アーデン ベイル 城。 ヴァントレス城/Castle Vantress

MOチャレンジ(スタンダード):優勝はアゾリウスヨーリオン、トップ8にはジェスカイルーカやティムール再生、サイクリングなど

アーデン ベイル 城

【 中古品購入時の注意事項 】• こちらの商品は中古商品です。 高額・希少品等の一部商品につきましては個別の状態表記がある場合がございます。 のページを必ずご確認ください。 該当商品は状態表記に関してお客様がご理解の上でご注文されているものとしてご対応させていただきます。 シングルカードで特に状態表記がない場合、プレイ用としてご理解ください。 画像は見本となります。 実際の商品とは異なる場合があります。 作業上の都合により画像が表示されない場合やダミー画像となっている事もありますが、在庫数が表示されているなら、ご購入に問題はございません。 画像と商品名が全く異なる、明らかに誤りと見られるような場合、ご注文はご遠慮ください。 お手数ですが、お問い合わせいただければ幸いです。 万が一そのような商品をご注文されてしまった場合、商品名を基準として対応させていただきます。 画像はご注文情報に含まれない為です。 予めご了承ください。 弊社では中古品の返品や交換を受け付けておりませんので、コレクション目的等で状態を厳密に気にされる方はご注文をご遠慮ください。 シングルカードで、収録弾やレアリティの記載がない品に関しては、それらをお選びいただくことが出来ません。 遊戯王では通常の安価なノーマルをご注文いただいた場合に、パラレルを発送させていただく事や別弾の同カードを発送させていただくことがあります。 逆にパラレルをご注文いただいた場合には、ノーマルの発送となる事はありません。 同カードでも印刷の時期や場所などにより、色味をはじめとした見た目や質感が異なる事があるようですが、これらを理由とした返品や交換は行っておりません。 またご注文にてご指定いただくこともできません。 同カードのバリエーション(同レアリティでもイラスト違い等ある場合)も特に記載のある場合を除いて、同上の対応となります。 遊戯王につきましては、特に記載されている物を除いては通常の日本語版とアジア圏で流通する日本語表記カードとの区別を行っておらず、これを理由とした返品や交換は行っておりません。 遊戯王の9期以前の商品は、カードの古さを考慮し通常よりも状態の判定が緩くなっております。 予めご了承ください。 MTGで言語表記のないカードは日本語版です。 状態表記の無い商品に関しても初期キズをはじめとして多少のキズが有る場合がございます。 中古品につき、ご購入される方はご理解の上でお願い致します。 また個別の商品状態に関するお問い合わせには返信を致しかねます。 状態記載のないカードの状態はEX以上となります。 状態の悪い商品に関しましてはキズありや特価の表記を行っておりますが、こちらも返品や交換は受け付けておりませんのでご注意ください。 状態を考慮して特価という形で販売しておりますことをご理解ください。 在庫管理には十分留意しておりますが、在庫有りと表示されている商品でも実際の在庫数にズレが生じる場合がございます。 その際は、追加発注や実店舗からの取り寄せを行いますが、在庫がない場合などがございましたら、こちらからキャンセルをさせて頂く場合がございます。 その際はこちらからご連絡させて頂きます。

次の

【M21環境】スタンダード・メタゲームチャレンジ7

アーデン ベイル 城

年明けから調整していた青白コントロールを持ち込みました。 結果、 初日7-2、2日間で計10-5の成績を収めることができました。 入賞ラインが10-4-1だったことを考えると非常に悔しいですが、調整については一定の感触があったと思います。 今回、本戦で使用したリストと、特筆すべきカードについて書きます。 帰宅直後で若干筆が粗いかもしれませんが、お付き合いいただけますと幸いです。 本戦デッキリスト 本戦で使用したリストです。 事前の練習で苦しんだ黒単は1回、不利ではないもののマッチで非常に体力を使う5Cニヴは0回。 真実を覆すものコンボに2敗したのは事前練習不足もあり悔やまれる点です。 特筆すべきカード 《アゾリウスの魔除け》 序盤の脅威に対抗する以上に、強力な ドローロック手段として機能してくれました。 土地の止まった相手に再度クリーチャーを引かせることで、軽い土地事故を致命的な事故にすることができます。 土地5枚からキャストした《ドミナリアの英雄、テフェリー》を守ることができ、後述の通り《廃墟の地》と合わせれば実質的な除去にもなる、非常に頼もしいカードでした。 《封じ込め》 序盤のクロックに軽いアクションで対応できることで、延命と《至高の評決》の温存に繋がりました。 墓地に落ちないため《時を越えた探索》の探査コストには充てられないですが、クリーチャー主体のアグロデッキが多い中で十分な働きをしてくれました。 《アゾリウスの魔除け》と同じく、5ターン目《ドミナリアの英雄、テフェリー》でアンタップする土地2枚でアクションできる点も重要です。 《廃墟の地》 土地を26枚にすることで、3枚目の《廃墟の地》を採用しています。 追加の土地というより、 土地破壊兼ライブラリー切り直しスペルの扱いです。 《アゾリウスの魔除け》《霊気の疾風》《ドミナリアの英雄、テフェリー》でライブラリーにバウンスしたカードを再びハンドに入れないために起動することが多かったです。 一方で、やはり土地破壊としても安定的に使いたい。 そのために3枚入れていたのはうまく機能しました。 《アーデンベイル城》 中盤のチャンプブロックや終盤の詰め、特にコントロールミラーで絶大な力を発揮する、青白コントロールになくてはならない1枚になりました。 必ず1枚は引きたいため、平地カウントが足りるなら3枚目を投入したいです(というより、直前で3枚積んだリストを見て、これはやられたなと思いました)。 《太陽の勇者、エルズペス》 除去手段のない相手にキャストすると 速やかにゲームを終わらせてくれる1枚です。 ハンデスのない相手の場合、できるだけ相手のハンドが枯れるまで待ってから投入します。 除去を握っていそうな相手には先に《ドミナリアの英雄、テフェリー》を投げて除去を使ってもらいました。 奥義からトークンフルパンで勝ちが2日間で数回あり、1枚で勝てるカードとして今後も採用し続けていきます。 《夢さらい》 簡単に言うと除去耐性とドローの付いた《黎明をもたらす者ライラ》。 守るためにカウンターとマナが不要、それでいて殴るときは最低でも5点クロックに加えて1ドローと絆魂。 なにそれつよい。 6マナという重さもカウンターされる心配がなければ問題ありません。 こちらも速やかにゲームを終わらせてくれるカードです。 赤単相手に雑に投げてフルタップの隙に上から火力を食らってゲームを落としたので投げるタイミングに検討の余地はありそうです。 マナベースについて 冒頭のリストは色マナカウントが青16白16あります。 これは、3ターン目の《吸収》、4ターン目の《至高の評決》にギリギリ足りる計算です。 3ターン目に《吸収》を唱えるにはリスクのあるマナベースですが、仮に揃わなくても《ドビンの拒否権》《中略》《アゾリウスの魔除け》《封じ込め》または《廃墟の地》起動と多岐に渡るアクションがあるため、問題になるシーンはほぼなかったと記憶しています。 パイオニアの青白コントロールは土地25枚のリストが多いですが、これ以上色を削りたくないため26枚にしました。 少しマナフラ気味になることもあるので2枚目の《ヴァントレス城》の方が必要かも知れません。 マナベースについてはこちらの記事が参考になります(外部リンク)。 グランプリ名古屋2020以後の青白コントロール 対《真実を覆すもの》コンボ 何といっても《真実を覆すもの》コンボへの対策が必要です。 《真実を覆すもの》コンボにはコントロール型と信心型があります。 コントロール型にはハンデスでハンドをボロボロにされた挙句コンボを決められ負けのパターンが多いです。 対応策として《僧院の導師》で速やかにゲームを終わらせられる、ライブラリー全追放までは許可するとしてその後のエンドカードを除去する手段を搭載する等、勝ち筋を確立したいところ。 信心型は《予期の力戦》による青単フラッシュとも呼べる構成です。 カウンターも除去も少なく、メインにハンデスが入っていないので、こちらの方が相性差は少ないように思います。 ちなみに、R5のメインは、ライブラリー全追放後に《神秘を操るもの、ジェイス》を《拘留の宝球》で除去し、残りのクリーチャーを全て除去しての勝ちでした。 うまく除去を引き込めるとこのルートで勝つことができるようです。 また、特殊勝利を封じる手段として《試練に臨むギデオン》が注目されています。 色が合うので問題なく採用できますが、ハンデスを連打する相手にコンボ直前まで温存しておくのが困難なので、青白コントロールにとっては回答にならないと予想しています。 (アグロ等に採用するなら話は違います。 対戦相手のライフを削り切るまでの時間を稼いでくれます。 ) コンボデッキに弱い緑単ランプが少なくなってきたので、《即時却下》を抜いて空いた枠に《真実を覆すもの》コンボの対策を取りたいと思います。 対アグロ 一方で、《真実を覆すもの》コンボを高速で殴り切ることができるイゼットエンソウル、黒単、スピリットへの対策も必要です。 必然、メインボードは対アグロに寄せることになります。 調整後リスト Main: 60 6 Island 島 5 Plains 平地 2 Castle Ardenvale アーデンベイル城 1 Castle Vantress ヴァントレス城 3 Field of Ruin 廃墟の地 4 Glacial Fortress 氷河の城砦 4 Hallowed Fountain 神聖なる泉 1 Irrigated Farmland 灌漑農地 1 Detention Sphere 拘留の宝球 3 Seal Away 封じ込め 4 Absorb 吸収 4 Azorius Charm アゾリウスの魔除け 2 Dig Through Time 時を越えた探索 2 Dovin's Veto ドビンの拒否権 4 Opt 選択 1 Sphinx's Revelation スフィンクスの啓示 2 Syncopate 中略 1 Elspeth, Sun's Champion 太陽の勇者、エルズペス 3 Teferi, Hero of Dominaria ドミナリアの英雄、テフェリー 3 Teferi, Time Raveler 時を解す者、テフェリー 4 Supreme Verdict 至高の評決 Sideboard: 15 2 Apostle of Purifying Light 浄光の使徒 1 Dream Trawler 夢さらい 3 Monastery Mentor 僧院の導師 2 Rest in Peace 安らかなる眠り 2 Aether Gust 霊気の疾風 2 Dovin's Veto ドビンの拒否権 3 Mystical Dispute 神秘の論争 アグロに寄せたメインボードはそのままに、サイドボードを見直しました。 《真実を覆すもの》コントロール型に対しては《僧院の導師》を守ってマウントを取る、信心型に対しては大量のカウンターで盤面をきれいにし続けることで対応します。 アグロとコンボに挟まれて決して立ち位置が良いと言えませんが、今後も使い続けていきたいデッキです。 今回はここまで。 最後までお読みいただきありがとうございました。 日本語絵ナーセットのプレイマットです。 イラストアドォ! naito-horizon.

次の

アーデンベイル城|カードギャラリー|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

アーデン ベイル 城

土地 あなたが森 Forest をコントロールしていないかぎり、ギャレンブリグ城はタップ状態で戦場に出る。 T : 緑 を加える。 2 緑 緑 , T : 緑 を6点加える。 このマナは、クリーチャー呪文を唱えるためか、クリーチャーの能力を起動するためにのみ使用できる。 のの城。 これはができる。 4に加えてこれ自体をするため差し引きで1しか増えず、の中では少々地味。 マナの用途もかクリーチャーのに絞られてしまうため、1枚目のこれから生み出したマナを2枚目のに充てて連鎖的にマナを増やす、といったこともできない。 とはいえ1でも早く高マナ域に辿り着くことが重要なでは2マナ以上を生み出せるの存在は常に重要であり、や系、あるいは特定のを最速でようなデッキでは重宝される。 緑マナしか生まれない欠点もあるが、を始めとするしか要求しないカードや、を採用するなどである程度低減可能。 登場時のでは、などで採用される。 特にやとの組み合わせが強力。 またデメリットがほとんど問題にならないでは普通に4枚フル投入されている。 ではに採用される。 を絡めて素早く6マナにアクセスでき、に繋げられる点が評価されている。 ではのクリーチャーを多めに積んだ緑の濃いデッキを組むならぜひ採用したいところだが、そうでない場合はを有効活用できる場面はあまり多くない。 ランプ戦術を推奨するデッキや、のようなアーティファクト・クリーチャーを主力にしたデッキであれば活かしやすいだろう。 [] ルール• に単に「」と書かれている場合、それはであるクリーチャーを意味する()。 最後ので生み出されたで、にないクリーチャー・の能力のをことはできない。 としてられたはクリーチャー・ではない。 最後の能力で生み出されたマナで、そのを支払うことはできない。 [] 関連カード [] サイクル の城。 対応するのをしていないとになる土地。 1色のを生み出すと、をに含むを持つ。 の隆盛以前の時代に、によって築かれた。 城の主要な部分はそのもので、残りの部分は人間規模の大きさでヘンジを取り囲んでおり、巨人規模の石、人間の建造物、自然の草木が調和的に融合した風景を作り出している。 [] 参考•

次の