生後2ヶ月 ミルクの間隔。 赤ちゃんと人工栄養~生後3ヶ月に飲ませるミルクの量と間隔~

【助産師監修】生後2ヶ月の赤ちゃん|体重や生活スケジュール&育児体験談|cozre[コズレ]子育てマガジン

生後2ヶ月 ミルクの間隔

赤ちゃんの健やかな成長のために、母乳やミルクからしっかり栄養をとることは大切です。 しかし、母乳育児の場合は、ミルクと違ってどのくらいの母乳量を飲んだかが分かりにくいため、足りているのか悩んでいるママも多いのではないでしょうか。 今回は、生後1・2・3ヶ月の赤ちゃんの母乳量・授乳間隔・授乳回数を紹介していきます。 生後1ヶ月の赤ちゃんの母乳量・授乳間隔・回数 頃の赤ちゃんは「新生児」と呼ばれる時期です。 おっぱいを吸う力が弱いため、ちょっと飲むと疲れて眠ってしまう子もいます。 授乳間隔、授乳時間が短いのが特徴です。 母乳育児の場合 母乳は赤ちゃんが欲しがったときに欲しがる分だけ与えましょう。 目安として、授乳回数は1日8〜15回くらい、授乳間隔は2〜3時間おきに1回、左右合計10分ほどですが、1日に何回飲ませても問題はありません。 また、母乳は飲ませるほど多く出るようになるので最初のうちは泣いたら飲ませる事を心掛けましょう。 母乳が足りているかの目安は、1日8回以上飲んでいるか、1日6回以上の排尿があるかを基本にしてください。 他にも、体重が発育曲線内に入っているか、赤ちゃんの機嫌や顔色はいいかなどもみておくといいでしょう。 1回の授乳で30分以上かかる、体重が増えていないなどの場合は、の可能性があります。 心配な場合は母乳外来、乳幼児検診などで相談してみましょう。 混合授乳の場合 一般的な母乳の分泌量は、その時期の新生児に必要な量なので、母乳で十分か、ミルクを足す方がいいのかは退院時に確認をしましょう。 先に母乳を飲ませ、足りない場合だけ様子を見ながらミルクを足すのが基本です。 1日8回くらいが目安です。 母乳の出がよくないときは、母乳を1回休んで1回分のミルクの量をあげてもいいです。 ミルクは消化に時間がかかるので、授乳後は3時間ほど間隔をあけましょう。 生後2ヶ月の母乳量・授乳間隔・回数 の頃になると、3時間くらいまとめて眠るようになる子がほとんどですので、夜間の授乳間隔があきはじめます。 この時期も母乳は、赤ちゃんが欲しがる分だけあげましょう。 母乳育児の場合 夜間の授乳間隔は空きはじめますが、まだまとめてたくさんは飲めないので、授乳回数は1日8〜10回くらいを目安にしてください。 日中の授乳間隔は2〜3時間おきに1回、左右合計10分ほどです。 母乳は消化がよいのでウンチを沢山すると2~3時間もたない場合もあります。 母乳の分泌量は1日の中でも変化します。 よく出る時間帯、あまり出ない時間帯があるので、授乳の間隔が安定しなくてもそれほど心配はいりません。 混合授乳の場合 先に母乳を飲ませ、足りない場合だけ様子を見ながらミルクを足しましょう。 1日8回くらいが目安です。 へ移行を考えているママは、徐々にミルクの量を減らしていくといいでしょう。 その際、赤ちゃんの体重や、排便・排尿の回数と量に気をつけて、1日のミルクの回数を1〜2回ほどにします。 生後3ヶ月の母乳量・授乳間隔・回数 頃になると、赤ちゃんとママの授乳リズムが整ってきます。 この時期の赤ちゃんは、満腹中枢ができてくるので満腹になれば飲むのをやめます。 満足したかどうかが、見た目で分かるようになってきますよ。 母乳育児の場合 授乳間隔は一定になってきます。 目安としては、授乳回数は1日6〜8回くらい、授乳間隔は2〜3時間おきに1回、左右合計10〜15分ほどです。 1回に飲む量にムラがでてきて、遊び飲みを始める子もいます。 1回の授乳でお腹いっぱいまで飲む子、少しずつ何回も欲しがる子など個性がでてきます。 混合授乳の場合 先に母乳を飲ませ、足りない場合だけ様子を見ながらミルクを足してください。 1日6〜8回くらいが目安です。 このころには、赤ちゃんの口まわりの筋肉が発達し、授乳に慣れてきて母乳をたっぷりと飲めるようになってきます。 完全母乳に移行したいママは、1日のミルクの回数を0〜1回ほどに減らしていきましょう。 母乳量が足りているかは体重で! 母乳をあまり欲しがらないのに、順調に増えていた体重が急に増えなくなったら授乳間隔を見直しましょう。 体重が増えていないのは、母乳量が足りていない状態です。 夜間ぐっすりと眠ってしまって授乳ができない場合は、寝ついてしまう前の授乳で長めに吸わせたり、寝起きに沢山飲ませましょう。 抱き方や、乳頭の含ませ方、おしゃぶりの使用を控えることで飲む量を増やすこともできます。 1回の授乳に30〜40分かかる、赤ちゃんの元気がない、体重が増えないなどの状態でなければ、1日5〜6回の授乳回数でも1回の授乳でしっかりと飲めているので問題はありません。 上記の授乳間隔、授乳回数などについてはあくまで目安になります。 授乳回数よりも、体重が順調に増えているかを注意して見てあげてくださいね。 赤ちゃんとママの授乳リズムが整うまでは、なにかと心配になることもあるかもしれません。 赤ちゃんの性格や、完全母乳か混合授乳か完全ミルクかなどのママの事情で、いろいろな授乳のリズムがあると思います。 今回ご紹介した授乳間隔・授乳回数を目安にして、赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら、自分たちの授乳のリズムを見つけられるといいですね。 関連記事.

次の

新生児~生後1・2・3ヶ月の授乳間隔、回数、時間、母乳量は?

生後2ヶ月 ミルクの間隔

社会的微笑が見られるようになります 早い子は生後2ヶ月で、自分の意志で笑うようになります。 産まれてすぐの赤ちゃんも口元をニヤッとさせる笑顔を見せてくれましたよね。 これは新生児微笑といってうれしいことや楽しいこととは関係なく無意識に見せていた本能的な笑顔でした。 生後2ヶ月になると、この新生児微笑が徐々になくなり、抱っこしたりあやしたりすると笑う社会的微笑が見られるようになります。 赤ちゃんといえばキャッキャッと笑っているイメージがありますが、始めは少し笑う程度です。 笑い方を覚えると、少しずつ大きな笑いになってきますよ。 笑う時期は早くて生後2ヶ月頃ですが、個人差が大きく生後6ヶ月頃に笑い始める子もいます。 大人の顔を真似して表情を学習するので、ママやパパが笑顔で接すると、早く笑顔が見られるようになりますよ。 追視の範囲が広がり、手足の動きも活発に! 出典: 動いている物を目で追いかける追視の範囲が広がってきます。 首周りの筋肉も発達してくるので、上下左右に顔を動かして動く物を目で追いかけます。 視力が弱く、0. 01程度なので遠く離れた所まで見られません。 赤ちゃんの顔から30cm程度近づけた場所でガラガラなどを動かしましょう。 速いスピードにも付いていけないので、ゆっくりと動かすのがコツです。 左右の追視が十分にできるのは生後3~4ヶ月頃です。 左右の追視がまだないと不安になるママもいるかと思います。 しかし、ママが見えていないと思い込んで目に注意していなかっただけということもよくあります。 また、おもちゃを動かすスピードが速すぎてついていけない場合もあります。 目を見ながら、ゆっくりおもちゃを動かしてあげてくださいね。 追視は目で見た物を脳で認識できるようになった証なので、ママはたくさん笑って話しかけてくださいね。 また、生後2ヶ月になると手足をばたつかせたりすることが増えてきて、動きが活発になります。 足で布団を蹴り上げたりする子もいます。 手の動きも活発になるので、ガラガラを持たせると少しの間なら握っていられるようになります。 しかし、自分で振って遊ぶのは、まだ先です。 今は握ったガラガラを落として自分の顔にぶつけることもよくありますよ。 手を見つめ、こぶしをくわえます 生後2~3ヶ月頃から手をジーッと見つめる「ハンドリガード」が始まり、生後4ヶ月頃まで続きます。 こぶしをくわえて舐めたり、指をチュパチュパ吸い始めたりもします。 この動きは成長の証で、自分の存在に気付くための行動です。 今までは、自分の存在を認識してなかった赤ちゃんですが、目の前に動く物があると「なんだろう?」と不思議になります。 赤ちゃんは口の感覚が敏感なので、くわえてみようと口に入れると、「なんだか気持ちいいな」「自分の手だ」と気付くのです。 次第に自分の手が自分の意志で動かせることに気付きます。 赤ちゃんにとって楽しい遊びなので無理にやめさせないでくださいね。 左手ばかり舐める子や「おえっ」と餌付くまで舐める子もいて、舐め方は赤ちゃんによって様々です。 遠くからでも「チュパチュパ」聞こえて、今起きたなと気付くことも。 赤ちゃんの指は固く握りしめられていて、指の間にホコリが溜まりがちです。 食べてしまうと吐き出せないので、こまめにホコリをとってあげてくださいね。 見ていて心配になるほどチュパチュパする子もいますが、次第におさまります。 見られる時期は短いので見守ってあげてください。 写真や動画を撮っておくと、いい記念になりますよ。 睡眠と覚醒のサイクルと1日の過ごし方 出典: 昼夜の区別がつき始めるので、昼間に起きている時間が長くなります。 夜もまとめて寝るようになり、夜間の授乳が1回減る赤ちゃんもいます。 1日の睡眠時間の平均は14~15時間程度です。 睡眠リズムが整ってくるのは生後4ヶ月以降と言われているので、昼夜逆転する子も多いのがこの時期です。 焦らなくても大丈夫ですが、少しずつ生活リズムが整いやすいように調整しましょう。 夜は部屋を暗くして朝は太陽の光を浴びせるようにしてください。 生活リズムが整うのは先なので、焦り過ぎは禁物です。 昼夜逆転はママもつらいですが、そのうちに戻るので大丈夫。 筆者の娘も生後2ヶ月から、朝の5時まで寝ない日が続き参りました。 パパにお願いして、最低限の家事だけして、娘が寝てから私も寝るようにして乗り切りました。 太陽を浴びせるのを続けたらいつの間にか夜寝るようになりましたよ。 今の時期は仕方ないと割り切るのも1つの手です。 授乳の回数・量は? 出典: 口の周りの筋肉が発達し、飲むのが上手になってきます。 1回の授乳での哺乳量が増えてくるので、授乳の間隔が長くなってきます。 1日の授乳回数は8~10回前後で、昼間は1~3時間おきの授乳になります。 昼夜の区別がつき始め、夜にまとまって寝るようになってくると、夜中の授乳は4~5時間間隔になる赤ちゃんもいます。 ただ授乳間隔や1回の授乳量は個人差が大きいので、授乳間隔があいてこなくても心配しないようにしましょう。 特に母乳ママは飲んでいる量が目に見えないので、心配になると思います。 WHO/ユニセフの基準では1ヶ月に500g~1kgの増加が正常範囲と言われていますので、1日当たり17g程度の増加があれば大丈夫です。 おしっこの回数が減っていないかも見てあげてくださいね。 1日に6回以上の排尿が見られるかを目安にしてください。 ミルクをダラダラと吐きます ミルクを静かにダラダラと吐く「溢乳(いつにゅう)」は、生後2ヶ月になっても見られます。 赤ちゃんは胃の入り口の筋肉が未熟なので、少しの刺激で胃の内容物が外に出てしまいます。 生後1ヶ月頃から見られ、生後3ヶ月頃にはおさまってきます。 ミルクのような乳白色の液体だけでなく、カッテージチーズの様な固形物が混じることがあります。 ミルクをダラダラ吐くのは、多く飲みすぎた場合やげっぷが上手に出せずに胃の中に空気が溜まった場合によく見られます。 ミルクを飲んだ後に寝かすと「う~んう~ん」とうなるのも空気が溜まって苦しいからです。 ミルクをダラダラと吐くようなら、げっぷがちゃんと出ているかも確認してあげてください。 生後3~4ヶ月頃には空気が溜まりにくくなるので、今はしっかりげっぷさせてください。 ミルクを吐いたら、口の中にミルクが残ってないかをチェックして横向きに寝かせたり縦抱きをしたりしましょう。 吐き戻し防止クッションや授乳枕を使って頭に傾斜をつけるのもおすすめです。 噴水のように吐く場合や、嘔吐物が緑色の場合は、幽門狭窄症や髄膜炎、腸閉塞などの病気が隠れていることがありますので、すぐに病院を受診してくださいね。 生後2ヶ月から予防接種が始まります! 出典: 生後2ヶ月から受けられる予防接種は定期接種のヒブワクチン、小児肺炎球菌ワクチンと、任意接種のロタウィルスワクチン、B型肝炎のワクチンになります。 任意接種は受けるかどうか自由なので、受けないという選択をすることもできます。 ロタウィルスワクチンは経口ワクチンで口から接種しますが、残りの3つは注射で接種します。 ロタウィルスワクチンは接種できる期間が短いので、受けるならば生後2ヶ月から受け始めなければ、後のスケジュールが大変になります。 生後5~6ヶ月までは毎月のように予防接種があります。 任意接種を受けるのかどうかを決めて、スケジュールを組んでおくようにしましょう。 スケジュールを組んでくれる小児科もあるので、相談してみるのもいいですね。 定期接種は無料で受けられますが、任意接種は自費になります。 ただし、任意接種に自治体から補助がある場合もあります。 ロタウィルスワクチンは2回接種と3回接種の2つの方法があり、値段は合計で26000円ほどです。 B型肝炎のワクチンは全部で3回の接種が必要で、病院にもよりますが1回4000~8000円程度です。 肌が乾燥し始めます!清潔と保湿が大切 出典: ママのホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んだった赤ちゃんですが、生後2ヶ月頃から皮脂の分泌が減って皮脂膜が大人の3分の1まで減少し、乾燥肌になってきます。 ほほやお腹、太ももが乾燥しやすく、皮脂の分泌が盛んな手のひらや小鼻は乾燥しにくいです。 乾燥による湿疹は冬にかけて症状がきつくなるので、乾燥し始める時期と冬場が重なる赤ちゃんは要注意です。 「清潔」と「保湿」をこころがけるようにしてください。 赤ちゃんは新陳代謝が活発ですし、ミルクで口周りが汚れやすいです。 こまめに拭いて保湿をしてあげてくださいね。 お風呂でも熱いお湯は乾燥をひどくしますので、39~40度程度のぬるめのお湯にしましょう。 ゴシゴシこすらずに濡らしたガーゼで優しく洗い、お風呂上りはすぐに保湿してあげてくださいね。 湿疹が酷いときは小児科を受診してください。 乾燥性の湿疹の場合は石鹸を控えた方がいい場合もあるので、先生に相談してみましょう。 赤ちゃんの頃からの保湿はアトピー性皮膚炎の発症を3割減らすというデータがありますので、乾燥にかかわらず保湿してあげるのがおすすめです。

次の

生後4ヶ月の授乳間隔や回数!母乳・ミルクの量はどれくらい?【医療監修・体験談あり】

生後2ヶ月 ミルクの間隔

もくじ• 生後1ヶ月の頃 まずは、生まれてちょうど一ヶ月経った頃の一日のスケジュールです。 この頃、• 7㎏ です。 この後の体重の変化は、こちらの記事でも紹介しています。 この間ずっと寝ているのではなく、寝たり起きたり泣いたりしています。 一日のミルク量:長男860ml位、次男920ml位• 一回のミルク量:80~110ml• 一日の授乳回数:8~9回 長男の時は、神経質に 「3時間あけなきゃ」 「量を増やし過ぎないように」って思っていました。 次男の時は、3時間空いていなくても、 欲しいだけ飲ませていました。 なぜなら、長男の相手もしなくてはいけなかったからです。 子供二人の相手は、出産前に想像していた以上に大変でした。 ミルクを欲しがっても我慢させて、その間次男をあやしつづけるなんて体力的に難しかったんです。 そのせいか、次男の方が量が多めです。 長男のときは、神経質になりすぎてたな… もっと大ざっぱにやっても大丈夫だったなって、今は思います。 これがなかったらと思うと、ゾッとします。 生後2ヶ月の頃 つぎに、生まれて2か月経った頃の一日です。 長男2ヶ月のころ• 一日のミルク量:740ml位• 一回のミルク量:120ml位• 一日の授乳回数:6~7回 なぜ、1ヶ月の頃よりもミルク量が減っているのかというと、 小児科の指導のためです。 この頃、しょっちゅう吐いていた長男。 一度大量に吐いたので、心配で小児科を受診したとき、 「体重に対してミルク量が多いから減らしましょう」 と言われました。 結果としては減らしても大丈夫だったので、私が飲ませ過ぎて吐いたのか・・・と反省しました。 ミルクだと便秘しやすいようですが、長男は一日1回は出ていました。 生まれて2ヶ月頃まではよく泣いて、昼夜問わず抱っこばかりしていました。 夜中の授乳後2時間起きているなんてしょっちゅうで。。。 布団に寝かせると泣くんですよ。 初めてのことばかりだし、眠れないし、外にも出られなくて、かなりしんどかったです。 3ヶ月頃には比較的まとめて寝るようになり、少~し楽になりました。 友人の話を聞いても、生後3〜4ヶ月ころになると、まとめて寝るようになる子が多いようです。 生後3ヶ月なんてまだ先だよ…今辛いんだよ…って思いますよね…。 次男2ヶ月の頃• 一日のミルク量:870ml位• 一回のミルク量:80~120ml• 一日の授乳回数:7~10回 次男もミルクの量が若干減っていますね。 なんででしょう。 まだまだ ミルク飲み放題方式です。 次男は、ちょこちょこ飲み派でした。 「洗い物が面倒だからまとめて飲んでくれ!」と思っていました。 入浴が二回書いてあるのは、その日によってまちまちだったからです。 主に長男の機嫌しだい、でした。 また次男は、まだ昼夜のリズムは整っていなくて、夜中にしばらく起きていることもありました。 寝不足と疲れで精神的にもキツイ日が多かったです。 家からほとんど出ずに、赤ちゃんと向き合う毎日。 体も気持ちも重い。 家族以外の誰かと話したい。 そんなときに役に立つのが、「相談サービス」。 ココナラという、スキルや経験を売り買いできるサイトで利用できます。 例えば、「湊果乃さん」という方。 心理学を専攻し、その知識や育児経験をもとにどんな話でも聞いてくれます。 「話を聞く」といっても、 やり取りはチャット形式 ラインのようなやりとり。 なので、あなたの都合のつく時間帯やペースで相談メッセージを送ることができます。 赤ちゃんの機嫌や、授乳時間を気にしたりせず、気軽に話を聞いてもらえますよ。 有料ではありますが、今なら新規登録で 300円クーポンもついています。 さいごに 生活リズム、表にまとめるとスッキリしたスケジュールになっちゃってますけど。 実際は、赤ちゃんをあやしたり、おむつを替えたり、なんか知らないけどあたふたして忙しなかったし、いつも疲れていました。 突然、涙が出ることもありました。 周りの人に頼ったり、サービスなどを利用して、休めるときは休んでくださいね。

次の