夏のボーナス 公務員 2020。 【2020】公務員の夏と冬のボーナス支給日はいつ?元公務員が支給額予測【コロナで大幅ダウン?】|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

「公務員も下げよ!」民間の今夏のボーナス6.4%減に、ネット民が怒りの声: J

夏のボーナス 公務員 2020

2020年夏のボーナス回答・妥結状況。 全体の支給額平均は78万1287円で2019年夏比4. 69%減。 調査対象の企業は、上場企業と日本経済新聞社が選んだ有力な非上場企業で回答594社のうち集計可能な180社のみで算出。 (出典:日本経済新聞社賃金動向調査、2020年5月13日現在。 69%減でした。 マイナスは2年連続で、前年の減少(0. 69%減)より更に下げ幅は大きくなりました。 製造の落ち込み大5. 09%減 製造業が前年比5. 09%減と大きく落ち込んでいます。 米中貿易摩擦とコロナ禍で工場停止などとなった企業も多く、製造業は不振となっています。 非製造も前年比2. 37%減と落ち込みは低いものの、減少となっています 高支給業種トップ3は造船、化学、建設 2020年夏のボーナス業種別回答・妥結状況。 調査結果より筆者が支給額順にランキング (出典:日本経済新聞社ボーナス調査、2020年5月13日現在。 昨年夏は90万円超えの業種が5つもありましたが、今年はゼロに。 ただし、昨年トップで例年上位だった医薬品が、この中間集計に入っていないので、注意が必要です。 2位以下は、化学、建設、機械、精密機械、電機と続きます。 ここまでが支給額85万円以上となります。 精密機械、自動車・部品が大幅減、建設、小売が大幅増 2019年夏からの増減率をみてみると、精密機械が8. 74%減、自動車・部品が7. 68%減と大きく減らしています。 他にも、化学や機械も5%以上減らしており、製造業はかなり厳しい結果となっています。 一方、非製造の建設は6. 83%増、その他小売は13. 01%増と好調。 また、百貨店・スーパーは0. 67%減ですが、百貨店は減りながらもスーパーは増加ということです。 新型コロナウイルスでの消費傾向がここにも出ています。 会社別支給額トップはソニー、169万6700円、前年同 2020年夏のボーナス支給額ランキング(会社別)。 会社別ではソニーがボーナス支給額トップ。 (出典:日本経済新聞社ボーナス調査、2020年5月13日現在。 平均年齢は組合員平均、または従業員平均) 支給額のトップはソニーで支給額は169万6700円、前年と同じでした。 2位は中外製薬で155万4671円。 なんと、37. 38%増と大幅アップです。 業績と連動してボーナス金額が決められており、新薬売上が伸び、利益の増加がボーナスアップとなりました。 3位はトヨタ自動車で130万円、前年比8. 33%増です。 業績連動型支給は、増減が大きい 6位のスター精密は15. 08%減、18位のダイフクは12. 43%減とこの2社は大きく減らしています。 これらの会社は、ボーナスは業績連動型。 2019年は、スター精密は3位で支給額134万8059円でも前年比13. 31%減、ダイフクは8位で支給額113万円、前年比13. 56%増でした。 業績連動型は大きく金額が変化します。 米中貿易摩擦や消費税増税などで業績が良くない中でのコロナ禍で、2020年の夏ボーナスは厳しい結果となりました。 ただ、これらは大企業の結果。 中小企業となると支給されるかどうかわからないという状況もあります。 6%の会社が今回のボーナスにマイナス影響があったとのこと。 次回以降にマイナス影響がありそうなのが48. 8%と、コロナ禍の影響で2020年冬に更にボーナス減となりそうです。 ちなみに、過去最大の下落はリーマンショック後の2009年の17. 43%。 2020年冬のボーナスがこれ以上減少するのかしないのか、気になるところです。 【公務員の2020年夏のボーナスについての動画はコチラ】 【関連動画をチェック】.

次の

2020年夏の「公務員のボーナス」、平均支給額はいくら?

夏のボーナス 公務員 2020

スポンサーリンク 2020年夏のボーナスの支給日はいつ!? 2020年の夏のボーナス(夏季賞与)の支給日は・・・• 公務員…6月30日(火)!• 民間企業…6月中旬~7月上旬! です。 それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。 1.公務員の夏のボーナス支給日は… 早速ですが国家公務員の2020年の夏のボーナス支給日は 2020年6月30日(火)です! 国家公務員の夏のボーナスは「一般職の職員の給与に関する法律」という法律で定められています。 そして毎年 6月1日の基準日時点で在職している職員に対して毎年6月30日に支給されることが決められています。 ) 国家公務員の場合は毎年6月30日がボーナスの支給日と定まっているので分かりやすいというかお金の計画を立てやすいですよね。 2.民間企業の夏のボーナス支給日は… 民間企業のボーナス支給日はバラつきがあり 6月中旬~7月上旬の支給が多いです。 特に多いのは「7月上旬の金曜日」や「7月10日前後」に支給する傾向が強いです。 私が以前勤めていた会社では「7月上旬の金曜日」にボーナスが支給されていました。 日にちがはっきり決まっていなかったので、なんだかソワソワしていたのを記憶しています。 入社や転職したばかりで会社のボーナス支給日がよくわからない方は、経理担当者に聞くか総務の人に 社内規定を見せてもらうとより具体的に分かります。 大企業では社内規定に夏と冬のボーナスの支給日が明記されている会社も多いので…。 ただし、入社すぐや転職したばかりの場合は支給されても寸志だったりするので期待しない方がいいです。 次はボーナスの支給額を見ていきましょう。 スポンサーリンク 夏のボーナスの平均支給額は? 1.公務員の夏のボーナス平均支給額は… 2019年夏の国家公務員(管理職や非常勤を除く)のボーナス 平均支給額は67万9100円(平均35. 5歳)でした。 なので2020年もおおよそ67万円前後が支給されるでしょう。 国家公務員の夏のボーナスは基本給の約2. 2か月分と言うことになります。 (夏が約2. 2ヶ月分・冬が約2. 3ヶ月分…年間支給でみると約4. 5ヶ月分) 公務員のボーナスは人事院という第三者機関の勧告(人事院勧告)を受けて、民間企業のデータ(仕事の種類・仕事の階級・学歴・年齢…)に準拠した形で決定されています。 2.民間企業の夏のボーナス平均支給額は… 民間企業のボーナス支給額は本当に 企業の数だけバラつきがあります。 大企業の業績が良い所では、基本給の2. 5ヶ月分~3. 5ヶ月分もらえるところもあるようですし、逆に中小企業などで業績が思わしくない場合はボーナスが出ない、出せないところも少なくありません。 ただ… 相場としては基本給の1~2か月分と言うのが多いと思います。 1時点)でまとめた調査によると・・・2019年の 全産業の夏のボーナス平均支給額は約83万円でした。 業種別の平均支給額ベスト3は…• 1.医薬品…約113万円(平均32歳)• 2.自動車・部品関連…約94万円(平均39歳)• 3.化学関連…約94万円(平均38歳) また会社別の支給額トップ5は…• 1.ディスコ(精密加工装置製造メーカー)…約254万円(平均39歳)• 2.東京エレクトロン(電子機器専門商社)…約225万円(平均43歳)• 3.東海カーボン(カーボン材料の開発)…約181万円(平均39歳)• 4.ソニー…約169万円(年齢非公表)• 5.ジャストシステム(ソフトウェアメーカー)…約159万円(平均40歳)• 6.積水ハウス…約150万円(平均38歳) のようです。 参考URL: やはり大企業の業績の良い所では夏のボーナスだけでこのぐらいもらえるんですね。 差がスゴイですよね…。 スポンサーリンク 支給額=手取りではありません。 更に引かれます… 上記のボーナスの支給額はあくまでも 企業が個人に支給した金額になります。 ボーナスは「給与所得」という扱いになるので実際はその支給額から・・・• 厚生年金保険料• 健康保険料• 介護保険料(40歳から)• 雇用保険料• 所得税 などの社会保険料が引かれた分が口座に振り込まれる 手取りの金額になります。 昔は毎月の給与からのみ社会保険料が引かれていたんですが、2003年からは総報酬制といってボーナスが出る人と出ない人の不公平感をなくすため、年間の総報酬額で計算されるようになりボーナスからも引かれるようになりました。 支給額の例・・・ これはあくまで例えになりますが・・・人(年齢・業種・毎月の給与・賞与の額・扶養家族の有無)によって控除される社会保険料は様々なので。 1.支給額が100万円だとしても、社会保険料として20万円程度引かれ、 手取りは80万円程度• 2.支給額が50万円だとしても、社会保険料として10万円程度引かれ、 手取りは40万円程度 になったりします。 ) ボーナスの使い道は…どんな感じか調べてみた! ボーナスの使い道は各家庭で様々だと思いますがこのような使い道が多いようです。 貯金はいくらあっても困りませんよね。 家を買う場合の頭金だったり、急遽引っ越ししなければならない事態があるかもしれないし、子供の将来の学費だったり、家電が壊れた時の資金……など、いざという時に必要お金がないと困りますもんね。 2.投資する。 (株・投資信託など…) 調べるとボーナスを使って投資すると言う方も多いみたいです。 我が家は手を出せてないですが投資も勉強と考えれば使い道としては良さそうだなと思います。 増えれば嬉しいですし…増えれば…。 3.旅行・レジャーに行く。 せっかくのボーナスなので、旅行に行って気分転換をするのもいいと思います!!またホテルバイキングなどちょっと贅沢な外食をするのもよいですよね。 ボーナスで今まで欲しかった家具や家電等を買う(やっと買えるぞっ!!)っていう方も多いと思います。 5.ローン返済や保険や税金・車検費用に 車や住宅のローン返済や、年に1度の火災保険料や自動車税・固定資産税などの支払い、また2年に1回の車検費用に充てている方も多いですよね。 そして残りは今後の車検費用等、家計の必要費に充てる為にとっておくという形になっています。 今回は「2020年夏のボーナス支給日はいつ!?」について見ていきました。 公務員の支給日は6月30日(火)• 民間企業の支給日は6月中旬~7月上旬 が多いということになります。 ボーナスは年に2回頑張ってる方へのご褒美のようなもの。 私も仕事が辛くても、ボーナスがあるからなんとか次の半年間頑張ろう!!とOL時代モチベーションを保っていたように思います。

次の

公務員と一般企業のボーナス支給日はいつ|平均支給額と賞与をアップする方法【夏・冬】

夏のボーナス 公務員 2020

2020年夏の公務員のボーナス平均支給額やボーナス事情、国家公務員のボーナスの決まり方、気になる支給日についてご紹介します。 2020年夏の公務員のボーナス平均はいくら?2020年夏の公務員のボーナス平均支給額、ボーナス事情を紹介します。 国家公務員のボーナスは民間の給与事情を元に法律によって決められています。 地方公務員のボーナスも国家公務員に準じて決まっています。 それぞれのボーナスの決まり方、気になる支給日についてご紹介します。 2019年夏のボーナスは好調でしたが、2020年はどうでしょうか? 2020年夏 国家公務員68万 7600円、1. 3%増まずは国家公務員の前回(2019年冬)のボーナスからみてみましょう。 内閣人事局の発表によると、国家公務員(管理職および非常勤を除く一般行政職)の2019年冬のボーナス(令和元年12月期の期末・勤勉手当)の平均は約68万7700円。 前年同期より3. 1%減少となりました。 その主な原因は、それまでは夏よりも冬のボーナスの金額が多かったものが、夏と冬と同額になったためです。 前年と同比で支給されていても、0. 1%増。 上げ幅は小さく抑えられました。 勤勉手当は年間0. 05カ月分アップしたものの、平均年齢が下がった(35. 5歳から35. 0歳)のが減少の原因です。 1人への支給を年間でみると、微増ということになります。 2020年夏の国家公務員のボーナス(期末・勤勉手当)の平均支給額は68万7600円、 前年比1. 支給月数が昨年の2. 195カ月分から2. 245カ月分と増加するためです。 6%増では、地方公務員はどうでしょうか? 地方公務員も国家公務員の支給実態に合わせるところがほとんどです。 公務員(国+地方)の1人当たりのボーナス平均支給額は74万499円と、前年比0. 6%増。 2019年夏が4. というのも、公務員はストライキなどを実行する「争議権」が認められていません。 その代わりに公務員と民間の給与を比較し、公務員給与を民間の水準に合わせようということです。 具体的には、国家公務員の4月分の給与と、民間企業(企業規模50人以上等の条件あり)の4月分の給与と前年8月からその年7月までに支給されたボーナスを比較し、民間の基準に合わせるよう、国家公務員給与の水準を改定、俸給制度・諸手当制度の見直しを行っています。 比較対象となる給与は、同じ条件(仕事の種類、役職段階、学歴、年齢等)の給与とされています。 これらを人事院勧告とし、この結果をもとに給与法が改正されています。 このように、国家公務員の給与やボーナスが決まります。 令和元年人事院勧告でボーナス引き上げ令和元年8月に発表された、人事院勧告の内容をみておきましょう。 民間給与平均は41万1510円。 それに対して国家公務員給与は41万1123円。 その差387円をうめるために、初任給や若年層の俸給引き上げ、ボーナス引き上げ(0. 05カ月分)等改定がされています。 2020年夏 公務員のボーナス支給日は6月30日気になる、国家公務員の2020年夏ボーナス支給日ですが、これも法律で決められています。 ボーナス(期末手当、勤勉手当)の支給は、 ・基準日(夏6月1日、冬12月1日)に在職する職員に対して (基準日前1カ月以内に退職や死亡した職員にも支給される) ・支給日は、夏6月30日、冬12月10日 (支給日が土曜の場合は前日、日曜の場合は前々日の金曜) と記されています。 2020年の6月30日は火曜ですので、当日6月30日が支給日となります。 地方公務員もこの法律にもとづいて支給されています。 公務員のボーナスは、いわば民間全業種の平均給与やボーナスの鏡ともいえる存在です。 平均年齢が下がっているのにもかかわらず、今年はなんとかキープできたということでしょうか。 ただ、コロナ禍の影響で2020年からの民間のボーナスは間違いなく減少に転じるでしょう。 それらに連動して、公務員のボーナスも減少に転じると思われますが、民間の下げ幅と公務員の下げ幅がどのようになるか、注目したいところです。

次の