雑記 ブログ 稼ぐ。 ブログ初心者が日記ブログで稼ぐコツ!アフィリエイトの場合は?

【初心者必読】雑記ブログで稼ぐ方法と始め方を月収400万ブロガーが完全解説!

雑記 ブログ 稼ぐ

雑記ブログは特化型ブログに対して、「稼げない」と言われています。 確かにPVで換算すると、特化型より収益率は悪いです。 しかし雑記ブログで稼いでいる人はたくさんいます。 稼ぎ方が特化型ブログと違うだけであって、「稼げない」という訳ではありません。 スポンサードリンク 目次 1,始めに ブログをやるなら、最初に ジャンルを絞らなければいけません。 自分が得意な分野は何なのか?興味がある、または勉強したい分野は何だろう?? 得意なジャンルがあればいいですが、そういった得意ジャンルがない人の方が実際多いです。 その場合は「雑記ブログ」にたどり着きます。 雑記ブログは好きなことをジャンル問わず書くことが出来て、継続して続け易いです。 例えば「金融」とブログジャンルを絞ったら、金融について書くことがどれくらいありますか?勉強し続けられれば書き続けますが、結構大変です。 ブログを書く前に下調べをしなければいけなくなるので、時間が倍以上は掛かります。 雑記ブログであれば普段インプットした知識を、自分の言葉でブログに書き続ければいいだけです。 ニュースから得た知識やテレビ、本、インターネットなど。 普通に生活していれば何らかの情報は入ってくるので、それをジャンル問わず記事にすればいいのです。 とっても簡単そうじゃないですか? 2,雑記ブログはキャラが大事 雑記ブログでは 「キャラ作り」が武器になります。 雑記ブログはジャンルが絞られていない分、回遊性が低くなります。 例えば保険について知りたくて、保険のブログにたどり着いたとします。 そこで有益な情報を得ることが出来たら、別のページを閲覧したり、ブックマークする可能性は高いですよね? しかし雑記ブログであれば、仮に有益な情報を得たとしても、情報のジャンルが定まっていないので、他のページを見ようとも思いません。 こういった時にファンを作るには、自分自身のキャラを作ることです。 記事の中身というよりは、 「この人が書いているからブログをチェックする」というような状態を作り上げましょう。 芸能人とまではいきませんが、それに近い感覚です。 ユーチューバーではそういった戦略でアクセス数を稼ぐ人が多いですね。 スポンサードリンク 3,PVを集め易いのが雑記ブログの武器 雑記ブログはジャンル問わず記事を量産できます。 ですので特化型ブログに対して、アクセス数を集め易いのが特徴です。 記事を書く時のキーワード選定が幅広くなり、たくさんのワードでユーザーを集めることが出来ます。 これが雑記ブログの最大のメリットだと言えます。 仮に同じ人がブログを更新していても、特化型と比べて 何倍~何十倍とPV数は多くなるはずです。 雑記ブログを書く時は、日記のようなものを書いている人もいますが、それは「キャラ作り」ができてからにしましょう。 それまではとりあえず、検索が多そうなキーワードに絞って、集中的に記事を書くことです。 そこからアクセス数が生まれ、その中の一部の人がファンになっていきます。 それを繰り返すことで、雑記ブログのアクセスは一気に上がります。 4,雑記ブログではアフィリエイトはできない? 雑記ブログはアフィリエイトが出来ないと思っている方もいます。 しかしそれは間違いです。 雑記ブログによくあるのは、 「アドセンスに頼りすぎている」ことですね。 アドセンスは確かにPV数が多ければ比例して、売上が上がっていきます。 そこに大した技術は必要なく、クリックが取れる場所にアドセンス広告を貼るだけでいいだけです。 もし雑記ブログで「大きく稼ぎたい!」と思っているのであれば、必ずアフィリエイトを行いましょう。 アフィリエイトはアドセンスのように、PV数と比例して売上が上がるほど甘くありません。 しかしアフィリエイトを上手く活用することができれば、特化型ブログのような売上を作ることも可能です。 1つのページで完結させる 特化型ブログであれば、すべてのページに共通させてアフィリエイトバナーを貼っておけばいいです。 ジャンルが絞られており、繋がりのある広告であれば成約するはずです。 しかし雑記ブログではページごとにジャンルが違うので、1つのページでアフィリエイトを行う必要があります。 ジャンルが違うほかのページに広告を貼っても、成約率は ほぼ0だと思っておいてください。 1つのページで集客して広告の成約まで行うので、強いアフィリエイトページを作ることになります。 まずそのページが グーグルで上位表示されていなければいけません。 ブログのページ内で回遊していきたユーザーは、ジャンルが違うページからの回遊なので成約しづらいです。 しかしアフィリエイトを行うキーワードを決め、グーグルの検索から流入してきたユーザーは成約しやすいユーザーです。 そこを狙ってアフィリエイトするのが、雑記ブログで稼ぐ唯一の方法です。 アクセスが見込めるビッグワードで上位表示させる 2. ランディングページでアフィリエイト広告を成約させる アフィリエイトページを増やす 後は1つのページで成約させられるページを、無数に増やすだけです。 でもいいし、 でもいいので、狙ったキーワードと関連性の高い広告を貼って、そのキーワードで上位表示させましょう。 上位表示させれるページが増えれば増えるほど、収益は上がっていきます。 売り込みすぎはダメ アフィリエイトページの増やしすぎはよくありません。 なぜかというと雑記ブログの場合は「ファン」が逃げてしまいます。 毎回ブログの更新が売り込みでしたらどう思いますか?普通だったらもう見なくなってしまいますよね。 理想は記事の5回に一回程度アフィリエイト記事を作りましょう。 さらにこのページは上位表示を狙わなければいけないので、普段の記事の数倍中身のあるものにしなければいけません。 毎回こんな記事を書くほうが辛いので自然とアフィリエイトページは少なくなると思います。 5,やっぱりグーグルアドセンス 雑記ブログの稼ぎ方の王道は 「グーグルアドセンス広告」です。 PV数の増加と比例して収益が上がるので、とても助かります。 アフィリエイトは記事の書き方や技術面も重要なので、最初は稼げませんからね。 雑記ブログであればグーグルアドセンスはやっておきましょう。 仮にアフィリエイトページが上手く作れなくても、アクセスを伸ばせばある程度の収入にはなります。 6,特化型ブログがアフィリエイトに強い理由 なぜ特化型ブログがアフィリエイトに強いか知っていますか?それは どのページから入ってきたユーザーも成約する可能性が高いからです。 雑記ブログであれば、1つのページで集客~成約まで行わなければいけません。 しかし特化ブログはジャンルが絞り込まれているため、どのページから入ってきてもそのユーザーは、広告を成約させる可能性が高いんです。 ですので実質下記のようになります。 雑記ブログ・・・1つのページでの集客 特化型ブログ・・・全ページでの集客 雑記ブログは別のページからのアフィリエイト広告成約はありません。 これが特化型ブログがアフィリエイトに強いと言われる理由です。 7,まとめ 雑記ブログでもアフィリエイトは出来ます。 しかしその場合は特化型と違い、グーグルの検索結果でビッグワード表示させる必要があります。 これがとっても難しく気合を入れて、ページ作りをしなくてはいけません。 特化型にも共通して言えますが、「 1つのページからの成約が売上の大半を占める」アフィリエイトブログも複数存在します。 それはそのページが狙ったビッグワードで上位表示できて、そこから関連性のある広告を成約できているからです。 そう考えると1つのページを上位表示させるだけなので、雑記ブログも特化型ブログも関係ない気がしませんか?「ジャンルが特化しているブログは上位表示されやすい」など言われていますが、強いブログは正直どんなワードでも上位表示してしまいます。

次の

【副収入で月10万】私が実践した「最短でブログで稼ぐ方法」を教えます【基礎】

雑記 ブログ 稼ぐ

雑記ブログは稼げない? 雑記ブログはその名の通り、テーマを絞らずに 自分の書きたいことを中心に展開していくスタイルです。 一つのブログの中に「日常生活」「自己啓発」「ダイエット奮闘記」「旅行」「最近買ったもの」「育児」など様々なジャンルの記事を書いていくものです。 最近はグーグルが専門性を求めるようになった事も影響して 「雑記ブログは稼げない!」と断言する人も目立つようになってきました。 雑記ブログのメリット 前述したように雑記ブログは好きなことを自由に書いていけるので ネタに困る事がありません。 また、ジャンルにとらわれないので、 アクセスが集まりやすいというメリットがあります。 つまり 老若男女、様々なユーザー層が集まるという特徴があります。 この段階で 「アクセスが集まりやすいなら雑記ブログの方が稼げそう!よし今日のランチをネタに記事を書くぞ! 」と思われた方は 要注意です。 アクセスが集まりやすいのと、 「稼ぐ・稼げない」という収入面の問題はまた別物なのです。 雑記ブログのデメリット 雑記ブログは確かに老若男女、様々なユーザー層を取り込むことができるという利点があります。 でも残念ながらアクセスが多いからといって、決して 稼ぎやすいというわけではないのです。 老若男女が取り込めるというと聞こえがよく稼げそうな雰囲気がしますが、言い方をかえると 「 一貫性のないアクセス 」です。 アクセスに一貫性がないという事は、そのユーザーに何を売っていいのか分からないということです。 ユーザーに どんな悩みがあって、何を必要としているのかが見えてこないので 売る商品がないのです。 だから雑記ブログの場合は、特定の商品を売るのではなく、クリック保証広告(アドセンスなど)を設置するケースが多いです。 つまりアドセンスが稼げるから貼っているのではなく、 アドセンスしか貼るものがないから貼っているという人が大半です(中には戦略的にあえて売込み感を消すためアドセンス広告を貼っているブログもありますが、素人ではとてもマネできません)。 アドセンスのクリック率はせいぜい 1%前後です。 1%前後ということはブログに100人が見にきて、その中の一人がアドセンス広告をクリックするというレベルです。 またアドセンスのクリック単価は30円前後と言われていますが、 雑記ブログの場合はテーマが絞られていないため 10円前後の安い広告ばかりが表示されます。 つまり、ブログに100人アクセスがあった場合、1人がクリックして10円の売上にしかならないという事です。 ということは10,000人が見たとしても1,000円にしかなりませんね。 雑記ブログはアクセスは集まりやすいが、収益性は低いということになります。 だからといってもちろん稼げないというわけではないのでご安心ください。 雑記ブログに魔法をかけることにより収益性の高い「稼ぐブログ」へと生まれ変わらせることも可能です(後ほど解説します)。 では次に特化ブログを見ていきましょう。 特化ブログで稼ぐには? 特化ブログは専門ブログとも言われ、ある特定のジャンルに特化したものとなります。 健康なら健康とジャンルを一つに絞り、トップページも、カテゴリーもサイドバーも全て 健康一色のブログを構築していきます。 特化ブログのメリット 特化型ブログのメリットは 少ないアクセスでも稼ぎやすいという点です。 なぜ少ないアクセスでも稼ぎやすいかというと、ユーザーの訪問目的がはっきりしているからです。 例えば筋トレをテーマにしたブログであれば当然「筋肉をつけたい」というユーザーが多いはずなので、筋トレグッズやプロテイン、健康食品などを紹介すれば売れやすいですね^^ 商品の報酬単価にもよりますが、 上手くいけば1クリックだけで10,000円稼ぐ事も可能です(実際に私の生徒さんの中にスポーツジムの広告で1クリックで成約した人がいました)。 これなら 1日1件売れるだけで月収30万円ですね^^ このように稼げる広告とそれにマッチするキーワードを見つけることができれば 少ないアクセスで大きく稼ぎやすいというメリットがあります。 雑記ブログと違いテーマが固定されているので、その分 ユーザーの絶対数が少ないというのが理由の一つです。 また、特化ブログの場合、「ネタ切れ」を心配している人も多いようです。 (実はあるコツさえ覚えてしまえば一生ネタに困ることは無いのですが) 特化ブログは大きく稼げるのは間違いないのですが、アクセスが少ないので雑記ブログに比べて 「がんばってる感」は薄いかもしれませんね。 【雑記ブログと特化ブログの比較】 運営のしやすさ・・・雑記ブログ の勝ち アクセスの集まりやすさ・・・雑記ブログの勝ち 稼げる金額・・・特化ブログの勝ち(やり方によっては同じくらい) 初心者は雑記と特化でどっちが稼げるのか? 運営のしやすさ、アクセスの集まりやすさでは雑記ブログの圧勝でしたね。 また稼げる金額は特化ブログに軍配が上がりました。 では初心者の場合、どちらを取り組むべきでしょうか? 結論は出ています。 初心者は特化ブログ一択です! ブログで大きく稼ぎたいなら特化ブログを運営しましょう。 ちなみに私は ブログアフィリエイトで人生が激変しました。 もし現状が不安な方はぜひ私の稼いでいる秘密をご覧ください。 後藤の稼いでいる生の情報や裏ワザ的なノウハウもお伝えしております。 あわよくば100万、200万と稼いでいきたいですね^^ 正直 雑記ブログで稼げる金額には限界があります。 先ほどお伝えしたように10,000アクセスあっても1,000円しか稼げません。 もちろん、コピーライティングの上手い人であれば、一貫性のないユーザー層でもASPの広告を上手く交えながら10万、20万と稼ぐ事ができますが、初心者の場合は難しいですね。 でも特化ブログであれば興味のあるユーザーばかりが集まっているので、例え文章力が低くても目の前に商品をそっと置いてあげるだけで売れます。 扱うジャンルによっても異なるのですが、上手くいけば、たったの 100アクセスで10万円稼ぐ事も可能です。 雑記ブログの場合はアクセスが集まりやすいので、モチベーションを維持しやすいという利点がありますが、そのモチベーションもせいぜいもって3カ月です。 アクセスは集まったとしても肝心の収入が少なければ当然ブログ運営が楽しくなくなってきます。 逆に特化ブログの場合はある程度まとまったアクセスが集まるまで3カ月ほどかかるので、それまでにモチベーションが維持できないという欠点もあります。 その変わり、少ないアクセスでも大きく稼ぐ事ができるので、一度転がり始めたら楽しくて仕方なくなります。 【雑記ブログ】 すぐにアクセスが集まるのでモチベーションを維持しやすいが大きく稼げないので3か月ほどで挫折しやすい。 【特化ブログ】 なかなかアクセスが集まらないので3カ月以内に挫折するケースが多い。 でも一度転がり始めると楽しくて仕方なくなる。 あの有名な雑記ブログも実は・・・ 「でも、雑記ブログでも何百万円稼いでいる人はいるよ!」 という声が聞こえてきそうですね。 確かに雑記ブログでも私より圧倒的に稼ぐ人は星の数ほどいます。 でもその 稼いでいる雑記ブログの本質を見ていくと実はある結論に達するのです。 それは、 「雑記ブログに見えるが実は特化ブログ」 ということです。 どういうことかというと、雑記ブログで莫大な収入を得ている人は 「自分のキャラ」を前面に押し出しているケースが多いです。 企画力もズバ抜けていて記事の一つ一つが面白くてためになります。 そして 「その人が紹介するなら」と思わず買ってしまうような文章力を持っています。 こうなってくると、ただの雑記ブログというよりも、 ブログ運営者の魅力をたっぷりと詰め込んだ特化ブログみたいなものです。 つまり、そのブログ運営者のファンということなので、 その人の紹介する商品は買うし、ページもどんどん巡回してくれます。 きっと そのボリュームに驚くはずです。 数百記事は当り前で2,000記事、3,000記事と積み重ねている人も多いです。 このように雑記ブログで大きく稼ぐには、• ずば抜けた企画力とセンス• どんなユーザー層にも買わせる文章力• ファンを虜にする運営者の魅力• 他を寄せ付けない圧倒的なボリューム このような 特殊能力が必要です。 人気ユーチューバーに共通している能力かもしれませんね^^ あいにく私にはそれだけの人間力も企画力もないので、 一点集中型の特化ブログばかり作っています。 一見、雑記ブログのように見えるブログも実は綿密に計算されつくした特化ブログなのです。 表面だけを見て「自分も雑記ブログをやろう!」と意気込んでも痛い目を見てしまう事が多いです。 その点、特化ブログは文章力や運営者の魅力が秀でていなくても、大きく稼ぐ事ができます。 なぜなら前述したように ユーザー層が固定されているからです。 同じようなユーザー層なので悩みも似ています。 売れ筋の商品をそっと目の前に置いてあげれば高確率で買ってくれるというわけです。 初心者であればあるほど特化ブログ一択という理由がご理解いただけたのではないでしょうか? 「すでに雑記ブログを書いてるよ」という人へ 初心者は特化ブログを取り組むべきとお伝えしましたが、 「すでに雑記ブログで書いちゃってるよ 」という人も多いと思います。 でもご安心ください。 ちょっとだけ工夫することにより一気に「稼ぐブログ」へと生まれ変わります。 【稼げる雑記ブログに変貌させる手順】• キャラクターを作る• カテゴリー1つ1つを充実させる この2点だけです。 まずは1のキャラクターを作るから見ていきましょう。 雑記ブログを「稼ぐブログ」にする方法1:キャラクターを作る 雑記ブログの場合は、記事やカテゴリーの統一感が無いのでブログ全体がぼやけてしまいます。 それにより、せっかく検索からアクセスがあったとしても、他の記事を見てもらいにくいです。 その場合、グーグルも 「 すぐに直帰されるブログ 」と判断して検索順位を下げてしまいます。 それを避けるためにキャラクターを作るのです。 キャラクターを作るといっても難しいことをするわけではありませんのでご安心ください。 まずはプロフィールをサイドバーに設置します。 本名を載せている人もいますが、ニックネームでかまいません。 またプロフィール画像は本人でなくアイコンなどでも問題ありません(アイコンは無料で簡単に作れます)。 そしてその キャラクターを記事本文でも登場させるのです。 最近、吹き出しなどを使って会話形式で記事を書いていく方法が流行っていますが、まさにこれをやるのです。 全部を会話形式にすると大変なので、 記事の冒頭にちょっとだけ登場させるだけで十分です。 これによりユーザーとの距離感が一気に縮まるのです。 つまりブログ運営者を身近に感じてもらえるので、 記事の最後に似顔絵アイコン付きで「この記事がおすすめです」と別の記事を紹介してみましょう。 これだけで本当に直帰率が減り、何ページも巡回してくれるようになります。 使っているテンプレートによっても、吹き出しの作り方は異なるのですが、効果は実証済みなので勉強してでもやる価値はありますよ^^ 雑記ブログを「稼ぐブログ」にする方法2. カテゴリー1つ1つを充実させる ほとんどのブログのテンプレートはカテゴリー内の記事同士を自動でリンクしてくれます。 関連リンクと呼ばれていますね。 実は私が稼げるようになった理由は美しいデザインや画像、文章力などの小手先のスキルを諦めて 「最短で稼ぐためのノウハウに集中して取り組んだから」です。 それなのに 雑記ブログで稼げない、アクセスが集まらないという人はカテゴリーがスカスカな場合が多いです。 たまにカテゴリの中に1つしか記事が入っていないブログも見かけます。 それでは 内部リンク効果も得られないので当然検索順位は低いままですね。 なかなか稼げないので更にカテゴリーを増やして別のジャンルの記事を書いてしまいます。 当然その新しいカテゴリーもスカスカなのでアクセスは集まりませんね。 これが 雑記ブログで稼げないという人の典型的パターンです。 ではどうすれば良いのか? 一番手っ取り早いのは カテゴリーを統一させる事です。 かといってあまりにも記事の内容がかけ離れているのも問題なので、その場合、できるだけ大きなジャンルを新しく作るのが良いです。 例えばダイエットと健康のカテゴリを統一させる場合 「自分磨き 」という新しいカテゴリーを作っても良いかもしれませんね。 このように 手薄なカテゴリーを統一させるだけでPVが跳ね上がったという例は数知れません。 また、どうしても統一できないカテゴリーには記事をどんどん投稿して自然な内部リンクを増やしていきましょう。 すでに雑記ブログで運営している人は今すぐでも、• キャラクター作成• カテゴリーの充実 この2点を試してみてください。 きっと目に見えて変化が表れて 「稼ぐブログ」へと生まれ変わるはずです。 稼げない典型:雑記ブログにありがちなトレンド地獄に要注意 雑記ブログを書いていくと、簡単にアクセスが集まるからという理由で 「 トレンドネタ 」に走ってしまいがちです。 トレンド記事の代表的なのが、• 芸能情報(離婚や不倫・犯罪などは大爆発します)• スポーツ情報• 凶悪な事件• アニメ・ドラマのネタバレ などですね。 簡単に記事をまとめてツイッターで流せば一瞬で拡散されます。 また早く書けば書くほどライバルが少ないので検索エンジンでも上位表示されます。 でもここで一つ注意点があります。 確かに流行にのっているので上位表示されればアクセスは大爆発します。 それにより一瞬で何万、何十万というアクセスを増やすことができ、ある程度の金額を稼げます。 そして 「 自分は凄いセンスがあるんじゃないか 」と勘違いして、トレンド記事ばかりを書くようになります。 ここからが「トレンド地獄」の始まりです。 トレンドはしょせんトレンド、ブームが去ったら誰もアクセスしてくれません。 1年前のアイドルの不倫騒動は誰も興味ありませんね。 つまり、 ずっと書き続けなくてはならないのです。 しかもアクセスはずっと横ばいどころか下降しがちです。 世間を震わせるような大事件が起きない限り、トレンド記事で右肩上がりにアクセスを増やすことは難しいのです。 つまり書けば書くほどアクセスが増えるような 「資産」と呼べるものには永遠になり得ないのです。 だからトップアフィリエイターはトレンド記事を書きません。 例え1日10アクセスしか集まらなくても息の長いキーワード(ロングテール)で記事を書いていくのです。 それにより 記事を書けば書くほどアクセスが上乗せされていくという図式が出来上がるのです。 またトレンド記事は調べてまとめるだけなので文章力は上達しません。 つまり記事として資産が残らないだけでなく、ただの時間の無駄になってしまう可能性の方が大きいのです。 ただトレンド記事を扱うのは 必ずしも悪いわけではありません。 ブログの立ち上げ当初はなかなかアクセスが集まりません。 そしてグーグルはある程度アクセスが流れないとそのブログを評価してくれません。 ですから ブログの立ち上げ当初にアクセスの流れるきっかけ作りとしてトレンド記事を書く事は大いに大賛成です。 ただし前述したようにトレンド地獄の罠にはまるのだけは気を付けて下さいね。 雑記と特化、結局どっちがアフィリエイト収入を稼げるのか? 結局のところ、 雑記ブログでも特化ブログでも方向性さえ間違えなければ、どちらでも大きく稼いでいくことは可能です。 ただ、今から ブログを1から始めるのではあれば、間違いなく特化ブログをお薦めします。 理由は簡単。 私の生徒さんの統計をとると 断トツで特化ブログの方が稼げているからです。 またすでに雑記ブログを書いている人は今から無理に特化ブログに方向性を変える必要はありません。 前述したように キャラクターを作りブログ全体に統一感を持たせ、カテゴリーを充実させていけば十分に稼げるブログに生まれ変わります。 またブログアフィリエイトで稼いでいくのに欠かせない要素が、• キーワード• 記事タイトル• 正しい記事更新 この3点です。 この3点を間違えてしまうと稼ぐ事はできなくなります。 ぜひ下記を参考に最短で稼ぐための基礎をマスターしましょう。 こんにちは、このブログを書いている後藤です。 12年のサラリーマン生活にピリオドをうちアフィリエイトで起業しました。 アホです。

次の

ブログ運営の最短ルート!雑記ブログから始めて特化ブログで稼ぐ7ステップ

雑記 ブログ 稼ぐ

稼ぐ雑記ブログの作り方の構造的なものは、普通のブログと何も変わらないから普通にカテゴリー設定などをして、記事を投稿するだけでいいのである。 稼ぐ雑記ブログの主な収益源としては、Googleアドセンスになることが多く、アフィリエイトなどと併用することも多い。 でこのブログを作成する際に重要なのは、「記事の書き方」と「テーマやキーワードの選定」の2点になる。 記事の書き方 であるからして、まずは「記事の書き方」になるのだが、 記事を書くのは、自分の好きな分野の記事なら、そこまで難しくないかもしれない。 しかしながら、全く興味のない分野の記事も「稼ぐ雑記ブログ」では、書かないといけないので、もし記事を書くのが辛いなら最初は、記事の外注化をすることも考える。 あと稼ぐ雑記ブログを作る際には、文字数は基本的には「 2000文字」を意識して、私は書いていた。 記事を書くことに慣れてきてからは、文字数が「2500文字~3000文字」とかにもなっていた。 そして、1日最低でも1記事は公開するようにしていた。 基本的な記事の書き方については、下記にて次のページを参照してください。 記事の外注化 もし記事を書くのに「苦手意識」があるのなら、始めのうちは記事を書く作業に慣れるために記事の外注化を行う方がいい。 記事の外注化は、本来ならばあまりしたくはないのだが、雑記ブログのように市場調査的な場合には活用しても面白いし、初心者が長文を書く際に、慣れるための手法としても有効だと思う。 で記事を外注した場合、実際どのようにして書くのか。 これは私のやり方なのだが、 まず「1000文字」くらいの記事を外注し、残りの1000文字を自分で書いていくのである。 正直なところ、今まで何にも興味のなかった分野の記事(2000文字)を書くことは難しい。 1000文字が前もって書かれているなら、話は別でその文章を読んで足りない点を付け加えたり、その記事のリード文を付け加えたりすることで、軽く1000文字を付け加えることができるし、こうすることで「記事を買った分だけは・・・」と必死で記事を書くようになるのである。 言わば、記事の外注化で強制的に記事を書く習慣を身に付けることができるのである。 ちなみに慣れてくれば、自分で2000文字くらいの記事が一日のうちの作業時間内に書けるようになる。 慣れないうちは、こうした記事が一日かかっても書けないってことがあるやもしれない。 初心者のうちは、記事の外注化も視野に入れておくと、継続して記事を書く習慣を身につけることが可能になる。 ただし、その際には必ず「 コピペチェック」を行う必要がある。 じぁないと知らず知らずのうちに、コピペ記事という名の「ごみ記事」を量産していることにもなりかねないからである。 あと外注記事といっても、中にはかなり質の良い記事が納品されることがあって、そういう記事は長期にわたって上位表示されることもある。 下記では、記事の外注化に関する記事を紹介する。 記事代行サービスと記事作成代行業者 アフィリエイト秘書. com ランサーズ Shinobiライティング CROWDビジネス テーマ・キーワードの選定 では、次に雑記ブログの「テーマ」をどうするか。 このテーマが決められないから雑記ブログで、様々なジャンルの記事を書くのである。 なのでまずは、自分の好きなジャンルでもいいので、とにかく「 寿命がないテーマ」を選んで記事を書くのである。 寿命がないテーマ 寿命がない(長生き)テーマとは、毎日検索エンジンで検索されるジャンルのことをいう。 「美容、お金、恋愛、学ぶ系」などの様々なジャンルが存在する。 なので、稼ぐ雑記ブログを作りたいなら、「2語のミディアムワード」と「3語のスモールワード」で、上位表示を狙う手法をとることになる。 いわゆる「 ロングテール」である。 下記では、キーワードの濃さとロングテールSEOについて紹介する。 キーワードプランナーでキーワード選定する際のコツ でこのキーワード選定のコツとしては、 キーワードプランナーで、 月間平均検索ボリュームが「2000以上」あり、競合性が「低」となっているキーワードを選ぶことである。 こうすることで、1日に100PV読まれるキーワードを選定することができる(たぶん・・・)。 あとこうした穴場のキーワードは、様々なジャンルにあるので様々な言葉を入力して、穴場キーワードを探すのが大事である。 ちなみに、キーワード選定の際には、ライバルサイトのチェックを行うことで、「このキーワードでは上位表示が可能なのか」といったことがよりはっきりとわかってくるので、ライバルサイトのチェックは怠らないようにしよう。 下記では、キーワード選定を行う手順などを紹介する。 記事公開 キーワード選定が終わったら、このキーワードを投稿記事のタイトルに含ませて、それに沿った記事を書いて公開する。 すると3カ月後には、上位表示される記事がちらほら出てくることになると思う。 以上で、稼ぐ雑記ブログの作り方・始め方の解説は終了である。 ちなみに、雑記ブログでアフィリエイト(物販など)を行う際には、キーワードに合った商品がある場合にのみ「アフィリエイトリンク」を貼るようにと、私は心掛けていた。 次のページは、の巻。

次の