パラダイム シフト シャドバ。 パラダイムの意味とは?類語と英語、パラダイムシフトとは何かを解説

パラダイムシフト

パラダイム シフト シャドバ

「ナテラ崩壊」はShadowverseの第16弾カードパックです。 3月末に97枚のカードと「リーダースキン付きカード」2枚を追加します。 5月に第16弾アディショナルカードを追加します。 今回から新たな能力「融合」が登場します。 手札にある融合を持つカードに他の手札を融合させることで、融合を持つカードを強化できます。 また、ヴァンパイアクラスの2つの能力に名前が付きます。 「渇望」は、「デッキから手札に加えたカード」がこのターン中に2枚以上である、という状態を表します。 「狂乱」は、「自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」がこのバトル中に7回以上である、という状態を表します。 このカードパックは、Shadowverseのメインストーリー「天地侵略編」と同じく、次元を渡った侵略者ベルフォメットによって危機に陥った世界「ナテラ」を舞台にしています。 「機械」と「自然」による壮絶な戦いは、いよいよクライマックスへ…… 「君の野生で、抗え」.

次の

時代の規範「パラダイム」の用例と関連語「パラダイムシフト」を解説

パラダイム シフト シャドバ

第16弾カードパック「」にて登場したブロンズのネメシス・スペル。 トークンカード。 全く新しい3種のから1体を出すという、これまでにない効果を持つスペル。 初期コストは7と高いが、自分のアーティファクトが破壊される度にコストが軽くなるため、上手くいけば0コストで他のカードと合わせて出せるためかなり強力である。 の後にくっついたり、8Tにを疾走させたりと器用に動ける。 ただし破壊時にコストが下がる都合上、適切な自爆とコストダウンを計算しての運用が必要なので初めのうちは慣れが必要。 出てくるトークンも、• そして、直接場に出せるため、「破壊されたアーティファクトの種類」をスムーズに増やせ、、のカードパワーを上げられる。 総じてWUP期のローテAFネメシスの躍進を支えているカードだと言えよう。 ちなみに、チョイスで場に出してからで複製しても手札のアーティファクトは5コストとなるため踏み倒すことはできない。 共通点 旧 新 守護 【進化前】 造られたのは、護るため。 命を生み出す母たる主を、 命を生み出す父たる装置を。 【進化後】 造られたのは、護り抜くため。 母のために、父のために、 その身を晒すが子の役目。 【進化前】 造られたのは、防ぐため。 主に害なす全ての機能を、 害なす己の機能によって。 【進化後】 造られたのは、防ぎ切るため。 あらゆる機能は、主のために。 その身を捧ぐが、造られし意味。 突進 【進化前】 切り拓くために造られた。 その身に代えても、未来のために。 【進化後】 突き進むために造られた。 その身が消えても、次なる物が。 【進化前】 刈り取るために造られた。 その身を振るい、あらゆるものを。 【進化後】 奪い取るために造られた。 その身のままに、主のために。 ラストワード 【進化前】 精査せよ。 己が造られた理由を全うするため。 無意味から意味を取り出すが、汝の意味なり。 【進化後】 分析せよ。 己が造られた理由を全うするため。 汝の前ではあらゆる無意味が意味へと変わる。 【進化前】 飛翔せよ、造られた意味を全うするため。 意味を無意味に帰するが、汝の意味なり。 【進化後】 飛翔せよ、造られた意味を全うするため。 汝の前では、あらゆる意味が無意味に堕ちる。 全体的に物騒になってる……なってない?.

次の

【シャドバ】アイアンスティンガーの評価と採用デッキ【シャドウバース】

パラダイム シフト シャドバ

第16弾カードパック「」にて登場したブロンズのネメシス・スペル。 トークンカード。 全く新しい3種のから1体を出すという、これまでにない効果を持つスペル。 初期コストは7と高いが、自分のアーティファクトが破壊される度にコストが軽くなるため、上手くいけば0コストで他のカードと合わせて出せるためかなり強力である。 の後にくっついたり、8Tにを疾走させたりと器用に動ける。 ただし破壊時にコストが下がる都合上、適切な自爆とコストダウンを計算しての運用が必要なので初めのうちは慣れが必要。 出てくるトークンも、• そして、直接場に出せるため、「破壊されたアーティファクトの種類」をスムーズに増やせ、、のカードパワーを上げられる。 総じてWUP期のローテAFネメシスの躍進を支えているカードだと言えよう。 ちなみに、チョイスで場に出してからで複製しても手札のアーティファクトは5コストとなるため踏み倒すことはできない。 共通点 旧 新 守護 【進化前】 造られたのは、護るため。 命を生み出す母たる主を、 命を生み出す父たる装置を。 【進化後】 造られたのは、護り抜くため。 母のために、父のために、 その身を晒すが子の役目。 【進化前】 造られたのは、防ぐため。 主に害なす全ての機能を、 害なす己の機能によって。 【進化後】 造られたのは、防ぎ切るため。 あらゆる機能は、主のために。 その身を捧ぐが、造られし意味。 突進 【進化前】 切り拓くために造られた。 その身に代えても、未来のために。 【進化後】 突き進むために造られた。 その身が消えても、次なる物が。 【進化前】 刈り取るために造られた。 その身を振るい、あらゆるものを。 【進化後】 奪い取るために造られた。 その身のままに、主のために。 ラストワード 【進化前】 精査せよ。 己が造られた理由を全うするため。 無意味から意味を取り出すが、汝の意味なり。 【進化後】 分析せよ。 己が造られた理由を全うするため。 汝の前ではあらゆる無意味が意味へと変わる。 【進化前】 飛翔せよ、造られた意味を全うするため。 意味を無意味に帰するが、汝の意味なり。 【進化後】 飛翔せよ、造られた意味を全うするため。 汝の前では、あらゆる意味が無意味に堕ちる。 全体的に物騒になってる……なってない?.

次の