大磯町 ハザードマップ。 水害へ自助強化 二宮町ハザードマップ改訂

神奈川県中郡大磯町石神台のハザードマップ【地震・津波・土砂災害】

大磯町 ハザードマップ

30年以内に発生する確率 5弱以上 97. 5」を超えれば要注意で、「2. 0」以上の場合は強い揺れへの備えが必要であるとされる。 防災科学技術研究所の分析では、1. 6以上で地盤が弱いことを示すとしている。 5m 災害に強く、資産価値の高い不動産物件を効率よく探すには?! 記録的大雨や地震、津波、洪水、土砂災害など、日本に住む限り自然災害がついてまわります。 居住用物件を購入する際は、必ずハザードマップを確認しましょう。 また、不動産会社にも災害に強い土地や物件を意識的に探してもらうことは、安心な暮らしをする上で非常に重要です。 物件や土地のプロである不動産会社を利用することにより、災害に強く、資産価値の高い物件情報を効率よく複数集めることが出来ます。 タウンライフでは、非公開物件に加えて物件提案書やマイホームのスペシャルガイドも貰うことができ、地震や水害などの自然災害に強い物件探しをサポートしてくれます。 大手ハウスメーカーでご検討中の方は、専用サイトもあります。 災害に強く資産価値の高い土地探しから、間取り、資金計画まで無料で複数の大手ハウスメーカーが提案してくれます。 地震や水害に強い土地探しもサポートしてくれますので是非ご活用下さい。 と並行して、安心して住める物件探しにお役立てください。 ハザードマップのURLがリンク切れで閲覧できない場合 ハザードマップが最新版に改定されてURLが変更になり、閲覧できない場合がございます。 その場合はお手数ですが、からご連絡ください。 迅速に最新のハザードマップに変更させて頂きます。 都道府県• 282• 1,705• 2,130• 6,283• 3,463• 931•

次の

防災ガイド&ハザードマップ・標高一覧図|大治町ホームページ

大磯町 ハザードマップ

地図には神奈川県が今年3月に公表した最新の津波浸水予測が盛り込まれている。 防災ガイドマップはA1判で両面フルカラー。 折りたたむとA4サイズになる。 県が見直しを図って3月に発表した津波浸水予測をもとに、慶長型地震を想定した浸水域を地図に表したのが特徴だ。 平塚市との境を流れる花水川付近では、浸水の深さが建物の2階軒先まで達すると予測している。 また、避難所や要援護者を収容する施設・津波避難ビル・防災倉庫・災害時に使用できる井戸の位置なども網羅。 町内各地点の標高と、津波から避難する際の目安となる10mと20mの等高線も示した。 災害用伝言ダイヤルの使い方や防災行政無線メールに関する情報も載せている。 大磯町は2010年度に津波と洪水のハザードマップを作成。 町危機管理対策室の担当者は「今回の防災ガイドマップは、以前の津波マップとは想定浸水域がかなり異なる」という。 「特に平塚市との境に近い東部地区と大磯ロングビーチの東側は地盤が低いため、浸水の危険性が懸念される。 住んでいる場所の標高がどの位か、津波発生時にはどちらの方向へどの経路をたどって避難すればよいかを予め確認しておく必要がある」と、備えを呼びかける。 ガイドマップの情報面には地震・津波・風水害・土砂災害から身の安全を確保するための方法、いざ災害が起きた時に取るべき行動、地域における日頃の防災活動、非常持ち出し品リストなどを掲載した。 作成部数1万5千部。 町は6月28日に町内全戸へ配った。 役場本庁舎や国府支所、町立図書館などの公共施設にも置いてある。 危機管理対策室は「ガイドマップをしまったままにしないで時々ひっぱり出し、災害への備えについて日頃から家族で話し合ってほしい」と話している。 (タウンニュースより) -------------------- 新しい津波想定による防災マップ。 土地条件図を見ると、大磯町は海岸沿いから砂丘、低位段級、山地が並び、河川沿いに沖積低地や海岸平野が散在する地形。 花水川河口付近には旧水部を盛った箇所もあるようだ。 旧市街地も砂丘に乗ってはいるが、標高は低いところだと3m程度と新しい想定では浸水の可能性のある地域になっているようだ。 本文にある「慶長型地震」というのは、地震動が大きくなくて津波の被害が大きいタイプのこと。 今回の地図は複数の地震を想定していることから、一般にはちょっと分かりにくいかも知れない。 確かにこの地域は背後に断層帯を抱えているため、そちらもケアしてということになるのだろうが、分かりやすさという点ではむしろシンプルな方がいいのではないかと思う。 大切なことは日頃からこの地図を使うことで自分の住む土地の標高や地形を知ってもらうこと、そして避難のイメージを作ってもらうこと。 その意味では危機管理対策室の言葉にあるように「しまったままにしないで」という部分が大切になる。 是非穴のあくまで見てもらいたいところ。

次の

防災ガイド&ハザードマップ・標高一覧図|大治町ホームページ

大磯町 ハザードマップ

「一人の犠牲者も出さない」ことを目標に防災対策を進める二宮町は、津波や洪水の浸水予測範囲や土砂災害警戒区域などを示したハザードマップと防災ガイドブックを作成した。 2013年に発行された防災マップの改訂版。 自治会を通して町内全世帯に配布する。 ハザードマップには新たに土砂災害警戒区域を追加。 2014年の土砂災害防止法改正を受けて県が基礎調査を実施し、今年2月に公表したデータを基にした。 通称レッドゾーンと呼ばれる土砂災害特別警戒区域3カ所、土石流の恐れがある土砂災害警戒区域8カ所と急傾斜の同区域44カ所を地図上に示している。 津波浸水想定図は、2000年から3000年以上の発生頻度で神奈川県沿岸に最大クラスの津波をもたらすとされる地震を想定。 裏面は避難所マップになっており、公衆電話とAED(自動体外式除細動器)を設置している公共施設の一覧表も掲載した。 自助・共助による取り組みをさらに進めるため、これまで防災マップに載せていた防災の手引きをより詳しく内容を充実させ、ガイドブックにもまとめた。 災害ごとの安全確保の方法や、「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示」の3段階の避難情報でとるべき行動などについても説明している。 町防災安全課では「自宅周辺の被害想定はどうなっているか各家庭で確認し、防災に対する関心を高めてほしい」と呼びかける。 折りたたみ式のハザードマップは広げるとA1判サイズ。 防災ガイドブックはA4判14ページ。 作成部数各1万3000部。 「広報にのみや5月号」とあわせて25日に配布する予定。 町役場やラディアンなどの公共施設でも入手できる。 問い合わせは町役場防災安全課【電話】0463・71・3311。

次の