三浦部長、本日付けで女性になります。 「三浦部長、本日付けで女性になります。」の再放送や見逃し配信は?ムロツヨシ主演土曜ドラマ

ドラマ「三浦部長、本日付けで女性になります」 感想

三浦部長、本日付けで女性になります

単話でレンタル• NHKまるごと見放題パック 単話でレンタル は1話のみ観ることができます。 NHKまるごと見放題パック は 過去に放送した番組が観放題です。 それぞれ972円ですので 貰える1000ポイントでどちらかをお得に選ぶことができます。 もちろん課金して2つとも選んでも大丈夫です。 継続しても毎月1200ポイント貰えるのでそれを使うことも出来ますよ。 また「 三浦部長、本日付けで女性になります。 」以外にも沢山人気ドラマを配信中です!• 今日から俺は• 3年A組• おっさんずラブシリーズ• ドクターXシリーズ• 相棒 シリーズ• 科捜研の女 season19• 孤独のグルメ• アリバイ崩し承ります などなど・・・*2020. 29時点• 三浦安雄 … ムロツヨシ 食品会社の総務部長。 三浦カオリ … 鈴木紗理奈 安雄の妻。 三浦秀太 … 大江優成 安雄の一人息子で小4。 土方はる子 … 伊藤沙莉 食品会社で働くOL。 田代一彦 … 三宅弘城 安雄の中学時代からの親友。 榊原英二郎 … 中村育二 …• つばきさん … 中村中 どんなドラマ? 食品会社の総務部長・三浦安雄は、職場の送迎会で女装姿になり、今までにない解放感を味わう。 最初はこっそり女装やメイクを試していたが、トランスジェンダーの先輩・つばきさんに「女装がしたいの? 女性として生きたいの?」と問われ、女性になりたいという気持ちが高まる。 メンタルクリニックで「性別違和」と診断された安雄は、妻のカオリに思い切って告白するが、混乱したカオリは全否定。 女装道具を捨てるよう命じられた安雄は、近所のトランクルームに運び込む。 ある日、職場での女性軽視のやり方に憤慨した安雄は、後輩のはるちゃんの反対を押し切り、「自分はトランスジェンダーである」と社内一斉メールで通知。 トランクルームで女装し、「女性として」働く生活が始まる。 だが、カオリにばれてしまい、職場でも上司の差し金で地方に転勤させられそうになる。 outjapan. htmlより引用 あらすじ その日、総務部長は社員に向けて一斉メールでカミングアウトした。 「これからは女として生きていきます」。 そして彼女が選んだ究極の二重生活とは? 自分らしく生きたい人に勇気を与える告白的ノンフィクション。 もうすぐ五十歳に手が届こうかという妻子もちのサラリーマン、会社では管理職。 男であることになんの疑問も持たずに生きてきたが、ふとしたきっかけで、女性になりたい自分に気づいた。 最初は時折、女装して楽しむだけだったが、次第に女性として生きたいという気持ちを抑えられなくなっていく。 仕事をどうするのか、家庭をどうするのか…。 微妙なバランスで家庭を壊すことなく、会社を辞めることなく、自分らしく生きる道を選ぶ。 会社での大胆なカミングアウト以降、毎日は大きく変わった。 朝、家を出るときは男装。 そのまま近所のトランクルームに入り、女性服に着替え、メイクをする。 仕事を終えると再びトランクルームに寄り、朝の服に着替えてメイクを落とし、帰宅する。 そんな二重生活を続けている。 生まれた性と異なる性で生きる決意をしたトランスジェンダーが、それまでとほとんど変わらない社会生活を送ることはなかなか難しいという。 著者は幸運でもあったが、多々困難も抱えている。 多様な性に直面する現代社会を生きる、一人のトランスジェンダーの体験記。 amazon. 」皆の評判と感想・口コミ 「三浦部長、本日付けで女性になります。 」のあらすじ 食品会社の総務部長・三浦安雄は、会社の送迎会で女装姿になり、今までにない解放感を味わう。 最初はこっそり女装やメイクを試していたが、トランスジェンダーの先輩・つばきさんに「女装がしたいの?女性として生きたいの?」と問われ、女性になりたいという気持ちが高まる。 メンタルクリニックで「性別違和」と診断された安雄は、妻のカオリに思い切って告白するが、混乱したカオリは全否定。 女装道具を捨てるよう命じられた安雄は、近所のトランクルームに運び込む。 だがカオリにばれてしまい、会社でも上司の差し金で地方転勤が持ち上がる。 nhk.

次の

「三浦部長、本日付けで女性になります」動画フル無料で視聴!ドラマ見逃し&再放送はいつ?【ムロツヨシ】

三浦部長、本日付けで女性になります

最初はこっそり女装やメイクを試していたが、の先輩・つばきさんに「女装がしたいの?女性として生きたいの?」と問われ、女性になりたいという気持ちが高まる。 で「性別違和」と診断された安雄は、妻のカオリに思い切って告白するが、混乱したカオリは全否定。 女装道具を捨てるよう命じられた安雄は、近所のトームに運び込む。 だがカオリにばれてしまい、会社でも上司の差し金で地方転勤が持ち上がる。 こういう「」などを扱ったドラマだと内容が難しかったり固くなりがちですが、今回はが主演なだけあってちゃんとコメディになっていたのが良かった! その一方できちんと「自分がである」という事実に対する戸惑いや「カミングアウトするのか」「受け入れてもらえるのか」という不安が描写されてる。 そこがシリアスになりすぎず、コメディにもなりすぎない。 そのバランスが良かったと思います。 ただ時間の都合上仕方ないとは思いますが、会社の人たちがあっさり三浦部長が女性になることをあっさり受け入れ過ぎかなあ、と。 そして最後、三浦部長をフォローするため、女性陣全員が福岡支社に転属を希望するってのも、なんかなあ・・・。 まあドラマ上のおさまりはいいんでしょうが、現実にはそんなことないと思いますよ・・・。

次の

三浦部長、本日付けで女性になります。 感想|4話の連ドラとして見たかったかも?

三浦部長、本日付けで女性になります

ムロツヨシの女装は結構見慣れているつもりだった。 滝沢秀明が主演した「真夜中のパン屋さん」(NHK・BSプレミアム)で演じたニューハーフのソフィアさんもよかったし、コント番組「LIFE!」でもたびたび女装している。 今回は、あらためてその女装姿に惚れ惚れとしてしまった。 見た目もだが、ちょっとした仕草がチャーミングで、これはハマリ役だった。 ムロ演じる食品会社の総務部長の三浦安雄(みうらやすお)は、会社の送迎会で女装し、これまで味わったことのない解放感に目覚める。 それを機に、隠れてメイクや女装を楽しんでいたが、そのうち、女性になりたいという欲求が高まる。 妻(鈴木紗理奈)に心の内を打ち明けると、当然ながら受け入れてもらえず、女装道具を捨てるように言われ、しかし捨てられずにレンタルルームに運び込むことにした。 トランスジェンダーとして生きると表明 ある日、会社で、男性上司の女性を蔑視した振る舞いに怒りを覚え、社員に向けた一斉メールで「自分はトランスジェンダーであり、明日からは女性として出勤する」と宣言してしまう。 翌日、女装して出勤し、トランスジェンダーとして生きる決意をした彼に、会社は? 部下は? 妻は? という物語だ。 部下で、そもそも安雄に女装させて目覚めさせたOLの土方はる子を伊藤沙莉が演じていて、2人の掛け合いがまた絶妙。 名コンビという感じだ。 ほかにも、認知症の母役の松金よね子が、息子の思いを知ってか知らずか、「嘘はいかんよ」と何度も言うところにじーんとする。 単発ドラマだったので、やや駆け足気味だったのはもったいない。 連ドラにして、もう少し掘り下げれば、いいドラマになったのに。 3月26日深夜に再放送あり。 (3月21日よる9時~) 大熊猫.

次の