海外旅行いつから。 緊急事態宣言の解除でいつから旅行できる?今後の見通しを考察します。

年内の海外旅行は厳しいでしょうか?

海外旅行いつから

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、世界中で海外旅行ができなくなっています。 日本でも緊急事態宣言が発令され、外出自粛。 死者も出ている状況なので、安全第一が続きそうです。 しかし、旅好きとしては、気になるのが…• 海外旅行はいつから行ける?• 渡航禁止令の解除予定は?• 感染リスクの心配なく海外に行ける?• コロナウイルス収束の見通しは? といったことです。 多くの海外旅行がキャンセルになり、また、海外旅行中の人は、足止めを食らっている事態にもなっています。 ハネムーンに行けない人も続出。 まだまだ予断を許さず、先行き不透明で誰にもわからない世界的パンデミックですが、今回のブログ記事で少し考えてみました。 新型コロナの影響で海外旅行に行けない 改めて言うまでもないですが、新型コロナウイルス感染症の被害拡大で、 世界的に海外旅行に行けない状況になっています。 こういう動きを 「ロックダウン(都市封鎖)」というそうです。 最初は、EU各国を中心に、一部の出入国を制限する動きが見られただけでした。 特に、中国人に対する制限が目立ちました。 しかし、死者を伴う世界的被害が明らかになるにつれて、世界的に国内外の移動を禁止するように。 今では、世界中の多くの国で緊急事態宣言のようなものが発令されていて、海外渡航は禁止になっています。 急に、海外旅行に行けない時代が到来しました。 人命第一。 感染被害拡大防止が第一です。 ハネムーンがキャンセルになった知人も気の毒でしたが、こればかりは仕方ないです。 海外旅行にはいつから行けるようになるか?安全な旅の条件は? コロナの感染被害が拡大している中、海外旅行にはいつから行けるようになるでしょうか? 個人的な予想ですが、 2020年は難しく、2021年から海外旅行ができるようになるのではないかと考えています。 海外旅行の条件は、いくつかあります。 日本の渡航禁止令が解除される• 旅行先の入出国制限が解除される• 自分が感染者でない• 感染リスクの低い国があるか といったポイントです。 そもそも、制限が解除されないと物理的に行けないですもんね。 日本から出国する許可が下りる必要があるのと、旅行先の入出国制限が解除される必要がありますよね。 例えば、2020年の冬ごろに世界的な入出国制限が解除され始めたとして、それでも本当に安全か?感染リスクがないか?というのは確認しなければいけません。 そして、自分が感染者でないかどうかも重要。 症状がなくても体内にコロナウイルスを保有している可能性はあります。 そんな免疫力の強いあなたから、免疫力の弱い海外の人に移してしまったら大変です。 もちろん、菌が残っていない安全な国を選ぶのも大事。 自己責任の中で、感染リスクがなく、衛生状態の良い旅行先を選ぶ必要があるでしょう。 海外旅行中は外食がメインになりますから、普段以上に気を遣う旅行になることは間違いないです。 【諸外国】渡航禁止令の解除予定日は? 各国の、入出国に対する渡航禁止令の解除予定日はいつでしょうか? 5月から、ロックダウン緩和の動きは世界各国であります。 例えば、タイでは国内線の運航が開始。 オーストラリアでも、お店の通常営業に向けて動き出しています。 日本の緊急事態宣言は、5月6日が5月31日までに延長。 しかし、6月1日からは解除で通常営業、ということにはならなそうですよね。 むしろ、バス会社などは5月から深夜バスの運転を撤廃にしたり。 コロナ対応が遅くなった企業は、これから自粛対応を広げるところもありそうです。 被害状況を見ると、もう少し安全第一で収束を待つのがいいと思います。 世界的にも感染者の数は増えていますし、死者も出ています。 まだまだ予断を許さない被害状況なので、5月に解除される国は少ないのではないでしょうか? 個人的には、5月では収束の目途が立たないと思います。 2020年の夏ごろに何らかの目途が立ち、 2021年から海外旅行ができるようになるといいなと思っています。 感染被害の少ない国もあります。 そういうコロナの影響がない国では、少しずつウイルスの猛威が消滅していくのではないでしょうか。 自分がコロナ感染者かどうか確認する方法は? 海外旅行に行けるようになったとしても、自分の体内にコロナウイルスの菌がいたら最悪です。 知らないうちに、他人の命を奪うことになるかもしれないのです。 恐ろしいですよね。 そんな中、 自分が新型コロナウイルスに感染しているかどうか、菌を保有しているかどうかを検査する簡易キットが販売される動きがあります。 これを使用して、自分がウイルス媒介者にならないように気を付けましょう。 感染していても症状が出ない人もいます。 コロナの影響が少ない安全な海外旅行先の国とは? 新型コロナの影響が少ない国が、あります。 もともと中国の武漢から広がったとされるので、中国人観光客が少ない国で、対処が早かった国ではそこまで感染被害が広がっていません。 例えば、 コモロ、キリバス、レソト、マラウイ、マーシャル諸島、ミクロネシア連邦、ナウル、北朝鮮、パラオ、サモア、サントメ・プリンシペ、ソロモン諸島、南スーダン、タジキスタン、トンガ、トルクメニスタン、ツバル、バヌアツ、イエメン といった国々はコロナの被害がないです。 これらの国々では、コロナ早期収束の可能性もありますし、海外旅行に行っても感染リスクは少ないでしょう。 海外旅行って最高ですが、健康第一なのは誰でも共通だと思います。 これらの国がコロナのリスクが低いからといって、必ず安全なわけではありません。 制限解除後も、 自己判断・自己責任で、慎重な行動が求められます。 【コロナ拡大防止】海外旅行はいつから解禁?安全な国はどこ? 今回のブログ記事では、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、海外旅行はいつから解禁されるのか、安全な旅をするための考え方を書いてみました。 死者が出ている訳ですから、緊急事態は長引くことでしょう。 2020年クリスマスシーズン頃に落ち着いてくればいいなとは思いますが、どうなるかは専門家にも分かりません。 渡航禁止・入出国制限が解禁されたとしても、まだまだ油断できません。 感染リスクが低い、衛生的で安全な国の人気が高くなるでしょう。 中国や東南アジアや日本などは、しばらくは海外旅行先として人気が低迷するかもしれませんね。 安全第一、人命第一ですから、それは仕方ない… 海外旅行好きとしては今回のコロナは残念な事態ですが、 なによりも、被害者の回復と、拡大防止を祈っています。 2月の本格化から3か月が経過しようとしていますが、油断せずに自分の身を守りましょう。 私も、感染に気を付けながら、悲観せず、適度に近所の散歩を楽しんでいます。 海外旅行ブログをバリバリ更新できる日が早く来るといいな。

次の

【国内旅行や海外旅行はいつから?】緊急事態宣言解除後の旅事情#コロナとどう暮らす

海外旅行いつから

観光のための 海外旅行が再開されるために必要な事項・ステップを予測してみます。 1.外務省の危険情報が少なくともレベル1になること(現在は全世界に対してレベル2)。 2.日本帰国後の14日間の待機期間が緩和されること。 少なくとも空港でのPCR検査の結果が陰性であれば、公共交通機関を使い、帰宅できるようになること。 3.渡航先の入国制限が緩和され、現地での待機期間がなくなること 4.目的地の観光施設などが営業を再開し、観光資源が利用できること 5.国際線の定期便が通常運行に戻ること 6.ワクチンが開発されること(使用されるのは2021年以降の見込み) 夏以降、これらが前後しながら段階的に進むことになるでしょう。 上記ステップに至るまでの、現在の状況を記載していきます。 基本的には外務省が発表する「 感染症危険情報」を目安に判断します。 () レベル1:十分注意してください。 レベル2:不要不急の渡航は止めてください レベル3:渡航は止めてください。 (渡航中止勧告) レベル4:退避してください。 渡航は止めてください。 (退避勧告) 2020年7月5日現在、外務省が 全ての国を対象に発出した「レベル2(不要不急の渡航は止めてください)」は、3月25日から継続しています。 3月25日発出 全世界に対する危険情報の発出 レベル2() さらに 欧州や米国、東南アジアなどの多くの国は「レベル3(渡航中止勧告)」となり、海外渡航は実質、できない状態です。 6月5日発出(レベルの引き上げ、または維持)レベル3の国() ただし、感染者数が減りつつある国に関しては、外務省は様子を見ながらレベルを引き下げていく方針です。 なお、外務省の危険情報による渡航中止要請は、 法的拘束力はありません。 あくまで要請であり、それを止めるのにパスポートの返納を求めるケースがあるぐらいです。 入国後、全員にPCR検査が実施。 結果が出るまでは空港内(1〜3日間)、あるいは政府が指定する施設で待機。 症状がなく、公共交通機関を使わないで移動できる場合は、自宅待機も可。 検査結果が陰性の場合、自宅、または自分で予約した任意のホテルへ公共交通機関を使わないで移動し、2週間の外出自粛要請に従う。 公共機関を使わない手段としては、自家用車、ハイヤーなど 3. 検査の結果、陽性となった場合は入院。 最新情報は、厚生労働省の以下のページを参照ください 厚生労働省: 海外の国々の日本人受け入れ状況/行動制限措置は? 渡航緩和の第一弾として、日本政府は以下の国々に対し、 ビジネス渡航に限り相互の往来再開を協議すると発表しました(6月18日付)。 ベトナム• オーストラリア• ニュージーランド ベトナムは6月23日よりビジネス渡航ができるようになりましたが、 入国前(時)のPCR検査や14日間の隔離期間は必要です。 現在は臨時便が運行中ですが、 観光客の受け入れに関しては、まだ先になる見通しです。 また、第二弾として台湾、ブルネイについても7月中には協議に入る予定と発表しています。 原則として渡航の72時間前以内に行うことになっています。 域内における移動の自由を保障したシェンゲン協定の中に入ると、加盟国の中では 原則としてパスポート提示なしで移動が可能になります。 したがって、検疫などでチェックされるのは、最初に入国するシェンゲン協定内の国となるでしょう。 イングランド以外(ウェールズ、スコットランド、北アイルランド)はまだ検討中。 ツアー催行の基準を、外務省の危険情報「レベル2(不要不急の渡航は止めてください)」以上としているところが多いことが要因です。 全世界を対象にレベル2が発出されているため、募集型の海外ツアーはどの国や地域においても、催行できない状況です。 航空券や宿泊などを個別に手配する手配旅行に関しては、レベル2でも取り扱う旅行会社は多いのですが、主要国が「レベル3(渡航中止勧告)」の段階になっているため、こちらも実質、海外渡航はできない状態です。 また、 多くの国/地域において、外国籍者の入国禁止や、入国後の14日間の移動禁止措置を取っています。 以上の結果を踏まえると、 観光での海外ツアーは、事実上不可能といえるでしょう。 海外旅行ツアーはいつから再開されるの? 夏以降の海外旅行について、大手に限らず旅行会社の中にはツアーを受け付けているところがあります。 注意しなくてはならなのは、これはツアーが「催行される見込みがあるから」販売しているのではなく、「催行されないことが決定していないから」。 ツアーが販売されているからといって、確実に催行されると考えないほうが良さそうです。 一例としてハワイへのツアーをあげましょう。 7月中は、日本からハワイ便は全便運休しています。 ハワイ到着後は14日間の隔離義務があるため、ツアーは実施できません。 8月1日より、事前のPCR検査で陰性の場合は14日間の隔離免除になるようですが、これはまだ米国本土向けの措置とみたほうがよいでしょう。 ルックJTBなどは、8月6日までのツアーの販売を中止しているものの(7月5日現在)、その後(8月7日以降)にツアーが催行されることを保証するものではありません。 たとえハワイ州政府が受け入れても、日本が危険情報をレベル1以下にし、帰国後14日間の待機措置を解除しない限りは現実的に無理だからです。 国際線の運航状況は? 以上のような状況にもかかわらず、意外にも、 国際線は減便しつつも運航しています。 もちろん乗客は減っていますが、どうしても渡航しなければならない人はいます。 生活の場が外国にあり帰らねばならない人、海外赴任者やその家族、留学生たちなどです。 ただし、7月以降は各航空会社とも減便していた国際線を徐々に再開する意向を示しています。 新型コロナウイルスの感染状況により、状況が急に変わることがあるので、最新の情報は各航空会社のホームページなどでご確認ください。 JAL(7月1日〜31日) ・北米路線/羽田~ニューヨーク(週2往復)、羽田~シカゴ(週3往復)、羽田~ダラス(週2往復)、成田~サンフランシスコ(週2往復)、羽田~ロサンゼルス(週2往復)、成田~ロサンゼルス(週1往復)、成田~バンクーバー(週2往復)。 ・欧州路線/羽田~ロンドン(週3往復)、羽田~パリ(週2往復)、成田~フランクフルト(週2往復)、羽田~ヘルシンキ(週3往復)、その他臨時便あり ・ハワイ・グアム線/全面運休 その他、東アジア、東南アジア、南アジア、オセアニア方面などは、JALのホームページをご覧ください。 ANA 総じてJALよりも便数は多く運行。 北米・欧州への運行地は上記JALと大体同じですが、メキシコシティ便は週5往復。 オセアニア便もシドニーへ週3往復。

次の

【海外旅行いつから?】入国制限緩和・解除予定の国まとめ(7月17日更新)

海外旅行いつから

観光のための 海外旅行が再開されるために必要な事項・ステップを予測してみます。 1.外務省の危険情報が少なくともレベル1になること(現在は全世界に対してレベル2)。 2.日本帰国後の14日間の待機期間が緩和されること。 少なくとも空港でのPCR検査の結果が陰性であれば、公共交通機関を使い、帰宅できるようになること。 3.渡航先の入国制限が緩和され、現地での待機期間がなくなること 4.目的地の観光施設などが営業を再開し、観光資源が利用できること 5.国際線の定期便が通常運行に戻ること 6.ワクチンが開発されること(使用されるのは2021年以降の見込み) 夏以降、これらが前後しながら段階的に進むことになるでしょう。 上記ステップに至るまでの、現在の状況を記載していきます。 基本的には外務省が発表する「 感染症危険情報」を目安に判断します。 () レベル1:十分注意してください。 レベル2:不要不急の渡航は止めてください レベル3:渡航は止めてください。 (渡航中止勧告) レベル4:退避してください。 渡航は止めてください。 (退避勧告) 2020年7月5日現在、外務省が 全ての国を対象に発出した「レベル2(不要不急の渡航は止めてください)」は、3月25日から継続しています。 3月25日発出 全世界に対する危険情報の発出 レベル2() さらに 欧州や米国、東南アジアなどの多くの国は「レベル3(渡航中止勧告)」となり、海外渡航は実質、できない状態です。 6月5日発出(レベルの引き上げ、または維持)レベル3の国() ただし、感染者数が減りつつある国に関しては、外務省は様子を見ながらレベルを引き下げていく方針です。 なお、外務省の危険情報による渡航中止要請は、 法的拘束力はありません。 あくまで要請であり、それを止めるのにパスポートの返納を求めるケースがあるぐらいです。 入国後、全員にPCR検査が実施。 結果が出るまでは空港内(1〜3日間)、あるいは政府が指定する施設で待機。 症状がなく、公共交通機関を使わないで移動できる場合は、自宅待機も可。 検査結果が陰性の場合、自宅、または自分で予約した任意のホテルへ公共交通機関を使わないで移動し、2週間の外出自粛要請に従う。 公共機関を使わない手段としては、自家用車、ハイヤーなど 3. 検査の結果、陽性となった場合は入院。 最新情報は、厚生労働省の以下のページを参照ください 厚生労働省: 海外の国々の日本人受け入れ状況/行動制限措置は? 渡航緩和の第一弾として、日本政府は以下の国々に対し、 ビジネス渡航に限り相互の往来再開を協議すると発表しました(6月18日付)。 ベトナム• オーストラリア• ニュージーランド ベトナムは6月23日よりビジネス渡航ができるようになりましたが、 入国前(時)のPCR検査や14日間の隔離期間は必要です。 現在は臨時便が運行中ですが、 観光客の受け入れに関しては、まだ先になる見通しです。 また、第二弾として台湾、ブルネイについても7月中には協議に入る予定と発表しています。 原則として渡航の72時間前以内に行うことになっています。 域内における移動の自由を保障したシェンゲン協定の中に入ると、加盟国の中では 原則としてパスポート提示なしで移動が可能になります。 したがって、検疫などでチェックされるのは、最初に入国するシェンゲン協定内の国となるでしょう。 イングランド以外(ウェールズ、スコットランド、北アイルランド)はまだ検討中。 ツアー催行の基準を、外務省の危険情報「レベル2(不要不急の渡航は止めてください)」以上としているところが多いことが要因です。 全世界を対象にレベル2が発出されているため、募集型の海外ツアーはどの国や地域においても、催行できない状況です。 航空券や宿泊などを個別に手配する手配旅行に関しては、レベル2でも取り扱う旅行会社は多いのですが、主要国が「レベル3(渡航中止勧告)」の段階になっているため、こちらも実質、海外渡航はできない状態です。 また、 多くの国/地域において、外国籍者の入国禁止や、入国後の14日間の移動禁止措置を取っています。 以上の結果を踏まえると、 観光での海外ツアーは、事実上不可能といえるでしょう。 海外旅行ツアーはいつから再開されるの? 夏以降の海外旅行について、大手に限らず旅行会社の中にはツアーを受け付けているところがあります。 注意しなくてはならなのは、これはツアーが「催行される見込みがあるから」販売しているのではなく、「催行されないことが決定していないから」。 ツアーが販売されているからといって、確実に催行されると考えないほうが良さそうです。 一例としてハワイへのツアーをあげましょう。 7月中は、日本からハワイ便は全便運休しています。 ハワイ到着後は14日間の隔離義務があるため、ツアーは実施できません。 8月1日より、事前のPCR検査で陰性の場合は14日間の隔離免除になるようですが、これはまだ米国本土向けの措置とみたほうがよいでしょう。 ルックJTBなどは、8月6日までのツアーの販売を中止しているものの(7月5日現在)、その後(8月7日以降)にツアーが催行されることを保証するものではありません。 たとえハワイ州政府が受け入れても、日本が危険情報をレベル1以下にし、帰国後14日間の待機措置を解除しない限りは現実的に無理だからです。 国際線の運航状況は? 以上のような状況にもかかわらず、意外にも、 国際線は減便しつつも運航しています。 もちろん乗客は減っていますが、どうしても渡航しなければならない人はいます。 生活の場が外国にあり帰らねばならない人、海外赴任者やその家族、留学生たちなどです。 ただし、7月以降は各航空会社とも減便していた国際線を徐々に再開する意向を示しています。 新型コロナウイルスの感染状況により、状況が急に変わることがあるので、最新の情報は各航空会社のホームページなどでご確認ください。 JAL(7月1日〜31日) ・北米路線/羽田~ニューヨーク(週2往復)、羽田~シカゴ(週3往復)、羽田~ダラス(週2往復)、成田~サンフランシスコ(週2往復)、羽田~ロサンゼルス(週2往復)、成田~ロサンゼルス(週1往復)、成田~バンクーバー(週2往復)。 ・欧州路線/羽田~ロンドン(週3往復)、羽田~パリ(週2往復)、成田~フランクフルト(週2往復)、羽田~ヘルシンキ(週3往復)、その他臨時便あり ・ハワイ・グアム線/全面運休 その他、東アジア、東南アジア、南アジア、オセアニア方面などは、JALのホームページをご覧ください。 ANA 総じてJALよりも便数は多く運行。 北米・欧州への運行地は上記JALと大体同じですが、メキシコシティ便は週5往復。 オセアニア便もシドニーへ週3往復。

次の