家族婚 費用。 家族婚~少人数ウェディングのシンプルなスタイル~ / よむ

家族婚のブログまとめてみました!探すのがめんどうなあなたに届け

家族婚 費用

もくじ• 宮古島挙式にかかった費用(ブライダル会社見積) 結婚式の平均的な費用総額は、 約300万前後。 ご祝儀や親からの援助を差し引いても、 100万前後の費用負担がかかることが多いみたい。 リゾ婚の場合、ご祝儀辞退・もしくは旅費負担でご祝儀をいただくケースがありますが、私たちはご祝儀辞退を選びました。 これはやりたい、ここは諦めようというポイントを夫婦で何回も相談しながら、出た費用がこちら。 平日に比べて、土日祝日挙式は基本プランの費用が若干上がりますが、これは仕方のないものでした。 自分でDIYしたり用意できるものは見積もりから外し、ゲストが喜ぶもの・記録に残るものは できる範囲で費用の中に組み込みました。 ウエディング小物類はブライダル会社にお願いすると割高になってしまうので、東京浅草橋で購入。 リングピロー、リボンワンズなど結婚式限りで、後々に使わないものはDIYしました。 一方で、両親への記念品やプチギフトなどゲストにお渡しするものは、 妥協せず渡して喜んでもらえるものをセレクトしました。 アフターブーケは、正直にいうと予算外。 挙式・食事会が終わってウエディングドレスを脱ぐときにアフターブーケの話をされたので、勢いで申し込んでしまいました…。 アフターブーケの出来上がりには満足しているし、作ってよかったと思っています。 挙式前までは、アフターブーケは頼まないと思っていました。 あまりに結婚式が楽しかったので、記念になってよかったかな。 費用をおさえた項目 ウエディングドレスをレンタル 一生に一度のウエディングドレス。 せっかくならまだ誰も着ていない、自分のサイズにあったウエディングドレスをオーダーメイドで作る方も多いみたい。 実際のところ、レンタルドレスに20万くらい足せばオーダーメイドドレスも作れるし、高いけど頑張れば手がとどくところ。 私はそこまで オーダーメイドドレスにこだわっていなかったこと・ ぴったりのドレスに空きがあったこと、 リゾ婚以降着る予定もなかったので、レンタルドレス一択でした。 結果費用もおさえられたので、大満足です。 前浜ビーチフォト撮影 せっかくの宮古島挙式。 宮古ブルーと呼ばれる綺麗な海でビーチフォトがしたい!というのが私の希望でした。 プラン内にはビーチフォト撮影が含まれていたものの、東洋一美しいと言われる前浜ビーチでも撮影がしたいと思ったのです。 前浜ビーチでのフォトツアーは、オプションでプラス10万くらい。 せっかくならやりたいと思っていたのですが、夫から『 プラン内のビーチフォトとオプションのビーチフォト、あんまり変わらないんじゃないかな?』と一言。 確かに言われてみれば、実際に申し込んだ方の写真を見比べてもオプションのビーチフォトツアーも十分綺麗かも。 でも一度しかない結婚式にやりたいな…悩みに悩んでオプションのビーチフォトは無しにしました。 翌日前浜ビーチに行ったのですが、日曜だからか外国人観光客の方々がたくさん!こんな中でビーチフォト撮影しても、シビラビーチでの撮影と変わらなかったかも…。 結果夫の考えに乗って正解だと思っています。 前浜ビーチフォトを諦めた分、宮古島星空フォトツアーを申し込みました。 これはやってよかったことのひとつ! フラワーシャワーをリーフシャワーに変更 若干だけどコストカットしたのが、フラワーシャワー。 結婚式のテーマカラーをティファニーブルーに決めていたので、ピンクなど可愛い色のものをあまり入れないようにしていました。 結果 リーフシャワーにして、ナチュラルなガーデンウエディングにあっていたかな。 フラワーシャワーをリーフシャワーに変えることで、約3万くらいコストカットしました。 メインテーブルフラワー 挙式後の食事会は、高砂を設けずゲストと一緒のテーブルを囲むスタイルで行いました。 そのため、高砂用のメインテーブルフラワーは無し。 ゲストテーブルフラワーを均等に並べて殺風景にならないようにしたいとプランナーさんに依頼しました。 メインテーブルフラワーをカットして、約3万くらいコストカットしました。 リハーサルメイク 挙式前日のリハーサルメイクを実施するかどうか、結構ギリギリまで迷っていました。 希望通りの仕上がりになるのか、どんなコスメを使うのか不安なこともありましたが、 こういう風なメイクをしたいという希望が自分の中ではっきりしていたので、リハーサルメイクは思い切って無しにしました。 事前にプランナーさんにこういう風なメイク・ヘアスタイルにしたいという写真を送付しておき、挙式前日の打ち合わせ時にも再度確認したので、当日は問題なくスムーズに進行。 さらに自分の愛用しているコスメを使ってもらったので、メイク崩れもなく一安心。 トラブルがおきやすい肌質の方、はっきりとやりたいメイクが決まっていない方など、心配な方はリハーサルメイクを入れておいた方が安心かもしれません。 逆に自分にあうコスメがわかっていたり、やりたいメイク・ヘアスタイルが決まっている方は、結果リハーサルメイクはいらないかもしれません。 おわりに リゾート婚をあげるとなった時周りにリゾ婚した方がいなかったため、実際どのくらいかかるのかわからなかったこともあり、今回記事にしました。 ここにあげたものの他に旅費宿泊費がかかってきますが、結果最初に想定していた費用くらいに収めることができました。 リゾート婚って楽しそうだし思い出に残りそうだけど実際高いんじゃない?と候補から外してしまう前に、この記事が参考になれば嬉しいです。

次の

【神前式で家族婚】費用の詳細と自己負担額を大公開

家族婚 費用

家族結婚式のメリット 家族・親族のみの少人数結婚式には、たくさんのメリットがあります。 費用を抑えられる 何と言ってもこれ! ゼクシィによると、一般的な結婚式の場合、全国平均の費用はなんと 約359. 下手したら会社員の年収ほどですね。 あとで詳しく書きますが、 家族結婚式であれば、この何分の1にも抑えられます。 しかも親族のみなので、 招待ゲスト同士も皆お互い知っているようなものです。 式中も、しっかり全員の顔を見ることができます。 これが100人近い式だと、なかなか難しいですよね。 こんなことも家族結婚式ならでは。 結婚式を挙げたくない人にこそオススメ 何を隠そう、私は結婚式を挙げたくありませんでした(笑) というのも、目立つのが嫌いなんです。 大勢の前に立って、注目されて、主役になって。。。 そうではなくて、ひっそりと生きていたいんです(笑) でも、家族結婚式であれば、 仰々しい結婚式を挙げる必要はありません。 過剰な演出はしなくて良し、少人数で皆顔見知りなので緊張しなくて良し。 15:10 会場入り 結婚式は夕方〜夜に挙げたので、この時間に会場入りです。 すぐに私のヘアメイクや着替えが始まりました。 家族挙式なので、新郎新婦とゲストの距離がものすごく近くて本当にアットホームです。 恥ずかしながら・・式中、涙で顔ぐしゃぐしゃになりました(笑) 18:30 会食スタート 普通だったら披露宴のところを、私たちは披露宴というより、会食でした。 マイクも使いません。 18:40 乾杯の挨拶 (新婦父) 18:45 食事スタート 全員同じテーブルなので、全員とお話しできるという。 特に私の場合、学生で、妊娠もしていたので。 20:15 送賓 プチギフト(お菓子)をゲスト一人一人に手渡し。 と、記念撮影などをしました。 20:30 送賓完了 こんな感じの非常〜にシンプルな会食でした。 特別な演出などなしです! 司会は、会場のスタッフがかんた〜んにしてくれましたが、ほぼ司会なしの状態でした。 費用 では、肝心の費用とその内訳をご紹介します。 私たちの場合ですが、招待ゲストは9名、なので 新郎新婦含め11名の費用です。 挙式 挙式プラン(約16万円) 土日利用料金(約3万円) 計約19万円 料理・ドリンク フルコース料理(約12万円) ドリンク(約3万円) ウェディングケーキ(約2. 5万円) サービス料(約2万円) 計約20万円 引き出物 引き出物5人分(約2. 5万円) 引菓子7人分(約8千円) プチギフト9人分(約2千円) ウェディングバッグ(約3千円) 計約4万円 衣装 ウェディングドレスレンタル(0円)(プラン内) タキシードレンタル(0円)(プラン内) 新婦小物(約2. 7万円) 新郎小物(約8千円) 計約3. 5万円 新婦小物(インナー、ビスチェ、グローブなど)が高すぎてビックリしました ノ゚o゚ ノ 中古品でも構わないという人は、メルカリとかで買ったほうがいいと思います。。 5万円 ええ、打ち間違いじゃないですよ。 会食会場装花に3万円です。 未だにちょっと納得のいっていない価格設定です。 合計 で、 計約50万円でした。 新婦小物とか、装花とか、無駄にお金かかってるところはありますが、 冒頭でお伝えした結婚式の平均費用を思い出してください。 約359. 7万円ですよ。 50万円で十分な結婚式ができるんです。 *今回私たちは招待ゲスト9名という少人数で、 しかもなるべくお金をかけないよう追加オプションなどほぼつけていません。 追加で小物を増やしたり、料理を豪華にしたりすれば、もう少しかかるかもしれません。 ただ、50万円でも満足する式になりました。 家族結婚式の感想 家族結婚式をやってみて 本当に良かったな〜と思います。 式は挙げたくなかったのですが、私のようなそういう人にこそオススメしたいのが家族結婚式です。

次の

沖縄宮古島でのリゾート婚いくらかかる?実際の費用を公開!

家族婚 費用

Contents• 家族婚とは? お二人にとって最も大切なご家族だけの結婚式を家族婚と呼びます。 「親孝行のために、結婚式を挙げたい」「本当に親しい人達に、直接感謝の気持ちを伝えたい」「忙しく準備の時間が取れないけど、大事な家族と一緒に結婚式がしたい」とお考えのお二人に選ばれているのが、「家族婚」です。 お二人とも、お仕事で忙しかったり、ご友人が遠隔地にいらっしゃる場合は、ご家族と、特に親交の深いご親族様に限定して結婚式を挙げるケースが増えています。 家族婚のご利用人数は、新郎新婦とご両親、兄弟姉妹の10名以下、または、ご親戚やご親友をご招待しての20名程度で、挙式・披露宴をなさるケースが主流です。 普段なかなか集まることのできない家族や親族が集まる機会にもなるので、家族同士のコミュニケーションもしっかり取れると人気のスタイルです。 家族婚のメリットは? <画像出典:> 家族婚は、招待ゲストが家族や親族になるので緊張がほぐれアットホームな結婚式を行うことができます。 ですから、あまり人前に立つのは得意ではない、自分たちが見せ物のように感じる結婚式はしたくないといった方でも、家族だけなら気兼ねなく行えると人気のスタイルです。 少人数ですので、招待ゲストとの距離が近く一人ひとりと会話の時間が持てるという点も家族婚のメリットと言えるでしょう。 本来、結婚式は家と家の結びつきを示すもの、そして今までお世話になった人へ感謝を伝え、これからもよろしくお願いしますという想いを伝える場です。 大人数での結婚式では、演出やお色直しでゲストと話すタイミングがなかったということも考えられるでしょう。 家族婚では、そうした心配はなく、新郎新婦が直接一人ひとりと話せる時間を設けることができるでしょう。 また、招待人数が少ないため結婚式の総額も通常の結婚式に加えてリーズナブルに抑えることができます。 その分、ハネムーンや新生活の費用に充てることもできますね。 人数が少ない分、ゲストそれぞれに合わせたおもてなしができるのも家族婚の良さです。 お料理の好みにも応じることができますし、引出物も一人ずつ違うものを用意しても良いでしょう。 結婚式にかかるもともとの金額が安く抑えられるため、お二人のこだわりたいことは諦めることなくたくさん取り入れることができますね。 家族婚のデメリットは? 人数が少ないからこそ、結婚式の費用を抑えることができると説明しましたが、いただけるご祝儀は人数が減った分少なくなってしまいます。 合計金額を一人当たりで割った単価が割高になることもありますが、友人を呼ばない分、不要な演出は入れずにシンプルにすることでコストを抑えることができますよ。 また、会場によっては最低人数が決まっており、少人数では使用できないことがあります。 ですが、人数制限のある会場でも平日やナイトウェディング、オフシーズンなどの条件をクリアすると使用できるところも多くあります。 minimal WEDDINGでは、少人数結婚式でも寂しくならず思い描く結婚式を叶えられる会場を厳選してご紹介しています。 家族婚の気になるご予算は? 家族婚のご予算の目安は、一般的に挙式、写真撮影、会食と衣裳レンタルなどを含めたプランの場合、20名程度規模で30~40万円程度から実施が可能です。 撮影のみであれば、10万円前後が目安となります。 撮影後、平服に着替えて家族だけで会食を行うケースもあります。 ご家族だけの会食の場合、会場にお花を飾ったり、ムービー演出などをしないことが多いので、披露宴と比べてリーズナブルに済ませることができます。 お式を印象深いものにするために工夫を凝らした独自のオプションをご用意している会場もありますので、ご利用いただいた場合はご予算に追加となります。 神前式、教会式、人前式と挙式スタイルによってプランが分かれていますので、二人のご希望スタイル、ご予算に応じた会場をご紹介します。 家族婚をスタイル別に紹介 <画像出典:> 家族婚にもたくさんの種類があります。 写真だけ残したい方は、会場やフォトスタジオでのフォトウェディングがおすすめです。 事前に衣裳選びが必要ですが、準備に時間をかけることなく行えます。 次に挙式のみを行うスタイルです。 どの挙式スタイルを選ばれても大丈夫ですが、挙式のみに家族や親族を招待する場合は、ご祝儀をいただかないことが多いです。 1番多く選ばれている家族婚は、挙式のあとに会食を行うスタイルです。 両家そろう機会はなかなかないものですので、会食を行うことで両家の親睦を深めることができますね。 会食会場は、挙式を行った結婚式場でも良いですし、場所を変えて料亭やレストランで行うこともあります。 挙式場所と会食会場が離れすぎてしまうとゲストと新郎新婦の負担となってしまいますので、1時間以内で移動できる場所にしましょう。 最近では、家族で挙式と会食を行ったあとに、友人を招いた会費制パーティー(1. 5次会)を行うスタイルも増えてきています。 家族と友人、会社関係者を呼ぶことで通常の結婚式と同じように、どのゲストにも感謝を伝えることができますね。 家族婚の服装はどうする? 参列者は、気の知れた家族だけだからといって、気を抜かずに家族婚でも新郎新婦は婚礼衣裳に身を包むのがベターです。 結婚式は、新たな二人の生活を誓う神聖な場所ですので、正礼装にすることで失敗を防げます。 挙式は、格式ある服装をすることを心掛けましょう。 会食では挙式よりもカジュアルダウンしても良いですが、会食会場によってはドレスコードの指定があることもあります。 会場の指示に従って、その場に合った服装にすることが、新郎新婦もゲストにとっても大切です。 家族婚を挙げた先輩カップルの声 10名前後の家族だけの結婚式を挙げた先輩花嫁のエピソードをご紹介します。 40代で結婚した私たちは、周りの友人はほとんど結婚しているし、ドレス姿もなんだか恥ずかしい…結婚式はしなくていいかと思っていました。 ですが、私の実家に初めて旦那を連れていったときに、祖母がとても喜んでくれました。 そして、私のドレス姿を見るのが今一番の楽しみだよと言われたことが心に残り、結婚式を挙げることに決めました。 祖母へドレス姿を見せることができればそれ以上は特に望んではいなかったので、家族だけで気兼ねなく過ごせる家族婚を選びました。 ドレス姿を1番最初に見せるのは祖母と決めていて、見た瞬間泣きながら綺麗と言ってくれたのは本当に嬉しかったです。 チャペルは少し抵抗があったので、ガーデンでナチュラルな雰囲気の挙式をしたあとに、食事を楽しむシンプルな結婚式でした。 久しぶりに兄弟もそろって家族全員で食事ができて、本当にあっという間に過ぎた楽しい時間となりました。 結婚式はしなくてもいいかなと思っていましたが、実際に挙げてみると心から挙げてよかったと感じることができました。 自分たちから両親へもそうですが、両親からも私たちが生まれてきてから今までの気持ちを聞くことができて家族の大切さを改めて感じました。 結婚式に恥ずかしさを感じている方は、家族結婚式なら恥ずかしくなく過ごすことができるのでおすすめです! minimal WEDDINGよりひと言 家族婚は、ご入籍の後に挙式を行いたいお二人の「バウ・リニューアル」にもおすすめです。 欧米の文化に倣い、入籍だけして挙式をしなかったご夫婦が、結婚5年や10年の節目に改めて愛を誓い合うバウ・リニューアルを行うケースも増えています。

次の