武田 邦彦。 武田邦彦ホンマでっか降板疑惑の真相がまさかのコレだなんて!

セブンイレブンのコンビニ弁当を絶対に食べてはいけない理由!危険すぎるコンビニ弁当の現実!武田邦彦

武田 邦彦

1943年東京都生まれ。 1966年東京大学教養学部基礎科学科卒業後、旭化成工業に入社。 同社でウラン濃縮研究を研究し、研究所所長も務める。 その功績から1990年日本原子力学会特賞を受賞し、その後原子力委員会、 原子力安全委員会の一員として原発推進に関ることに。 専門の資源材料工学以外にも、物理化学的手法を用いた原子力、材料、環境などの研究と、倫理などの研究も行っており、今までに学術論文・総説などは約800編、学術発表約1400件、特許などは約100件を超えている。 CX系「ほんまでっか!TV」(水曜日21:00~21:54放送)の出演でもお馴染みだが、3・11の震災後「福島第一原発1号機の水素爆発」について、「放射能から身を守る方法」など生活者目線の情報を発信し続けている。 中部大学教授・武田邦彦氏は、フジテレビ系『ほんまでっか!?TV』のメインコメンテーターの一人として、お茶の間に知られた顔になりました。 同番組では「環境評論家」という肩書きで出演しておりますが、専門である資源材料工学の知識と視点をベースに、地球環境問題に関する幅広い主張・提言を行ってきたことに由来します。 武田氏といえば、旭化成株式会社に技術者として勤務していた時代に、ウラン濃縮技術の研究に携わり、そのなかの化学的濃縮法では世界でもトップレベルの研究者として知られていました。 そして、1986年に同社のウラン濃縮研究所長に就任し、その後芝浦工業大学工学部教授(1993年)、名古屋大学大学院教授(2002年)、中部大学総合工学研究所教授(2007年)と、大学において研究を続け、現在に至っています。 その間、内閣府原子力委員会や内閣府原子力安全委員会、文部科学省中央教育審議会、文部科学省科学技術・学術審議会などにおいて専門委員も務めています。 そんな武田氏だからこそ、講演で扱うジャンルは幅広く、環境や放射能をはじめ、防災、危機管理、教育などに及びます。 また、トークショー形式のイベント、セミナーでの講義、フォーラムでの討論も積極的に行います。 テーマも、「地震、原発、環境について」「間違いだらけの環境問題」「偽善エネルギー」「環境問題の真実」「家庭で行う正しいエコ生活は」などで、テレビでみられる分かりやすくユーモア溢れる語り口と、独自の視点による鋭い指摘は、講演を訪れた人に、多くの感動を与えてくれます。 2011年3月11日に起こった東日本大震災で、福島第1原発事故が起きて以降毎日のようにテレビのニュースや新聞で見聞きしている「放射能」について、多くの方々が不安に感じていると思います。 講演では、今更聞けない放射能の基礎知識、原発について、 テレビや新聞をみて正確に理解するための基礎的な概念、数値をわかりやすくお伝えします。 1943年東京都生まれ。 1966年東京大学教養学部基礎科学科卒業後、旭化成工業に入社。 同社でウラン濃縮研究を研究し、研究所所長も務める。 その功績から1990年日本原子力学会特賞を受賞し、その後原子力委員会、 原子力安全委員会の一員として原発推進に関ることに。 1993年より芝浦工業大学工学部教授、2002年より名古屋大学大学院教授を務めた後、2007年より現職となる、中部大学の教授に着任。 専攻は資源材料工学で、東京大学、京都大学、東北大学、横浜国立大学、早稲田大学、立教大学、愛知大学などの非常勤講師、文部科学省中央教育審議会専門委員、工学アカデミー理事、芝浦工業大学評議員、学長事務代理、大学改革本部長代理、教務委員長、NEDO技術委員,日本工学教育協会常任理事、JABEE工学一般審査委員長、非営利法人「おもしろ科学たんけん工房」「テクノ未来塾」理事などをも経験している。 資源材料工学以外にも、物理化学的手法を用いた原子力、材料、環境などの研究と、倫理などの研究も行っており、今までに学術論文・総説などは約800編、学術発表約1400件、特許などは約100件を超えている。 CX系「ほんまでっか!TV」(水曜日21:00~21:54放送)の出演でもお馴染みだが、3・11の震災後「福島第一原発1号機の水素爆発」について、「放射能から身を守る方法」など生活者目線の情報を発信し続けている。 アクセス数は1日に50万件を超え、全国からテレビやラジオ出演、講演依頼が殺到している。 環境問題にはステークホルダーによる政治的な意思が大きく働き、事実とは違う情報が喧伝されがちであるため、真実を改めて見つめなおす気付きを与えてくれます。 地球温暖化の影響についても断片的に伝えられている情報を見直し、リサイクルが意外に資源を無駄にし費用を掛けていることなどに気付き、環境問題全般にさらなる科学的な論証を進めていくためのきっかけとなる一冊です。 『ウソだらけ間違いだらけの環境問題』 中部大学教授・武田邦彦氏が、巷で伝えられている環境問題に潜む様々なウソを指摘。 環境を語る際には、科学的なアプローチだけでなく、政治的、国際的な視点による議論が展開され、その際にかかるバイアスがいかに事実を曲げているかを示しています。 自然科学に関する専門的な解説を深く掘り下げるよりも、一般向けに分かりやすく書かれているため、環境問題が日本にとって、我々日本人にとっていかに大きな影響があるのかを知るための入門書としても有効な一冊です。 『偽善エネルギー』 環境評論家としても活躍している中部大学教授・武田邦彦氏は、ゴミの分別をはじめとする環境への取り組みなどには、意味のないもの、逆効果なものが多々あり、それにつけこんだビジネスや利権が横行していることを、本書で指摘しています。 石油の枯渇、自然エネルギーが代替エネルギーとして有効などを否定し、CO2排出量だけで環境の是非を判断してはいけないと。 そして、将来の技術の進歩が現在の問題を解決してくれるとして、科学的な思考や行動をこころがけ、税金を未来の技術開発に向けて投資すべきとしています。 『子どもを放射能汚染から守りぬく方法』 各メディアで環境問題を様々に解説している中部大学教授・武田邦彦氏が、自身のブログで発信した内容をベースに、放射能汚染がいかに子どもに影響を与えているかを解説し、親としてどうあるべきかを訴えた一冊です。 年間被爆量は20ミリシーベルト以下なら問題ないと言われる政府基準に対して、世界基準とされている1ミリシーベルト以下を基本に議論を展開。 自身の住まい環境の状況を知ることから、教育評論家・尾木直樹氏との対談を踏まえながら、除染や放射線を防ぐ日常生活の知恵や被爆量のわかる計算式を用い、子どもたちの明るい未来を築くための指針を示しています。

次の

疑似科学者列伝:武田邦彦

武田 邦彦

番組は、ヘイトなどは容認できないと謝罪したが... 発言は、2019年8月27日の放送であり、日本人女性が韓国人の男から暴行を受けた事件を受けて、「これは日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行せにゃいかんのやけどね」などと話し、直後に「物事はそうなるから、ああいう事件はダメだ」とその意図を明かしていた。 30日の放送では、武田氏の発言かどうか明言しなかったものの、MCの石井亮次アナ(CBC)が「ゴゴスマとしては、ヘイトや犯罪の助長を容認することはできません」などと謝罪する事態になっていた。 その後、CBC側は、武田氏の番組出演について、「しばらく予定はありません」とJ-CASTニュースの取材に答え、武田氏は、9月3日の放送も出演しなかった。 武田氏は31日、自らのブログに「ゴゴスマ:私の考えを述べる自由とテレビ局の責任」と題する動画を投稿し、発言の意図を改めて述べている。 そこでは、隣国は利害がぶつかるため日常的に非難することはダメだとし、「僕は日韓融和系」だと主張した。 番組での発言は、大阪に来る韓国人観光客が8割ぐらい減ったことに共感して行ったとし、「やっぱりああいう事件があると、日本人の男性もいろんな人がいるから、朝鮮から来る女性に暴行を働く人もいるということを言いました」と説明した。 そして、暴行を容認しているわけではなく、非難の応酬で感情が高まって不測の事態になるため、日韓の対立が深まらないように、政府やマスコミ、専門家らはお互い非難すべきではないとも言ったと強調した。 「自分から謝罪したり降板したりすることはない」 発言について、武田氏は、自らの考えを述べる言論の自由はあるとし、番組で謝罪したCBC側について、「いくらCBCが責任あるったって、生放送というのは止められないですよ」「発言の責任はあくまでも私ですよ」と述べた。 この騒ぎで、武田氏が番組を降板する可能性を指摘する報道なども一部で出ているが、武田氏は9月5日、J-CASTニュースの取材に次のように話した。 「今後の出演については、番組のプロデューサーから話があると聞いています。 次回の出演前に話し合うことになっていますよ」 自らの発言については、こう説明した。 「日韓の友好関係が大事なことは、番組で終始発言しています。 日本男性の暴行事件も起きてしまいかねないので、政府やマスコミ、専門家らが反感を煽るのはダメだと指摘したわけです。 自分たちの悪いところも認めて、双方が理解し合うことも必要だとも言っていたんですよ」 石井アナが番組で誰の発言とも言わずに謝罪したことについては、「私はヘイトとも犯罪助長とも違います。 どこがそうですかと、マスコミに聞きたい。 しかし、個人がどう思っているかは関係なく、CBCにも人格はあります」と答えた。 今後の出演については、こう話す。 「商業放送で事情もあるでしょうから、CBCでお決め下さいと思っています。 CBCが判断したことなら、テレビ局の裁量になりますので、仕方ないでしょう。 番組での発言を30分間聞いていて、出演した(大阪市立大学大学院教授の)朴一(パク・イル)さんとも終了後に無理やり握手しましたから、分かっているとは思っています。 発言は、言論の自由の範囲内で、問題はなかったと考えており、自分から謝罪したり降板したりすることはないですね」 武田氏降板の可能性も指摘されていることについて、CBCの総合編成部は5日、 「こちらで発表していることはありません」と取材に答えた。 武田氏がしばらく出演予定はないことに変わりなく、その理由についても特に答えていないとして、以前の取材時と状況は同じだと説明した。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

セブンイレブンのコンビニ弁当を絶対に食べてはいけない理由!危険すぎるコンビニ弁当の現実!武田邦彦

武田 邦彦

早稲田大学名誉教授でフジテレビ「ホンマでっか!?」に出演する池田清彦氏が2日に投稿したツイートで、同番組に出演する中部大学教授の武田邦彦氏に「正常な思考ができなくなったのだとおもいます」として引退を勧めた。 池田教授は「竹島、戦争して取り返せと煽っているアホがいるけど」と実名はさけたものの、NHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員がツイッターに、竹島に関して「戦争で取り返すしかないんじゃないですか」と投稿したことに触れた。 「戦争して竹島を奪回した後どうなるか、最悪のシナリオは、敵国条項をたてにとって、この際日本を潰してしまえと、中国とロシアが日本を軍事攻撃する。 この行動は国連憲章により許されているので、アメリカも合法的には止められない」と投稿した。 これにフォロワーが「ホンマでっか!? で一緒に出演している武田邦彦氏のあの発言についてはどうお考えでしょうか?」と質問。 池田教授は「残念だけれど、武田さんは正常な思考ができなくなったのだとおもいます。 晩節を汚さないためにも、引退をすすめます」と返信した。 武田教授はCBCテレビ「ゴゴスマ」で、韓国を訪れた日本人女性が暴行された事件について「日本男子も韓国女性が入って来たら暴行しないといかん」と発言した。 池田教授は敵国条項についてツイッターで、「日本人のほとんどは知らないだろうけど日本はいまだに国連憲章上旧敵国で、敵国条項の適用を受ける。 憲法を改悪して戦争を始めるそぶりをみせると、旧戦勝国は旧敵国をぼこぼこにしても構わないっていう恐ろしい条項」と解説している。

次の