アルバトリオン 対策 装備。 【アイスボーン】アルバトリオンの攻略と対策やスキル情報

【MHWIB】対アルバトリオン用ランス装備@属性やられ無効

アルバトリオン 対策 装備

任務クエスト:宵闇の煌黒星 フィールド:幽境の谷 受注・参加条件:マスターランク24以上 クリア条件:アルバトリオンの討伐 配信前までは「マルチプレイ推奨のモンスターか?」「ムフェトの様に複数PTで挑戦するのか?」といった予想がされていましたが、結局はソロでもクリアできるモンスターでした。 ただし難易度が非常に高いので、装備をしっかりと整えてから挑戦することをおすすめします。 任務クエストは「宵闇の煌黒星」で、クリア後はイベントクエストで再度アルバトリオンと戦うことが可能になります 攻略に使用した装備 ムフェトジーヴァの武器である、「 赤龍ノ狙ウ弩・水」を使用しました。 防具はEX龍紋一式で、覚醒水ライトボウガンの定番構成です。 発動スキルは、水属性攻撃強化6・装填拡張3といった必須スキルに加え、整備3を発動することで不動と転身の装衣を着まわせるようにしました。 また水冷弾の調合分が不足した場合、わざとキャンプ送りにされて補充しないといけないので、不屈も発動させています。 カスタム強化が無いとかなり厳しいので、ソロで挑戦するならカスタム強化をしておきましょう。 クエスト攻略のコツ 装備や攻略の流れを動画にしているので、こちらも参考にしてみてください。 オトモを囮にして水冷弾を撃ちまくろう オトモの装備は まもりの大盾がおすすめです。 カカシなどでアルバトリオンの攻撃を引き付けてくれるので、かなり戦いやすくなります。 武器は麻痺属性のものにしておけば、1回麻痺を取ってくれることがあります。 アルバトリオンの真正面はかなり攻撃が激しいので、オトモに注意を引き付けて貰ってから水冷弾でダメージを稼ぐ戦法がおすすめです。 モドリ玉は使用不可!わざとキャンプ送りにされて補充が必要 予想通りと言いますか、やはり モドリ玉は使用不可能でした。 てっきりエスカトンジャッジメントの時だけモドリ玉が使用不可だと思っていましたが、なんとフィールド全体でモドリ玉が使えませんでした。 一応キャンプ送りになれば補充は可能なので、ボウガンの弾や回復アイテムの補充はダウンしないとできない仕様です。 水ライトの場合、2回キャンプで補充すれば倒し切れる体力なので、わざと2回キャンプ送りにされる必要があります。 食事スキルの「 ネコの生命保険」を発動させておけば、1回余分にダウンすることが可能なので、是非使っておきましょう。 属性ダメージで特殊ダウンを取ろう エスカトンジャッジメントの弱体化に必要だとされている属性のダメージですが、弱点属性でなく、常に水冷弾を撃っていても弱体化できました。 なので有効な属性ダメージでなくても、一定の属性ダメージを与えられれば、エスカトンジャッジメントを弱体化させる事が可能です。 属性ダメージを与えつづけると、アルバトリオンがダウンするのと同時に、「 力の抑制が順調」のアナウンスが流れます。 この状態でエスカトンジャッジメントを弱体化させることに成功したという事です。 なお一度エスカトンジャッジメントを使えば力の抑制が解除されるので、再度特殊ダウンで弱体化が必要になります。 エスカトンジャッジメントはアステラジャーキーで回復 アルバトリオンに属性ダメージを与えて力の抑制をすれば、必殺技のエスカトンジャッジメントのダメージが減少します。 しかし弱体化しても致死的なダメージがあるので注意が必要です。 強力な攻撃のアナウンスがあれば体力を全快にしておき、アルバトリオンがジャンプしたあたりでアステラジャーキーを連打しましょう。 うまくいけば減った赤ゲージを瞬時に回復することが可能です。 攻撃の持続が長いので、アステラジャーキーは1回だけではなく2回使用することで、エスカトンジャッジメントから耐えることが可能です。 初クリアは25分かかりました。 かなり難易度が高いですが、ソロでもクリア可能なのでぜひ挑戦してみてください。

次の

【アイスボーン】アルバトリオンの対策装備とスキル【モンハンワールド(MHW)】

アルバトリオン 対策 装備

任務クエスト:宵闇の煌黒星 フィールド:幽境の谷 受注・参加条件:マスターランク24以上 クリア条件:アルバトリオンの討伐 配信前までは「マルチプレイ推奨のモンスターか?」「ムフェトの様に複数PTで挑戦するのか?」といった予想がされていましたが、結局はソロでもクリアできるモンスターでした。 ただし難易度が非常に高いので、装備をしっかりと整えてから挑戦することをおすすめします。 任務クエストは「宵闇の煌黒星」で、クリア後はイベントクエストで再度アルバトリオンと戦うことが可能になります 攻略に使用した装備 ムフェトジーヴァの武器である、「 赤龍ノ狙ウ弩・水」を使用しました。 防具はEX龍紋一式で、覚醒水ライトボウガンの定番構成です。 発動スキルは、水属性攻撃強化6・装填拡張3といった必須スキルに加え、整備3を発動することで不動と転身の装衣を着まわせるようにしました。 また水冷弾の調合分が不足した場合、わざとキャンプ送りにされて補充しないといけないので、不屈も発動させています。 カスタム強化が無いとかなり厳しいので、ソロで挑戦するならカスタム強化をしておきましょう。 クエスト攻略のコツ 装備や攻略の流れを動画にしているので、こちらも参考にしてみてください。 オトモを囮にして水冷弾を撃ちまくろう オトモの装備は まもりの大盾がおすすめです。 カカシなどでアルバトリオンの攻撃を引き付けてくれるので、かなり戦いやすくなります。 武器は麻痺属性のものにしておけば、1回麻痺を取ってくれることがあります。 アルバトリオンの真正面はかなり攻撃が激しいので、オトモに注意を引き付けて貰ってから水冷弾でダメージを稼ぐ戦法がおすすめです。 モドリ玉は使用不可!わざとキャンプ送りにされて補充が必要 予想通りと言いますか、やはり モドリ玉は使用不可能でした。 てっきりエスカトンジャッジメントの時だけモドリ玉が使用不可だと思っていましたが、なんとフィールド全体でモドリ玉が使えませんでした。 一応キャンプ送りになれば補充は可能なので、ボウガンの弾や回復アイテムの補充はダウンしないとできない仕様です。 水ライトの場合、2回キャンプで補充すれば倒し切れる体力なので、わざと2回キャンプ送りにされる必要があります。 食事スキルの「 ネコの生命保険」を発動させておけば、1回余分にダウンすることが可能なので、是非使っておきましょう。 属性ダメージで特殊ダウンを取ろう エスカトンジャッジメントの弱体化に必要だとされている属性のダメージですが、弱点属性でなく、常に水冷弾を撃っていても弱体化できました。 なので有効な属性ダメージでなくても、一定の属性ダメージを与えられれば、エスカトンジャッジメントを弱体化させる事が可能です。 属性ダメージを与えつづけると、アルバトリオンがダウンするのと同時に、「 力の抑制が順調」のアナウンスが流れます。 この状態でエスカトンジャッジメントを弱体化させることに成功したという事です。 なお一度エスカトンジャッジメントを使えば力の抑制が解除されるので、再度特殊ダウンで弱体化が必要になります。 エスカトンジャッジメントはアステラジャーキーで回復 アルバトリオンに属性ダメージを与えて力の抑制をすれば、必殺技のエスカトンジャッジメントのダメージが減少します。 しかし弱体化しても致死的なダメージがあるので注意が必要です。 強力な攻撃のアナウンスがあれば体力を全快にしておき、アルバトリオンがジャンプしたあたりでアステラジャーキーを連打しましょう。 うまくいけば減った赤ゲージを瞬時に回復することが可能です。 攻撃の持続が長いので、アステラジャーキーは1回だけではなく2回使用することで、エスカトンジャッジメントから耐えることが可能です。 初クリアは25分かかりました。 かなり難易度が高いですが、ソロでもクリア可能なのでぜひ挑戦してみてください。

次の

【アイスボーン】アルバトリオンの攻略と対策やスキル情報

アルバトリオン 対策 装備

アイスボーンのアルバトリオンは、「エスカトンジャッジメント」という衝撃波を放つ。 物凄い速度でスリップダメージを受けるので、この技をいかに抑えるかが攻略のカギとなる。 属性ダメを与えると威力が弱まる エスカトンジャッジメントは、各活性状態に有効な属性ダメージが蓄積すると、アルバトリオンのダウンと共に弱体化する。 弱点属性であるほど効果的で、効き目の薄い属性ほど弱体化に苦労する。 また、属性さえ通れば狙う部位はどこでも良い。 エスカトンの度に抑制はリセット 抑制による威力減少は、エスカトンジャッジメントの度にリセットされる。 1度抑制したからといって、クエストを通して威力が下がるわけではない。 エスカトンジャッジメントは、 抑制が1回だと回復無しで耐えられない。 しかし抑制後に再度充分に属性ダメージを与えると、さらに抑制され威力がどんどん低くなっていく。 2回目以降は、体力200なら回復無しで耐えられる。 龍活性時は効き目が薄いが全属性での弱体化が有効で、 角を破壊できる唯一の状態。 大技時に活性状態が切り替わるが、角を折ると大技後に1つ前の活性状態を引き継ぐ。 つまり、 前が火活性状態だったなら大技後も火活性となる。 これを活かせば、クエストの大部分を有利な属性で戦える。 【注意】固定できるのは2回まで アルバトリオンの角は2本しかないため、活性化を固定できる回数も2回までとなる。 長期戦になると、 3回目のエスカトンジャッジメント以降は不利になるため注意。 各活性に固有の技がある 氷活性状態では氷のスリップブレスなどの氷技を使い、 炎活性状態は爆発ブレスや薙ぎ払いブレスを吐く。 そして 龍活性は大技と龍爆発に加え、各活性の攻撃を使う。 落雷は全活性共通かつ、慣れれば攻撃チャンスになる技。 対策スキルとおすすめ装衣 対策おすすめスキル アルバトリオンの角を折ると、次の活性状態をその前と同じ状態にできる。 これを活用すれば、 火か氷活性に対して有効な属性で大ダメージを与え続けられる。 角の破壊は慣れが必要だが、クリアタイムは大幅に縮まる。 角の耐久値は高くない アルバトリオンの角は耐久値が低い。 ソロなら簡単に壊せる。 壁へのぶっ飛ばしで一気に耐久値を削れるが、なかなかチャンスが無いので普通に攻撃するのがおすすめ。 慣れておらず、角の破壊が難しい場合は選択肢になる。 龍属性は実は最も通りが悪いので非推奨。 クエスト中はモドリ玉が使えない アルバトリオン戦では、クエストを通してモドリ玉が使えない。 回復アイテムなどは調合分まで最大数持ち込むこと。 ガンナーは弾補充ができないので、味方に持ち込んでもらおう。 秘薬の贅沢使いは止めよう 気軽にキャンプに行けないため、少しの回復で秘薬を使うのは止めよう。 可能な限り回復役グレートなどでしのいで、ピンチのときに使うこと。 属性やられ耐性が重要 頭 前脚 後脚 翼 尻尾 30 47 38 32 20 アルバトリオンの前脚は、属性の通りが最も良い。 大技の抑制を最優先とするなら前脚を狙おう。 しかし、 前脚を狙いすぎて手数が減っては意味がないので、チャンス時に強く意識すると良い。 空中ぶっ飛ばしで地上戦に持ち込む アルバトリオンは滞空するため、近接にとっては厄介。 怒っていない場合は、転身を着て空中ぶっ飛ばしで落とすと良い。 一度降りるとしばらく飛ばないため戦いやすくなる。 張り付き即発射でOK. アルバトリオンは、他のモンスターよりも空中ぶっ飛ばしがしやすい。 かつ頭に張り付くとすぐに転身が剥がれてしまうため、張りついたらすぐにぶっ飛ばした方が安定する。 ソロだと抑制と角破壊が楽 マルチでは抑制に必要なダメージと、角の耐久値が上がる。 その上属性の統一や角の集中攻撃もしづらい。 ソロなら属性装備であっさりと抑制と角破壊が可能なので、マルチで勝てない場合はソロで練習してみよう。 3種類の立ち回りの解説 3種類の立ち回りまとめ• 角の耐久値は低いので、慣れれば簡単に壊せる。 失敗したら装備を変えるのも手 角破壊に失敗した場合はあえて力尽きてキャンプへ行き、有効な属性装備に変える手もある。 角の耐久値は減っているはずなので、次の龍活性時に破壊を狙える。 長期戦に向かないアルバトリオンの角は2本しかないため、活性を固定できるのも2回まで。 3回目の大技以降は不利になるので注意。 とはいえ しっかり攻撃していれば、4回目の大技が来るまでに決着がつく。 龍属性は最も通りが悪いためおすすめしない。 あらかじめ角折りの練習をしておくと良い。 抑制を考えなくて良い点が大きい。 不屈を発動しよう 不屈は、力尽きると攻撃力が上がる効果。 この戦法と抜群に噛み合っているので、優先的に発動しよう。 ソロか身内マルチ以外は厳禁 この戦法は本来の仕様を無視する作戦。 打ち合わせなくマルチで使うと失敗確率が上がるだけなので、ソロか身内マルチでのみ選択肢に入れよう。 注意すべき攻撃とチャンスになる攻撃 注意すべき攻撃 龍活性状態 エスカトンジャッジメント 即死級スリップダメージ。 弱体化させずに耐えるのは非現実的なので、実戦では厳禁。 龍属性爆発 アルバトリオンを中心に龍属性が爆発し、龍活性状態へ。 龍活性の移行時は範囲が狭いが、龍活性時は範囲が大きく広がる。 空中龍属性爆発 空中でハンターを狙って急接近し、龍爆発を行う。 発生が早いが判定が短いので、慣れれば前転で回避可能。 炎活性状態 爆発ブレス 時間差で爆発するブレスを吐く。 いくつかのパターンが存在し、頻度も高い。 龍活性状態でも使ってくる。 氷活性状態 広範囲スリップブレス 前方広範囲にスリップダメージのブレスを吐く。 ガード強化でガード可能。 龍活性状態でも使ってくる。 共通 のしかかり 不動の装衣を貫くふっ飛ばし攻撃。 高確率で追撃されるため、必ず避けよう。 判定は短く、範囲も広くない。 滞空突進 急に飛び上がり、そのまま突進気味に着地する。 左右に動けば安全。 ピンポイント落雷 ハンターの場所を狙って2〜3回落雷を落とす。 落雷には種類があるが、角を振り回すとこのパターン。 エスカトンジャッジメント アイスボーンのアルバトリオンを象徴する技。 2回以上抑制した状態なら、武器を研いでバフをかけ直す余裕が生まれる。 しかし慣れるまでは油断せずに回復に集中しよう。 龍属性爆発 龍活性への移行時に使う技。 龍活性時では通常の技として使ってくるが、そのパターンは範囲が広い。 また、空中でハンターを狙って近づき発動することもある。 距離を取るのが一番だが、慣れればフレーム回避も可能。 爆発ブレス1 炎活性と龍活性で使ってくる技。 出が早い上に範囲も広く厄介。 その場で上体を持ち上げた場合は、着弾地点を中心に爆発が広がる。 回避で着弾を避け、中央の爆発を確認したら中央へ移動することで避けられる。 無難に距離を取っても良い。 爆発ブレス2 爆発ブレスのパターン2、バックジャンプをしながら撃ってくる。 口が燃えて体を引いたらこのパターン。 爆発が3方向へ同時に広がるため、左右への回避で着弾を避け、そのまま爆発の隙間にいれば回避可能。 広範囲スリップブレス 氷活性と龍活性で使う技。 範囲が広く、離れるほどに当たりやすい。 逆に近くにいれば攻撃チャンスとなる。 この攻撃を含め、 アルバトリオンのスリップブレスはガード強化でガードできる。 のしかかり 全活性状態で使う攻撃。 判定が一瞬かつ範囲が狭いので回避自体は楽だが、この技の恐ろしさは唐突さにある。 当たると不動でも吹き飛び、高確率で起き攻めにあう。 慣れるまでは常に警戒し、いつでも回避できる体勢を維持しよう。 滞空突進 滞空とほぼ同時に突進して着陸する。 出が早い上に、起き攻め気味に使われると厄介。 左右の判定が甘いため、 アルバトリオンが滞空したら左右へ回避することを意識すると良い。 ピンポイント落雷 ハンターを狙って落雷を落とす。 角を振り回す予備動作があったらこの落雷が来る。 攻撃中に使われると回避困難なので、角の振り回しを確認した時点で回避体勢を取ろう。 チャンスになる攻撃 龍活性状態 龍属性爆発 危険な攻撃だが、発動後は頭を狙うチャンス。 最小の動きで避けて角破壊を狙おう。 炎活性状態 薙ぎ払いブレス 前方を薙ぎ払うように炎を吐く。 頭の位置が下がる上に、攻撃時間も長い絶好の技。 氷活性状態 広範囲スリップブレス 距離があると危険だが、近くにいれば逆にチャンスとなる。 共通 周囲落雷 アルバトリオンの周囲に落雷が落ちる。 真下にいれば当たらないため、ダメージを稼げる。 直列落雷 直列に落雷を落とす。 発動後は威嚇するため角破壊のチャンス。 薙ぎ払いブレス 炎活性と龍活性で使う。 判定が一瞬なので回避しやすく、頭の位置が下がるため角を狙いやすい。 攻撃時間も長くスキだらけなので、必ずチャンスに変えたい。 周囲落雷 アルバトリオンの周りに電気がほとばしるとこの落雷。 真下にいれば回避しやすく、慣れれば頭も狙える。 直列落雷 回転しながら距離を取るとこの落雷が来る。 直列に落雷が落ちるだけなので、縄跳びのようにまたいで回避できる。 さらに 発動後は威嚇するため、角を狙う絶好のチャンス。 クリアすることで、 イベントクエスト「宵の恒星」と「明けの死星」に挑戦可能。 人によってイベクエが変化 「宵の恒星」と「明けの死星」は、人によってどちらが出現するかランダムの模様。 「宵の恒星」は 炎活性状態、「明けの死星」は 「氷活性状態」で開始する。 素材などに差はない。 アイスボーンのモンスター関連記事 導きの地の記事まとめ.

次の