特別 支給 の 老齢 厚生 年金 一括。 50代と60代なら知っておきたい「特別支給の老齢厚生年金」

65歳になったときの年金の手続きと注意事項

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 一括

昭和60年の法律改正により、厚生年金保険の支給開始年齢が60才から65才に引き上げられました。 支給開始年齢を段階的に、スムーズに引き上げるために設けられたのが「特別支給の老齢厚生年金」の制度です。 「特別支給の老齢厚生年金」を受け取るためには以下の要件を満たしている必要があります。 男性の場合、昭和36年4月1日以前に生まれたこと。 女性の場合、昭和41年4月1日以前に生まれたこと。 老齢基礎年金の受給資格期間(10年)があること。 厚生年金保険等に1年以上加入していたこと。 60歳以上であること。 なお、在職中の方は報酬によって年金額が支給停止となる場合があります。 詳しくは「」をご覧ください。 また、「特別支給の老齢厚生年金」には、「報酬比例部分」と「定額部分」の2つがあり、生年月日と性別により、支給開始年齢が変わります。 (支給のパターンについては、以下を参照願います).

次の

特別支給の老齢厚生年金の支給日は何時?

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 一括

特別支給の老齢厚生年金を65歳未満まで貰っていました。 この時は給与収入と合わせて確定申告をしても住民税は給与所得分だけでした。 65歳になったら6月に県民税・住民税決定通知書が来て 給与所得分(昨年まではこの分しか住民税を払っていません)・公的年金特別徴収分(10月以降) そして公的年金普通徴収分(6月・8月) とありました。 特別徴収1年目の前期は普通徴収だと分かりました。 そこで疑問があります。 65歳未満の時の特別支給の老齢厚生年金の収入分には住民税は掛かっていなかったのでしょうか? 教えてください。 補足昨年の給与からの住民税控除額は20万でした。 今年も会社に届いた住民税控除額は20万でしたが、それとは別に6月に10万円の納付通知書が自宅に来ました。 一昨年と昨年の給与所得と年金所得は全く同じなのに、 住民税が1. 5倍になる理由が分かりません。 住民税は給与所得と年金所得の合算で徴収されるものではありません。 給与所得にかかる住民税、年金所得にかかる住民税と分けて徴収されます。 65歳前の住民税徴収は、過去においては、給与にかかる住民税は給与からの特別控除。 年金所得にかかる住民税は普通徴収でしたが、現在においては、年金にかかる住民税も給与所得からの特別控除になりました。 よって年金所得により住民税が発生したときは、給与から特別控除されているはずです。 65歳前に給与から年金にかかる住民税が徴収されていないということは年金額が住民税発生以内だったということになります。 65歳になると年金所得にかかる住民税のみが年金からの特別控除になります。 ただし、10月に特別控除が整うまでは普通徴収になります。 介護保険も同様です。 給与所得がある場合は、給与からの住民税特別控除もあります。

次の

特別支給の老齢厚生年金は申請し忘れた場合は遡って請求することはできません

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 一括

2019年3月24日 13:00 年金の受給開始年齢は原則65才だが、実は一部の世代にだけは、「60~65才」の間に受け取れる「特別支給の老齢厚生年金」という制度がある。 1994年に、年金の受給開始年齢が60才から65才に引き上げられた際、それまで「60才から年金をもらえる」と思って老後の将来設計をしていた人は急には対応できないため、影響を小さくするために設けられた特別な制度だ。 都内の金融機関に勤める鈴木さん(59才)が話す。 「夫が65才になったので、年金の受給手続きのために年金事務所に行きました。 手続きしていると、窓口の人が『61才から受け取れる特別支給を受け取っていませんよ』と教えてくれました。 その金額を見てびっくり。 480万円も一括で受け取れると言うのです。 家に帰り、今度は私の『ねんきん定期便』もよくよく見返したら、『特別支給の厚生老齢年金』の欄に480万円近い金額が書いてあり、61才から受け取れることがわかりました。 年金は65才から受け取るものと思い込んでいたので、このまま知らずに受け取っていなかったらと思うと、考えただけでゾッとします」 鈴木さんのような勘違いをしている人は多い。 ブレインコンサルティングオフィスの北村庄吾さんが話す。 「特別支給と65才から受け取る年金は全くの別物です。 また、特別支給を受け取ると、『繰り上げ受給』(年金を早く受け取る代わりに年金が減額される制度)と勘違いして、あえて申請しない人もいますが、大きな間違いです。 特別支給を受け取っても、65才からの年金額は減りません。 特別支給は、通常の年金とは切り離して考えるため、該当する年にもらわないと損です。 特別支給の受給開始年齢の3か月前に年金請求書が届くので、必ず返送しましょう」.

次の