清水 宏次朗。 清水宏次朗の現在の【画像】あり。不安障害は治る?なりやすい人は?症状は?

清水宏次朗、昨年5月に更年期障害を発症

清水 宏次朗

俳優の清水宏次朗(50)が、映画「ビー・バップ・ハイスクール」のヒロシ役で一世風靡した時代から現在までの壮絶な半生を赤裸々に告白した。 「ビー・バップ・ハイスクール」は1983年からヤングマガジンで連載がスタート、累計部数4000万部以上を記録する超人気マンガとなり、1985年には映画化され、全6作すべてが大ヒットして社会現象となった。 主人公のヒロシ役を演じた清水も大人気となり、当時の不良たちの憧れの的として一世風靡した。 清水は22日放送のテレビ東京系「ヨソで言わんとい亭」出演。 、ビーバップの映画オーディションを受けたデビュー4年目の21歳当時を振り返った。 「僕、漫画見ないのでビーバップ知らなかったんですよ。 大概、学園モノっていったら先生が主役ですよね。 だから先生役だとばっか思って行ったんですよ。 オーディション会場行ったら、バカばっかり一杯いるんですよ(笑)」と合格してはじめて不良のヒロシ役だと知ったという。 オーディションは一般の人達にも募集をかけていたらしく、ビーバップに憧れる全国の不良たちが参加し、撮影現場は相当荒れていたと話す。 「グッチャグチャですね。 もう目が合ったの合わないのって。 ケンカが始まってディレクターや制作の人が割って入って「まぁまぁ」みたいな」と撮影時の秘話を明かした。 また、当時飲みに行くと役柄もありすぐに絡まれたりして大変だったと話し「僕に勝ったら日本一だと思っているバカがいて、日本全国津々浦々、どこへ行ってもケンカ売られてましたね。 あまりにもケンカを売られるので、付き人(ボディガード)は10人ついてました」と当時を振り返った。 現在は昨年5月に更年期障害を発症してつらい日々を送っているという。 「普通に座っててもバターンといきなり倒れたり…手と足がブルブル震えちゃって」と明かし、仕事のないときや暇な時は朝からお酒を飲み続けているそう。 「山あり谷ありですからね」とお酒を飲みつつ意味深に語った。

次の

清水宏次朗の2020年現在は子供(息子)がいる?逮捕されて失踪って本当?!

清水 宏次朗

清水宏次朗「直撃!シンソウ坂上」に出演! 7ヶ月にわたり密着? 2020年2月20日放送「直撃!シンソウ坂上」に清水宏次朗さんが出演されます。 1980年代に大ヒットしたヤンキー映画 「 ビー・バップ・ハイスクール」で仲村トオルさんとW主演。 その後も俳優として活動していたのですが、2010年以降は事実上引退の状態でした。 番組では「今はもう体が動かないから」と語る 清水宏次朗さんの闘病生活に、7ヶ月にわたり密着し、病の真相に迫っていきます。 わずかな段差でもつまずいてしまうという清水さんの歩行姿は背筋が曲がり足元も弱々しく、日によっては奥様の手を借りなければひとりで歩けない時もあるといいます。 以前は起床後にパッと動けたということですが、今は起床してから体が動くまで1時間もかかることがあるそうです。 番組では、受診後、治療を継続しているという清水の現在の生活ぶりにも密着します。 治療の前後で、目に見えて変化した清水さんの現在の様子とは? ここでは、「直撃!シンソウ坂上」 に出演される 清水宏次朗さんの経歴や現在の活動、そして病気の状態についてまとまました。 清水宏次朗さんが「直撃!シンソウ坂上」に出演! プロフィールは? 清水宏次朗(旧芸名:竹宏治 たけこうじ) 生年月日: 1964年11月10日生まれ(2020年2月現在55歳) 出身地: 東京都出身 身長; 176㎝ 血液型: B型 趣味は、バイク・マリンスポーツ・アウトドア 1981年から活動しており、現在は神戸市長田区に在住。 1981年、竹宏治として歌手デビュー後改名しました。 仲村トオルさんとのコンビで 『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで一世を風靡します。 不良高校生からVシネマ時代のヤクザ役へ移行するというアウトロー俳優です。 清水宏次朗さんが「直撃!シンソウ坂上」に出演! 経歴は? 高校在学中に 竹の子族の1人として原宿で踊っていた清水さん。 ちなみに竹の子族というのは 「竹の子」という原宿のアパレル店の服を着ている若者のことです。 原宿の歩行者天国で爆音を流し踊っていた人たちの存在は、社会現象になりました。 そこでスカウトされ芸能界入りしました。 1981年に 竹宏治(たけこうじ)の名前でアイドル歌手としてデビュー。 第13回東京音楽祭国内新人大会でグランプリを受賞しました。 1985年には映画「 ビー・バップ・ハイスクール」で仲村トオルさんとW主演。 清水宏次朗さんにとって、ビーバップでの不良少年・加藤浩志が当たり役となり、その後もシリーズに出演しました。 第5作である「高校与太郎音頭」はコンサートツアーのスケジュールと重なったため出演出来なかったのですが、最終作となった第6作「高校与太郎完結編」では復帰出演しています。 2005年からは、所属事務所を「Fillmore Far East」に移し、ライブやディナーショーを中心に活動していました。 俳優業の収入が減ってきて、六本木で サパークラブを経営したそうです。 しかし接客業のノウハウを知らず、 客足が思うように伸びず2年で閉店となりました。 清水宏次朗さんが「直撃!シンソウ坂上」に出演! 現在の状況や病気とは? 清水宏次朗さんは、2014年から 更年期障害に悩まされていると公表しました。 清水宏次朗さんが、更年期障害を発症したのは、2014年5月です。 清水宏次朗さんが、50歳のときです。 男性の更年期障害の発症時期が一番多いのは、50代~60代で、男性ホルモンであるテストステロンの低下から引き起こされます。 清水さんが体の異変に気付いたのは、あまり汗をかかない体質だったにもかかわらず、寝ている間に、髪がびしょびしょになるほど発汗し、枕がびっしょりになるほどだったことでした。 さらには、昔は外出が好きだったのに、何事にも無気力で外出を避けるようになり、仕事でどうしても外出しなければならない時には、突然、手が震え冷や汗が止まらなくなったと明かします。 そこから体の自由がきかなくなってなってきたそうです。 薬を飲みながらの闘病中の日々は、突然倒れたり、手足の震えが止まらない状態になることがあるそうです。 番組では、清水宏次朗さんの今に密着しています。 清水さんは、今、奥様と一緒にスナックを経営しています。 仕事に出かける前、昼寝をするのが日課ですが、昼寝から起きた後も、以前は起きてすぐ動けたのに、今は、すぐに動くことは出来ず、日によっては1時間くらいぼーっとして動けないこともあるそうです。 また、清水宏次朗さんは、そんな不安を紛らわせるために酒を飲み、仕事がない日は朝から酒浸りの日々を送っていたとありました。 今も、スナックに出勤する前に、ほぼ毎日居酒屋で夕食を取りながら、止められているお酒を止められない様子でした。 今回、番組の密着の中で、東京の病院で、今の状態についていくつかの検査を行い、診断された結果は、、 「不安障害」でした。 不安障害とは、慢性的に激しい不安感に襲われるもので、不安感を消すために、多量のアルコールを飲み、アルコール依存症に、ということでした。 今、増えているという不安障害は、SSRIという薬の投薬と医師によるカウンセリングによって治療を行うそうです。 清水さんは、番組の中で、投薬治療と、断酒で、不安障害と戦うことを決意しました。 番組の最後では、密着を開始して半年後、考え方が前向きになり、活舌もよくなり、笑顔の清水宏次朗さんが! 毎日日課のウォーキングを行い、軽いストレッチを行うなど、軽い運動も出来るまでに回復していました。 まとめ:清水宏次朗の現在・病気の状態・経歴とは?「シンソウ坂上」に出演! ここでは、「直撃!シンソウ坂上」 に出演される 清水宏次朗さんの経歴や現在の活動、そして病気の状態についてまとまました。 清水宏次朗さんの病状が更に回復され、またスクリーンでご活躍されることを心から期待します!.

次の

清水宏次朗の2020年現在は子供(息子)がいる?逮捕されて失踪って本当?!

清水 宏次朗

最近テレビで見かけませんが、どうされているのでしょうか。 清水宏次朗さんの現在を調べてみました。 清水宏次朗さんが芸能界へ入るきっかけは、高校在学中に竹の子族として原宿で踊っていた時にスカウトされた事からです。 1981年にアイドルとしてデビュー(当時は「竹 宏治」名義)しますが、その後活動を休業します。 1984年、芸名を本名「清水宏次朗」に改名し、シングル曲「ビリー・ジョエルは似合わない」で第13回東京音楽祭国内新人大会のグランプリを受賞されます。 1985年、映画「ビー・バップ・ハイスクール」に仲村トオルさんとコンビで主演されます。 清水さんは当時の所属事務所を通じて、本作のオーディションの話が持ちかけられましたが、当本人は(漫画を読んでいない事もあり)、作品自体を知りませんでした。 プロデューサーの方に原作漫画の表紙の「ヒロシ」を指されて、ようやく理解したとの事です。 それでも、清水さんが演じられた「ヒロシ」は当たり役となり、数作品にわたりシリーズ化されました(5作目のみ、自身のコンサート・ツアーと重なってしまい、出演を断念せざるを得ませんでしたが、最終作は無事に出演され、有終の美を飾られました)。 「ビー・バップ~」シリーズ終了後は、テレビドラマ「はいすくーる落書」(1989年、TBS)や2時間ドラマ等で顔を出していましたが、「ビー・バップ~」のイメージがあったのか、「極道の妻たち」(1986年)等のヤクザ映画やVシネマでの活動が増えていきます。 一方で、アニメ映画「ストリートファイターII MOVIE」(1994年)で、主人公・リュウの声を担当する等、マルチな一面を見せていました。 現在 ヤクザ映画やVシネマを中心に活動し始めると、「ビー・バップ~」の頃(当時は給料制で「年商4億ぐらい稼いでいた」(本人談)との事です)と比べ収入が下がった事もあり、その対策として六本木にサパークラブ(食事も提供する高級なナイトクラブ)を開店します。 ところが、あまり接客業に慣れていなかった事もあり、僅か2年で閉店してしまいます。 しかし、2014年頃から更年期障害を発症され、手足の震えが止まらなかったり、突然、倒れたりする事があるそうです(不安を紛らわす為、お酒の量も増えてしまったそうです)。 ここ最近、体調等の心配もされていた清水宏次朗さんですが、今年2018年7月に、牧野美千子さん(戦隊ヒーロー物「超電子バイオマン」(1984~1985)のピンクファイブ役)が、レジェンドヒーロー90s(90年代の戦隊ヒーロー物で活躍された方々)の皆さんが集まったライブのゲストとして、清水さんを招き、自身の歌も歌われた様子を牧野さんのブログで公開されていました。 また、映画やドラマ、及びライブ等で清水さんの元気な姿が観られる日を期待したいですね! 元サッカー日本代表フィリップ・トルシエ監督の通訳として、流暢な日本語と甘いマスクで話題を呼んだ、フロ 1990年代初めに大ヒットとなったテレビドラマの主題歌「ほっとけないよ」を歌っていたシンガーソングラ ムツゴロウさん。 そういえば最近見なかったですね。 漫才師である西 大ヒットドラマ「ふぞろいの林檎たち」で注目を浴び、1980~1990年代にかけて人気俳優の地位を確立.

次の