モンスター エンジン 白髪。 芸能人の白髪問題 若林正恭、田村淳、小籔千豊も染めている │ 毎日まとめる芸能ニュース速報

モンスターエンジン西森が腹腔内膿瘍で入院 相方・大林がラジオ代役/芸能/デイリースポーツ online

モンスター エンジン 白髪

白髪まじりの細っいオッサンラッパー・西森洋一。 誰にも真似できない、誰にも誇れないオンリーワンのお笑い感性。 伝統芸とは真反対の道を歩き続ける東大阪の町工場出身の旋盤工・ゴッドハンド洋一。 「中小企業ーーーーーーっ!!」「はい、技術で返してくださいね!!」 ナイティナイン・岡村隆史の失言騒動以来、日本のお笑い界が増々窮屈になってゆき、僕の大好きな芸人さんたちが次々と消されてゆくであろう未来を考えると、悲しすぎて夜な夜な枕を濡らす毎日。 で、大好きなお笑い芸人の一人、 モンスターエンジン・西森洋一だけは、抹殺されないように、もうこれ以上有名にならないで、限られたフィールドだけで活躍してくれることを願わずにはいられないわたくしなのです。 三人組のお笑いトリオとしてスタート。 メンバーの 荒牧の脱退によりグループ名を 《モンスターエンジン》として2007年にデビュー。 すぐさま頭角を表し、 M-1グランプリ2008、2009と、立て続けに決勝進出 結果は両年とも7位。 そして キングオブコントにも、 2009、2011と決勝進出。 優勝は逃すものの一躍人気芸人となります。 さらにその人気を決定づけたのは、テレビ番組 《あらびき団》で披露した、超くだらない 《神々の遊び》というコント。 上半身裸で黒いスパッツを穿いたオッサン二人が、 メンフィスと メンフェンティスという神となって人間界でたわむれるショートコント。 いつも人間に扮した メンフィス・西森が メンフェンティス・大森を騙すという設定で、ネタの最後は メンフィスが 「私だ」と正体をばらし、 メンフェンティスが 「お前だったのか!」「まったく気づかなかった!」と驚愕。 そして最後の決め台詞が、 「暇を持て余した、神々の遊び」 当時このネタで名前が売れたのですが、僕はやっぱり モンスターエンジンの漫才が大好きで、特に 西森の独特のボケのセンス、間、喋り口調、それに呼応する 大林のツッコミが心地よく、 M-1優勝も時間の問題のように思っていたのです。 しかし、その後の M-1に出場する漫才コンビの傾向が、しっかり練ったネタで、4分間矢継ぎ早にボケ続けるスタイルに大きく変化し、 モンスターエンジンの雰囲気や佇まい、そこはかとない可笑しみで笑わせる漫才は、 M-1では通用しなくなってしまったのです。 テレビ番組 《はねるのトびら》終了後、次世代のお笑いを作るべく始まった 《ピカルの定理》に抜擢。 安定した知名度と地位を確立するかに見えたのですが、視聴率の低迷でわずか三年で終了。 その後はテレビの露出が極端に減り、その活躍を見ることも少なくなります。 しかし、劇場での漫才はコンスタントに続けており、最近は、年々老けてゆく 西森のオッサンキャラが際立ち、舞台に登場するだけで嬉しくなるのは僕だけでしょうか? 個々の活動も精力的に行っており、 西森のピンネタ、 《鉄工所ラップ》は痺れまくり。 家業の業種が精密機械部品の町工場で、そのあるあるネタをラップに昇華。 とにかく一度聞いてみてください。 「中小企業ーーーーーーっ!!」 「はい、技術で返してくださいね!!」 から始まります。 そして2017年にスタートした YouTube・モンスターエンジン西森チャンネルは、 西森ワールド全開! テレビやラジオでは到底表現できなかった 西森ズムが遺憾なく発揮される、どこまでもマニアックでどこまでもくだらない最高のチャンネル! このチャンネルの動画の大半が金属加工実況。 実家の鉄工所で、鉄の塊をひたすら削るのを延々と見せつけられ、あげくのはて完成したものは、絶対に使わないであろうメタルグッズ。 いつものようにアルミの塊で異常な重さ。 凄まじい情熱をかけて作成したバタフライカニスプーン。 人間が作ったおかきの大きさのバラつきよりも自然のめぐみのピーナッツのバラつきのほうが大きいそうです どうでもいいわっ!。 そのほか趣味のゴルフのパターや愛車の AE86カローラレビンの部品など、 「誰が見るねん!」と思われるような動画のオンパレード。 西森たった一人で解説しながらの動画で、後にアフレコで自分で自分をツッコむ実況を入れているのですが、これが最高に面白く、抱腹絶倒! そしてライフワークとして続けている 《日記ライブ》。 老けたオッサン 西森ただ一人が舞台中央の椅子に腰かけ、毎日つけ続けている日記を淡々と読み上げるだけのライヴ。 この映像もY ouTube・モンスターエンジン西森チャンネルは惜しげもなくアップしてくれているのです! 生活空間、半径5キロ前後の日々の出来事と、劇場や地方での舞台漫才での出来事を 西森一流のボソボソトークで展開。 芸人仲間やヤジりまくる観客のオッサンのエピソード、嫁、長女、長男との微笑ましくもこまっしゃくれた会話等々。 これは大好評でついに書籍化。 西森さん、実は本も数冊執筆しており、書籍の販売兼サイン会を 伊丹空港 何で空港やねん! で華々しく執り行われた模様も YouTubeチャンネルでアップされております。 題して、 《3人しか来なかったサイン会!》 地獄のサイン会。 あまりにも暇すぎて YouTube動画撮影開始! モンスターエンジン西森さん本人の見解では、似顔絵を描く人と間違えられていたらしいとのこと。 相方、 大林との モンスターエンジンの漫才も年々円熟味を増し、舞台上手からだらしない笑顔でヒョロヒョロマイクに近ずく 西森を見ているだけで幸せな気分になる僕は、どこか病んでいるのでしょうか? 勝手な憶測ですが、おそらく極度の人見知りであろう 西森さんは、漫才中終始眼が泳いでおり、円熟味を増した今でも、その挙動不審の佇まいは絶賛継続中。 芸歴14年あまりで生粋の芸人臭を発しているくせに素人臭さが未だに抜けていないことは、芸人として良いのか悪いのか? このタイプの芸人さんは、年を重ねジジィになればなるほどにより面白くなるはず。 今後は、令和のコンプライアンスをしっかり守りつつ、令和の常識人達に潰されることなく、そこそこに活躍し、長く生き延びてその独自の芸を僕たちに見せてくれることを 僕は切に望むのであります。 「中小企業ーーーーーーっ!!」 「はい、技術で返してくださいね!!」•

次の

モンスターエンジン西森が腹腔内膿瘍で入院 相方・大林がラジオ代役/芸能/デイリースポーツ online

モンスター エンジン 白髪

今日はモンスターエンジンの単独ライブになんばグランド花月(NGK)まで行ってきた。 前回の京橋花月(キャパ500)を前売即日完売にしたっていうのも若手にしては結構すごいことだと思うけど、まさかその次がNGKだとは思わなかったよ。 今回情報を知ったのがちょっと遅かったので取れたのは2階席だった。 若い女性だけじゃなくて、結構おじさんとかも(夫婦でだろうけど)来てた。 最初から舞台上に彼らがいる状態でのコント入り。 「何でも屋」の会社の風景、だったんだが、何でも屋の割にはイヤだとかめんどくさいと言って依頼を断るという。 大林が電話を受けたとき、キャラが白髪交じりのおっさんだったからか、そうしゃべりがちになってしまうからかはわからないけど、受け答えをしているときに「仁鶴」「仁鶴師匠や」と会場のお客さんからつぶやく声が聞こえてきてた。 これはブリッジVTRにつながるコントで、電車のツリ広告をデザインして欲しいという依頼を受けた西森がパッとしないデザインをだらだらと同僚の大林に説明していくという…それがずっとコントの合間合間に入ってきてた。 漫才が2本最初と最後にあって、あとはコントばかり、たぶん6本くらいあっただろうか。 今回神は登場しなかったが、ゴッドハンド洋一は登場してた。 「ゴッドハンド洋一」なのに、ゴッドハンドが一切からまないコントがあるとは思わなかった。 客席からも「ええー」みたいな声が上がってたし。 どれも面白かったんだけど、「霊視」と「河川敷」が特に面白かったなぁ。 …そういや彼らはキングオブコントの決勝に出るんだった…ここでのネタをする可能性もあるか…まあ書いたからといって影響があるはずもないだろうけど、ごく大まかに。 「霊視」は会社で失敗してクビになってしまったサラリーマンがひどく落ち込んでたたずんでいるんだが、となりに落武者があらわれてなにやらべらべらしゃべる。 それは実はサラリーマンの守護霊で、霊視の店に入って結構なお金を払って見てもらおうとするサラリーマンと霊視者に向かって文句を言いまくるという。 落武者はかなり悲惨な最期を迎えているくせに言動が異様に軽いのが面白かった。 ちょっと長いので続きます。

次の

モンスターエンジン西森が腹腔内膿瘍で入院 相方・大林がラジオ代役/芸能/デイリースポーツ online

モンスター エンジン 白髪

net 4月21日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)で、芸能人の白髪が話題となった。 YOUは自身も染めているが、「白髪染めがなかったら芸能界は大半が老人。 染めてなかったら絵づら、ヤバイ」とコメント。 実は芸人には白髪の人が多く、千原ジュニアは「全部の番組が『噂の東京マガジン』」と、白髪の出演者が多い番組タイトルを引用して笑いを誘った。 ジュニアは染めていないが、 41歳のオードリー若林正恭は「やり始めたばっかり。 半年ぐらい」と告白。 40代の芸人ではロンドンブーツ1号2号の田村淳のほか、小籔千豊なども白髪染めをしているという。 YOUによると、小籔は「先輩方が染めているのに自分が(白髪を)丸出しになるのはかえって失礼」と語っていたという。 ジュニアが「(明石家)さんまさんらがやめると……」と言い出すと、YOUは「あのへんが若ぶってると(笑)。 こっちも見習わないと失礼かな」と話して一同の賛同を得ていた。 春日俊彰は「ひな壇の白髪の人に(髪が)真っ黒のMCがツッコむのはおかしい」と笑っていた。 芸人の白髪について、さまぁ〜ずの大竹一樹が、 2018年11月5日放送の『オータケ・サンタマリアの100まで生きるつもりです』(テレビ朝日系)でコメントしている。 大竹は「お笑いの人で白髪のままの人はいない」と明かし、自身もしっかり染めているという。 その理由について「強めの刺激とか与えられたときに、おじいさんがイジメられてるみたいになっちゃう」と芸人ならではの事情を語っていた。 40代ごろになると気になり始める白髪。 最近の芸人は40代でも若手扱いされることもあり、染めるのは必須なのだろう。

次の