梅雨明け 東京 2019。 関東梅雨明け、昨年より30日遅く 岩手など猛暑日に :日本経済新聞

関東・東京の梅雨入り2020年の時期予想!平年はいつから?

梅雨明け 東京 2019

関東・甲信地方の2020年の梅雨入り時期を予想! ショッピングはもちろん、ライブや美術展など年中沢山のイベントが行われる関東地方。 定期的に遊びに行くという方も多いのではないでしょうか。 できれば傘を持たずにお家を出たいですよね。 おでかけの計画を立てるのにぴったりな関東・甲信地方の2020年の梅雨入り予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨入りは1963年の5月6日、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日でした。 また過去68年間の関東の梅雨入りの平年時期は6月8日となっていますので、屋外でのイベントや、結婚式などの大切な予定は5月中に済ませておくと良さそうですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨入りを予想すると、 2020年は6月1日から6月14日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨明け時期を予想! 1度梅雨の期間に入ってしまうと、とっても待ち遠しい梅雨明け。 からっと晴れた空や温かい日差しが恋しくなりますね。 じめじめとした梅雨が明けるといよいよ夏本番。 2020年の関東・甲信地方の梅雨明け予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨明けは2018年の6月29日、最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日でした。 最も早いと言っても6月中に梅雨明けをしたのは過去68年間でたった1回のみなので、6月中の梅雨明けの確率はかなり低いと言えるでしょう。 また8月に入ってからの梅雨明けは過去68年間で4回と、8月の梅雨明けになる確率も低そうです。 また68年間の関東の梅雨明け時期は7月21日となっており、中旬と下旬の境目である18日~22日頃に梅雨明けすることも多いようですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨明けを予想すると、2020年は7月15日から7月29日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨期間の傾向は? 梅雨入り・梅雨明けの時期が早くなったり遅くなったりするのは、近年のように異常気象が発生する前からある梅雨の大きな特徴ですが、梅雨の期間に影響はあるのでしょうか。 2020年の関東・甲信地方の梅雨期間の傾向を予想してみましょう。 気象庁の1951年~2018年までの過去データによると、関東・甲信地方の最も短い梅雨期間は1978年と2018年の23日間でした。 過去68年間で25日以内だったのはこの2度のみですので、これはとても短いと言えますね。 ただし30日以内だった年は13回ほどありますので、近年のような集中豪雨が発生するような気候が続けば今年も十分ありえるかもしれません。 また最も長い梅雨期間は1963年の79日でした。 これはとても珍しいケースで、過去68年間で70日以上だったのはこの1度きりです。 平均が41日のところ、次いで長かった1998年の61日とも10日以上の差がありますで、70日以上続く年は滅多にないと言えますね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨期間を予想すると、2020年は33日~43日くらいとなるでしょう。 まとめ 2020年の関東・甲信地方の梅雨入りと梅雨明け、梅雨期間の予想はいかがでしたか? 過ごしやすい気候の春から夏に向かう季節は、遊園地や公園でもイベントが盛りだくさんです。 ぜひおでかけの計画の参考にしてみてくださいね。

次の

関東から九州の梅雨明けは、早くても7月20日頃か?(杉江勇次)

梅雨明け 東京 2019

今年は、何故か週末になると雨模様といった感じで、 お出かけが雨だとうんざりしますね。 さっさとジメジメした季節を乗り越えて、楽しい夏を迎えたいです。 さて、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、 梅雨明け時期はどうなっているのでしょう? 今回は気象庁が公開している過去69年分のデータを紐解きながら、 今年、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、梅雨明け時期の 予想を紹介していきたいと思います。 ちなみに関東地方・甲信地方とは、一般的には 関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県 甲信地方:山梨県、長野県 を指します。 昨年、2019年の梅雨時期の雨量は、平年の7割ほどでした。 今年の梅雨はいかに…!? 梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているの? 実は気象庁が公開している過去のデータにも「頃」と書かれている通り、 梅雨入り・梅雨明けの日付は確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、 日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 5日間のうちのその真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様だろうと予想 中期予報 を出し、 実際に雨が降りだした日を梅雨入りとします。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。 確定値は9月に結果を再検討し、修正された後に決まります。 2020年 令和2年 の関東の梅雨入り時期を予想! それはで、過去69年分のデータを紐解いて 関東地方の梅雨入り時期を予想していきたいと思います。 気象庁の1951年から2019年までの 関東地方の梅雨入り時期のデータを見ると 最も早い梅雨入りは、1963年の5月6日頃で、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日頃でした。 何と一ヶ月半のもの開きがあります! 1951年から2019年までの69年間の梅雨入りの平均値が、6月8日頃。 平均値を表す黒い線が右下がりになっていることから 若干ですが関東の梅雨入り時期は 早くなっている傾向が見て取れますね。 そして、そして、直近2年間のデータを見てみると 一昨年 2018年 は6月6日、 昨年 2019年 は6月7日が梅雨入りということでした。 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月16日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 の関東の梅雨明け時期を予想! 一方、関東の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に過去のデータをみてみますと、 最も早い梅雨明けは昨年2018年の6月29日頃で、 最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日頃でした。 1951年から2019年までの69年間の 関東の梅雨明け時期の平均値を見てみると おおよそ7月18日頃となっています。 また、平均値を表す黒い線が右下がりになっているため 関東の梅雨明け時期は早くなっている傾向が見て取れますね。 梅雨入り、梅雨明けともに早まっているので 関東の梅雨は早くはじまり、早く終る傾向があるといえるでしょう。 さらに、 一昨年 2018年 は6月29日、 昨年 2019年 は7月24日が梅雨明けということなので、 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨明け時期は 7月10日頃から7月24日頃の間位になりそうですね。 関東の梅雨の特徴は? 関東の梅雨の特徴といえば ジメジメと降り続く一般的な雨模様です。 過去の例を見ても、 関東では九州の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、 天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いです。 しかし、梅雨時期は、 朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、 降ったり止んだりと言うよりはあまりないようです。 カラッと晴れた暑い夏が待ち遠しいですね!.

次の

関東の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

梅雨明け 東京 2019

みなさん、こんにちは。 梅雨ってジメジメしていて肌もベタつく ので嫌なイメージが強いですが、梅雨が 来ないと夏はやってきません!! せめて、 梅雨の時期がいつからいつまで なのかを知っておくだけでも心構えができて 少しでも気分が違うと思うんです。 今回は、 東京(関東地方)での 2019年梅雨入り・梅雨明けとその期間は いつからいつまでなのかを平年のデータ などとも比較してお伝えしていきたいと 思います。 Contents• 梅雨入りって何?平年の意味は? そもそも 「梅雨入り」ってどういうこと なんだろうと思ったので調べてみた ところ 毎年、5月〜7月にかけてめぐってくる 日照時間の多い日から少ない日にうつる 辺りの平均5日程度の期間の真ん中の日 を 「梅雨入りの日」としているようです。 いわゆる 雨季宣言ですね。 ですが、テレビなどを見ていると梅雨入りの 発表は「何月何日 ごろ」となっていて最初に 見たときは 確定じゃないの?どういうこと? と思ってたのですが、これにも意味があって 空の状況は 1分1秒も止まることなく動いて いるため、今ここだ!と思っても1秒後には 変化している可能性があるので、あえて 「 ごろ」と曖昧にしているようです。 また、「 平年」とはどこを見ての 「平年並み」なんだろうと思ったこと ありませんか? こちらはも気になったので調べてみました。 これは平成20年(2010年)までの過去 30年間 の平均が「 平年」となります。 スポンサードリンク 東京 関東地方 2019の梅雨入りはいつから? 東京 関東地方 2019の梅雨入り は気象庁の発表によりますと、 平年並みであれば 2019年6月8日ごろです。 2018年の東京 関東地方 の梅雨入り は6月6日頃でしたので、2019年は 平年と比べて2日遅い 梅雨入りの予想と なっています。 梅雨に入ると雨の日が続いて外出や洗濯など 予定が立たなくなってきます。 少しでもお天気がいいと思ったら、どんどん 動いておかないともったいないですよね。 東京 関東地方 2019の梅雨入り 平年との比較 こちらでは、気象庁にて発表されている 東京 関東地方 の過去の梅雨入りと 降水量について調べてみました。 近年では、梅雨の時期に 雨が多いと その年の夏は 冷夏になる傾向があって 逆に 雨が少ないと、その年の 夏は酷暑 になる現象が増えているようです。 梅雨は嫌だけど、しっかり降ってもらって 少しでも涼しい夏を過ごしたいなぁと 思ってしまうのは私だけでしょうか。。 果たして2019年はどうなることでしょう。 少しドキドキしますね。 東京 関東地方 2019の梅雨の期間や梅雨明けはいつ? 東京 関東地方 2019の梅雨明け は気象庁の発表によりますと、 過去のデータをもとに平年並みであれば 2019年7月21日ごろになりそうです。 しばらくは憂鬱なお天気が続くとは 思いますが、梅雨に備えて今から カビ対策や湿気対策などをして おかれるといつもより快適な梅雨を 過ごせると思います。 お互いに乗り切りましょう。 東京(1989年〜2018年) 年 梅雨明け 30年,2018年 6月29日頃 2017年 7月 6日頃 2016年 7月29日頃 2015年 7月10日頃 2014年 7月21日頃 2013年 7月 6日頃 2012年 7月25日頃 2011年 7月 9日頃 2010年 7月17日頃 2009年 7月14日頃 20年,2008年 7月19日頃 2007年 8月 1日頃 2006年 7月30日頃 2005年 7月18日頃 2004年 7月13日頃 2003年 8月 2日頃 2002年 7月20日頃 2001年 7月 1日頃 2000年 7月16日頃 1999年 7月23日頃 10年,1998年 8月 2日頃 1997年 7月19日頃 1996年 7月11日頃 1995年 7月23日頃 1994年 7月12日頃 1993年 - 1992年 7月19日頃 1991年 7月23日頃 1990年 7月18日頃 1989年 7月19日頃 1993年の「-」は梅雨明けの時期がはっきり しなかったため、特定しなかった場合 の表記となります。 はっきりしないって。。 こんなことあるんですね。 今年の梅雨は、平年よりも極端に早く なったりしないと言われています。 梅雨で外出できない時や、雨でなかなか 予定が立てられない時にこんな過ごし方 もいいですよ〜。 こちらはオンデマンド配信なので、 1つのアカウント から複数の端末を登録 できて便利でお得です。 お子さんがいらっしゃるご家庭には アニメが多くみられるサイトもあります。 1ヶ月間無料トライアルなので 1ヶ月以内の解約なら無料となっています。 Amazonのアカウントを使用すると.

次の