家 に 着 いて 行っ て いい です か 双子。 心から愛した恋人は生き別れの双子だった...ゴミ屋敷に埋もれた38歳女性の真実|テレ東プラス

『家、ついて行ってイイですか? 』妻を亡くした夫の行動に「泣けた」の声

家 に 着 いて 行っ て いい です か 双子

()とらが司会を務める。 今回、番組のスタッフが新宿駅で声をかけたのは、えりかさん(38)。 現在は休職中だが、もともとは宅建士をしていたという。 家の中を撮影していると、ある男性の写真が飾ってあった。 25歳の頃から交際していた男性だそうだが「死んじゃったんですよ」と言い、彼のことが忘れられず今も花を供えているという。 彼とは同じ誕生日、同じ年齢、同じ地元。 「一緒に歳をとるはずだったんだけど、31歳になる前に死んじゃったんです」と振り返る。 出会いは友人の彼氏の親友だったそうで「なぜ別れたのか?」とスタッフが問うと「同じ歳で、同じ地元、同じ誕生日。 これ何だと思います?」とえりかさん。 スタッフが「運命」だと答えると、えりかさんたちも最初は偶然が重なり浮かれていたのだが、彼氏がえりかさんの自宅に行った際にある事実が発覚したという。 えりかさんの両親は幼い頃に離婚しており、いまの父親は、いわゆる育ての父親。 実家でその育ての父親と彼氏が仲良くなり「すごくいいお父さんだね。 俺もこういう家に生まれたかった」とこぼしたため、えりかさんが「でも、私の本当のお父さんじゃないんだよ」と返すと、彼氏は「え?」と顔面蒼白になった。 じつは、えりかさんは双子。 えりかさんは本物の両親が育て、もう一人は子供のいない家に引き渡されたという。 自分の両親から、双子の兄妹がいると教えられていた彼氏は、そこでえりかさんの本当の両親の名前、同じ誕生日、同じ地元などから、えりかさんと自分には血縁関係があるのだと推測した。 本格的には調べてはいないものの、えりかさんも「ビックリしたけど、やっぱりなとも思いましたね」とコメント。 彼氏としても好きだったが、自分のことを好きなように相手のことを好きになったと言い、離れられなかったと語る。 戸籍上は問題ないものの、倫理上問題があると別れてしまったのだが、彼氏はそのことを苦に自殺。 VTRを見ていた矢作らも絶句していた。

次の

『家、ついて行ってイイですか?』が偶然にも行き着いた「世界の暗部」 父親は自殺したのか、暗殺されたのか……|日刊サイゾー

家 に 着 いて 行っ て いい です か 双子

俳優の六角精児さんがダルダルのTシャツに普段から履いていると思われる色の落ちたジーパン、そして工業高校の高校生が持っていそうなバッグという日雇いバイトの帰りみたいな格好で電車に乗って旅をしているのだ。 (服装だけでも一見の価値あり!) 調べると『鉄道ひとり旅』という番組だそう。 この番組にはBGMもないし、ほとんどテロップもない。 普通であればロケをしてテープを持ち帰って編集して放送するのだが、編集というステップをし忘れていそうな映像なのだ。 だが、そこが良かった。 普通の番組だとBGMでかき消されているような電車の音やロープウェイの切符売り場のおばちゃんの声といった旅のリアルな音がとても心地よいのだ。 しかも、中身もちゃんと面白い。 目的地の駅に着いたけれど見るべきところがユンボのリース会社ぐらいしかなかったり、定食屋で出てきたおかずがあまり見たことのないもので「なんだこれ!」とお店の人の前で言っちゃったり。 時間を忘れてしまうほどテンポがいいバラエティ番組というのがあるが、この番組はその真逆で、終始ダラダラと旅が進んでいくから放送時間がやたらと長く感じられる。 (褒めてます!) そういう点では精神と時の部屋みたいな番組だ。 是非見てほしい。 というか、体感してほしい。 終電後に駅前で「家、ついて行っていいですか?」と声を掛けてタクシーで家までついていく人気番組、その名もずばり『家、ついて行ってイイですか?』 この番組のいいところはたまにゴミ屋敷の住人が出るところだ。 タクシーに乗っている時は何も言ってなかったのに、アパートについて部屋の扉を開けたらゴミ屋敷だったことが発覚!というパターンが意外性があってとてもいい。 前回出ていたのが30歳過ぎの小太りのさえない見た目の男性。 アパートに着いて自宅の扉を開けると「エヘヘ」といった顔で、ゴミが山積みになった部屋を紹介してくれた。 今回のゴミ屋敷はキミか!と心の中でガッツポーズだ。 この男性、男装する女の子が接客してくれるお店に足繁く通っているらしく、驚くことに今までに費やしたお金は7000万円というケタ外れの金額だそう。 どこからそんなお金が!?と聞くと、特許を持っているからお金はあるという。 ゴミ屋敷の住人は見かけによらずすごい経歴を持っている人が多いのだ。 そして職業を聞くと、なんと!お坊さんだという。 「男装する女の子が好きな、金持ちだけどゴミ屋敷に住むお坊さん」って何なんだ。 要素が多すぎるだろう。 そんなお坊さんが最後にゴミ屋敷でお経を唱えてくれた。 お経を唱えながらゴミに埋もれていく姿は、親指を立てて溶鉱炉に沈んでいくシュワちゃんのようで、なんというか「良さ」しかなかった。 あと、だいぶ前の放送だが竹林の中にある豪邸に住む68歳の仙人みたいなおじいさんの家もすごかった。 床一面に納豆の空の容器が散らばっているのだ。 安いから納豆ばかり食べているというのだが、それを床に敷き詰める意味がわからない。 話を色々聞くと今までの人生で2年間しか働いたことがないという。 またもや、なんだか意味がわからなすぎる。 なんだかわからなすぎるけどサイコーだからいいや。 ゴミ屋敷の住人は気難しいというイメージがあったがこの番組に出るのはそんな人は少なくなぜかポップな人が多い。 そして豪快であっけらかんとしているので、毎回ちょっと憧れのような気持ちで見てしまっている自分もいる。 いつ出演するかわからないが、まだ見ぬ隠れゴミ屋敷の住人に会えるのを楽しみに待とうと思う。

次の

家ついて行ってイイですかの元ジャニーズジュニアは誰?現在は?

家 に 着 いて 行っ て いい です か 双子

7月9日に放送された『』(テレビ東京系、毎週月曜27:55~)は、 妻を亡くしたというある男性が登場。 取材によって明かされた彼の妻に対する深い想いに共感した視聴者も多く、インターネット上で注目を集めた。 、()らが司会を務める。 新橋駅でスタッフが声をかけたのは清水さん(54)。 会社員で荻窪に住んでいるという。 社会人となった息子が、今年の4月から仙台へ行っているため、現在は、一軒家に1人暮らし。 奥さんは50歳の頃に亡くなったとのこと。 番組では、その彼と交渉し、家までついて行くことに。 到着すると庭は芝生が敷き詰められ、畑もあるなど、綺麗に整えられていた。 自宅の中も掃除が行き届いており、リビングやトイレには、奥さんが生前作ったハワイアンキルトや人形などが飾られていた。 夫婦の出会いは合コンだという清水さん。 25歳の時に付き合い、4年の交際を経て結婚したが、すでに奥さんをがんで亡くしていた。 がんが発見されてから約2年で他界したそうで「スキルス性のたちの悪いものだった」と回顧。 一度手術は成功したが、髄液に転移してしまい手の施しようがなかったとのこと。 当時、奥さんと息子の3人で住むために家を契約するも、翌月の初めに亡くなったようで、「分からないものだよ。 健康な人だったからね。 闘病していた当時、自宅がもうすぐ完成するという時期だったため「新築の匂いを嗅ぎに行こう」とよく奥さんと話していたのだとか。 奥さんは家の配置をどうするかノートに書いていたそうで「カーテンは白の花柄が良い」「庭の奥は畑にする」と生前言っていたことを、現在すべて守っている清水さん。 奥さんが新築に住むことができなかったことが「唯一の心残り」と言い、亡くなった数週間後に行った引っ越しは「半分意地だった」と語る。 自宅を綺麗に保っているのも「意地だよね。 悔しいじゃん」と言い「子どもも就職したし、いつ落ちぶれてもいいんだけど、僕の生きる糧をそこに見出すしかないのかな」と振り返った。 ネットでは、そんな清水さんの生きざまに「いいおっちゃんだなぁ」「泣けた」「男を支えるのは意地」と感動した声が多くあった。

次の