就活 死に たく なる。 【就活で死にたくなるのは当然?】残酷な社会の仕組み

要注意!就活で「死にたい」気持ちになる5つの原因と対策

就活 死に たく なる

自分には価値がない• 自分は必要のない人間だ• だから死ぬしかない このように悪い考えが巡って、最後には 死ぬしかないと考えてしまうのです。 僕も同じように考えたことがあるので、ちょっとわかります。 他の人が当たり前のよ うに就職してるのをみて、絶望するのです。 それでも就活失敗して死ぬのは、もったいない 就職失敗して死ぬのはもったいない、とは言うつもりはなかったですが、それでももったいないと断言します。 なぜなら未来は暗い 、と決まったわけじゃないから。 死ぬしかない、という思考は「 もう選択肢がない」と勘違いしています。 学校でいじめられて自殺してしまう人も、同じように選択肢がないと思って死ぬしかない…と考えるのです。 人間関係も最悪• 上司もだめで最悪• 残業ばかりで家に帰れない 全然よくある話です。 僕の友達でも、有名企業に入ったのに何年も派遣とおなじ仕事をさせられた人もいます。 正社員なのに、誰でもやれる仕事をさせられ、しかもずっと体を壊している。 自分が合う会社が見つからなかったと前向きに考えよう 就職活動に失敗して、ダメな企業しか内定をもらえなかった人。 また就職活動でまったく内定を貰えなかった人は、 自分に合う会社がなかったと思いましょう。 会社なんて 10万社あるので、あなたを欲しい会社は必ずどこかにあります。 よく探したら、ホワイト企業もいくらでもあります。 だからいまは就職に失敗したとは考えず、自分に合う企業がまだ見つかってない。 コロナの影響か、いろんな会社がIT化を迫られています。 プログラミングができる人は、会社でも重宝されるので、プログラミング学習をするのは有効ですよ。 プログラミングができれば、食いっぱぐれることはありません。 いまなら、 20代なら無料でプログラミングを受けられて、 しかも受講後に就職まで、斡旋してくれるところがあります。 というところでやっているので、興味があるひとは、受けてみてはいかがでしょうか。 プログラミングが向いてるか向いてないかは、やってみないとわからないですよ。 就活失敗死ぬしかない:まとめ 繰り返しにはなりますが、就活に失敗したからといって死ぬことはありません。 就活に失敗したからといって 、死ぬ選択肢しかないわけではないのです。 むしろいまから死ぬまで、いくらでも修正可能ですよ。 本日の内容をまとめると以下のようになります。

次の

就活で死にたい人は究極の最適解に辿り着いた人なのだろう

就活 死に たく なる

就活が上手くいかない、内定がもらえないと、「死にたい」という気持ちになってしまうことがありますよね。 「このままだと社会に出れないかも」と考え、どんどん不安な気持ちに陥ってしまっているかもしれません。 そこで、就活で落ち込み、「死にたい」気持ちになってしまった時に、科学的に効果のある対処法をご紹介します。 誰でも陥る可能性がある 就活がうまくいかず先が見えないとき、本気で「死にたい」と思ってしまう自分は異常なのでは?と思ってしまうかもしれません。 しかし、実際に自殺には至らずとも、就活で悩んで自殺を考えてしまう相当数の学生がいるのも事実です。 2013年NPO法人ライフリンクの実施した「就職活動に関わる意識調査」によると、21%の学生が就職活動開始時に「本気で死にたい・消えたい」と考えたことがあると答えています。 就活で悩んでいるのはあなただけではないのです。 誰にでもあることなのだ、と思えば気が楽になるでしょう。 出典:「」 自分を責めない 「自分はダメな人間なんだ」「他の人ができているのに、自分にはできない」そう思って自分を責めるのはやめましょう。 希望の企業から内定がもらえないからと言って、そこで人生が終わってしまうわけではありません。 不本意な結果しか得られず、就職がなかなか決まらないことはとても辛いことです。 しかし、それは、たまたまその企業とご縁がなかっただけで、あなたのせいではないのです。 今の時点では内定がないだけで、これから先にまだまだチャンスはあります。 自分を責めて追い詰めてしまうより、気持ちも新たに次を目指せるように、一旦立ち止まってリフレッシュする時間をとってみましょう。 原因1…マイナス思考が堂々めぐりしてしまう 就活で上手くいかないと「このままで大丈夫かな、どうしよう、どうしよう」とマイナス思考がいつも堂々めぐりして、落ち込み、死にたいという気持ちが生まれてしまうことがあります。 認知心理学では、このマイナス思考を繰り返してしまう傾向を「反芻」とよび、うつの原因の一つだとされています。 マイナス思考が頭の中をぐるぐる周るのを止めないと、頭の中が不安な気持ちで埋め尽くされてしまいます。 対策…気持ちを紙に書き出していく 頭のなかで、不安な出来事について考えようとすると、マイナス思考が堂々めぐりして、マイナス思考が止められなくなります。 なら、どうするか。 不安な気持ちは紙に書き出しましょう。 紙に書きだす過程で思考が整理され、気持ちがまとまり、嫌な気持ちが整理されていきます。 意外と自分の気持ちが整理できない 自分の気持ちは、案外自分でもわかっていなかったりするものです。 今まで自分と見つめ合ったことのなかった人は、自分という人間を知ってみる、またとないチャンスです。 つらい、不安だと思っていたのが、実は腹が立って悔しいのかもしれません。 自分の気持ちと向き合うことにより、なぜそう思ったのか?本当はどんな風にしたかったのか、気持ちを書き出すうちに少しずつ自分の気持ちが整理されていくことを感じられるでしょう。 失業した気分も紙に書き出せば、改善される 「」という論文によれば、失業した人に毎日数分間、「今、自分はどんな気持ち課」「これからどうしたいか」などの、自分の不安な感情について書き出すだけで、1ヶ月後、自尊心のスコアや、健康度まで改善していました。 その改善度合いは、心理カウンセラーに相談するよりも高かったそうです。 不安な気持ちが止まらなくなったら、その気持を紙に書き出しましょう。 36の質問に答えてパーソナリティータイプを診断しよう 自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。 今すぐできたら、その時間が省けますよね。 そこでおすすめなのが「」です。 このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。 技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。 原因2…衝動的に不安が襲ってくる 就活で志望企業に何度もお祈りされても「頑張ろう」と前向きに努力できる人がいます。 しかし、就活が長期化すると、ふと「このままで大丈夫なのか、社会に出られるのか」と、不安が襲ってきて、「死にたい」気持ちになってしまうことがあります。 これに対処するには、急に襲ってきた不安・恐れを頭の外に弾きだす必要があります。 対策…知的作業で不安な気持ちを追い出す 衝動的に生まれる不安へ対処するには、パズルゲーム・数独・クロスワード・テトリスのような知的作業をして、思考のフォーカスを不安から切り替えるのが効果的です。 頭を使う作業をすると、そちらに集中し、不安や将来の恐れに気持ちが向かなくなります。 突然の不安には、知的作業が非常に効果的 実際、麻薬中毒患者の衝動的な不安に対処するリハビリの一環として「不安になったらテトリスをやる」というのが非常に効果的だと、イギリスの論文で示されています。 就活で不安が押さえなれくなった時のために、数独・クロスワード・パズル・アプリのパズルゲームを用意しておき、不安な気持ちを追い出しましょう。 心配しても変わらないことはほどほどに 考えないようにと言われて考えることをやめられるのであれば、そんなに思い詰めることはないかもしれません。 しかし、心配していれば、果たして企業は内定をくれるでしょうか?もちろん、答えはNo! それならば、時間と労力をもっと他のことに使いましょう。 心配しても変わらないことはほどほどにして、代わりにちょっと休憩して、頭を空っぽにしてみてください。 リフレッシュして英気を養って、再スタートを切るほうが今後のためです。 まずは、思い詰めることをやめられる勇気を持てる努力をすることから始めましょう。 原因3…就活で何度も落とされて自信がなくなる 就活で何回も不合格を突きつけられると、「自分は何をやっても無駄なんじゃないか」と、自分の力に自信が持てなくなることがあります。 ショックな結果が何度も続き、自信が低下することを「自己効力感の低下」とよびます。 自己効力感が低下すると、何もする気力がなくなり、就活を続けられなくなる可能性があります。 一番やっかいな状態です。 早急に自己効力感を回復する必要があります。 自分が悪くて落ちただけではない 面接で、完全に準備不足だったり、緊張で全く答えられなかったりしたならば、自分でも不合格であったことに納得がいくかもしれません。 しかし、自分では完璧に思えた面接で落とされると、一気に自己効力感が下がってしまいます。 内定が出ないのは、あくまでもそこの企業とはご縁がなかったというだけで、決してあなたが悪いわけではないと認識して、自分を責めることはやめましょう。 人格否定されているわけではない 立て続けに不合格通知が届くと、どんどん自信がなくなっていってしまいます。 自信がない状態で面接を受けても、よいパフォーマンスができるわけはありません。 自己効力感が下がったままでいることは避けるべき状況です。 面接の不合格通知と、あなたの能力は、なんら関係ありません。 決して、不合格通知を人格否定の証と思わないでください。 企業の選考基準と合わなかった、それだけです。 タイミングとご縁 同じ企業でも、タイミングによっては欲しい人材が違うことがあります。 なぜなら、適所適材を考えるうえで、そのポストにふさわしい人材を選考することが、人事担当者の仕事だからです。 今回はたまたま、ご縁がなかったのだ、と思えば気も楽です。 別のタイミングだったら、合格することもあるのだ、と考えましょう。 対策…ジョギングをする。 散歩をする 運動をして、体を動かすと、脳が「なんだ自分の体はコントロールできるじゃないか」と感じ、自己効力感が回復することがわかっています。 デューク大学のジャームス・ブルサンメルのによれば、うつ病薬を飲んだグループと、代わりに週3日40分以上の有酸素運動をしたグループでは、同じくらいにうつから回復していました。 さらに運動をしたグループは自信=自己効力感も大きく回復していたのです。。 辛い時こそ、身体を動かそう 有酸素運動(ジョギング・ウォーキング)は、うつ病薬以上に、あなたの気持ちを改善します。 就活で何度も落とされて、「死にたい…」と自信が無くなりそうな時こそ、体を動かしましょう。 できれば、ジョギングがベストです。 物事へ立ち向かう気持ちが急に回復するのがわかるはずです。 原因4…就活が失敗したら、全部終わりだと思ってしまう 就活で「死にたい」という人の多くに「就活が終わったら、全て終わりだ」と考えている傾向があります。 これに失敗したら終わりだと思うと、一度の失敗でも非常に落ち込みやすくなってしまうでしょう。 この思考パターンは、出来るだけ早く脱しないといけません。 対策…就活が全てではないと理解する 対策としては「就活に失敗しても、なんとかなる」と考えることです。 町でお店を経営しているオジサン達は、就活で大手に内定をもらったわけではないでしょう。 でも、しっかり生きている。 社会に出ればわかりますが、「就職活動をして会社に勤める」というのは、食っていくための数万とある手段の中の、わずか一つでしかありません。 (便利ですけどね) そもそもまだ就活で内定をもらう道が途絶えたわけではないでしょうし、失敗したとしてもお金を稼いでいく方法はいくらでもあります。 「就活に失敗してもなんとかなる」と考えれば、心がふっと軽くなります。 原因5…自分を責め過ぎてしまう 何社かに落とされると、「自分はどこにいっても通用しない。 社会に求められていないダメ人間だ」と考え、落ち込み、「死にたい」気持ちになってしまうことがあります。 数回の失敗で「どこにいってもダメ」と一般化して、自分にレッテル貼りをしてしまうのです。 これを心理学では「不合理な一般化」とよび、うつの原因の一つとされています。 対策…冷静に事実を見つめる 落ち込む人の多くは、数十社に落とされただけで「自分はどこにいってもダメだ」と自分を過小評価し、マイナスのレッテルを貼っています。 冷静に事実と解釈を切り分けましょう。 事実は「数十万ある会社の中の」「ほーーんの一部の会社から」「会社にあわないと判断された」だけなのです。 「縁がなかった」と割り切ろう それを「どこにいってもダメだ。 どの会社も自分を求めていない」と考えるのは拡大解釈のしすぎなのですね。 落ちても「うん、縁がなかったんだね」と気持ちを整理し、「どこにいってもダメだ」とマイナスのレッテルを貼るのをやめましょう。 好きな人にフラれて一緒になれなかったのと同じ 自分がどんなに好きでも、好きな人と付き合えるとは限りません。 企業との関係も同じです。 自己否定されたと深刻に悩まず、「そうか、別に好きな人がいたのか」「私はタイプじゃなかったんだ」と思えば次へ行こうと思えるはずです。 設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。 これは、私がテストした時の診断結果です。 この通り、かなり詳しく教えてくれます。 偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。 OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

次の

【就活で死にたくなるのは当然?】残酷な社会の仕組み

就活 死に たく なる

落ち続けると自分を否定されている気持ちになる… 過去に就活を経験した私からしても、 就活とは二度と経験したくないことです。 私も就活が思うように進まず、挫けてばかりで死にたくなるような日々が何度もありました。 朝起きても上手くいくか不安で、未来に対して明るい気持ちを抱くことができずに毎日を過ごしていました。 特に周りが就職先を決めていく中、 自分だけ決まらないと、置いていかれているような気分にもなるかもしれません。 スムーズに内定をもらえていたら、きっと思い悩むこともないでしょう。 しかし、寝ずに考えたエントリーシートは通らず、自分を一生懸命アピールした面接でも落とされると、心がズタズタになってしまいます。 打たれ強い人なんてごくわずかです。 落ち続けていると、自分の人格や人生そのものを否定されているような気持ちになってしまうものです。 考え方一つ変えるだけ。 たったそれだけ 内定が決まらないまま不安な毎日を過ごしていると、死にたくなるような夜もあるかもしれません。 「 このまま就職できなかったら…」と、あまり前向きになれないときもあるでしょう。 私は、就活を終えて社会人になった今だからこそ思うことがあります。 それは 就活でそんなに苦しまないでほしいということ。 たった数ヶ月間で自分の人生の全てが決まるわけではないのです。 もしかしたら周りから取り残されている気持ちになり、「なんで自分は受からないんだ」と憤りを感じることもあるでしょう。 でも自分の人生です。 他人と比べたって仕方ないじゃないですか。 自分の考え方次第で明るい未来に繋げることだってできるのです。 多くの人が「内定先が決まらず、就活が終わらないからだよ!」と思うかもしれませんが、その通りです。 つらくて死にたくなるような全ての原因は就活です。 就活以外の何物でもありません。 では、その悩みのタネである就活からどうすれば脱却できるのか? 答えは二つあります。 一つ目はご察しの通り、内定先を決めて就活を終わらすこと。 二つ目は就活について何も考えないこと。 もちろん内定を獲得するのがベストな方法です。 しかし、今つらくて苦しくて死を考えるほど精神的に思い詰められているなら、 就活について考えなければいいのです。 「新卒就活を逃したら後がない」「内定を貰わなきゃ人生が終わる」という考えを一度辞めてみてください。 リラックスしたときに見直してみる 繰り返しになりますが、就活とはただ就職先を決めるだけのことです。 単純に就職さえできれば良いわけですから、思い悩む必要なんてこれっぽっちもありません。 思い悩むからこそ、上手く自分をアピールできなかったり、緊張によって表情が硬くなってしまいます。 すると面接官に好印象を与えることができず、内定をもらえないという負のスパイラルに陥ってしまいます。 真剣に思い悩むからこそ、逆効果になってしまうときがあるのです。 就職先が決まらないだけで、あなたが無能だと決まったわけではありません。 ただ、その会社に縁がなく、入社が決まらなかっただけなのです。 思い悩んでいるときではなく、 気持ちが楽なときに見直すことがポイントです。 負のスパイラルにはまっているときに見直しても、 自己否定から始まってしまうのでおすすめしません。 気分的にも明るく、就活に対して気楽に考えられるときにやってみてください。 本当の自分は何をしたいのか?何を求めているの? 中でも特に重要なのが自己分析です。 自己分析がしっかりできていないと、就職した後で「やっぱり違うな」と思って 早期退職する要因になってしまいます。 この自己分析においてのポイントは「なぜ働くのか?」「どうして仕事をするのか?」自分自身の根底をもう一度考え直すことです。 その際、答えは人それぞれ違います。 中には、就職という道が合っていない人もいるかもしれません。 将来、自分が思い描く理想像が就職につながらないのであれば、他の方法を考えてみてください。 就職することが人生の全てではないのです。 そして、就活で人生が大きく変わるわけでもありません。 ただ正社員として働くことができるだけです。 場合によっては、正社員雇用ではないかもしれません。 今までは終身雇用が前提で採用が行われていましたが、大手企業に入社したとしても、リストラが行われる場合だってあるのです。 このご時世、何があるか分からないものです。 だからこそ今一度、就活について考え直してみてください。 その方が将来的にも満足度の高い人生を歩めると思いませんか? 自分を大切にすること。 就活なんて、過ぎ去れば良い思い出 私が社会人になって数年経ちますが、いくら就活時期が後ろ倒しになろうが、状況は変わっていません。 しかし、 このままで本当にいいのでしょうか? 上手く就職することばかりを考えているせいか、 三年以内に辞める新卒者はおよそ三割にものぼります。 もちろん、きちんと自分が納得した上で就活を進めている学生もたくさんいますが、一生懸命前を向いて頑張っている就活生ほど、失敗を重ねると自分を責めてしまう傾向にあります。 純粋で正直な心を持っているために、上手く立ち回れないときがあるのかもしれません。 でも、 決して就活が上手くいかないからといって「死にたい」なんて考えないでください。 たかだか就活で命を無駄にすることだけは絶対にやめてください。 これから先、 たくさんの楽しいことや嬉しいことを経験します。 今、就活がつらくてしんどい思いをしているかもしれませんが、過ぎ去ってしまえば良い思い出として残ります。 「あんなことあったなぁ」と、思い出しながらお酒を飲めるときがくるのです。 そんな方には 無料サービス「キャリアチケット」をオススメします。 就活のプロが企業選びやES・面接対策など、 就活の一連の流れをお手伝いしてくれます。 就活のプロから的確なアドバイスを頂けるので、 就活の課題も早期にみつかるのが良いです。 すると、やるべきこともハッキリするので、 就活力が伸びやすいです。 さらに優良企業も紹介してくれるので、 内々定もゲットできるチャンスがあります。 第1希望を受ける前に滑り止めがあると、 精神的に安定して好循環にハマるので良いこと尽く目です。 無料かどうか疑うレベル…。 興味ある方は今すぐ活用してみてください。 内々定に近づく大きな一歩なるはずですよ。

次の