平成 事件 なんj。 北九州監禁殺人事件 前代未聞の「残虐犯行」が明らかになった瞬間

男を騙して殺した「平成の毒婦」たち、首都圏・鳥取の連続不審死や後妻業…

平成 事件 なんj

平成には、数多くの「凶悪事件」が発生した。 ノンフィクションライター小野一光氏は事件発生時から、それぞれの現場で取材を敢行。 猟奇的な大量殺人や身内による犯行など事件の全貌が明らかになるまで何ヶ月もかかるものもあった。 この企画では、小野氏の当時の取材メモからいまだからこそ公開できる話題、また時には「事件のその後」についても解説していく。 第1回は、「北九州監禁殺人事件」。 監禁されていた少女が脱走したことで明るみに出た事件の現場から。 端緒となった事件が起きたときは、これほどまでに死者が多くいる大事件だとは、誰も想像していなかった。 すべては、2002年3月7日午後9時に、当時17歳の広田清美さん(仮名)に対する監禁・傷害容疑で、中年の男女2人が緊急逮捕されたことに始まる。 男女はともに完全黙秘を貫いており、身元不詳での逮捕だった。 さらにその日の午後11時には、保護された清美さんの証言をもとに、北九州市小倉北区にあるウイークリーマンションで、4人の男児が保護されている(*警察発表は10日。 後にうち2人は夫との離婚を考えていた女性から有料で預かっていた双子であり、もう2人は逮捕された男女の実子だと判明)。 その2カ月前の02年1月、00年に新潟県で発覚した、少女が9年2カ月にわたって監禁された事件の判決が下されたばかりだった。 そのため、またもや未成年者の監禁事件ではないかと、一気に注目が集まることになったのである。 そうした理由から、地元のメディアに限らず、週刊誌や東京キー局のワイドショーなども取材に殺到した。 その際にはフリーランスの私も『FRIDAY』の取材メンバーに組み込まれている。 「名前すら名乗らない被疑者はまれ。 よほどの左翼か右翼か」 ある捜査幹部は堅く口を閉ざす2人について、そのように答えていた。 また、「拉致」を想像させる犯行内容から、カルト教団のメンバーや北朝鮮の工作員を疑う声もあった。 2人が福岡地検小倉支部に氏名不詳のまま送検されたのは3月9日午後のこと。 メディア各社は送検時に被疑者の顔写真を狙うが、スーツ姿の男は頭から白い上着を被っており、乗り込んだ車内でもその状態だったため、どの社も顔は撮影できなかった。 後に聞いたことだが、捜査員が衣服を頭からかけたとき、男は「すいません」と口にしていたという。 一方で女は「堂々としており、ふてぶてしい表情だった」(捜査関係者)ようだが、顔を撮影できたのはごくわずかなメディアのみ。 『FRIDAY』も顔写真を撮り逃していた。 ご存知の通り、『FRIDAY』は写真週刊誌であるため、世間の耳目を集める事件が発生した際に、容疑者の顔写真がその他のメディア以上に必要とされる。 だが、送検段階で2人の顔が写った写真は撮れていない。 このような場合、記者はたとえそれが学生時代の卒業アルバムといった、過去のものであっても探し出すのだが、男女が氏名不詳であるため、その手がかりすらないという状況だった。 ただし、撮り逃したとはいえ、3月15日に発売される次号(3月29日号)の校了日は3月13日のため、まだ4日の猶予があった。 そこで嘉納愛夏とFという2人の女性カメラマンが、女が留置されている警察署を徹底的に張り込むことにしたのである。 その成果が実ったのは張り込みを始めて2日目のこと。 3月11日に女らしき人物を乗せた車両が勾留先の警察署から出てきたのだ。 嘉納カメラマンは当時を振り返る。 「その車のあとをつけたところ、歯科医院に立ち寄りました。 そこで病院の出入口が見える場所で張り込んでいると、やがて女が出てきたので正面から撮影したんです」 他社のカメラマンが誰もいないなかでの、独自の撮影だった。 実はこの話には後日談がある。 嘉納は続けた。 「うちの写真が出てから、各社があの歯科医院に殺到したということを後で聞きました」 逮捕の4日後、捜査員に連れられ歯科医院に行った緒方容疑者(当時) 福岡県警はこの3月11日に、98人体制の『北九州市小倉北区内における少女特異監禁等事件』捜査本部を設置した。 容疑者が逮捕され、殺人が発覚していない段階での捜査本部設置は異例中の異例とのこと。 ちなみに逮捕された男女はといえば、男は雑談に応じるようになったが、氏名や事件に関しては男女ともに黙秘が続いていた。 また食事については、2人とも残さずに食べていたようだ。 この時点でいくつかの情報が捜査員経由で明かされている。 それは、男女が逮捕される前日の3月6日に、清美さんが捜査員に対して、自分の父親は殺されており、男女2人と彼女が父親の遺体を解体したことや、解体された遺体はフェリーから捨てられたと話していたこと。 また、3月8日に関係先4カ所を家宅捜索したとき、遺体を解体したというマンションには、異様なほどたくさん芳香剤があったことなどである。 『FRIDAY』の記者は、清美さんの実母に接触し、行方不明になる前の父親と会った際に、顔に激しく殴られた傷があったこと、手の甲にタバコの火傷痕がいくつもあったことなどの証言を得ている。 さらに彼女は父親から「もうダメだ。 俺はもうすぐ殺されるかも」との発言も聞いていた。 また、3月13日には、捜査本部が男女の氏名について、松永太(40=逮捕時。 以下同)と緒方純子(40)であると特定したことから、ギリギリの段階で記事に実名を入れることができた。 いったいなぜ彼らの氏名がわかったのか。 それは、家宅捜索の際に緒方の保険証が押収されていたからだ。 ただし、そこに記載された住所が変更されていたため、確認に手間取ったのである。 また、緒方の身元が判明したことで、松永の身元も特定された。 やがて3月15日には、清美さんの父親・広田由紀夫さん(仮名=当時34)に対する殺人容疑で、関係先への家宅捜索が行われた。 ここでようやく2人が殺人に関与している疑いが浮上したのだが、それはまだ氷山の一角に過ぎなかった。 元福岡県警担当記者は言う。 「清美さんの証言もあり、緒方の親族6人が行方不明だという話は、かなり早い段階で出ていました。 また松永と緒方でいえば、松永の方が先に、調書を取らない雑談のなかで、親族がいなくなったことを認めていたのですが、緒方が完黙を貫いていたため、捜査に進展がみられなかったのです。 そのため捜査員は、たぶん親族は亡くなっているだろうと口にはしますが、殺人で立件できるかどうかについては、言葉を濁していました」 捜査本部が緒方の姪である花奈ちゃん(仮名=当時10)殺害容疑で家宅捜索を行ったのは、5月9日から19日にかけてのこと。 ただ、それまで松永と緒方の勾留を続けるために、過去に別の女性が被害者となった事件で、2度の再逮捕(4月4日と5月16日)を繰り返している。 つまり、それほどまでに捜査は難航していたのだ。 その潮目が変わったのは、逮捕から7カ月半が過ぎた10月23日のこと。 松永と緒方の弁護団が異例のコメントを発表したのである。 「緒方容疑者より、自分の意思で『私の家族のこと、松永のことを考えて、事実をありのままお話する気持ちになりました』との申し出がありました」 つまり、緒方が完黙の方針を変え、すべて自供する気になったというのだ。 それにより、7人の被害者全員について、殺人事件での立件へと捜査の舵が切られたのだった。 文:小野一光 1966年生まれ。 福岡県北九州市出身。 雑誌編集者、雑誌記者を経てフリーライターに。 アフガン内戦や東日本大震災、さまざまな事件現場で取材を行う。 主な著書に『新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相』(文春文庫)、『全告白 後妻業の女: 「近畿連続青酸死事件」筧千佐子が語ったこと』(小学館)、『人殺しの論理 凶悪殺人犯へのインタビュー』 幻冬舎新書 、『連続殺人犯』(文春文庫)ほか.

次の

殺人犯7人に面会しました 『マンガ「獄中面会物語」』

平成 事件 なんj

もくじ• 日本の未解決事件1:岡山地底湖行方不明事件 岡山地底湖行方不明事件の概要 岡山地底湖行方不明事件は、2008年1月5日に起きた事件。 高知大学3年の男子学生が鍾乳洞の中で行方不明になり、懸命な捜索が行われたが、発見されないまま捜索は終了した。 洞窟に入洞したのは同大学の洞窟探検サークルの5名。 この5名で、 『順番に地底湖の壁をタッチして帰ってくるゲーム』をしていたみたいだが、その中の一人が帰ってこなかったようで、 「洞くつ最奥部の地底湖で仲間が遊泳中に行方不明になった」と通報し、捜索が始まることになった。 岡山地底湖行方不明事件の特徴・不可解な点 岡山地底湖行方不明事件の特徴・不可解な点• 入洞届を提出してない• 地底湖までが 5mの絶壁• 5人の中で、地底湖で泳いだのは被害者の1人だけらしい• 溺れるところを誰も目撃してないし聞いていない• 溺れた時の4人の 状況説明が一致していない• 「タッチした」という声は聞こえたらしいが、助けを求める声などは一切聞こえなかった• 救助活動を行わず現場に誰も残さないまま全員帰ってきた• 「探検に必要な装備は備わっていた」と、責任逃れのためか強調• 遭難事故では隊長が記者会見するのが普通だが、逃げ回って記者会見をしなかった これ以外にもmixiの日記が改ざんされたり、部員間の男女トラブルなど、不可解な点が多かった。 噂では、 「大学生が悪ノリで酔った部員を死なせてしまい、就職や風評を怖れ隠蔽を図り追求から逃げ続けただけの事件ではないか」とも言われている。 しかし詳しい捜査もされず事故として処理され、未だに遺体は見つかっておらず、未解決のままだ。 日本の未解決事件2:福島女性教員宅便槽内怪死事件 福島女性教員宅便槽内怪死事件の概要 福島女性教員宅便槽内怪死事件は、1989年2月28日、福島県田村郡都路村にある教員住宅の 便槽内で死亡している男性の遺体が見つかった事件。 遺体を取り出すために便槽ごと重機で取り出しており、この穴2箇所以外に入り込める穴は存在していない。 捜査によると、死因は凍死。 他殺説、自殺説、覗き目的自滅死亡説など、当時はワイドショーでもこの事件はしばらく取り上げられており、騒がれていた。 福島女性教員宅便槽内怪死事件の特徴・不可解な点 福島女性教員宅便槽内怪死事件の特徴・不可解な点• 便槽内で遺体で見つかった男性の胸部付近に上着のセーターが抱かれていた• 遺体の顔に本人の靴が片方乗っていた• もう片方の靴は付近の土手で見つかっている 亡くなったこの男性は、 重要なスピーチや司会をよく頼まれるような存在で、人望が厚かった。 捜査結果を不服とした村民らが 「覗きをするような人では無い、他殺に違いない」との事から、4000人ほどの署名が集まったが、警察は事故死と判断し、再捜査は行われずに幕を閉じた。 詳しくはコチラ。 日本の未解決事件3:嵐真由美さん失踪事件 嵐真由美さん失踪事件の概要 嵐真由美さん失踪事件は、1994年9月2日に起こった事件。 主婦の嵐真由美さんが出産のために、両親と姉がいる実家に戻っていた。 しかし真由美さんは何を思ったのか、当時1歳半の娘を残し実家から外出し、そのまま行方不明になっていまった事件。 『洋子の話は信じるな』で有名。 (洋子:姉) 嵐真由美さん失踪事件の特徴・不可解な点 嵐真由美さん失踪事件の特徴・不可解な点• 真由美さんの姉:洋子さんの証言によると、 「同級生と会う」と言って家から出たらしい• しかし同級生は、会う約束はしていなかった• 父によると、真由美さんは外出する前「どこか落ち着きのない様子」だったと語った• ジュースを2本抱え、山林に入っていく真由美さんの姿が目撃されている• そしてインタビュー時の 『洋子の話は信じるな』のメモ 事件には姉の洋子さんと、姉と面識のある一人の男の2人が関わっているとも言われているが、真相は闇の中だ。 日本の未解決事件4:井の頭公園バラバラ殺人事件 井の頭公園バラバラ殺人事件の概要 井の頭公園バラバラ殺人事件は、1994年4月23日に発覚したバラバラ殺人事件。 東京都三鷹市にある井の頭公園のゴミ箱に、ポリ袋に入った人間の足首が捨てられているのを、猫の餌を探すため偶然ポリ袋を開けた清掃員の女性が発見した。 計27個に切断された手足・胴体の一部が発見された。 袋は小さい穴のある水切り用の黒い袋と半透明の袋の二重になっており、 漁師らが使う特殊な方法で結ばれていた。 井の頭公園バラバラ殺人事件の特徴・不可解な点 井の頭公園バラバラ殺人事件の特徴・不可解な点• 遺体の指紋はほぼ削り取られており、ゴミ箱の入り口にギリギリはいるサイズにカットされていた• 毛細血管の細部に至るまで血が1滴も残ってなかったことから、プロの所業だと言われている(洗濯機を使ったとの説も)• 微かに残っていたDNAにより、被害者男性の身元を特定した• 「人違い」によって殺された可能性があると言われている 2009年4月23日午前0時に公訴時効が成立。 日本の未解決事件5:プチエンジェル事件 プチエンジェル事件の概要 プチエンジェル事件は、2003年7月に起きた、東京都赤坂のマンションに小学6年生の少女4人が誘拐・監禁された事件。 「プチエンジェル」と呼ばれているのは、犯人が経営していた児童買春デートクラブの名称からきている。 犯人は「部屋を1万円で掃除してほしい」と赤坂のマンションに少女を招集。 マンションに着くと少女らは監禁され、 犯人はビニールを被り練炭自殺をした。 プチエンジェル事件の特徴・不可解な点 プチエンジェル事件の特徴・不可解な点.

次の

なんJ深夜の未解決事件怖い部 「行方不明系が一番怖いンゴね」「ミユキ カアイソウ」「栃木小1女児は捜査員の体液が検出されてて闇深い」 2ch反応まとめ

平成 事件 なんj

関元死刑囚はこの事件を含め強盗殺人と強盗強姦など7つの罪、ほかにも別件の恐喝や窃盗、強姦致傷など「約5ヵ月間に計14の罪を繰り返した」と認定され、01年12月、最高裁で死刑が確定した。 関元死刑囚は再審請求中だった17年12月、東京拘置所で死刑が執行された。 光市母子殺害で死刑確定 「光市母子殺害事件」といえば、この記事を読もうと思った読者で知らない方はいないだろう。 1999年4月14日、山口県光市の社宅アパートに、当時18歳だった大月(旧姓・福田)孝行死刑囚が「排水検査」と装って侵入。 23歳の女性に馬乗りになって強姦しようとしたが抵抗されたため、首を絞めて殺害し、その後、屍姦した。 さらに泣きやまない生後11ヵ月の女児を床にたたきつけた上、首をひもで絞めて殺害した。 この事件を巡っては、女性の夫が大月死刑囚への死刑を求めるとともに「もし犯人が死刑にならずに刑務所から出てくれば、自分の手で殺す」とテレビで宣言。 さらには犯罪被害者の権利確立のため「全国犯罪被害者の会」を設立し、犯罪被害者等基本法の成立や被害者参加制度を盛り込んだ刑事訴訟法改正などのきっかけとなった。 一方で弁護側は「強姦目的ではなく優しくしてほしいという甘えの気持ちで抱きついた」「屍姦は復活の儀式」「女児は殺すつもりではなく、泣きやまそうと首に(ひもを)蝶々結びした」「女児を押し入れに入れたのはドラえもんに助けてもらうため」など、理解に苦しむ不可解な弁明を繰り返し、死刑回避を訴えた。 1審山口地裁は大月死刑囚に無期懲役を言い渡し、検察側が控訴したが2審広島高裁は地裁判決を追認。 検察側は最高裁に上告した。 最高裁は高裁判決を破棄して審理を差し戻し、その後、高裁は死刑判決を言い渡した。 最高裁も差し戻し控訴審判決を支持し、後に確定。 大月死刑囚側は再審請求をしている。 大月死刑囚は1審の無期懲役判決後、知人に「終始笑うは悪なのが今の世の中だ」「無期はほぼキマリ。 7年そこそこに地上に芽を出す」「2番目のぎせい者が出るかも」などと出所後の再犯を予告するような手紙を出しており、検察側は「(大月死刑囚が)反省していない証拠」として公判で訴えていた。

次の