ウェイン・アーノルド、ジャーフロー・ラーカイ、岡田慎吾 浜松のラーカイ選手が先制。 東京もシャペール選手で反撃。 東京はインサイドにボールを集めたいが浜松のヘルプディフェンスに苦しみインサイドからアウトサイドへのボールが上手く供給出来ない。 仲摩選手が攻撃に絡むが3Pシュートに対するフリースローを3本全て失敗。 浜松も攻め手に欠き得点出来ない。 東京はここからダーテズ、青木康平、タイラーらが得点し追い上げる。 一時同点に追いつくがラーカイ選手のフリースロー、アーノルド選手が3Pシュートを沈め、試合を決める。 対する東京はこのフリースローが16.7%と不調で昨日に続き、連敗となった。

次の