ホトトギス 鳴かぬなら。 「鳴かないホトトギス」に鳴きかけること(塾生レポート)

明智光秀『鳴かぬなら 私が泣こう ほととぎす』

ホトトギス 鳴かぬなら

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」徳川家康 家康は柿が熟して落ちるのを待つように織田信長の同盟者として戦い、秀吉の政権に参加しその政権の筆頭大老として秀吉を支え続けました。 それはやがて自分の手に天下が掴み取れるチャンスが来ることを自然にまかせ無理をせずに待ちました。 そして秀吉の死後、そのチャンスが巡ってきて関が原の戦いに勝利し政権を手に入れました。 「泣かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」豊臣秀吉 秀吉は頭を最大の武器としていました。 織田家に仕え始めた頃に信長にとってゴミのような存在の秀吉は信長の草履を懐に入れ信長に自分の存在を認めさせたという伝説があるほど頭を使い知恵を巡らせて織田家の出世頭となりました。 本能寺の変の後、明智光秀を討ち、織田政権の存続者となるために筆頭家老の柴田勝家を追い落とし、織田家の同盟者の徳川家康を配下にする等、様々な策を用いて天下を掴み取ります。 「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」織田信長 信長は中世の因習を打破し近代を切り開いた「破壊者」「革命児」です。 徹底的に中世的な勢力を打ち壊し、自分に反抗する勢力を打破します。 叡山焼き討ちでは女子供まで皆殺しまでする程です。 3人の性格や手法をホトトギスの鳴かせ方に例えています。 こう言う例えもありますよ! 「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座りしままに 喰うは徳川」 でも、これは家康にとっては酷ですね。 (苦笑) 家康も馬上天下をとったわけですから。

次の

鳴かぬなら●●ホトトギス。仕事観 あなたなら何いれる?

ホトトギス 鳴かぬなら

実は「がまん強い努力家」だった信長 信長がまだ10代のころのこと。 ふつうよりも長い槍をつくり、新しい戦法を発明した。 これは、信長が天才だからできたのだろうといわれてきた。 しかし、実際は信長は寝る時間や食べる時間をおしんで研究し、周囲から大うつけ(ばかもの)といわれてもがまんし、この長い槍の戦法を完成させている。 信長はとてもまじめで、研究熱心だったのだ! すべて計算!? 秀吉の「人たらし」 織田家につかえ、美濃(みの・岐阜県南部)を攻略するときのこと。 秀吉は、敵の武将を味方につけることに成功した。 しかし信長は、その武将を殺してしまえと命じる。 ふつうの人間なら、武将を殺してしまうだろう。 しかし秀吉はそうはしなかった。 武将に「すぐに逃げられよ」といい、刀を捨てて、万が一の時は自分を人質(ひとじち)にするよう申し出たのだ。 これは、たんに秀吉の人の良さをしめすエピソードではない。 秀吉は「武将は感激してわしの評判を美濃で広めるだろう」と考えて、逃がしたのだ。 秀吉の人の良さは、深い「計算」にもとづいていた。 家康は「短気」だった? 家康はがまん強い性格だといわれるが、本当にそうだろうか。 家康は、じっとしているようにと言われているのにもかかわらず、ある戦いで挑発にのってしまい、大敗したことがある。 そして、家康の長男である信康も、そのはげしい性格から信長に切腹を命じられたともいわれている。 戦いぶりからも、血筋からも、実は家康は短気だったと考えられる。

次の

なぜ “ホトトギス” ? 漢字多すぎ ! 「鳴かぬなら〜ホトトギスの句」がおもしろい

ホトトギス 鳴かぬなら

ホトトギスは、万葉集や古今和歌集などの歌集に登場したりと、古くから日本では親しまれる、多くの人にとって馴染み深い鳥。 しかし ホトトギスの 鳴き声は?というと、案外知られていなかったりします。 「ホトトギスの鳴き声は?」と聞かれると、慌てて思わず 「ホーホケキョ!」と答えてしまいそうですが(苦笑)、 「ホーホケキョ」と鳴くのはホトトギスではなく、「春を告げる鳥」と呼ばれる「ウグイス」ですよね。 では、 ホトトギスの鳴き声とは、いったいどんなものなのでしょうか?。 また、「ホーホケキョ」と鳴くウグイスと、ホトトギスの違いとは?。 今回は、 ホトトギスとウグイスを比較しながら、 「ホトトギスの鳴き声」を中心に 音声を交えながら詳しくお伝え致します!。 ホトトギスとウグイスの違いとは?ホトトギスはウグイスの天敵? 「ホーホケキョ」の鳴き声は、「ホトトギスとウグイスどっちが本当なの?」なんて、何かと勘違いされてしまうホトトギスとウグイスですが、 鳴き声はもちろん、生態や特徴など全く違う鳥なのです。 しかし、似ても似つかない鳥ではあるものの、実は ホトトギスはウグイス にとって「天敵」であるという驚きの関係性が、浮かび上がってくるのです!。 ホトトギスの生態や特徴は? 「ホトトギス」はカッコウ目・カッコウ科に分類される鳥で、その姿は、カッコウに良く似ています。 大きさは、全長約28センチほどあり、体の模様は、 頭から背中は青灰色で、お腹の部分は黒色の横斑や黄色味がかったシマシマ柄が特徴的です。 また、ホトトギスは 「夏鳥」として知られており、 日本へは5月頃、夏よりも少し早めの時期に渡来してくるので、 「夏を告げる鳥」といわれ、実際ホトトギスの鳴き声を聞くようになると、「間もなく夏が来るなぁ」と感じる人もいるようですよ。 そして驚くことに、 ホトトギスは自分の産んだ卵を自分で育てません。 他の鳥に育てさせるのです!。 その他の鳥というのが、なんと「ウグイス」なのです。 ホトトギスはウグイスが産んだ卵を取り除き、 ウグイスの巣に自分の卵を産み付けて、 自身では全く世話をせず、その巣の親であるウグイスにホトトギスの卵の世話をさせます。 つまり、ウグイスがホトトギスの卵からヒナの「育ての親」ということになりますね。 このことを 「托卵(たくらん)」といい、ホトトギスは卵を産んだら、すぐに巣から飛び立ち、 「後はすべてウグイスにお任せ!」という、かなりの放任主義者なのです。 「ホーホケキョ」の鳴き声を間違えらるだけでなく、自分が産んだ卵を排除され、ホトトギスの卵の世話までさせられてしまう…。 ウグイスにとって、ホトトギスはまさに「天敵」他ならないですね。 さらに不思議なことに、ウグイスに育てられたホトトギスも、また大人になって巣立ちを迎えると、また、ウグイスなど他の鳥の巣に托卵するようになるのです。 まさに 「恩を仇で返す」というのはこのことを言うのかもしれませんが、ホトトギスの意外に知られていない、驚くべき生態であることが分かります。 ウグイスの生態や特徴は? 「ウグイス」は、 全長は約14センチほどと「スズメ」と同じくらいの大きさで、 「ホトトギス」に比べるとかなり小さく細身の鳥。 見た目も、スズメとよく似てます。 それもそのはず、 ウグイスはスズメ目に属する鳥。 頭から体は オリーブ褐色で、お腹の辺りの羽毛が白色をしているのが特徴的です。 ウグイスは別名 「春を告げる鳥」とも呼ばれていて、春先から盛夏にかけてウグイスの鳴き声を聞くことが出来ます。 このウグイスの鳴き声は、 「日本三大鳴鳥(にほんさんだいめいちょう)」の1つとされています。 とても美しい鳴き声とされている、 お馴染みの ウグイスの鳴き声 「ホーホケキョ」は、 実はオスのみの鳴き声で、ヒナ鳥のために餌を運ぶメス鳥に、オス鳥が 「縄張りに異常がない」ことを知らせるために発する鳴き声なのです。 「ホーホケキョ!」 なんと、 1日に1000回以上も鳴くこともあるそうですよ!。 ウグイスのオスは「ホーホケキョ」の鳴き声の他にも、「ピピョピョピョピョ」と鳴き声も発します。 ウグイスのメスはというと、通常「チッチチッチ」と鳴きます。 スポンサーリンク ホトトギスの鳴き声は?! 「ホーホケキョ」はウグイスの鳴き声ということは、覚えていただけたかと思います。 では、ホトトギスの鳴き声とは、いったいどんなものなのでしょう?。 実際に、ホトトギスの鳴き声を 音声で聞いてみましょう!。 いかがでしたか?。 ホトトギスの鳴き声は甲高く、ウグイスの鳴き声である 「ホーホケキョ」とは全く似ても似つかないものでしたね。 また、 ホトトギスの名前の由来は、「ホトホト」という鳴き声が聞こえたことから名付けられたという説がありますが、「ホトホト」と聞こえてきたでしょうか?。 さらにホトトギスの鳴き声は、「ホトホト」の他にも、江戸時代以降から様々な面白い表現がされてきたようです。 ホトトギスの鳴き声の表現の仕方 江戸時代以前までは、ホトトギスの鳴き声の表現は「ホトホト」のみだったのですが、江戸時代以降は色々と変化していき、色々な表現がされるようになりました。 その面白い表現というのが、 ・タケヤブヤケタ( 竹藪焼けた) ・ホンゾンカケタカ(本尊掛けたか) ・テッペンカケタカ(天辺欠けたか) ・トウキョウトッキョキョカキョク(東京特許許可局) などといったものです。 先ほど紹介したホトトギスの鳴き声、皆さんはどれに近いものが聞こえてきましたか?。 ちなみに個人的には、 「テッペンカケタカ」がホトトギスの鳴き声に近いのではないかと思いました。 「東京特許許可局」と聞こえるという意見も多いようですね。 みなさんは、いかがでしたか?。 まとめ 今回は、 ホトトギスの鳴き声は?というところから、ついつい勘違いしてしまう 「ホーホケキョ」と鳴くウグイスと、ホトトギスの生態や特徴について比較しながらお伝えしていきました。 ホトトギスとウグイスの違いは、 ・ 夏を告げる鳥 ・体長は28センチで、カッコウと似ている。 ホトトギスはカッコウ科 ・ ホトトギスの鳴き声は「ホトホト」や 「トッキョキョカキョク」、「テッペンカケタカ」などの様々なユニークな表現がされている。 ・ホトトギスは、 「托卵」という 他の巣に自分の卵を産み付けて面倒を見てもらうという行為を「ウグイス」にさせている。 ・ 春を告げる鳥 ・体長は14センチほどと、スズメくらいの大きさで、見た目もスズメと似ている。 ・ウグイスの鳴き声は、 「ホーホケキョ」でこれは、 オス鳥がメス鳥を呼ぶときの鳴き声。 「ホトトギス」と「ウグイス」は、鳴き声も生態も全く別のものでしたが、実は 「天敵」という意外な関係性で結びついているという興味深い事実が分かってきましたね!。 ホトトギスがウグイスに「托卵」をしているので、 ウグイスが生息する場所にホトトギスがいたり、ホトトギスが見られる時期が、ウグイスが見られる時期と同じになってしまったりするため、 ホトトギスとウグイスを間違えてしまい、「ホーホケキョ」の鳴き声をも勘違いしてしまうのかもしれません。 また、「ホーホケキョ」というウグイスの鳴き声はついつい、ホトトギスの鳴き声ではないの?と思ってしまうほど、耳に残る表現ですが、ホトトギスの本当の鳴き声も、1度聞けば覚えてしまうほど特徴的なものでした。 ぜひ、ホトトギスが渡来する季節になったら、耳をすませて、鳴き声を聞いてみていただけたらと思います!。

次の