灯油 先物。 WTI原油先物チャート|チャート広場

東京灯油の予想レンジ

灯油 先物

私の場合、それほど複雑に分析しているわけではありませんので、参考になるかどうかはわかりませんが、とりあえず参考までに。 基本的にはローソク足のチャート分析を基本にしています。 200日移動平均線、主な支持線、主な抵抗線で判断しています。 トレンドには逆らわず(トレンドフォロー型)に、プルバックからどこかの支持線に当たり、値を戻したのを確認してから玉を建てます。 手仕舞いは、どこかの抵抗線に当たる少し前に幾つかを処分して、残りの玉で抵抗線を突破するのを期待します。 抵抗線突破に成功すれば、買い増しします。 突破に失敗すれば、残りの玉も処分します。 もし、仕込みが失敗で、買ったタイミングが悪く、支持線を割ってしまったら損切りの準備をします(これはちょっとタイミングが難しいのですが、騙しを避けるように努力しています)。 これだと、損失も少なくて済むので、取り返すチャンスが高くなります。 いくら底が近いと思っていても、下げている時には手を出しません。 必ず、上昇を確認してから買うようにしています。 損を出さないで取引するのは無理ですので、いかに損失を抑えるかが重要になります。 損失管理が出来れば、利益が出た時に取り返すことが出来ます。 損切りが適切に出来ないと、一回や二回の取引で命取りになりますので、それだけは避けるように努力しています。 お礼が前後して申し訳ありません。 「それほど複雑に分析しているわけではありませんので」と、おっしゃりながら結構難しそうな分析ですね、私は、そんなこと何もせず、勧誘におよがされてしまっていました。 確かに損切りの時期が大事ですね、K行さんは、買い時は、絶対儲かると電話で執拗に教えてくれましたが、下がったときは、決まってオイショウが発生するまでは教えてくれませんでした。 絶対取り戻せると今度は、売を買わされたりごっちゃになってきて、そのうちオイショウがダブルにきいてきて損が大きくなったのでした。 全く無知な素人もいいとこでした。 始めのうち、裁判に訴えたりしないなどとの契約書にサインまでしてしまって、全く恥ずかしい限りです。 機会を作って勉強してみます、有難うございました。 6ですが、回答した時、あなたの大損は60万くらいかなと推測していました。 800万ともなると一般人には大損ですね。 私も同じくらい損しています。 私にはタイキン過ぎて人生が曲がっています。 あなたのその後の考えは質問のとおりですか?なにか変わりましたか? 私は当初、300万くらいの損で、商品から離れましたが、リベンジに動き、 一時、取返せるところ迄いきましたが、結局また300万くらい損してトータル600万損。 しかしその後も商品先物の儲かる時の魔力に中毒し、またやってますが、 まだ沈んでいくだけで浮上できません。 それで800万くらい。 それでも何とか、これで食っていけるようにと勉強しながら取組んでいるんですよ。 一般人からみたら常軌を逸していると思われるでしょうが・・・。 リベンジを勧めているわけではありません。 こういう人間もいるということで・・・^^; 有難うございます。 確かに大損は人によって違うでしょ。 このコーナーを読んでいる素人の人たちが私のような馬鹿をしないように開示します。 約1年で次々挽回のためと称されて入金し、ついにつぎ込み損害約800万円です。 私のような素人にとってはまさに大損でしたよ。 一時は、500万ほど儲かっていたときもあったのですが、ある時期あれよあれよという間に煙に巻かれたように減少してしまったのです。 それでマイナスでないうちに決済してほしいと頼みましたが、何度も、すぐ取り戻せる、今やめるては無い、今やめれば損だけ残る、今動かせる現金が無ければ、株券や証券でもあれば何とか取り戻すとしつこく迫ってくる。 職場に何度も電話をかけてくる。 ついその気になりそうでした。 2つのURL有難うございます。 未だ全部は目を通していませんが、まさにその通りの勧誘でした。 このURLを、広く読んでもらいたいですね。 今、ふと思ったのですが、kaibahosino さんはもしかすると、レバレッジを最大限に利用して損失を出したのではないですか? もし、そうであるのならば、不幸としか言いようがありません。 先物は「経験豊富なファンドマネージャーでさえ利益を出すのが難しい」と言われています。 その辺りの分析は多くの書籍で紹介されています。 正直なところ、私は先物には手を出しません。 理由としては、ビッグとレバレッジがあるので、継続的に利益をあげるのが難しいからです。 利益だけ見れば非常に魅力的ですが、レバレッジを利用した取引では、損失を出した時にその損失を管理するだけの自信も資金もありません。 しかし、それを逆手に取り、株式などに移行するために、少ない資金を増す目的で取引を行い、成功している例もあります。 それはある意味、ギャンブル的な要素を含んでいると思います。 kaibahosino さんの場合、質問にもあるように、損切りという選択幅も考えれるのであれば、損失管理が可能なうちに手を打つのが良いように思います。 何度も書き込みさせていただきましたが、最終的には自己責任の世界ですので、ルールを作り、計画を作り、損失管理をし、現実離れした利益を求めずに、自分に合った投資方を見つければ、道は開けてくるのではないかと思います。 くれぐれも無理をなされぬ様、今後のご活躍をお祈りいたします。 私も先日大きな損失を出したばかりなので、偉そうなことは言えないのですが、損失を認めることは非常に重要だと思います。 私の場合は損切りした後に値を戻し、大変悔しい思いをしました。 単なるプルバックだったのですね。 しかし、損失を認めることによって、資金を回転させることが出来るようになったので、挽回のチャンスを窺っています。 kaibahosino さんの場合、値を戻してきているのであれば、半分を売って、半分を手元に残してみては如何でしょうか。 単なるプルバックの場合(また下げ始める可能性がある場合)は、損失を最小限に抑えることが出来るし、上げ始めたら(トレンドが変わった場合)買い足せばよいのですから。 今は損失を最小限に抑えるよう努力するのが最善策だと思います。 それと、重要なのは買う前に、ご自分でも分析してみる癖をつけた方が良いと思います。 勧める相手は所詮は他人の金です。 何処まで責任を持ってくれるかは、言わずと知れたことです。

次の

取引銘柄「東京バージ灯油」の商品概要:商品先物(TOCOM)取引のご案内

灯油 先物

発表項目 日付 (現地時間) EIA週間在庫統計 原則毎週水曜日 米国時間毎週水曜日に発表される米エネルギー情報局(EIA)の「ヒーティングオイル」週間在庫統計が、事前予想に反する(超える)結果となった場合、国内の「灯油」価格にも影響されますので注意が必要です。 「灯油」価格について 「灯油」価格にとっての最大の変動要因は、原料である「原油」の価格です。 従って、「東京灯油」の価格も、原料となる「中東産原油」の価格、ひいては「中東産原油」価格に影響を及ぼす「NY原油」先物価格に似た動きになるものと考えられます。 また「原油」は輸入に依存しているため、「東京灯油」価格は為替レートの変動にも影響されます。 「NY原油」と「東京灯油」の価格は、為替の動きを介して密接な関係にあります。 ただ、「原油」が輸入され、「灯油」など石油製品への精製を経て国内で販売されるまでには1~2ヵ月かかることや、「灯油」の需要が季節によって大きく変動することなどにも注意が必要です。 理論価格の算出方法 米国産原油である「NY原油」と、「東京原油」の価格基準となる「中東産原油」は、取引通貨・単位が異なるだけでなく、品質(「ガソリン」や「灯油」など、それぞれの石油製品が分離される割合)や生産高も異なる商品です。 また、「連産品」としての特質から各石油製品の個別原価は算定困難であり、参考となる「石油製品採算(石油製品全体の総合原価)」には、他の国際商品の「理論価格」とは異なる意味合いがあると言えます。 なお、「石油製品採算」の計算式では【ドバイ原油価格は常に一定の比率でNY原油より割安】と仮定しています。 846+1. 関連キーワード解説 元売 「石油生産設備(製油所)と石油販売活動の両方を行なう会社」を意味します。 新日本石油・出光興産・新日鉱ホールディングス ジャパンエナジー が民族系元売、エクソンモービル・昭和シェル・コスモが外資系元売と呼ばれます。 業転市場 「業者間転売市場」の略。 元売が余剰玉を自社販売ルートの外で転売する市場を指します。 一般的に、元売・商社・大手業者間で取引される「海上バージ市場」、元売りが系列外に卸す「陸上ローリー市場」があります。 ヒーティングオイル 北米で使用される暖房油。 中間留分からなる混合油で、日本の灯油とは成分が異なります。 日本の直火型と比べ、ボイラーで湯を沸かし、部屋にパイプで供給する循環型が主流のため、軽油やA重油が多いとされます。 「灯油」の基礎知識 「灯油」は、「ガソリン」と同じく原油から生成される石油製品の1つで、製油所で常圧蒸留装置により原油から留分され、沸点の違いにより「ガソリン(約20~30%)」や「灯油(約10~15%)」などに大別されます。 「灯油」は、そのほとんどが暖房用燃料として使用されます。 家庭用エネルギーとして、電気・都市ガスとカロリー当りの単価で比較すると、「灯油」を100とした場合、都市ガスは356、電気は578となり、「灯油」は最も経済的なエネルギーであると言えます。 また、日本で生成される「灯油」は、硫黄分などの有害物質の含有量が少なく、燃焼効率が良いなど世界でもトップクラスの品質を維持しています。 「灯油」の供給 「灯油」は、原油から生成される石油製品の1つで、「灯油」の供給量は、原油供給量の影響を受けます。 また、「灯油」と「ガソリン」は原油から同時に生成されるため、生成後すぐに消費される「ガソリン」の生産量が、備蓄の効く「灯油」生産の量にも影響を与えます。 2007年度の国内灯油生産量は約2,300万キロリットルとなっています。 生産が需要に追いつかない時期などには、韓国を中心にしたアジアから輸入されます。 年間輸入量は約33万キロリットル(2007年)と国内生産量の約1%程度です。 ただし、年間輸入量は年により大きく変動する傾向があります。 「灯油」の需要 「灯油」の国内消費は冬場に集中するため、需要期は11月~翌年の2月とされています。 「灯油」は、冬季の暖房用燃料(ヒーターやストーブ用)であることから、需要期の天候状況や気温の変化に大きな影響を受けます。 また、冬季の灯油使用量は、夏季の約5倍にのぼります。 冬季の平均気温が1度異なれば、100~200万キロリットルの消費の増減があると言われています。 世界の「灯油」市場 「灯油(ヒーティングオイル)」が上場されている先物市場は、NYマーカンタイル取引所(NYMEX)、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所です。 その中でもNY市場は、オイルメジャー、産油国の石油会社、商社、石油元売会社、ファンド、一般投資家など幅広い参加者が価格決定に参加しており、最も透明性の高い市場と言われています。 ただし、日本の「灯油」と米国の「ヒーティングオイル」は、その規格が異なりますので注意が必要です。 この他、シンガポールでは石油製品の需要家らが現物取引(OTC=店頭市場での、業者間の現物スポット取引)を行っています。 現在、NYマーカンタイル取引所(NYMEX)の「暖房油(ヒーティングオイル)」が世界最大の先物市場となっています。

次の

HEATOIL CFD

灯油 先物

発表項目 日付 (現地時間) EIA週間在庫統計 原則毎週水曜日 米国時間毎週水曜日に発表される米エネルギー情報局(EIA)の「ヒーティングオイル」週間在庫統計が、事前予想に反する(超える)結果となった場合、国内の「灯油」価格にも影響されますので注意が必要です。 「灯油」価格について 「灯油」価格にとっての最大の変動要因は、原料である「原油」の価格です。 従って、「東京灯油」の価格も、原料となる「中東産原油」の価格、ひいては「中東産原油」価格に影響を及ぼす「NY原油」先物価格に似た動きになるものと考えられます。 また「原油」は輸入に依存しているため、「東京灯油」価格は為替レートの変動にも影響されます。 「NY原油」と「東京灯油」の価格は、為替の動きを介して密接な関係にあります。 ただ、「原油」が輸入され、「灯油」など石油製品への精製を経て国内で販売されるまでには1~2ヵ月かかることや、「灯油」の需要が季節によって大きく変動することなどにも注意が必要です。 理論価格の算出方法 米国産原油である「NY原油」と、「東京原油」の価格基準となる「中東産原油」は、取引通貨・単位が異なるだけでなく、品質(「ガソリン」や「灯油」など、それぞれの石油製品が分離される割合)や生産高も異なる商品です。 また、「連産品」としての特質から各石油製品の個別原価は算定困難であり、参考となる「石油製品採算(石油製品全体の総合原価)」には、他の国際商品の「理論価格」とは異なる意味合いがあると言えます。 なお、「石油製品採算」の計算式では【ドバイ原油価格は常に一定の比率でNY原油より割安】と仮定しています。 846+1. 関連キーワード解説 元売 「石油生産設備(製油所)と石油販売活動の両方を行なう会社」を意味します。 新日本石油・出光興産・新日鉱ホールディングス ジャパンエナジー が民族系元売、エクソンモービル・昭和シェル・コスモが外資系元売と呼ばれます。 業転市場 「業者間転売市場」の略。 元売が余剰玉を自社販売ルートの外で転売する市場を指します。 一般的に、元売・商社・大手業者間で取引される「海上バージ市場」、元売りが系列外に卸す「陸上ローリー市場」があります。 ヒーティングオイル 北米で使用される暖房油。 中間留分からなる混合油で、日本の灯油とは成分が異なります。 日本の直火型と比べ、ボイラーで湯を沸かし、部屋にパイプで供給する循環型が主流のため、軽油やA重油が多いとされます。 「灯油」の基礎知識 「灯油」は、「ガソリン」と同じく原油から生成される石油製品の1つで、製油所で常圧蒸留装置により原油から留分され、沸点の違いにより「ガソリン(約20~30%)」や「灯油(約10~15%)」などに大別されます。 「灯油」は、そのほとんどが暖房用燃料として使用されます。 家庭用エネルギーとして、電気・都市ガスとカロリー当りの単価で比較すると、「灯油」を100とした場合、都市ガスは356、電気は578となり、「灯油」は最も経済的なエネルギーであると言えます。 また、日本で生成される「灯油」は、硫黄分などの有害物質の含有量が少なく、燃焼効率が良いなど世界でもトップクラスの品質を維持しています。 「灯油」の供給 「灯油」は、原油から生成される石油製品の1つで、「灯油」の供給量は、原油供給量の影響を受けます。 また、「灯油」と「ガソリン」は原油から同時に生成されるため、生成後すぐに消費される「ガソリン」の生産量が、備蓄の効く「灯油」生産の量にも影響を与えます。 2007年度の国内灯油生産量は約2,300万キロリットルとなっています。 生産が需要に追いつかない時期などには、韓国を中心にしたアジアから輸入されます。 年間輸入量は約33万キロリットル(2007年)と国内生産量の約1%程度です。 ただし、年間輸入量は年により大きく変動する傾向があります。 「灯油」の需要 「灯油」の国内消費は冬場に集中するため、需要期は11月~翌年の2月とされています。 「灯油」は、冬季の暖房用燃料(ヒーターやストーブ用)であることから、需要期の天候状況や気温の変化に大きな影響を受けます。 また、冬季の灯油使用量は、夏季の約5倍にのぼります。 冬季の平均気温が1度異なれば、100~200万キロリットルの消費の増減があると言われています。 世界の「灯油」市場 「灯油(ヒーティングオイル)」が上場されている先物市場は、NYマーカンタイル取引所(NYMEX)、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所です。 その中でもNY市場は、オイルメジャー、産油国の石油会社、商社、石油元売会社、ファンド、一般投資家など幅広い参加者が価格決定に参加しており、最も透明性の高い市場と言われています。 ただし、日本の「灯油」と米国の「ヒーティングオイル」は、その規格が異なりますので注意が必要です。 この他、シンガポールでは石油製品の需要家らが現物取引(OTC=店頭市場での、業者間の現物スポット取引)を行っています。 現在、NYマーカンタイル取引所(NYMEX)の「暖房油(ヒーティングオイル)」が世界最大の先物市場となっています。

次の