カレンダー 開運。 縁起のいい日2020年開運カレンダー!天赦日・一粒万倍日・寅の日がすぐ分かる!

開運年間カレンダー (一粒万倍日・天赦日・満月・新月)

カレンダー 開運

2020. 30 【7月の開運カレンダー】現状を変えたいなら7月17日が吉、新しいことにチャレンジしよう!• 結婚、旅行、引っ越し、転職など、何ごとをするにも吉とされています。 ・一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)……1日、2日、14日、17日、26日、29日 「1つの粒が万倍に増える」という意味がある一粒万倍日。 この日に行動を起こすと大きな成果がもたらされます。 仕事始めや開店、お金を出すのに最適。 ただ、苦労も倍になるので、ものやお金の借り入れは凶とされています。 ・寅の日(とらのひ)……10日、22日 トラが「千里行って千里帰る」といわれていることから、旅行運が高まるといわれている日。 また、トラの身体や縞模様は金運の象徴でもあることから、お金のご縁が強くなる日ともいわれています。 ・巳の日(みのひ)……1日、13日 巳(へび)は、弁財天の使い。 巳の日は、芸術や財運の仏様・弁財天のご縁日です。 この日に弁財天が祀られている寺社や神社に参拝したり、お金にまつわる行動を起こすと、金運が高まるといわれています。 ・甲子(きのえね)……20日 60日に一度巡ってくる貴重な日。 物ごとを始めるのにいい日とされています。 ・己巳(つちのとみ)……25日 「己巳の日」は、弁財天に強いご縁のある日とされ、巳の日以上に金運パワーが高まります。 60日に一度巡ってくる貴重な日です。 ・天一天上(てんいちてんじょう)……1日~4日 方位の神様である「天一神(てんいちじん)」が、天上に行く日。 この日から16日間はどの方角に行ってもいい日とされています。 ただしこの期間中、「日遊神(にちゆうしん)」が代わりに家の中にとどまるため、家の中を清潔にしなければ神様に怒られてしまうといわれています。 7月の凶日 ・不成就日(ふじょうじゅび)……3日、11日、19日、26日 悪い結果を招いたり、物ごとが失敗に終わってしまう凶日。 事始めに悪く、願かけにも適さない日です。 ・土用(どよう)……19日~31日まで 土用とは、土の気が盛んになる期間。 体調不良や争いごと、金銭トラブルなどの凶作用が強くなります。 ただし、「間日(まび)」といわれる23日、24日、28日は土用の作用がありません。 7月の注目日&要注意日をチェック! 1日は、「一粒万倍日」と「巳の日」が重なる吉日ですが、「先負」「一白」の日でもあるため、控えめな行動がいいでしょう。 資産運用や投資など多額のお金を動かす行動は避けて、通帳記入などのお金の整理、お財布のケアをするなどして、金運を高めましょう。 お金を動かしたいなら、5日の午前中に実行するといいでしょう。 5日は、満月でパワーに満ちあふれているうえに、午前が吉の「先勝」。 思い切った行動が、幸運につながる日です。 普段あまり宝くじを買わない人も、この日に大口買いをすると当たるかもしれません。 13日~16日まで新盆に入ります。 14日、15日と吉日が続きますが、ご先祖さまや亡くなった方を敬うために、開運アクションは控えたほうがいいでしょう。 現状を変えたいなら、お盆明けの17日がチャンス。 今までやったことがない、新しいことにチャレンジしましょう。 「一粒万倍日」効果で、幸運が次々と生まれ、運気が好転しやすくなります。 停滞していた人は、突破口が開くかも。 こちらも「先勝」の日なので、午前中に実行するといいでしょう。 19日から土用期間に入り、20日には九星の流れが切り替わります。 物ごとがうまくいかなくなるだけではなく、調子が崩れ、立て直すまでに時間もかかるでしょう。 この時期は、あえてペースを落とし、のんびり過ごすといいでしょう。 29日の「一粒万倍日」は、気持ちの焦りからトラブルを起こしやすい日。 さらに「友引」の効果で、周りを巻き込み、迷惑をかけてしまう可能性があります。 落ち着いた行動をとるようにしましょう。 「天一天上」の影響で、5日~10日は北東、11日~15日は東、16日~21日は南東、22日~26日は南、27日~31日は南西が凶方位になります。 夏の土用は体力を消耗しやすい時期。 旬の野菜を積極的にとり入れて乗り越えましょう。 土用の丑の日の定番・ウナギも、スタミナがつくのでオススメ。 7月は21日が丑の日です。 (咲羅紅).

次の

2020年一粒万倍日・天赦日・開運日

カレンダー 開運

2020. 31 【2月の開運カレンダー】2月5日は金運が高まる吉日、ラッキータイムは正午!• 結婚、旅行、引っ越し、転職など、何ごとをするにも吉とされています。 ・一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)……3日、4日、9日、16日、21日、28日 「ひとつの粒が万倍に増える」という意味がある一粒万倍日。 この日に行動を起こすと大きな成果がもたらされます。 仕事始めや開店、お金を出すのに最適。 ただ、苦労も倍になるので、ものやお金の借り入れは凶とされています。 ・天赦日(てんしゃにち)……5日 「天が万物を赦す日」とされている天赦日。 暦の上で最も吉日といわれており、年に5~6日しかありません。 告白や結婚、書類の提出、開業、新規開拓など、あらゆることにおいて最良の日とされています。 ・寅の日(とらのひ)……5日、17日、29日 トラが「千里行って千里帰る」といわれていることから、旅行運が高まるといわれている日。 また、トラの身体や縞模様は金運の象徴でもあることから、お金のご縁が強くなる日ともいわれています。 ・巳の日(みのひ)……8日、20日 巳(へび)は、弁財天の使い。 巳の日は、芸術や財運の仏様・弁財天のご縁日です。 この日に弁財天が祀られている寺社や神社に参拝したり、お金にまつわる行動を起こすと、金運が高まるといわれています。 ・天一天上(てんいちてんじょう)……20日~29日 方位の神様である「天一神(てんいちじん)」が、天上に行く日。 この日から16日間は、どの方角に行ってもいい日とされています。 ただしこの期間中、「日遊神(にちゆうしん)」が代わりに家の中にとどまるため、家の中を清潔にしなければ神様に怒られてしまうといわれています。 2月の凶日 ・不成就日(ふじょうじゅび)……4日、12日、20日、25日 悪い結果を招いたり、物ごとが失敗に終わってしまう凶日。 事始めに悪く、願かけにも適さない日です。 ・土用(どよう)……1日~3日まで 土用とは、土の気が盛んになる期間。 体調不良や争いごと、金銭トラブルなどの凶作用が強くなります。 ・十方暮れ(じっぽうぐれ)……11日~20日まで 十方暮れは、十干(天)と十二支(地)の組み合わせが悪く、天地のバランスが崩れ、何をやってもうまくいかないとされる期間。 結婚や旅行、相談ごとの凶日です。 2月の注目日&要注意日をチェック! 2月は、凶日である土用からはじまります。 土用期間の1日~3日は、嫌なことがあってもポジティブ思考で過ごしましょう。 3日の節分は豆をまき、柊を飾ったり、イワシを食べて厄払いを行いましょう。 土用を抜けると、暦の上では新しい1年が始まります。 「立春」の4日は、「大安」「一粒万倍日」が重なる吉日。 この日は、ボランティアや人助け、友達や家族のサポートなど、誰かの支えになるようなことを行いましょう。 いいことが倍になって、自分のもとに返ってきます。 ただ、「不成就日」とも重なっているため、新しいことや不慣れなことを行うには向きません。 身近なところで、人のためになりそうな行いをするといいでしょう。 金運が高まる吉日は、5日と9日。 「天赦日」「寅の日」と重なる5日は、正午がラッキータイム! この時間に、お財布のケアを行うと吉です。 また、ランチタイムに通帳からお金をおろすと、寅の日効果でお金が多く戻り、預金が貯まりやすくなります。 9日は、満月と「一粒万倍日」が重なる日。 「初午」の日でもあり、五穀豊穣や金運にゆかりのある稲荷神社では初午祭が行われます。 この日にお稲荷さんにお参りすると、ご加護を得られ、金運・仕事運がアップします。 9日に参拝できない人は、「二の午」である21日に参拝するといいでしょう。 バレンタインデーがある2月中旬は、トラブルが起きやすい「十方暮れ」の期間と重なります。 バレンタインを成功させたいなら、2月初めの吉日にチョコを渡す人を決めたり、お菓子の材料の買い出しをしておくといいでしょう。 16日は、十方暮れ期間の中でも比較的いいことが起きやすい日。 この日に部屋の片付けや整理整頓を行うと、運気が呼び込みやすくなります。 2月後半は「天一天上」の期間に入ります。 この期間中は、部屋の掃除や不要なものの処分、模様替えに力をいれるといいでしょう。 新しい家具やインテリアを買い揃えると、部屋の気が高まります。 開運効果につながるので、積極的に取り入れましょう。 「天一天上(てんいちてんじょう)」の影響で、1日~3日は南西、4日~8日は西、9日~14日は北西、15日~19日は北が凶方位になります。 暦での1年の始まりを迎え、運気の流れが大きく変わりそうな2月。 暦を知って、運気の波を乗りこなしましょう。 (咲羅紅).

次の

2020年の開運日は?吉日カレンダーで一粒万倍日や天赦日以外も調査

カレンダー 開運

吉日がわかる開運カレンダーや、新月・満月・ボイドタイムがわかるカレンダーなど、スマホアプリはたくさんありますが、 1つのアプリで全部が見れたら、もっと便利ですよね。 そこで、Googleカレンダーで自分がほしいと思ったイベントの開運カレンダーを作成・公開しました。 こちらのカレンダーは、 ・吉日(大安・一粒万倍日・天赦日・寅・巳・巳己) ・不成就日 ・満月・新月 ・ボイドタイム ・二十四節気から抜粋(春分の日、夏至、秋分の日、冬至、立春、立夏、立秋、彼岸、八十八夜) ・土用と間日 ・日本の祝日 これらのイベントがすべて表示された状態になってます。 Googleカレンダーの使い方 上の状態は月表示になっているので、 右上の週タブを選択すると1週間単位で見ることが出来ます。 新しいカレンダーを作成せずにインポートしてしまうと、既存のカレンダーの中にインポートしたカレンダーが混ざってしまうことになるからです。 インポートしたカレンダーを削除しようとする際に既存の予定と混ざってしまうと、一つ一つ手動で削除することになるので、ご注意くださいね。 例えば、 新月・満月カレンダーとボイドタイムカレンダーをインポートする場合は、 ・新月・満月カレンダー ・ボイドタイム この2つのカレンダーを新規で作成してから、それぞれのカレンダーにインポートするという形です。 ボイドタイムは、 当日中に終わる日や、2日にまたがる日もあるので要チェックです。 詳しい時間帯はクリックすると表示されます。 吉日のGoogleカレンダー 大安や一粒万倍日、天赦日など吉日のカレンダーです。 不成就日のGoogleカレンダー 何事も成就しないと言われている不成就日のカレンダーです。 満月・新月のGoogleカレンダー 新月と満月の時間がわかるGoogleカレンダーです。 二十四節気のGoogleカレンダー 二十四節気から、 春分・夏至・秋分・冬至・立春・立夏・立秋・立冬・土用・彼岸・八十八夜などを抜粋しています 土用と間日のGoogleカレンダー 土用と間日のGoogleカレンダーです。 土用も気にしておきたい要注意日です。 リフォームや土いじりなどに避けたほうが良いと言われています。 もうすでに2018年も5月に入り、 今さらカレンダーを公開するのも遅すぎですが、 カレンダーの記事へのアクセスが結構多いので、 作ってみました。 大きな買い物をしたい時に不成就日だった場合は、すぐに必要な時以外は先延ばしにしたり、新月の願い事をする場合はボイドタイムを外すなど。 でも、避けられない大事なイベントと、ボイドタイムや不成就日が重なってしまう時もありますよね。

次の