宅 建 テキスト 2020。 半年の独学で宅建士に一発合格した勉強方法とおすすめのテキスト

「史上最強の宅建士テキスト」試験出題カバー率96%?のテキストの実力を検証

宅 建 テキスト 2020

リンク まずはこのテキストを最初から最後まで全部読みます。 宅建の試験を受けるに当たって、何を勉強するのかを知るために読むだけなので、理解度は2割くらい大丈夫です。 問題も解かなくてOK。 途中の問題も解きます。 この段階では、問題を読んでも答えがわからないことのほうが多いので、わからないと思ったら、すぐに答えを見てOK。 ただし答えを見るだけではなく、該当箇所のテキストも読むのが大事です。 そんなときに便利なのが動画教材です。 YouTubeで「宅建 宅建業法」「宅建 権利関係」などと入れて検索すると、いろいろと宅建の解説動画が出てきます。 リンク 過去12年分の過去問が入っているので、これを全部解くだけでも、かなりの時間がかかります。 過去問も、最初の3~5年分は、ほとんど正解できないと思っていてよいです。 なので、過去問とはいえ、本番同様に時間を測って最初から最後まで解いてから答え合わせをしても、間違いだらけでストレスがたまります(苦笑) なので、最初の3~5年分は以下のような解き方をするのがおすすめです。 問題を解く• わからなければすぐに答えを見る• さらにメインテキストに戻って該当箇所を読み直す これを5年分くらい続けると、6年目からは比較的正解率が上がってきます。 「だいぶ解けるようになってきたな~」 と実感したところで、はじめて、時間を測って本番同様に最初から最後まで解いて、最後に答え合わせというやり方に変更します。 宅建は国家資格で、内容もかなり難しく、合格率15%のかなり狭き門です。 難しい内容をテキストで読んで理解するのはかなり大変・・・。 動画や先生の講義で噛み砕いて説明してもらったほうが理解度が格段に違ってきます! なので、時間に余裕があるとか、どうしてもお金がないとか切羽詰まった方は、テキストを使った独学にチャレンジするのもありなのですが、 短期間の勉強で一発合格を狙うなら、一番現実的なのは通信講座ではないかと思います。 通信講座を使った独学のほうが、挫折しづらく、合格率が上がる! 合格率・コスパ・スキマ時間にどれだけ活用できるか?という視点で、シングルマザーで宅建士を目指す方におすすめの宅建の通信講座をランキング形式でご紹介します。 第3位 スタディング 宅建士合格コース(2020年度試験対応) 教材内容 ・基本講座 ・スマート問題集 ・セレクト過去問集 ・12年分テーマ別過去問集 スマートフォン・PC・タブレットによりオンラインで受講するコース。 宅建の通信講座の中では最安です! ただし、完全にオンライン学習型の講座になっているので、郵送される教材はありません。 試験本番対策として、マークシートを塗りつぶす時間も含めて時間配分の練習をするのは絶対必用なので、別途自分で模試や過去問を購入する必要はあります。 でも、日々の学習スタイルとしては、スマホ上で動画を見て、スマホで問題を解けるようになっているスタディングはかなり便利! 12年分のテーマ別過去問集までついているので、本番ギリギリまでは、スタディングだけで勉強して、一番最後に紙での試験に備えるという形で十分かと思います。 無料体験もあるので、気になる方はまず登録してみてください。 また、担当講師が宅建業界では有名な田中謙次先生です。 私は、宅建登録講習(不動産会社に勤めている人がこの講座を受けることで宅建本番試験の5問免除を受けることができる)を九州不動産学院という学校で受講したのですが、その学校でもこの田中謙次先生が書かれたテキストが使われていました。 郵送される教材がないのはデメリットですが、PDFがダウンロードできるようになっているので、紙で勉強したい方は印刷すればOKです。 また、動画の音声ダウンロードができるのは、非常に良いです。 25倍で、ずば抜けています。 テキストやDVD、eラーニングなどの教材が充実している分、料金が高いのがデメリット。 ただ、フォーサイトを受講した場合、他に過去問のテキストや模試などを購入する必要は全くなく、これ一本で本番まで勉強を続けるだけでOKです。 また、フォーサイトの56,800円のコースは、「教育訓練給付制度」の対象です。 教育訓練給付制度とは、条件を満たした方が、学費の20%がハローワークから給付される制度です。 教育訓練給付制度をはじめて利用する場合は、受講開始日の時点で、雇用保険の一般被保険者である期間が通算で1年以上ある方が対象です。 もし、教育訓練給付が受けられれば、20%は講座終了後に給付金として受け取れるので、実質45,000円くらいで講座が受けられることになります。 私は、宅建の勉強を始める前に、フォーサイトが出版した、を読みました。 やはり、フォーサイトは数多くの合格者を出しているだけあって、かなりのノウハウがたまっているなという印象でした。 AIによる「未来問」で本番の問題を予測することでも有名です。 正直、費用は77000円なので、通信講座の中では高いです。 が、一発合格を確実に狙いたい場合は、通学スクールに比べたら半額くらいのお値段ですし、検討してみてもいいんじゃないかと思います。 料金 77,000円 合格お祝い制度 無料体験 あり まとめ:宅建の独学はテキストでもできるけど、通信講座の動画を使ったほうが一発合格する可能性は高い! テキストを使った宅建の独学は、無理ではないです。 実際に、お金も時間もないシングルマザーの私にもできたので、全然できると思います! しかしながら、自分でテキストを買って独学する勉強方法では、限りなく挫折しやすくなるのも事実です。 ただテキストに書いてある文章を読むよりは、動画を見たほうがイメージとして頭にも入るので、圧倒的に理解するスピードが違うんですよね。 なので、テキストを使った独学にチャレンジしてみて、「あれ、なんか難しくて頭に入らない!」となった場合は、なるべく早めに通信講座にきりかえることをおすすめします。

次の

2020年版 パーフェクト宅建のベーシック問題集 (パーフェクト宅建シリーズ)

宅 建 テキスト 2020

その後マーケティング・リサーチ部署に異動。 そこで「街づくり」に興味がわき、昭和62年に宅建試験受験。 昭和63年11月に某資格試験受験スクールに宅建講師として入校。 先生らしくない先生を目指し人気を博す。 2004年に独立。 2012年に「宅建ダイナマイト合格スクール」に名称変更。 かれこれ講師生活30年以上。 その言葉ホント? 2-2 代理制度。 基本的なしくみ 3-1 債権とは。 債権があるから債権者 3-2 消滅時効。 債権が消滅するとき 3-3 弁済・相殺・免除・混同など 3-4 債権譲渡。 債権は譲渡できる 4-1 債務不履行。 債務者の責任 4-2 連帯債務。 いつまでも債務者!? 4-3 保証債務。 保証人はこんな目に!! 5-1 契約総論。 全般的な取り決め 5-2 契約の解除とは。 解除権 5-3 売買契約。 売主の責任 5-4 請負契約。 請負人の責任 5-5 委任契約。 受任者の責任 6-1 物権変動の対抗要件。 それは登記 6-2 登記がなければ対抗できない第三者 6-3 登記がなくても対抗できる場合 6-4 取得時効。 占有により時効完成 7-1 抵当権とは。 そのしくみと内容 7-2 先取特権と質権というのもある 7-3 他人の財産を借りる契約 8-1 借地権とは。 借地借家法(借地関係) 8-2 定期借地権。 3種あり 9-1 建物の賃貸借 借地借家法(借家関係) 9-2 定期建物賃貸借(定期借家)もあるよ!! 9-3 不法行為。 被害者に損害賠償を 10-1 共有とは。 共有持分とは 10-2 相隣関係。 困ったときはお互い様!! 10-3 相続。 相続人と相続分など 11-1 不動産登記法 12-1 建物の区分所有等に関する法律 その他法令など 1 地価公示法と不動産鑑定評価 2 景品表示法 3 住宅金融支援機構 4 統計・宅地建物の形質等 不動産に関する税 1 不動産取引の際に登場する税金 索引 備考: 成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に伴い、本文の記述を上記の通り訂正いたします。 【 第2刷にて修正 】• [誤] 民法上の制限行為能力者には「成年被後見人」「被保佐人」のほかに「被補助人」もあるが、被補助人は欠格事由とはなっていない。 かつては民法上の「成年被後見人」「被保佐人」(part3権利関係1を参照)は一律に欠格事由とされていたが、個別に審査することになった。 民法上の制限行為能力者には「成年被後見人」「被保佐人」のほかに「被補助人」もある。 【 第2刷にて修正 】• 69ページ ページ上方の例示「 1 残念ながら能力や信用がない場合」の囲み内• 備考: 成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に伴い、本文の記述を上記の通り訂正いたします。 【 第2刷にて修正 】• 113ページ 本文、上から5行目• [誤] 一定の資格をもった建築士などの専門家が• [正] 建築士で国土交通大臣が定める講習を修了した者が• 【 第2刷にて修正 】• 159ページ ページ上の囲み内、最終行• [誤] 関する一定の書類の保存状況• [正] 関する一定の書類の保存状況(売買・交換の場合のみ)• 【 第2刷にて修正 】• [誤] 50万円以下• [正] 50万円未満• 200ページ ページ中程の下、Section4の上の本文• [誤] 宅建士の提出・返納義務に• [正] 宅建士証の提出・返納義務に• 【 第2刷にて修正 】• 206ページ 囲み「50 万円以下の罰金」内• 【 第2刷にて修正 】• 206ページ 囲み「50 万円以下の罰金」内• [誤] 「㉓ 守秘義務……」の下に㉔㉕を追加• [正] ㉔ 大臣や知事への業務についての報告を怠った者、立入検査を拒み、妨げ、忌避した者 ㉕ 信託会社等が宅建業を営む旨の届出をせず、または虚偽の届出をした者• 【 第2刷にて修正 】• 227ページ 表内、キャバレーの行、近隣商業地域の列• [誤] (空欄)• 235ページ 本文、上から9-11行目• [誤] たとえば防火地域に指定されている場合、階数が3以上の建築物を建築するには耐火建築 物にしなければならないなどの防火上の規制が加えられる。 [正] 防火地域や準防火地域内にある建築物は、建築物の規模に応じて一定の防火上の基準的基準に適合するものとしなければならない。 【 第2刷にて修正 】• 337ページ ページ下方、表の注記「*3」の1行目• [誤] 100㎡超のコンビニエンスストア• [正] 200㎡超のコンビニエンスストア• 【 第2刷にて修正 】• 449ページ 本ページに登場する「受領権限者」(計7箇所)• [誤] 受領権限者• [正] 受領権者• 【 第2刷にて修正 】• 565ページ 見出し「〔9〕賃料の支払時期、賃借人の通知義務」の表、通知義務の2行目• [誤] その旨を賃借人に• [正] その旨を賃貸人に•

次の

「史上最強の宅建士テキスト」試験出題カバー率96%?のテキストの実力を検証

宅 建 テキスト 2020

TAC(タック)• 宅建学院• LEC(レック)• 日建学院 人気ランキングは、1時間ごとに順位も変動しますが、売れ筋の出版社は決まっています。 出版社では基本書(参考書)や過去問題集がシリーズで出版され、 セット買いが奨励されています。 よってTACや宅建学院など、 同シリーズが2〜3冊もランキング上位に入る例も珍しくありません。 市販のテキスト購入がきっかけで、予備校への通学、通信講座を利用する受講生も少なくないです。 宅建テキストは 営業の糸口にもなるので、 長年積み上げた試験対策やノウハウを採算度外視で気前よく提供しています。 受験予備校が出版元のテキストは、 大きな当たり外れはないのが安心です。 購入される人気テキストの裏側では、 華麗なるテキスト戦争が繰り広げられています。 人気ランキング上位を独占するTAC(タック) 人気ランキング上位の常連はTAC タック は最も知名度が高い宅建テキストです。 TACは、宅建士講座だけでなく、簿記、公務員、行政書士などの他の法律系や会計系の資格取得に強い受験予備校です。 ベストセラー「みんなが欲しかった宅建士シリーズ」 (引用:TAC タック 出版「みんなが欲しかった宅建士」シリーズの画像) TACの代表的な宅建の参考書と問題集で外せないのが「みんなが欲しかった宅建士」シリーズです。 初心者でも勉強しやすい 図解や フルカラーの教科書がベストセラーのテキストです。 「みんなの欲しかった」シリーズは、他の資格試験でも知名度が高く、「簿記」やシリーズも大人気です。 本シリーズは、図解を多用。 ビジュアル重視で初心者向けの噛み砕くような解説が特徴で、勉強嫌いの人に向いています。 難しい用語も噛み砕いて初心者向けに説明。 「アイコンマーク」「ひとこと」で要点チェック• 年代別に難易度が低い順に収載• マスターすべき項目が一目でわかる• 「ちょっと確認! 」「プラスワン」で知識を補充• 「Step Up」で応用力をつける 私も数多くの宅建テキストを見てきましたが、その中でも 親しみやすさは断トツです。 ただ、わかりやすい解説と使い勝手の良さは評価できますが、 過大評価され過ぎている気もします。 TACは早くから分厚いテキストを 科目ごとに分離して持ち運べるなど、使い勝手の改善を年々進めています。 試験に出題される分野だけの最低限の学習で済む「スッキリわかる」がおすすめです。 コンパクトに要点がまとまっているので、TACの中では私が一番好きなシリーズです。 フルカラー図解が多く ビジュアル重視• わかりやすさ重視の充実した解説• 「基本編」と「参考編」に編集• 最低限の出題内容に絞る 「基礎編」と応用問題の「参考編」の2段階で使い分けられるテキストです。 フルカラー図解が多く ビジュアル重視• 重要事項「ちょっと確認! 」と「プラスワン」で得点アップ 「スッキリ宅建士」は、過去問と基本書の解説を合体しています。 1冊でインプットとアウトプットの両方が出来るので時間の節約になります。 また、試験出題率が高い「わかってる合格」を繰り返すと応用力がつきます。 この2冊だけで過去問演習が、不十分ではありません。 問題集などは「民法」の法改正がわかりやすいのも特徴で、「改正対応」マークや、旧法との対比を明示しています。 直近の出題傾向を詳細に分析• 超定番の重要過去問だけを厳選収録• テーマ別に 「1問1見開き」デザイン• 「ひっかけ」「頻出」などのアイコン表示がわかりやすい 【過去問題集: わかって合格る宅建士 過去問12年PLUS<プラス>】 2019年度の情報になります。 2020年版は近日に発売予定です。 過去12年分を2色刷り• 問題を難易度別に3段階のレベルで表示• 統計問題12年分ダウンロードサービス 「みんなの欲しかった教科書」のように基本テキストは問題集などの1冊だけが飛び抜けて売れるのではなく、 3冊のセット買いが多いです。 上記の3冊は、どれも安定した根強い人気がありますが、特に「過去問12年間」の問題集がおすすめです。 学習しやすいだけでなく、 出題傾向も詳細に分析されているので、試験のヤマを外しません。 ビジュアル重視だけでない、手堅く試験対策ができることが人気のテキストです。 宅建士講座で毎年高い合格実績を出す宅建学院の市販テキストです。 不動産会社に勤めるプロの宅建士が、後輩に薦めることも多いと言われる ロングセラーです。 宅建学院のテキストは、 覚えにくい 用語の語呂合わせ が秀逸だと高く評価されています ミリアオンセラーの「らくらく宅建塾」 (引用:「らくらく宅建塾」と「まる覚え宅建塾」の画像) 「らくらく宅建塾」のテキストは ミリオンセラーです。 私も最初読んだ時に、面白いイラストと共に 難解な用語が覚えやすいことに驚きました。 ただ、イラストは少ない目で文字は多いので、それが苦手な人は学習が苦痛になるかもしれません。 難しい法律用語も 日常の言葉で説明• 日本一覚えやすい語呂合わせ• 「わかりやすさ」と 「覚えやすさ」が両立 2019年度には、 らくらく宅建塾をコンパクトにまとめた「まる覚え宅建塾」が出版されていました。 持ち運びも楽で重要ポイントだけに絞られた便利なテキストなので、今年も出版して欲しいものです。 「過去問宅建塾」の3科目も人気 (引用:宅建学院「過去問宅建塾」の画像) 過去問宅建塾も使いやすさには定評があります。 過去問は 3分野の 科目ごとに分かれ、 類似問題が何度も出てくる ので、自然に実力がつきます。 3回ほど繰り返すと、短い 問題文ごとまる覚えできます。 左に問題、 右に解説と使いやすい• 問題を 類題式に収録• 講義のようなわかりやすい解説• 問題を解いた後で 復習がしやすい構成• 分野別の3冊• 最新の法改正にも対応 解説の重要事項は、基本テキストの語呂合わせと頭に入れながら整理すると、暗記の効果が高まります。 宅建士講座は、重要ポイントを押さえた 試験ノウハウで毎年、安定した合格率を出しています。 その受験ノウハウがつめこまれた宅建テキストも質が高いです。 「宅建士合格のトリセツ」は要点と基礎の習得に評価が高い (引用:LEC(レック 出版「きほんの宅建士」テキストと問題集の画像) 「きほんの宅建士」は、宅建試験の出題内容を 短く要点を押さえてわかりやすいと好評です。 基礎を徹底的に固めるのには最適のテキストです。 同じレックが出版している「出る順 宅建士」シリーズと比べても難しい問題が少ないです。 2020年の民法・建築基準法改正に基礎から対応! A、B、Cの 3段階でテーマの重要度• 本試験の 過去問題を収録• 問題・解説をすぐ確認。 見開き型問題集• 重要事項が簡単に確認• 宅建講師の間でも、法律系の資格学校のLECの「出る順 宅建士」は、高く評価されています。 重要度ランクで 試験に狙われやすい箇所が一目でわかり、得点できるポイントがわかるのでおすすめです。 持ち運びやすいB6サイズ コミック本程度• 直近の出題傾向を詳細に分析• 基礎だけでなく 、難易度・高の問題にも対応• 応用力が身につく• 初心者を卒業したい人におすすめ カラフルな図柄やイラストよりも、 文章でのわかりやすさを求める人に向いています。 私の超おすすめは、ここでは紹介していませんがLECの直前模試付きの宅建テキストです。 試験のヤマが当たるだけでなく、本試験の丁度良い練習になります。 デザインや構成は「出る順宅建士」と同じですが、 持ち運びしやすい大きさで、試験の要点がまとまっています。 宅建講座やその他資格で実績がある日建学院 日建学院:建築資料研究所は、建築や宅建士の書籍でも実績のある出版社です。 私は建築士を取得時に日建学院と資格学院の両方へ通学した経験がありますが、 日建は受験対策が凄い学校でした。 試験対策の専用チームがあり、過去問を徹底的に分析。 試験のヤマは高確率で当たりました。 日建学院の市販する宅建テキストも豊富な受験ノウハウが盛り沢山です。 出題傾向が徹底的に分析され、 重要ポイントが 整理されています。 「どこでも学ぶ宅建士」で段階的に実力をUP (引用:「宅建テキスト【日建 学院】の画像) 日建学院のイメージキャラクターを採用した解説本も見逃せません。 「ポイントの1行解説」と「よくわかる詳細解説」の ダブル解説 も受験生には使い勝手が良いと好評です。 4段階の優先ランクで重要項目がわかる• 「要点整理」と 「アプローチ」がある• 図解とイラストで具体例で理解 「学ぶ基本テキスト」で基礎力をつけて、「本試験問題」を解き、最後に「超整理」で仕上げと段階的にステップが踏めます。 本試験形式 11年分・550問収録• ダブル解説と4段階の重要度表示• 直前のチェック用• 図表がわかりやすく 全体像が把握 「宅建士どこでも過去問」 ダブル解説で実力アップ (引用:「宅建テキスト【日建 学院】の画像) この3冊の中で、特に 宅建業法の過去問がページ数が一番多く、解説も詳しいです。 また、マンガなどで、わかりやすく 直感的に理解できることにも力を入れています。 項目別過去問題集• 全選択肢に、 ポイントの1行解説• 要点だけの解説と詳細解説の「 ダブル解説」付き• 過去10年分・ 151問をテーマ別に収録• カラー、図解やイラストが多い、解説がわかりやすい本が、宅建初心者に人気です。 次は、その中でも私が特におすすめテキスト(参考書と問題集)を紹介します。 以下のテキストは、私だけではなく、多くの宅建の合格者からも好評です。 フルカラー系では、簡単に理解させることばかりに重点を置きすぎて、中には、解説が不十分な本もあります。 その中で、解説が充実しつつ、ダントツわかりやすいのが、TACの「スッキリわかる宅建士」です。 読み比べていると一番、スッキリと頭に重要事項が入ってきたので、 3ヶ月以内の短期で学びたい人も効率よく学習できます。 他のフルカラー系のどのテキストよりも、 具体例が豊富でポイントがわかりやすいです。 特に「 宅建ワールド攻略チャート」では体系的に重要事項がつかめます。 また、「 過去問スーパーベスト」など覚えた知識を確認することもでき、1冊で必要事項がほぼ学べます。 他にも、私が特におすすめしたいのが、宅建学院のミリオンセラーのテキスト「らくらく宅建塾」です。 カラーのテキストが、うるさく感じる人は、「らくらく宅建塾」がイチオシです。 宅建【問題集】人気シリーズ私のベスト1はこれ! 過去の問題集をしっかり勉強しないと合格できないのが、宅建試験です。 宅建の過去問の攻略は、非常に重要なので、 問題集選びも参考書選びと同じぐらい大切です。 特に解説の部分は、問題集を比べてチェックすると良いです。 おすすめの問題集は、「わかって合格る宅建士 過去問12年PLUS<プラス> です。 統計問題の最新情報とわかりやすい解説も充実 2020年度版は2月に出版予定です この問題集の良さは、毎年、必ず出題される 統計問題のフォローも充実していることです。 7月下旬には、法改正情報・最新統計データに修正された過去問12年間分が、TAC(タック)のサイトからダウンロードできます。 また、問題ごとに出題テーマ・難易度を表示しているので、問題演習の優先順位がわかります。 肢単位で詳しく丁寧に説明してあり、私が読んだ問題集の中では一番、解説が整理されて、わかりやすかったです。 問題・解説部分は切り離しができるので、見直しにも便利です。 でわかります。 タイプ別で選ぶ【宅建】人気の出版社別4シリーズ 4つの出版社を比較すると、それぞれ下記の特徴があります。 自分が勉強しやすいテイストのテキストであるかどうか?で選ぶと失敗は少ないです。 TAC:タック ・解説など長い 文章を読むのが苦手な人。 ・ビジュアル重視で図解やイラストで感覚的に理解したい。 ・資格試験に慣れていない初心者向け 宅建学院 ・語呂合わせで、暗記をする勉強法が向く人 ・分量を絞った薄いテキストで勉強したい人 ・不動産業界で働く人や関連の資格を取得した経験がある人 LEC:レック ・基礎から応用力まで 段階的に勉強したい人 ・本番の練習になる 模擬試験対策に力を入れたい人 ・宅建の試験勉強にマンネリ化している人 日建学院 ・簡易な1行と詳細の2パターンの解説で勉強したい人 ・カリスマ講師の受験ノウハウを知りたい人 ・マンガやイラストなど 日建学院のカラーが合う人 また、勉強時間が十分に取れない人は、独学の短所をお金で解決できます。 悩んでいる人は、宅建の一発合格者が選ぶ【 あなたが、自分に合うテキストや勉強法に出会い、合格できることをお祈りしています。

次の