マクシム ゴーリキー。 マクシム・ゴーリキー (軽巡洋艦)

宮本百合子 マクシム・ゴーリキイについて

マクシム ゴーリキー

生涯 [ ] に、家具職人の子として生まれる。 母ワルワラを肺結核で亡くして10歳で孤児となった後、話が上手であった祖母に育てられる。 祖母の死は彼を深く動揺させた。 の自殺未遂事件の後、ロシアの各地を職を転々としながら放浪する。 その後、地方新聞の記者となる。 にで、『カフカス』紙に最初の短編『マカル・チュドラ』が掲載され、はじめて筆名としてゴーリキーを名乗った。 、『チェルカシュ』を大衆雑誌『ロシアの富』に発表。 にはで短編集『記録と物語』を刊行し、一躍人気作家になった。 、散文詩『26と1』、最初の長編物語『フォマ・ゴルデーエフ』を発表。 その名声はたちまちやと比されるまでになった。 、代表作である『』を発表し、同年での演出で上演され、翌、でも上演された。 には科学アカデミーの名誉会員に選ばれるが、その急進的な政治的信条を理由にによって取り消された。 この事件に対する抗議としてアントン・チェーホフとがアカデミーを辞任している。 、組織に入り、の知遇を得る。 からまでの革命には、ゴーリキーが巨額の援助をしたとされる。 の際には、ペトログラードのゴーリキーのアパートはボリシェヴィキの事務室になった。 しかし、その後、に対するゴーリキーの考えは一変し、の2週間後の手紙にはこう書いている。 「レーニンもも自由と人権についていかなる考えも持ち合わせていない。 彼らは既に権力の毒に冒されている」。 、レーニンはゴーリキーに宛てて書いた手紙に「君に忠告する。 環境とものの見方、行動を変えるべきだ。 さもなくば人生は君から遠ざかってしまうだろう」と書いている。 、の療養のためのに移り住んだ。 によれば、ゴーリキーのロシアへの帰還は、イタリアでの暮らしに困ってのことだった。 ソレントで、ゴーリキーは貧しくみじめな暮らしを余儀なくされた。 以降、何度かを訪れるようになり、にはの個人的な求めに応じてロシアに帰った。 政権のイタリアからゴーリキーが戻ったのは、ソビエト政府にとっては格好の宣伝材料となった。 彼はを受け、の邸宅(現在はゴーリキー博物館となっている)と郊外の別荘を贈られる。 このとき、モスクワのがと改められ、生地の市もゴーリキー市と改称された(まで)。 ゴーリキーはを設立し、その議長に就任する。 ここでは、運河工事を全面的に称賛し、工事従事者を完全に犯罪者扱いするなど、完全にスターリンの盲従者としての姿勢を披露している。 1934年、が死に、スターリンによる粛清が始まると、ゴーリキーは自宅に軟禁されるようになった。 、息子マクシム・ペシコフを亡くした翌年、にモスクワで没する。 両者ともされた疑いがあるが、確実なことは分かっていない。 ソ連崩壊後は、上記の運河建設礼賛などスターリンへ盲従した点を厳しく批判されている。

次の

【かっこいい名言】本当の才能は自分を信じることで生まれるもの≪マクシム・ゴーリキー≫

マクシム ゴーリキー

38 m 全幅 17. 72 m 喫水 7. 49 m 機関 2 基 129750 6 基 直径4. 5口径37 mm高角砲 15 基 12. 7 mm連装 4 基 12. 艦名は、ソ連のを記念したものである。 艦の規模からは、ソ連には無関係であるが、の規定に沿った分類ではに分類される。 概要 [ ] 建造 [ ] マクシム・ゴーリキーは、に沿って設計が開始された。 しかし、26号計画に沿って建造された・番艦にはが脆弱であることなどいくらかの欠陥があることが判明したため、その3番艦として予定されていたマクシム・ゴーリキーおよび4番艦となるはずであったには改設計が施されることとなった。 と名付けられた改計画はに合わせて4隻が起工され、前にソ連で建造された大型艦艇の内、最大勢力を持つグループとなった。 改設計を経たマクシム・ゴーリキーは、にレニングラート 現 の 第189造船所 で起工、に、に竣工してに配属された。 実戦 [ ] にが開始されると、即日は最新鋭巡洋艦マクシム・ゴーリキーを中心とした小艦隊を編成し、におけるを開始した。 しかし、A・N・ペトローフ中佐をとするマクシム・ゴーリキーは、作戦開始初日の早朝に の海域においてし、艦首部分を失うという憂き目に見舞われた。 マクシム・ゴーリキーはどうにか自力でまで辿り着き、翌には、、4 隻の、4 隻の、3 隻のおよびに付き添われてに回航された。 しかし、正午過ぎには先頭を航行していた掃海艇が触雷により沈没し、艦隊はヴォルムシ島へ引き返した。 その後、18時15分に艦隊は再びタリンを目指して出航し、翌日目的地へ到着した。 深夜2時には、マクシム・ゴーリキーは3 隻の駆逐艦、6 隻の掃海艇、6 隻の魚雷艇、4 隻のに付き添われてへ向けて出航した。 クロンシュタットへは日中に到着し、そこでまで修理に入った。 その後、航行試験を受けたため、のクロンシュタット大空襲を免れた。 には、に向けて初めてを放った。 陸上部隊への援護射撃は、まで継続された。 この間、とに150 mm5 発を受けた。 には、さらに1 発の砲弾を受けた。 そのため、には再び修理に入った。 その後、には直撃弾を受け、損傷を負った。 には、新たにI・G・スヴャトーフ中佐が艦長に任官した。 には、またしても直撃弾を受け一時戦列を離脱せざるを得なくなった。 には、敵部隊に対して20 発の砲弾を発射した。 には、より至近弾を受けた。 には18 発の砲弾を敵の砲兵隊に向けて発射した。 にはにより損傷を受けた。 このとき、4 名が戦死し、8 名が負傷した。 には、艦は修理に入れられた。 戦列へ復帰したのちも、には砲撃により損傷を受けた。 とには対地砲撃を実施した。 には、A・G・ヴァリファチエフ中佐が艦長に就任した。 軍の包囲によりが始まると、マクシム・ゴーリキーはその海上支援に従事した。 にが最後の攻勢を掛けた際には洋上よりドイツ軍陣地に向けて射撃を実施した。 まで継続された砲撃の間、マクシム・ゴーリキーは主砲だけで674 発もの砲弾を発射し、ドイツのレニングラート包囲軍に止めを刺した。 このときの功績により、同年には艦はを授与された。 その後、1944年には居住区を砲撃し、には軍要塞の破壊作戦に参加した。 大祖国戦争の期間中、マクシム・ゴーリキーは2311 発の180 mm砲弾を使用し、100 mm砲弾は582 発を発射した。 戦後 [ ] には、マクシム・ゴーリキーは 海軍第4艦隊 に編入され、およびに回航された。 マクシム・ゴーリキーは南バルト艦隊のとなり、同年10月から5 隻の駆逐艦を率いて洋上に従事した。 には、記念パレードのためレニングラートを訪れた。 12月には、P・M・ゴンチャールの指揮下にあったマクシム・ゴーリキー艦上においてソ連最初のとなるが初飛行を果たした。 夏には、マクシム・ゴーリキーはクロンシュタットに回航された。 これは、秋より近代化改修を兼ねたに入れられるためであった。 には、マクシム・ゴーリキーは所属艦となり、翌月の海軍記念日にで開催されたパレードに参列した。 これが、マクシム・ゴーリキーにとって最後の晴れの舞台となった。 オーバーホールと近代化改修は、12月よりで開始された。 しかし、にマクシム・ゴーリキーはバルト艦隊の戦力から外され、に改修された。 には海軍から除籍され、解体処分となった。 外部リンク [ ]• (ロシア語)• (ロシア語)• (ロシア語)• (ロシア語).

次の

マクシム・ゴーリキー

マクシム ゴーリキー

ペンネームのゴーリキーとはで「苦い」の意味。 の手法の創始者であり、社会活動家でもあった。 生涯 [編集 ] に、家具職人の子として生まれる。 母ワルワラを肺結核で亡くして10歳で孤児となった後、話が上手であった祖母に育てられる。 祖母の死は彼を深く動揺させた。 の自殺未遂事件の後、ロシアの各地を職を転々としながら放浪する。 その後、地方新聞の記者となる。 にで、『カフカス』紙に最初の短編『マカル・チュドラ』が掲載され、はじめて筆名としてゴーリキーを名乗った。 、『チェルカシュ』を大衆雑誌『ロシアの富』に発表。 にはで短編集『記録と物語』を刊行し、一躍人気作家になった。 、散文詩『26と1』、最初の長編物語『フォマ・ゴルデーエフ』を発表。 その名声はたちまちやと比されるまでになった。 、代表作である『』を発表し、同年での演出で上演され、翌、でも上演された。 には科学アカデミーの名誉会員に選ばれるが、その急進的な政治的信条を理由にによって取り消された。 この事件に対する抗議としてアントン・チェーホフとがアカデミーを辞任している。 、組織に入り、の知遇を得る。 からまでの革命には、ゴーリキーが巨額の援助をしたとされる。 の際には、ペトログラードのゴーリキーのアパートはボリシェヴィキの事務室になった。 しかし、その後、に対するゴーリキーの考えは一変し、の2週間後の手紙にはこう書いている。 「レーニンもも自由と人権についていかなる考えも持ち合わせていない。 彼らは既に権力の毒に冒されている」。 、レーニンはゴーリキーに宛てて書いた手紙に「君に忠告する。 環境とものの見方、行動を変えるべきだ。 さもなくば人生は君から遠ざかってしまうだろう」と書いている。 、の療養のためのに移り住んだ。 によれば、ゴーリキーのロシアへの帰還は、イタリアでの暮らしに困ってのことだった。 ソレントで、ゴーリキーは貧しくみじめな暮らしを余儀なくされた。 以降、何度かを訪れるようになり、にはの個人的な求めに応じてロシアに帰った。 政権のイタリアからゴーリキーが戻ったのは、ソビエト政府にとっては格好の宣伝材料となった。 彼はを受け、の邸宅(現在はゴーリキー博物館となっている)と郊外の別荘を贈られる。 このとき、モスクワのがと改められ、生地の市もゴーリキー市と改称された(まで)。 ゴーリキーはを設立し、その議長に就任する。 ここでは、運河工事を全面的に称賛し、工事従事者を完全に犯罪者扱いするなど、完全にスターリンの盲従者としての姿勢を披露している。 1934年、が死に、スターリンによる粛清が始まると、ゴーリキーは自宅に軟禁されるようになった。 、息子マクシム・ペシコフを亡くした翌年、にモスクワで没する。 両者ともされた疑いがあるが、確実なことは分かっていない。 ソ連崩壊後は、上記の運河建設礼賛などスターリンへ盲従した点を厳しく批判されている。

次の