プチッ と 鍋。 【2020最新】鍋の素の人気おすすめランキング|冬も夏も美味しい種類とは

一人暮らしや少人数の鍋に強い味方! 【エバラ食品】の「プチッと鍋」が一人鍋にはおすすめで使い勝手抜群!

プチッ と 鍋

ストレートタイプ:既に調合済みのストレートタイプは封を開けて鍋に入れるだけなので料理が苦手な方や面倒な調合をしたくない方に最適で、火にかければすぐに調理可能と手軽。 キューブ型:キューブ型は1人用から販売しているメーカーが多いため、一人暮らしから大人数の鍋まで柔軟に対応できるのが魅力。 商品サイズもコンパクトなので省スペースで収納しておける。 希釈ペットボトル:業務用で販売されていることがあるペットボトルタイプは、水と出汁の割合を自由に調整できるため自分好みの味を作りたい方におすすめ。 鍋中に具材の水分で出汁が薄まった際も途中で足すこともできる。 最も人気が高い種類はストレートタイプです。 水と鍋の素を量る必要がなく手軽に扱えるという利点が、家事を時短させたい主婦層や料理が面倒くさいという一人暮らし中の方などに幅広く支持されています。 需要が高いことから商品バリエーションも多く、昔から愛されてきたちゃんこ鍋やキムチ鍋などのスタンダードな味の他に、豆乳鍋やカレー鍋などトレンドを意識したような商品も多く見られるため、選ぶ楽しさも味わえるのが嬉しいですね。 鍋の素の選び方2. 値段で選ぶ• ストレートタイプ:1袋3~4人前で、安いものでは100円台であるためかなりリーズナブル。 しかし、新しい味のものやメーカーによっては1袋500円前後することもあるため、商品によって価格帯が異なる。 キューブ型:1人前100円前後で、気軽に使えるが少しコスパが低めな傾向がある。 希釈ペットボトル:1L強で1,200円程度。 鍋の素:水=1:10くらいで割るため、1回の使用量が少なく長期間使えることからコスパが良いと言える。 値段だけで見れば安いのはストレートタイプ。 メーカーによっては1袋100円台で購入可能なので、気軽に鍋を楽しみたい方には最適です。 ただ、コスパの良さで考えるとペットボトルタイプも捨てがたいところ。 凝縮された出汁が入っているペットボトルタイプは、水と割って利用するため1回の使用量がかなり少ないです。 1本使い切るまでに何回も鍋を楽しめるため、使い切りのストレートタイプに比べてコスパは良いと言えます。 安さ、コスパの良さとそれぞれ観点が異なりますが、ストレートとペットボトルの2タイプが 普段使いしやすい値段の商品が多いのでおすすめですよ。 鍋の素の選び方3. 容量で選ぶ 鍋の素は基本的に大人数で美味しく食べられるよう作られていることが多く、辛いチゲ、キムチ鍋も比較的食べやすい辛さに調整されているため、辛いもの好きな方にとっては少々物足りませんよね。 しかし、こちらの商品は違います。 鍋料理で有名な赤からが販売しているこちらの商品であれば、 辛さの限界に挑戦できますよ。 赤からでは辛さレベルを〇番と番号で表現するのですが、激辛レベルと言われるのが5番です。 その5番をはるかに超えた15番を味わえるのがこの鍋の素で、数字の差からしてもかなりの辛さが楽しめることが期待できますね。 「自分がどこまで辛いものに耐えられるのだろう?」とチャレンジしたい方はぜひこちらをお試しください。 商品ステータス 家族や友達など、たくさんの人で鍋を囲うとなると、食べる人みんなが楽しめるような味の出汁を選びたいところ。 しかし、鍋の味も具材も人によって好みが様々なので、なかなか1つに絞るのが難しいですよね。 そこで活躍するのがこちらの商品。 ランキングでも度々登場しているミツカンの人気シリーズ「〆まで美味しい」鍋の素で、深いコクがしっかり味わえるとんこつしょうゆ味です。 お肉系はもちろん魚介系にも対応できる味なので、どんな具材を用意しても美味しい鍋が楽しめる汎用性が魅力。 その上とんこつラーメンほどこってり感が強くないため、 性別・年代問わず美味しく食べられますよ。 大人数で鍋を囲う場面で、誰もが笑顔で食べてくれること間違いなしの商品。 2020年の冬は鍋パーティーをしたいという方は、ぜひこちらの商品を手に取ってみてはいかがでしょうか。 商品ステータス 鍋のシメと言えばうどんや雑炊が定番。 しかし、最近は子供ウケを意識しておしゃれな洋風シメ料理が人気を集めているため、シメまで意識した鍋の素を選びたいですよね。 そこでおすすめしたいのがこちらの商品。 トマトジュースやケチャップなどで有名なメーカーであるカゴメが販売している鍋の素で、甘味が強い完熟トマトを使った人気の商品です。 トマトの味をしっかり感じられるため、シメにはオムライスやトマトパスタ、ナポリタンなど 子供が喜ぶいろんなトマト系料理が作れます。 もちろん、シメだけでなく鍋としても美味しく食べられるため、ファミリー層に人気が高くランキングは16位を獲得。 お子様がいるご家庭は、ぜひこの鍋の素で最後まで美味しい鍋を作ってあげてくださいね。 商品ステータス 買い物に行くのが面倒だから冷蔵庫内の食材で鍋を作ろうと思っても、お手持ちの鍋の素ではなんとなく食材と合わないってこともあるでしょう。 例えば、キムチ鍋の素はあるけど、キムチ鍋と言えば豚肉というイメージがあるので冷蔵庫に眠る牛肉を入れるのはなんとなく違いますよね。 そんな時に役立つのがこちらの商品。 3種類の鍋の素が入ったアソートパックなので、 冷蔵庫内の食材を見ながら適切な味の鍋料理を作れます。 時には2つのキューブをブレンドして新しい味を開発するなんてこともアリですよ。 こうした使い勝手の良さが評価され、ランキングは15位にランクイン。 Amazon's Choiceにも選ばれているためいかに人気の商品かが窺えますね。 食材や気分に合わせて鍋を作れるよう、いろんな味の鍋の素を常備しておきたい方には最適な商品です。 商品ステータス 辛いもの好きな方に人気があるチゲの鍋出汁の中には、辛さに着目するあまりいまいち旨味が感じられないという商品もあります。 しかし、今回ご紹介する有名メーカー「エバラ」の人気シリーズ「プチッと鍋」のチゲ出汁は、魚介や鶏、豚などの動物性食品のコクがしっかりと加わった旨味のある出汁となっています。 ただ辛いだけの鍋の素ではないので、あっさりとした豆腐やうどんなどに合わせても 旨味のあるチゲ鍋を堪能できますよ。 「辛いばっかりでスープが美味しくない…。 」とチゲ鍋に失敗経験を持つ方は、ぜひこちらの商品を手に取ってみてください。 いろんな旨味で構成されたこちらの商品であれば、きっと辛さと旨味ともに満足できる鍋が作れますよ。 商品ステータス 鍋の素はいろんな味があるものの、メーカー同士を比較しても味がかぶることが多いためマンネリし「鍋自体は好きだけど、飽きちゃった…。 」という方もいるでしょう。 そんな方にぜひ手に取ってもらいたいのがこちら。 一見普通の塩鍋つゆに見えますが、実は坂本龍馬が最後に食べようとしたと言われている 「軍鶏鍋」をイメージして作られているのです。 多くの方が憧れる偉人である坂本龍馬がどんな鍋を食べようとしたのか。 そんな想像ができることが付加価値となり他の鍋の素とは違う魅力を放ちます。 単純に塩鍋が好きな方だけでなく、歴史好きな方は歴史背景を感じながら食べられるので普段の鍋とは違う格別な美味しさを堪能できておすすめです。 商品ステータス さっぱりとした味わいが美味しいレモン鍋。 鍋出汁にレモンの風味を加えるために輪切りレモンを入れますが、レモンの皮には防カビ剤などの農薬がついていることが多いためしっかり洗った後とは言え料理に使うのはちょっと気が引けるという方も多いでしょう。 そんな方にはこちらの商品。 広島レモンを贅沢に使って作られた鍋の素で、一緒に入っている塩麴が旨味を引き立ててくれる絶品鍋の素です。 この鍋の素を使うだけでレモン感がしっかり味わえるので、わざわざレモンを入れなくてもさっぱりとしたレモン鍋を堪能できますよ。 「レモン鍋を作りたいけど、残留農薬が心配…。 」という方でもこれなら安心してレモン鍋に挑戦できるのでおすすめです。 商品ステータス 鍋出汁の濃さは人によって好みが様々。 鍋を最大限に楽しむためにも、自分好みのベストな濃さで出汁を用意したいですよね。 そこでおすすめしたいのがエバラの濃縮タイプの鍋の素です。 「鍋の素:水=1:2」で出汁を作るのがデフォルトですが、鍋の素を少し少なめにしてあっさりとした鍋にすることもできれば鍋の素を多めに入れてしっかりとした味付けで鍋を楽しむこともできます。 また、「豆腐と野菜ばかりのあっさりした具材ばかりだから出汁は濃いめに作ろう。 」など具材とのバランスを考えて 濃さを調整できるのもおすすめのポイントです。 既に出来上がった味のストレートタイプより、自分好み、あるいは家族の好みに合わせた鍋を作りたいと思っている方はぜひ手に取ってみてください。 商品ステータス 鍋の素があれば自宅で気軽に鍋料理を楽しめますが、お店のような美味しい鍋って作るのがなかなか難しいですよね。 しかし、こちらの商品を使えば自宅でお店の味を簡単に再現可能。 福岡を中心に店舗を展開している料亭の鍋の素で、 博多名物のもつ鍋が気軽に自宅で味わえます。 面倒な手間がないストレートタイプで、かつお節をベースににんにくが効いたスープがもつの旨味を引き立てて絶品です。 お店の料理と変わらないくらいのクオリティで鍋を作れるので、料理上手を演出できますよ。 「実家を出た息子がお正月に帰ってくるからご馳走を作ってあげたい!」など、普段よりちょっと豪華な食事を用意したい時にはぴったりですよ。 商品ステータス あっさりめな鍋の素は、つけだれとしてポン酢やごまだれなどを使用することが多いです。 ただ、つけだれは食べる人によって好みが分かれるため、いろんな種類のつけだれを買うのは面倒ですよね。 そんな面倒がないと人気なのがこちらの商品。 濃厚なかつお出汁にえびの旨味を加えた鍋の素で、この出汁だけで具材にしっかりと味がつくためわざわざつけだれを用意しなくても そのまま美味しく食べられます。 また、つけだれを使わないことで余計なカロリーも摂取しないのでカロリーを抑えたい方にも嬉しいですよね。 そうした観点から女性やお年寄りなどに厚く支持されランキングは3位となりました。 いろんなつけだれを準備するのが面倒な方は、ぜひこの商品を手に取ってみてはいかがでしょうか。 商品ステータス 鍋料理はお肉や野菜などいろんな食材をバランスよく食べられる上に、家族みんなでつついて食べられるため非常に人気が高い料理です。 特に、最近はインスタ映えを狙っておしゃれな鍋料理も登場しているので、鍋の種類もどんどん拡大。 今までにないようなおしゃれな鍋料理も見られますが、種類が増えれば増えるほどどんな鍋の素を選べば良いか分からなくなりますよね。 そんな時は、ぜひ上記で紹介したおすすめランキングを参考にしてください。 美味しく安い商品ばかりのため、きっと好みの味に出会えるはずです。 これから本格的な冬シーズン到来なので、上記のランキングを参考に美味しい鍋料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。 大切な人にシェアしよう。

次の

一人暮らしや少人数の鍋に強い味方! 【エバラ食品】の「プチッと鍋」が一人鍋にはおすすめで使い勝手抜群!

プチッ と 鍋

スーパーで見かけて「あ!これいいな!」と思わず手に取ってしまった商品。 それが エバラの「 プチッと鍋」。 一人鍋のための便利 ポーションなんですが、これ、いいですよ!! この記事では、• エバラの「プチッと鍋」の特徴とおすすめの理由• 一人鍋におススメのグッズ をご紹介します。 Sponsored Link 一人鍋のポーションの何がいいか? この記事に興味を持ってくださってる方には、本当に今更だとは思うんですが・・・。 一人分だけ!だから、使い切れる!• 調理が簡単。 一人分の野菜を切ったりするだけ• というか、むしろ残り物を使っての調理が一瞬で出来る• 味付けの必要なし というのが、一人鍋のためのポーションがいい理由。 そして、いろんなメーカーから出ていますが、個人的には エバラの「プチッと鍋」がおすすめです。 何がおすすめなのか? Sponsored Link エバラの「プチッと鍋」の特徴 まず、「プチッと鍋」の特徴は 濃縮液体タイプのスープが入っていることです。 フリーズドライや固形ではないので、溶け残りの心配はありません。 また、その 形状ですね。 引用元: これを「プチッ」と開けるだけなので、手も汚れにくいです。 好みではありますが、「プチッと鍋」は基本 しっかりした味付けがされています。 ホントに個人的な話ですが、野菜とかたくさん食べたいタイプなので、• 野菜にしっかり味がつく• 野菜から水がたくさん出ても味が薄くならない ものが好みなんですよね。 健康面ではわかりませんが、これがおすすめの理由です。 「プチッと鍋」各味のレビュー 現在、ラインナップが少々追加されていますが、以前からある味について簡単にレビューしてみます。 「プチッと鍋」の寄せ鍋味 いわるる寄せ鍋の味をアレンジしている感じです。 カツオ風味のあいだに生姜の香りがきいていて、いわゆる薄味の寄せ鍋をイメージしていると、やや面食らうかもしれません。 濃いから。 なんの具材を入れるかによっても、変わってはくると思いますけどね。 「プチッと鍋」のキムチ鍋味 個人的には これが1番おすすめです。 キムチ味と言っても、キムチ風にとどまっているスープもある中、「プチッと鍋」のキムチ鍋味は しっかりとキムチの味と香りがします。 なんというか、辛いだけじゃなくて、風味が感じられる味ですね。 魚介類系のスープとキムチが調和しているからだと思います。 このほか、「塩鍋」「とんこつしょうゆ鍋」が追加、「白湯鍋」が「鶏白湯(トリパイタン)鍋」にグレードアップしました。 「白湯鍋」味も濃い味付けだったので、おそらく全ラインナップそうなのでは?と思います。 とにかく独断ではありますが、 おすすめの理由は「味」です! 一人鍋におススメのグッズ さて、最後に一人鍋におすすめのグッズを紹介しておきましょう! ずばり、 小さい鍋です。

次の

プチッと鍋で焼うどんを作ってみた!フライパン一つで簡単料理!

プチッ と 鍋

ひとりご飯に便利な「プチッと鍋シリーズ」全9種類を食べ比べてみました 「」は、エバラ食品の鍋つゆの素です。 ポーションに一人分の鍋つゆの素が入っています。 人数が増えたら、ポーションの数を増やせばいいので、お客さんが来たときでも大丈夫。 一人暮らしだと出汁や調味料を用意しても無駄になりがちですが、これならきっちり使い切れます。 2013年頃に各メーカーから一人鍋つゆの素が多数発売され、「」としてまとめたことがあります。 当時の「プチッと鍋」シリーズは全3種類でしたが、その後リニューアルや新商品の追加がされ、現在は全9種類となりました。 それらすべてを試食、味や香りなどを食べ比べてレポートしてみました。 なお、価格はガイドが購入時のもので、店舗や時期によって異なる場合があります。 25円) まず、同じ「プチッと鍋」シリーズでも、1袋に入っているポーションの個数が6個のものと4個のものがありす。 4個しか入っていない「スンドゥブ鍋」「濃厚みそ鍋」「豆乳ごま鍋」は、1食分にすると、ほぼ70円とかなり割高感あり。 一方で、最もリーズナブルなのがキムチ鍋。 一食当たりほぼ40円とすると、キムチを一パック買っても余らせがちな一人暮らしにとっては、かなりオトク感があります。 でも、食べると、その香りとは裏腹に塩気とうまみがどーんと口に広がります。 一口目はすごくおいしいと感じますが、インスタントラーメンやレトルト食材のような味の濃さと作られたうまみで、何度も口にすると飽きてきます。 鰹の風味を口で感じるのに、香りがあまりしないのも物足りない印象。 鍋のつゆというより、ラーメンスープだったら納得感のある味でした。 とんこつ特有のくさみはそれほどありません。 味も、香り通りの味。 豚骨ラーメンが鍋のスープになったといって間違いがないと思います。 にんにくの香りも強く、食欲をそそります。 ジャンキーな味わいですが、ごくごく飲めそうなほどおいしいです。 鍋にするなら、野菜をたっぷりと入れたい印象。 濃厚な豚骨が絡まって、たくさん野菜が食べられそうです。 味わいはしょうゆよりもあっさりとしていて、とんこつの香りの中にほんのり煮干し系の香りもして食べやすい。 しょうゆは脂分が多く感じられましたが、こちらの方がサラリとしています。 ただ、食べやすいですが、「とんこつ感」はしょうゆに負けるので、ネーミングからすると、物足りない感じがあります。 チキンスープの香りがかなり強く、鶏特有の臭みも若干感じます。 具材を入れずにそのまま飲んでいることもありますが、丸くて柔らかい味わいながら、鶏特有の濃厚な香りと脂っぽさが最後にわっと広がります。 おそらく食材を入れると味が変わるタイプのスープではないかと思いますが、この香りが私は若干苦手です。 一方で、スンドゥブ鍋は寄せ豆腐(=スンドゥブ)を使い、牛肉やアサリなどとともにコチュジャンで味付けて調理された鍋のこと。 実際にキムチ鍋とスンドゥブ鍋の素の原材料を比べてみると、キムチ鍋には入っていないエビやカニ、牡蠣、ホタテなどのエキスがたくさん入っていて、魚介系が強いものとなっています。 キムチ鍋よりも濃い赤で、油が多く浮いています。 粘度がやや高く、コチュジャンのような味噌っぽい香りがあります。 味は濃厚な甘みで、魚介系のうまみがぱーっと広がります。 見た目からすると、かなり辛そうですが、むしろ辛みはキムチ鍋の方が強い。 酸味よりも甘みとうまみが強いスープです。 いろいろな味が次から次へと押し寄せる感じがして、とてもおいしい。 個人的にはキムチ鍋よりも好みです。 普通に流し込むだけでは落ちないので、ちょっと水で洗い流したくなるくらいです。 スープの見た目は、味噌の茶色に赤っぽい油が少々浮かんでいます。 味噌とともに、ごま油、にんにく、生姜、とんこつが香り、おいしい味噌ラーメンのにおいがします。 また、香りもシリーズの中では最も強く感じます。 味は、まさに味噌ラーメン。 濃厚なラーメンのスープを飲んでいるよう。 スープのみ試食しただけだと、鍋にするよりも、ラーメンにして食べたくなります。 ごまの香りが強く漂います。 口に含むと、その名の通り、ごまと豆乳をしっかり感じる、優しい味です。 他のものはレトルトならではの化学調味料感がありましたが、これはそれが薄く、自然なうまみを感じました。 洋風な味にも変えることができそうで、最もパスタに合いそうに感じます。 本格ラーメンが作れる「プチッと鍋」ランキングベスト3 「プチッと鍋」シリーズの中には、ラーメンのスープにぴったり合いそうな商品もありました。 毎度鍋にするのも飽きるもの。 ラーメンにもおすすめな商品をベスト3で選びました。 カット野菜を使うと、簡単に野菜たっぷり味噌ラーメンが完成 フライパンで豚細切れ肉、カット野菜を炒め、軽く塩こしょうをし、「濃厚みそ」と水(300ml)を加えて煮込みました。 別鍋でラーメンの麺を茹でておき、器に入れ、野菜を煮込んだスープをかけたら、できあがり。 香りの強い「濃厚みそ」は、ラーメンにしても決して負けない濃厚さ。 かなりおいしいラーメン屋さんの味です。 野菜たっぷりの味噌ラーメンにすると、栄養バランスもアップ。 カット野菜を使えば、包丁いらずで簡単です。 出汁がおいしいうどん向き「プチッと鍋」ランキングベスト3 かつおや煮干しなどの出汁のうまみが強い商品が多いのも特長。 一人暮らしでは、うどんも手軽に食べられる料理です。 うどんによく合いそうな商品をベスト3で選びました。 ダイエット中にもぴったりなヘルシー鍋が作れる 全商品を試食して「スゴイ」と思ったのは、どれも味に個性があって、それぞれに似たものがないこと。 それだけに個人的な「好き」「嫌い」は分かれることがありそうです。 最後に、あくまでガイド個人の味覚によるお気に入り「プチッと鍋」をベスト3で紹介します。 鍋に豆腐、しめじ、もやしを入れ煮込み、仕上げに卵を落としました。 食材を入れずにそのまま試食したときには味が濃いめではありましたが、卵を加えると、まろやかさでちょうどいい塩梅になります。 魚介系のうまみが強く、スープに満足感があるので、豆腐やもやし、しめじといった淡泊な食材だけでも物足りなくなりません。 ダイエット中の人にもおすすめです。 「プチッと鍋」シリーズ、上手く使うには? 好みの味を見つけて、常備しておくと便利。 鍋だけでなく、料理のバリエーションも豊富 ひと鍋で肉や魚、野菜などが食べられて、洗い物も少なくて済む鍋は、一人暮らしに嬉しい料理。 とはいえ、同じ味つけでは飽きてしまうので、「プチッと鍋」のようにバリエーションがあると、冬の間中楽しんで食べられそうです。 また、同じ鍋つゆの素でも食材を変えれば味が変わるので、さらにバリエーションは増やせます。 それでも飽きてしまうのであれば、手軽に作れてお腹も満たされるラーメンやうどんにも。 エバラ食品のサイトには、その他にも「プチッと鍋」を使った料理のレシピがたくさん掲載されています(参考:)。 ただし、お値段は割高感があるものもあるので注意。 また塩分もかなり高めなので、一人で食べるのに、1回に2ポーション使うなどの食べ過ぎには注意した方がよさそうです。 【関連記事】.

次の