神 の もの は 神 に カエサル の 物 は カエサル に。 カエサルとは

「カエサル(シーザー)」の生涯とは?「名言」とその意味も解説

神 の もの は 神 に カエサル の 物 は カエサル に

「ユリウス・カエサル」とは? 「ユリウス・カエサル」は古代ローマにおける最大の英雄 ガイウス・ユリウス・カエサル(古代ラテン語:Gaius Julius Caesar、紀元前100年~紀元前44年)は、共和政ローマ末期の政治家で、古代ローマにおける最大の英雄とたたえられています。 カエサルは軍司令官として内戦に勝利し、終身独裁官となってローマの単独支配を確立しました。 それにより、後継者となった初代ローマ皇帝アウグストゥスが帝政を開始する礎を築きました。 カエサルはローマの建国者ロムルスに対し、ローマの二度目の建国者として「国家の父」と市民から親しみを込めて呼ばれました。 「カエサル」は「皇帝」の称号でもある カエサルの後継者ガイウス・オクタウィウス(のちのアウグストゥス)は、カエサルの跡を継いだ時、ガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィウスと名を改めました。 その後に続いた皇帝たちも皆、カエサルの名を冠していたため、次第に皇帝を指す言葉として「カエサル」が使われるようになりました。 ドイツ語で皇帝を意味する「Kaiser(カイザー)」は、カエサルに由来する言葉です。 カエサルは「ユリウス暦」を導入した カエサルは、それまで用いられていた太陽暦が、実際の季節とずれていた問題を解消するため、学者に計算しなおさせ、紀元前45年に新たな太陽暦を導入しました。 自身の名前にちなんでユリウス暦とした暦は、1582年にグレゴリオ暦(グレゴリウス暦)に改良されるまで、ヨーロッパと中近東の暦として用いられました。 元老院と市民集会は、カエサルが55歳になったとき、ユリウス暦の7月の呼称を、カエサルが生まれた月を記念して「Iulius:ユリウス」(英語でJuly:ジュライ)の呼称に定めました。 7月をユリウスとする呼称はグレゴリオ暦にも受け継がれ、現在も使用されています。 「クレオパトラ」はカエサルの愛人だった 紀元前48年、カエサルがエジプトに滞在した際に、若き日のクレオパトラが絨毯にくるまってカエサルの部屋に侵入し、その美貌で魅了したというエピソードは、1963年のハリウッド映画『クレオパトラ』において、エリザベス・テーラーも演じた有名なエピソードです。 カエサルは、クレオパトラとその弟との間に起こったエジプト王家の内紛の裁定のためにエジプトを訪れたのですが、カエサルは姉と弟との共同統治をするよう裁定しました。 これはその時、劣勢にいたクレオパトラを救うものでした。 クレオパトラはカエサルの愛人となり、カエサルの子を産んだとされますが、子どもをカエサルの後継者にはできませんでした。 「ユリウス・カエサル」は英語で「ジュリアス・シーザー」 古典ラテン語では「Iulius Caesar(ユリウス・カエサル)」と書き、英語では「Julius Caesar(ジュリアス・シーザー)」と書きます。 日本では「カエサル」と呼ばれることが多いです。 シェークスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』(英語:The Tragedy of Julius Caesar)は、カエサルに対するブルータスの陰謀と暗殺の悲劇を描いたものです。 「カエサル」の「名言」とその背景を紹介 カエサルは簡潔な名言がよく知られています。 名言とともに、カエサルの生涯を紹介します。 「賽は投げられた」は国法を破るときに発した名言 紀元前49年、カエサルは元老院派のポンペイウスに背いてルビコン川を渡り、それによってローマの内戦が始まりました。 軍隊を率いてルビコン川を渡り、属州ガリアに入ることは法により禁じられていました。 国法を破るという暴挙に出るその時、カエサルは「賽は投げられた(さいはなげられた)」と言って川を渡ったと伝えられています。 「賽は投げられた」の「賽」とはサイコロのことで、一度投げてしまったサイコロは元に戻せないことから、「最後までやるしかない」「運を天に任せる」との意味だとされます。 「来た、見た、勝った」の名言に現れる文筆の才能 紀元前47年、現在のトルコでの戦いに勝利したカエサルは、「来た、見た、勝った」と書いた手紙をローマに送り、簡潔に勝利を伝えました。 カエサルは、キケロと並んでラテン語散文の名手とされ、文筆家としての優れた才能も持っていました。 簡潔な名言もそれを物語っています。 紀元前58年から8年間にわたってガリア遠征を行った際の記録をまとめた『ガリア戦記』は、特に高く評価されています。 一つの巻に1年分の出来事を記した全8巻から成り、7巻までをカエサルが執筆し、最後の1巻は部下のヒルティウスが執筆しました。 『ガリア戦記』は、遠征記録であるとともに、ガリア人やゲルマン人の風俗についても詳細に記述されています。 ガリア人とは、ガリア語を話すケルト人のことで、カエサルはケルト人の文化・習俗に関心を持っていたようで、詳しく記録しています。 カエサルの『ガリア戦記』は、現存するギリシャ・ローマの文献の中で、ケルト人に関する貴重な資料ともなっています。 「ブルータス、お前もか」の名言が生まれた暗殺事件 紀元前44年、カエサルはブルータスが首謀した謀反によって暗殺されました。 最期の時の様子を多くの歴史家が書き記していますが、状況に違いがあります。 最もよく知られるプルタルコスの『英雄伝』においては、死を察したカエサルは、腹心の部下であるブルータスの顔を認めると、「ブルータス、お前もか」と言って倒れたとされます。 この言葉は、シェークスピアの悲劇『ジュリアス・シーザー』におけるカエサルの台詞として有名となり、信頼していた部下や友人などに裏切られたことを象徴する言葉として定着しました。 「カエサルの物はカエサルに」とはどんな意味? 最後に、カエサルの言葉ではない「カエサルの物はカエサルに」について、その意味や出典を紹介します。 「カエサルの物はカエサルに」はイエス・キリストの言葉 「カエサルの物はカエサルに」という名言がよく知られていますが、これはカエサルの言葉ではなく、『新約聖書』「マタイによる福音書」「マルコによる福音書」「ルカによる福音書」に登場するイエス・キリストの言葉です。 イエスに敵対する人々が、イエスを陥れようと悪意を持って「異教徒であるカエサル(皇帝)へ税を納めてよいと考えるか」と質問すると、イエスは「カエサル(皇帝)のものはカエサル(皇帝)に、神のものは神に返しなさい」と答えたという逸話です。 世俗の支配者あるいは国家に対する義務と、神への服従は別次元のものであり、両者は共に行うべきであるということを説いています。 聖書の中のたとえ話の意味を離れて、「カエサルの物はカエサルに」は、「本来の持ち主に返せ」という意味でも用いられます。 なお、ここでの「カエサル」とは、ユリウス・カエサルではなく、ローマ皇帝の総称として用いられています。 まとめ 古代ローマ最大の英雄とされるユリウス・カエサルは、歴史家がこぞってすばらしい人物だったと褒めたたえています。 優れた政治力・統率力があるだけでなく、文筆家としての才能も優れており、また人間としての魅力も非常に高かったようです。 カエサルの後継者となったアウグストゥスは、帝政ローマを堅実に築き上げ、ローマに平和をもたらしました。 カエサルの属したユリウス家の血筋は、初代皇帝アウグストゥスに引き継がれ、クラウディウス家のティベリウスがアウグストゥスの後継者となったことで、ユリウス・クラウディウス家が誕生します。 ティベリウスをカリグラが継ぎ、ネロがその後を継ぎますが、ネロの自殺によってユリウス・クラウディウス家は途絶えました。

次の

探偵が早すぎる。

神 の もの は 神 に カエサル の 物 は カエサル に

twitterで投稿していたら文字数の少なさに伝えるころの困難さを感じました。 そこでもっと長い記事の書けるものと即時に短文で書けるものを二つ作ってみました。 物事にはそれに適した道具があると思います。 すぐに短くはtwitter、じっくり長くはブロマガで書いていければなと思っています。 今日の名言「 神のものは神に、カエサルのものはカエサルに」 イエス・キリストの言葉(というか新訳聖書の文言)。 パリサイ派の人がイエスを試すためにローマ帝国に税を支払うべきか問われたときに イエスが発した言葉です。 意味としては「信仰(=神のもの)は神に、信仰以外の俗物的なもの(=カエサルのもの)は俗世間に返しましょう。 信仰を大事にしていきましょう」ということです。 詳しくは神学を勉強してください。 もしくはぐぐれ。 (ひでぇ) きっとエントロピー拡散増大則に逆らって元の位置に戻そうってことでしょう。 (たぶん違う) じゃあなんでこんな言葉紹介したのよ、という話ですがここでいうカエサルはローマ帝国2代皇帝ティベリウスのことなんですよ。 察しの言い方はおわかりでしょう。 名言とティベリウスならもうこの言葉しかないと思って紹介しました。 (安直) まあ初回なのでこんな感じで次回は未定です。

次の

「神のものは神に〜生きている者の神」マルコの福音書12章13〜27節

神 の もの は 神 に カエサル の 物 は カエサル に

ローマ五賢帝 ネルウァ 第12代皇帝 96~98年 トラヤヌス ネルウァ=アントニヌス朝の第2代皇帝 98~117年 ハドリアヌス 第14代皇帝 117~138年 アントニヌス=ビウス ネルウァ=アントニヌス朝の第4代皇帝 86~161年 ネルウァ=アントニヌス朝の第5代皇帝 121~180年 イエスの登場 だが、その前に見ておくべき時代がある。 それが、紀元前から紀元後に変わるときの時代。 人間である以上避けて通れない、一人の人物が生まれ、そして彼は十字架に磔になりこの世を去った。 である。 彼とこの時代についての詳細は下記の記事に書いたので、この記事では違う側面から見てみよう。 その記事にも書いたが、『イエス・キリストは実在したのか?(Zealot the life and times of jesus of nazareth)』にはこうある。 『異邦人の庭』に露天商が入るのを禁じる法律はない。 神殿のほかの部分は神聖不可侵とされ、体の不自由な者、病人、不浄とされる者、とりわけ異邦人の群衆は立ち入りを禁止されていたかもしれない。 だが、境内のそれ以外の場所は、大勢の人でにぎわうバザールやユダヤ人の最高評議会である最高法院(サンヘドリン)の本部として、 だれでも出入りの自由な領域として利用されていた。 商人や両替商、生贄用の動物を売る人、不浄な者、異教徒、異端者など、だれでも望むなら『異邦人の庭』に入る権利があり、そこで商いをする権利があった。 だから、神殿の祭司たちが この民衆煽動家は自分を何者だと思っているのか答えよと要求したのは、驚くに当たらない。 何の権利があって彼はこの神殿を浄化するべきだと思い込んでいるのか?そのようなずうずうしい犯罪的行為のどこに神意のしるしがあるのか? カエサルのものはカエサルに、神のものは神に返しなさい。 である。 では、イエスが生きていた時代のローマの皇帝は、『カエサル』だったのだろうか。 いや、彼は紀元前44年に死んでいる。 そしてイエスは、紀元前4年頃に生まれた人物である。 つまり、カエサルの養子であり、ローマ帝国の初代皇帝であるアウグストゥスでさえも、皇帝の在位期間は紀元前27年~紀元前14年だ。 イエスが生きた時代には、すでに皇帝が変わってしまっている。 実は、ここで言われている『カエサル』というのは、アウグストゥスの養子である『 ティベリウス』のことなのだ。 第2代ローマ帝国皇帝のティベリウスも、 ティベリウス・ユリウス・カエサルという名前だった。 そして、『カエサル』という呼称自体が、『ローマ皇帝』という意味を持っていたのである。 [ティベリウス・ユリウス・カエサル] ローマ政府と民衆の関係 『イエス・キリストは実在したのか?(Zealot the life and times of jesus of nazareth)』にはこうある。 貧農の反乱と『メシア』 ローマによる占領後のユダヤで数々の騒動が続いていたころ、 ローマではポンペイウス・マグヌスとそのかつての盟友ユリウス・カエサルの間に、困難を示唆する内輪揉めが起きていた。 ハスモン王朝の末裔たちがこの二人のどちらからも恩顧を得ようとする一方で、『神の土地』を開墾して耕す ユダヤ人農家や小作人の暮らし向きは悪くなるばかりだった。 何百年物間、農村経済の基盤であった家族だけの小規模農家は、金回りの良い地主貴族階級の管理する大荘園に次第に吸収されていった。 都市化が急激に進み、農村部から都市部への国内移住者はどんどん増えた。 かつて貧しい村を支えていた農業は、今や食欲旺盛な都市人口を支える奉仕産業となり、小作人は上と貧困に喘いだ。 小作人は普通の税金のほかに神殿の祭祀階級に 10分の1税を支払わされるばかりでなく、 ローマ政府にも多大な進貢の義務を負わされていた。 その合計は、農家の年収のほぼ半分に相当した。 おまけに早害が続き、休耕地や後背地が増えると、 多くのユダヤ人小作農は奴隷に身を落とした。 耕作できない土地にとどまった人々は、地主貴族階級に法外な利息を払って多額の借金をせざるを得なくなった。 ユダヤ法では借金に利息をつけてはいけないことになっているが、返済が遅れれば、多額な罰金をとるのだから、貧乏人にとっては結果としてはどちらでも同じだった。 いずれにせよ、主貴族は小作人が借金の返済不履行になるのは当然だと思い込んだ。 借金が迅速に、しかも全額返済されなければ、小作人の耕地は没収され、彼らは新たな所有主のもとで小作人として働かされた。 冒頭の記事にはこう書いている。 アウグストゥスはカエサルの養子だった。 紀元前27年に元老院から国家のあらゆる権力を付与され、ローマは『 帝政ローマ』となったのである。 アウグストゥスは広場や神殿、公共施設を建設し、人口120万人の国際都市ローマを造営した。 しかし、彼自身は皇帝の宮殿とは程遠い質素な家に住み、更には自分のお金を使って市民に食料を配ったりして、国と国民に尽くした。 これを見て、更に冒頭の『五賢帝までの200年の黄金期』を見ると、まるでアウグストゥス以降のローマ帝国は、とても華々しく、すべての人が格差に憂うことなく、楽しく生きたように見える。 だが、実際には違った。 ローマ帝国の繁栄の陰にも、決して歴史に誇ることのできない『闇』があったのだ。 イエスが登場する前にあったのは『ユダヤ教』である。 ユダヤ教徒ローマ帝国の間に何があったか。 そして、なぜローマ帝国の国教にキリスト教が選ばれたのか。 それは、宗教編の各記事を見て、理解を深めたい。 次の記事 該当する年表 SNS.

次の