ニンジャ h2。 「Ninja H2」最強のバイク!都内通勤試乗インプレッション [Kawasaki(カワサキ バイク)] All About

カワサキ(KAWASAKI) ニンジャH2(カーボン)

ニンジャ h2

ホンダ 287• ヤマハ 1,545• スズキ 1,018• カワサキ 7• 国内メーカーその他 0• ハーレーダビッドソン 119• ドゥカティ 214• BMW 71• KTM 34• トライアンフ 66• SYM 0• ベスパ 0• アプリリア 10• キムコ 0• プジョー 0• PGO 0• モトグッチ 15• ビューエル 4• MV アグスタ 41• アディバ 0• ロイヤルエンフィールド 0• ハスクバーナ 0• ピアジオ 0• デイリン 0• マラグーティ 0• ジレラ 1• BRP 3• Aモーター 0• クリーブランド 0• ベータ 0• その他 1• トライク 0• 電動スクーター 0• スノーモービル 0• TGB 0• イタルジェット 0• ノートン 0• インディアン 1• デルビ 0• メガリ 0• スネークモータース 0• ザックス 0• ガスガス 0• プロッツァ 0• ハートフォード 0• ビモータ 0• トモス 0• 富士重工 0• エルエムエル 0• ヴィクトリー 0• カジバ 3• モト・モリーニ 0• ロードホッパー 0• ATV バギー 3• SWM 0• テラモーターズ 0• ラベルダ 0• ノメル 0• ヒョースン 0• アクセス 0• オーヴァークリエイティブ 0• パジャジ 0• 海外メーカーその他 0• 除雪機 0• TM 0• MZ 0• モンテッサ 0• BSA 0• ベネリ 0• ソレックス 0• フサベル 0• ランブレッタ 0• ブリヂストン 0• リエフ 0• ポケバイ 0• ロデオモーターサイクル 0• ダイハツ 0• セーガレ 0• スコルパ 0• MBK 0• モトベガン 0• VOR 0• AJP 0• ウラルモト 0• GPX 0• アタラ 0• アエルマッキ 0• デンリン 0• 東京マルイ 0• フェニックス 0• ボスホス 0• TVS 0• ベルティマーティ 0• ファンティック 0• マットモーターサイクルズ 0• ブルタコ 0• シェルコ 0• アパックスパワー 0• ヨシムラ 1• モリワキ 0• メグロ 0• CPI 0• サンモーターサイクルズ 0• マーニ 0• モンディアル 0• エフワイエム 0• ヤディア 0• シンユー 0• ジョンウェイ 0• ボスアー 0• CKファクトリー 0• ウエストコーストチョッパーズ 0• 原付スクーター 0• 原付二種スクーター 0• ビッグスクーター 0• ミニバイク 0• ストリート 0• クラシックタイプ 0• ネイキッド 0• ツアラー 0• 海外メーカー 0• ビジネスバイク 0• 4stミニ/ミニモト 0• 絶版名車 〜1979年 0• 絶版名車 1980年〜 0• ビンテージモトクロス 0• ダートトラック 0• トライアル 0• ストリートファイター 0• カフェレーサー 0• ローライダー/チョッパー 0• ニュースクール/ウォンウォン系 0• トライク/サイドカー 0• ビルド/フルカスタム 0• アドベンチャー/ビッグオフ 0• モトクロッサー 0• エンデュランサー 0• ネオクラシック 0• 3輪バイク 0• モペッド 0• 北海道 0• 北海道 0• 東北 0• 青森県 0• 岩手県 0• 宮城県 0• 秋田県 0• 山形県 0• 福島県 0• 関東 3• 茨城県 0• 栃木県 0• 群馬県 1• 邑楽郡大泉町 1• 埼玉県 1• 草加市 1• 千葉県 1• 千葉市中央区 1• 東京都 0• 神奈川県 0• 北陸・甲信越 0• 新潟県 0• 長野県 0• 山梨県 0• 富山県 0• 石川県 0• 福井県 0• 東海 3• 静岡県 1• 岐阜県 0• 愛知県 2• 名古屋市港区 1• 名古屋市守山区 1• 三重県 0• 関西 1• 大阪府 0• 京都府 0• 滋賀県 0• 兵庫県 1• 伊丹市 1• 奈良県 0• 和歌山県 0• 中国 0• 鳥取県 0• 島根県 0• 岡山県 0• 広島県 0• 山口県 0• 四国 0• 香川県 0• 高知県 0• 徳島県 0• 愛媛県 0• 九州・沖縄 0• 福岡県 0• 佐賀県 0• 長崎県 0• 大分県 0• 熊本県 0• 宮崎県 0• 鹿児島県 0• 沖縄県 0• 探す バイク選びお買い得コンテンツ• 探す 価格から探す• 探す バイクライフから探す• 通勤通学• 個性重視• アニバーサリーモデル大集合!• 個性派カラーリング!• 渋さ・味わい• 大人の味わい、カフェレーサー• こだわり• 250cc4発マルチネイキッド• 軽さ速さで選ぶ2ストローク• 通勤に最適なバイク• 初心者にも最適• 小柄な人にオススメ• 航続距離が長いバイク• お財布にやさしいバイク• 快適ロングツーリング• セカンドバイクに最適な一台• パワーウエイトレシオランキング• コンパクトランキング• コダワリの2サイクルスポーツ• 80年台、90年台レプリカスポーツ• 空冷エンジンが好き!• 探す 地域から探す• 北海道• 情報 ランキングから探す• 情報 マイページ機能• 情報 バイクサービス•

次の

「Ninja H2」最強のバイク!都内通勤試乗インプレッション [Kawasaki(カワサキ バイク)] All About

ニンジャ h2

4月4日に発売された今季最大の注目モデル、カワサキZ H2。 スーパーチャージドエンジンを搭載したH2シリーズ初のネイキッドモデルだが、ニンジャH2のカウルを取り払って「はい、出来上がり!」というお手軽(?)バイクではない。 そこで、スーパースポーツのニンジャH2、そしてスポーツツアラーのニンジャH2 SXと細部を比較してみよう。 0kgmを発揮するバランス型スーパーチャージドエンジンだ。 これは、同じ76. 4kgmよりもややおとなしく、数値上はH2 SXと同じ。 しかし、最大トルクの発生回転数はH2 SXの9500回転に対しZ H2では8500回転に落とされており、低中速域でより太いトルクを発生させるようセッティングされているのだ。 半面、最高出力はH2 SX、Z H2ともに11000回転で発生し、パワーカーブにも大きな差はない。 ちなみにニンジャH2の最大トルクは11000回転、最高出力は11500回転で発生する。 Z H2用に新設計されたトレリスフレーム 3車とも種類はトレリス(格子状)フレームだが形状は全く異なる。 ニンジャH2はシートフレームが別体で、H2 SXとZ H2はリヤフレームを持つが、そのH2 SXとZ H2の形状も下の写真のように別物。 3車それぞれの性格に合わせて専用設計されているのだ。 単にフレームデザインだけでいえば、ネイキッドのZ H2が最もシンプルな形状と言えるだろう。 Z H2は両持ち式スイングアームを採用 ニンジャH2はカワサキ初となる片持ち式スイングアームを採用し、H2 SXもそれを踏襲。 しかしZ H2ではニンジャZX-10RRの技術をフィードバックした、軽量化と高剛性化を可能とする両持ち式に変更されている。 なお、フレームの軽量化と剛性確保のため、エンジンの背面にスイングアームマウンティングプレートを締結し、そこにスイングアームピボットシャフトを貫通させた取り付け方法は3車共通となる。 6本スポークのキャストホイールはZ H2のみ ニンジャH2とH2 SXのホイールは強度解析によって最適な剛性バランスを実現した星形5本スポークだが、Z H2はオーソドックスな6本スポークとなる。 ちなみにH2とH2 SXのホイールもそれぞれ専用設計だ。 200馬力で200万円を大きく下回る Z H2のコストパフォーマンス 基本部位を比べるだけでも大きな違いがあることがわかったZ H2だが、それらの変更により189万2000円という200万円を切る価格設定が可能となった。 これはニンジャH2カーボン(363万円)の約半額で、ニンジャHS SX(244万2000円)よりも55万円も安く、スーパースポーツのニンジャZX-10Rやビッグアドベンチャーのヴェルシス1000SEよりも安価とは、もはやバーゲンプライスと言っていい。 にもかかわらず、トラコン、ABS、ローンチコントロールを統合制御するKCMF(カワサキコーナリングマネージメントファンクション)、クイックシフター、クルーズコントロールといった最新の電子制御システムもしっかりと搭載するのだから驚きだ。 リッターSS並みのパワーと1300ccクラスの大トルクを持つが気むずかしいことはなく、豊かな低中速トルクと電子制御によるアシスト、アップライトなライディングポジションによって街なかでも扱いやすく、頑張れば手が届く……それがZ H2なのだ。

次の

Ninja H2 Kawasaki カワサキ ニンジャH2 SX SE+ 販売

ニンジャ h2

スーパーチャージドエンジンの新たな可能性を追求したスポーツツアラーNinja H2 SX SE。 特有の強烈な加速力と扱いやすさを両立したこのモデルは、これまでのツーリングの概念を覆す程のパフォーマンスと魅力に溢れています。 フルカラーTFT液晶メーターパネルやLEDコーナリングライトなど充実な機能や装備を採用。 所有欲を刺激する特別な1台になっています。 また、快適性の高いシートはライダーとタンデムライダーに上質な走りを提供します。 さらに灯火類はヘッドライトからナンバー灯にいたるまですべてにLEDを採用。 フラッグシップモデルに相応しい実用的な機能を搭載し、スポーツツアラーに求められる多くの条件を満たしています。 川崎重工グループの技術力を結集しNinja H2で実現した、スーパーチャージドエンジンの強烈な加速力を、より多くのライダーに楽しんで頂く為に開発したライトウエイトスポーツツアラーNinja H2 SX。 実用的で充実したNinja H2 SX SEの装備に加え、KECSをはじめフロントブレーキにブレンボ社製の「Stylema」を装備するなど、シリーズの中でもっとも進化を遂げたモデルです。 快適性を重視したしなやかなセッティングから、スポーツライディングで求められる硬質なセッティングまで、幅広いライディング状況に対応。 タイヤの接地感を高め、コーナーリング時に優れた安定感を実現しています。 また、最新の電子制御技術KECSを搭載。 ストロークセンサーを前後サスペンションに内蔵し、ストローク量やストロークスピードを0. 001秒毎に検知。 加えて、IMUが0. 01秒毎に加減速を、FI ECUが0. 01秒毎に車速を検知します。 これらの情報を車速とサスペンションストロークスピードに合わせ、KECS専用のECU統括による電子制御により調整、制御することによって路面状況に合わせ瞬時に最適な減衰力を発揮。 ブレーキング時のピッチングを抑制します。 専用のセッティングを施し、快適性とスポーツ性能を両立しています。 リヤサスペンションは、KYB社製フルアジャスタブルリヤモノショックを採用し、良好な安定性を実現しています。 別体タンクを備えたガス封入式リヤショックは優れた減衰性能を発揮。 圧側は高速と低速それぞれ調整可能。 また、伸側とプリロードの調整も可能で、快適性とスポーツ性能を両立しています。 加えて、スポーツツアラーとして必須のリモートプリロードアジャスターを装備。 工具を使わずにプリロードのセッティングを容易に変更できます。 *フルカラーTFT液晶スクリーンを標準装備。 TFT(薄膜トランジスタ)技術を用いて優れた視認性を実現しています。 背景色の選択機能(白または黒)や画面の自動調光機能を備えている他、スクリーン表示モード選択(4種類)やスクロール可能なマルチウィンドウを搭載し、必要な情報を表示させることができます。 -ツーリングモード:読みやすくシンプルなレイアウトで、豊富な情報を表示します。 -スポーツモード:スポーツ走行に必要な情報を表示。 スロットル開度やブースト計、フロントブレーキ効力、前後への加速度(IMUフィードバック)を数値ではなく視覚的に強調して表示する。 またツーリングモードよりもカラフルな色彩となっています。 パニアケースカバー 左右セット メーカー希望小売価格 16,500円 本体価格 15,000円、消費税 1,500円 J99994-0422-45W メタリックグラファイトグレー J99994-0422-60R エメラルドブレイズドグリーン パニアケースストライプ 左右セット メーカー希望小売価格 5,280円 本体価格 4,800円、消費税 480円 J99994-0423-60R エメラルドブレイズドグリーン• ワンキーシステム メーカー希望小売価格 4,673円 本体価格 4,248円、消費税 425円 J99994-0407 バッグフィッティング メーカー希望小売価格 15,620円 本体価格 14,200円、消費税 1,420円 99994-1125 取付時間 0. 1m 2速 2. ・表記価格(リサイクル費用を含む)はメーカー希望小売価格です。 ・メーカー希望小売価格は参考価格です。 詳しくはカワサキプラザまでお問合せください。 ・表記価格には保険料、税金(消費税を除く)登録などに伴う諸費用は含まれません。 ・改良のため仕様および諸元は予告なく変更することがあります。 ・車体カラーは撮影条件などから、実際の色と多少異なる場合があります。 ・価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。 走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

次の