みらい 胃 大腸 内 視 鏡 クリニック。 院長紹介|なおこ胃腸内科クリニック

福岡市早良区で苦しくない大腸カメラ・大腸内視鏡ならなもと内科・胃腸クリニック

みらい 胃 大腸 内 視 鏡 クリニック

この機能を使うことで小さな早期大腸癌の発見に非常に有用です。 また細径で従来機種に比べ受動湾曲機能により挿入時に大腸への負担が少ない優しいスコープです。 これは空気の100倍近い速さで水分に吸収されるため検査後のおなかのはりが軽減されます。 やはり基本的には鎮痛剤などは必要ないと思いますが、ご希望の方には少量の鎮痛剤や鎮静剤を使用することもできます。 大腸内視鏡検査を受けていただく方のため、専用トイレのついた個室リラックスルームが3室あります。 (予備室も2室あります。 )その1室にはオストメイト対応多目的トイレも設置しました。 左図のピンク色の部分が大腸です。 肛門から盲腸まで約80cmにカメラを入れて観察します。 下の2枚のレントゲン写真はどちらも検査後の写真です。 1は通常の空気での検査後。 黒く見えるのは大腸そして小腸に入った空気です。 お腹が空気でふくらんできつい状態がわかります。 2は二酸化炭素を使った検査後。 すでに大腸内の二酸化炭素はほぼ吸収され黒い部分がほとんどありません。 この違いが検査後のお腹の張ったきつさの差を表します。 常の空気を入れた大腸検査直後のレントゲン写真 (大腸とその奥の小腸が黒くなっています。 これはすべて腸内の空気です。 二酸化炭素で大腸検査直後のレントゲン写真(大腸内の二酸化炭素はほぼ吸収され、わずかに小腸内に黒く残っています。

次の

【2020年】横浜市の内視鏡検査♪おすすめしたい10医院

みらい 胃 大腸 内 視 鏡 クリニック

先生は、内視鏡の受診を推奨していらっしゃいますが、どのような理念や目的なのでしょうか? 胃がんや大腸がんのリスクを早期発見するために、任意型検診としての人間ドックを重要視しております。 通常の人間ドックの検査では、胃部X線検査や便潜血になってしまいますが、それらの検査で病気を早期発見することは難しいと思います。 当院で行っている胃がんや大腸がんの検診に関しては、より病変を発見しやすい内視鏡検査を導入しております。 人間ドックの事例において、胃がんや大腸がんのリスクが発見された受診者の生活習慣や年齢に何か特徴はありますか? 私のこれまでの経験では、胃がんや大腸がんが多く発見される年代は40代ぐらいからだと思われます。 40代からの受診者の多くに、大腸ポリープ、萎縮性胃炎、胃がんの前がん状態が発見される印象です。 そのため、受診者の皆さんには、40歳を超えたら検診を定期的に受けていただけることが病気の早期発見にとても効果的だと思います。 飲酒歴が長い方は、飲酒をしない方と比べてがんのリスクが上がるのでしょうか?また、胃がんと大腸がんではどちらが多いですか? 飲酒歴が長い方のリスクは、食道がんに当てはまると言われていますが、それ以外は特に反映されておりません。 しかし、日常的に大量のアルコールを摂取されることは健康を維持するうえで望ましくないため、受診者の皆さんには適量を心がけていただきたいと思います。 また、現在は男性女性関係なく胃がんよりも大腸がんが発見されることが多いようです。 さいたま市浦和区という土地柄はさいたま市の中心になりますが、アクセスの良さは大きなメリットになっていますか? 当院は、JR浦和駅の西口から徒歩4分のところに位置しておりますので、アクセスは良いと思います。 やはり、医療機関へのアクセスの良さは受診者の皆さんにとって非常に重要だと考えますので、当院にとってこの立地はかなりのメリットになっていると思います。 提携駐車場もございますが、内視鏡検査などで麻酔を使用する場合などには、車の運転を控えていただくことをお願いしておりますので、公共交通機関をご利用ください。 人間ドックの受診が推奨される年齢層の方、どのような生活習慣の方に受けていただきたいとお考えですか? 40代以上の方で、特に働き盛りの方に率先して受けていただきたいと思います。 普段お仕事でお忙しいと、なかなかバランスのとれた食事に時間を割くことができず、いつも外食で済ませてしまったり、コンビニのお弁当やカップラーメンなどを食べることが多いと思います。 そのような方たちには、ぜひ1年に一度は定期的に検診を受けていただく習慣をつけていただけたらと思います。 普段から口にする食事の内容は、どのように身体に反映されるのでしょうか? 現代のような忙しい社会では、食事に時間が割けないと炭水化物中心の食事になってしまうのが問題です。 以前は、肉が健康に良くないと言われていた時代もありましたが、今は肉、野菜、魚をバランスよく摂ることが大事だと言われています。 しかし、そのような食事をランチタイムに外食で摂ることはほとんど無理に近いです。 そして、このような食生活が長く続くと病気になりやすい身体になり、がんを増やす要因になります。 人間ドックを受診した方が良い推奨頻度とはどのくらいになりますか? 年に一度は、医療機関を受診していただくことが基本です。 しかし、受診者によっては、データが思わしくないという方もいらっしゃるため、そのような方達は3か月に一度、もしくは半年に一度の受診をおススメいたします。 いずれも、担当の医師とよく話をして、ご自身の身体の状況をよく知ったうえで、健康維持をしていただければと思います。 院内で使用されている胃内視鏡検査について、どのような特徴があるのか教えてください。 当院では、拡大内視鏡を取り入れて検診に使用しております。 検査中に怪しい部分があれば、組織を切除せずに100倍ほどに拡大して観察することが可能です。 そのため、組織検査を行うことなくある程度、良性か悪性の判断ができるようになりました。 このような内視鏡技術の進歩によって、受診者の身体にできるだけ負担をかけることなく病気の早期発見をすることが可能となりました。 色素散布も行っていらっしゃると聞きましたが、どのようなものになるのでしょうか? 当院では、スコープで拡大観察やNBIという青い光を当てて観察する方法だけではなく、青い色素を散布することによって早期がんを浮かび上がらせつつ観察するという方法も取り入れております。 がんは、早い時期に発見することが何よりも重要になりますので、先ほどの拡大内視鏡と一緒に使用することで5mm程度のがんの早期発見にも貢献しております。 先生は、鎮静剤を使用した経口内視鏡を基本とされていらっしゃいますが、経鼻内視鏡にも対応可能ですか? 鎮静剤を使用して、眠った状態で内視鏡検査を受けていただくのが受診者の皆さんにとっては、一番ラクな方法だと思っております。 しかし、鎮静剤を使用した検査のあとに、お車の運転をしていただくことはできません。 そのため、車の運転がある方などには鎮静剤を使用せず、経鼻内視鏡を使用した検査をおすすめしております。 下部消化器官内視鏡検査では、炭酸ガスを使用されていらっしゃいますが、具体的なメリットを教えてください。 通常の内視鏡検査使用されている空気で大腸を膨らませると、なかなかその空気が抜けずに、お腹の張りを強く感じたり、場合によっては苦痛を感じてしまう方が多くいらっしゃいます。 しかし、炭酸ガスを使用した場合、通常の300倍のスピードで身体に吸収されて、体内から排出されるため、検査が終わったあとにお腹の張り感がかなり少ないのが特徴です。 内視鏡をさまざまな受診者に合わせて複数用意されているそうですが、どういったラインナップですか? 身体が大きい方と小さい方を同じスコープ1本で検査を行うということは不可能だと思っています。 物理的に難しいです。 例えば、身体の大きい方には少し太くて、固い内視鏡を用いたり、細身の方であれば細くて柔らかいスコープを使用することで、腸にできるだけ負担がかからないような配慮をしたうえで検査をおこなっております。 胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に受診することは可能ですか?また、検査の結果説明に関してお話をお聞かせください。 胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に受けていただくことは可能です。 内視鏡検査には標準時間というものがありまして、胃カメラの場合は5分、大腸カメラの場合は10分ほどで終わります。 両方の検査を合わせても15分ほどですので、二つの検査を同日に受けていただくことは十分に可能です。 また、検査結果につきまして、受診者の皆さんはすぐに結果を知りたいと思いますので同日に説明をし、用紙は2週間ほどで送付されます。 予防医療の重要性について、先生の考えを詳しく教えてください。 病気になってしまってからでは、治すために余計な時間や医療費がかかってしまいます。 そのため、病気の予防に努め、病気になってしまったとしてもそれを早期に発見することが重要です。 そうすれば、身体に負担をかけずに治療を行うことができ、医療費もおさえることにつながります。 当院では、受診者の生活習慣に1歩踏み込んでアドバイスをさせていただき、なるべく病気にならない身体作りのサポートをさせていただいています。

次の

《予約可》みらい胃・大腸内視鏡クリニックの写真一覧|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

みらい 胃 大腸 内 視 鏡 クリニック

二子玉川メディカルクリニックはこんな医院です 世田谷区玉川3丁目にある二子玉川メディカルクリニックは、 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医による胃カメラ・大腸カメラの検査が受けられるクリニックです。 また糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防・治療にも力を入れています。 ほかに内科診療・消化器内科診療・肝臓内科診療を行っており、人間ドックや健康診断も実施しています。 東急田園都市線・二子玉川駅西口から 徒歩およそ3分の曽根ビル5階にあり、1階には住友不動産販売が入居しています。 専用の駐車場はないため、近隣のコインパーキングの利用が便利です。 月曜・火曜・水曜・木曜日の診療時間は9:00~12:30と15:00~19:00と土曜・日曜日の診療時間は9:00~12:30と15:00~17:00、休診日は金曜日・祝日です。 平日の夜は19時まで、土曜・日曜日も午前と午後に診療を行っているので、なかなか時間のとれないサラリーマンや学生の方なども利用しやすい医院です。 二子玉川メディカルクリニックの特徴について ・消化器内視鏡専門医による検査! 二子玉川メディカルクリニックでは、レーザー内視鏡での検査を実施しているので、より細やかな観察が可能で微小な病変の発見ができます。 また、高画質超音波画像診断装置、デジタルX線装置などを用いて、スピーディかつ正確にがんや病変の早期発見ができます。 検査には、機器の性能だけではなく細かな病変やポリープなどを見逃さない、熟練した経験と観察力が大事です。 二子玉川メディカルクリニックでは、 豊富な臨床経験を持つ消化器内視鏡専門医が検査を行っているので安心です。 ・患者さんのニーズに応じた痛みや不快感の少ない検査! 胃カメラ検査は、一般的に喉に麻酔を施して口からカメラを入れて行う経口胃カメラ検査を行いますが、舌根部を圧迫することで吐き気を催すことが心配な方には、鼻からカメラを入れる経鼻方式胃カメラ検査を実施しています。 それでも不安な方には 鎮静剤を使った検査を行っています。 検査中は眠ったような感覚で「気がついたら終わっていた」と感想を述べる患者さんが多い検査法です。 患者さん一人ひとりの要望に応じた検査を実施しています。 ・胃カメラ・大腸カメラの同日検査に対応! 「そろそろ検査を受けたいけどなかなか時間がとれない」「胃カメラと大腸カメラを受けるのに別々に休みをとるのは大変だ」という方のために二子玉川メディカルクリニックでは、 予約制で胃カメラと大腸内視鏡検査の同日検査を行っています。 入院をしなくても、通常の日帰り大腸内視鏡検査の準備でできるので一度の準備で終わります。 検査後はクリニックで少し休んでから帰えることができ、車の運転などにも差支えがなく安心です。 もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら• 荒川外科肛門科医院はこんな医院です 荒川外科肛門科医院は、東京都荒川区の荒川にあるクリニックです。 肛門科や胃腸科、外科、内科などを診療科目としてご対応されており、幅広い治療や処置を手掛けているクリニックとなっています。 とくに、内視鏡検査を専門的に実施しているクリニックであり、各種検査や治療を行われているので、はじめての患者さんでもお気軽にご相談することが可能でしょう。 地域で生活するにおいて生じる可能性のある各種疾患や症状にしっかりとご対応してくださいますので、お身体の不調を感じた際にまず受診できるかかりつけ医院としても適しています。 最寄り駅は、JR常磐線の三河島駅です。 駅からは、徒歩6分ほどの距離であり、駅チカでアクセス良好な立地も、数多くの患者さんが受診されている理由の一つと言えるでしょう。 近隣にお住まいの地元の患者さんはもちろんのこと、沿線沿いや区外などの遠方にお住まいの患者さんも大勢通われている人気のクリニックとなっていますので、ぜひ一度ご利用されてみてはいかがでしょうか。 荒川外科肛門科医院の特徴について ・安心かつ安楽な内視鏡検査を受けることができます! 荒川外科肛門科医院では、内視鏡検査を積極的に実施されていますが、その際に患者さんが感じる負担を可能な限り少なくし、安心かつ安楽に施術が行えるよう努めておられます。 内視鏡検査というものは、どうしても多少の苦痛が生じてしまうものですが、荒川外科肛門科医院ではそんな多少の苦痛も 静脈麻酔を使用することで、できる限り取り除けるようにされています。 患者さんが安心して施術に臨めるご配慮が感じられるクリニックとなっていますので、ぜひ一度ご利用されてみてはいかがでしょうか。 ・土日診療で通院しやすいクリニックです! 荒川外科肛門科医院の診療時間は、 月・火・水・金・土が午前9時から午後5時半まで、木・日が午前9時から午後0時までとなっています。 全休が祝日のみという、一週間のうちに診療日の多いクリニックであり、とくに土・日のどちらも開院されていることが大きな特徴といえるでしょう。 平日のお忙しい社会人などの患者さんでも、休日に時間に余裕をもって受診できるため、継続通院もしやすい便利なクリニックとなっています。 ぜひ一度受診されてみてはいかがでしょうか。 ・女性医師在籍でより幅広い患者さんにご対応されています! 荒川外科肛門科医院は、その名の通り、肛門科にご対応されているクリニックです。 肛門科における診療は、デリケートな部分もあるため、患者さんにとってはどのような環境で誰に診察をしてもらうかということが重要となります。 そこで、荒川外科肛門科医院では、 男性医師と女性医師のどちらもご在籍されており、患者さんがより安心して診療に臨めるようご配慮されています。 幅広い患者さんの気持ちに寄り添うことのできるクリニックとなっていますので、ぜひ一度ご利用されてみてはいかがでしょうか。 もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら• 神宮の杜クリニックはこんな医院です 神宮の杜クリニックはJR山手線の原宿駅竹下口より徒歩0分、千代田線・副都心線の明治神宮前駅出口3より徒歩2分と抜群にアクセスの良い、胃・大腸内視鏡検査を行っているクリニックです。 大学病院などで長年内視鏡検査を実施されてきた経験豊富な医師が診療されていますので、安心して受診することができます。 ポリープの日帰り手術にも対応されていて、入院の必要がないため時間と費用を節約することができるのが大きなメリットです。 ) 鎮静剤を用いた 苦痛の少ない胃カメラや、嗚咽することがない経鼻内視鏡検査などを行われていますので、今まで検査で苦しい思いをされた経験のある方にもおすすめです。 また、 胃がんリスクとなるピロリ菌の検査や除菌も実施されていますので、気になる方や健康診断で指摘された方はお早めの神宮の杜クリニックへの受診をおすすめします。 診療時間は月曜日・火曜日・木曜日・金曜日が9:00~13:00と15:30~19:00で、水曜日と土曜日が9:00~13:00です。 日曜日・祝日は休診です。 神宮の杜クリニックの特徴について ・眠っているあいだにできる内視鏡検査! 内視鏡検査と聞くと、マイナスのイメージを持ってしまうお話をお聞きしますが、病気の早期発見にはとても大切な検査です。 神宮の杜クリニックでは、胃内視鏡、大腸内視鏡どちらの検査でも、静脈鎮静麻酔を使用する事で 眠っているあいだに内視鏡検査ができる環境を整えております。 目覚めたタイミングで検査が終わっているので患者さん自身「辛かった」等のストレスを感じることなく検査を終えることができる点は大きいですね。 また、胃内視鏡検査については経鼻内視鏡か経口内視鏡かを選択することもできます。 特に 内視鏡に苦手意識のある方には、経験豊富な医師の高い技術力と患者さんに配慮した検査をしてくれる神宮の杜クリニックはおすすめできます。 ・積極的に新しい検査機器・内視鏡を導入! 神宮の杜クリニックは、大学病院やがんセンターと同じレベル目指した内視鏡検査設備を導入されているそうです。 中でも、NBIという特殊光を使って気になる箇所 病変 を照らし出し、画質が良く精度も高い オリンパス製の内視鏡検査設備は、世界的に見ても新しい機器を採用されているそうです。 医師の技術が高いことはもちろんですが、新しい機器を使用して検査をしてもらえるのは心強いですね。 現在御自身の体調で気になることがあったり、信頼できるクリニックをお探しの方はぜひ神宮の杜クリニックへ相談されることをおすすめします。 ・大病院との連携が充実していて安心! 神宮の杜クリニックは、検査中に病気を発見した場合にはすぐに拡大観察などを行い、可能であればその場ですぐに治療を行う体制が整っています。 その上、万全な 医療連携を結ばれていますので、検査の結果として大掛かりな治療が必要であると判断された場合、東京慈恵会医科大学、国立がん研究センター、がん研有明病院などへの紹介もしてくれるので安心です。 スムーズに病院を移行することができるのは大きなメリットですね。 もう少し詳しくこの内視鏡内科のことを知りたい方はこちら• si-clinic. 診療内容として内視鏡検査を専門的に行っておられ、患者さんの消化器系の以上の早期発見や対応のために尽力されています。 最寄り駅は都営三田線の新板橋駅で、駅からはA3出口を出て徒歩1分という非常に駅チカな立地をしています。 また、JR埼京線の板橋駅からも徒歩8分程度の距離であるなど、複数の路線と駅を利用できるクリニックです。 新板橋クリニックにおける内視鏡検査の診療時間は、月・金曜日が午後2時半から午後4時まで、木曜日が午前9時半から午後4時まで、土曜日が午前9時から午後1時までとなっています。 それぞれの曜日で予約が必要となっていますが、とても丁寧なご対応をしてくださるのでぜひ一度受診されてみてはいかがでしょうか。 新板橋クリニックの特徴について ・痛みの少ない内視鏡も選択することができます! 新板橋クリニックでは、内視鏡検査を専門的に行われていますが、食道・胃内視鏡検査では、患者さんのご希望に応じて 鎮静下無痛内視鏡検査も選択することができます。 これによって本来であれば多少苦しさを伴う検査を安心して受けることができるので、その苦しさで内視鏡検査を控えておられた方も通いやすいクリニックです。 食道・胃内視鏡検査で異常を早期発見すれば、より効果の高い治療につなげることが可能です。 ・大腸内視鏡検査で日帰りポリープ切除が可能です! 新板橋クリニックにおける大腸内視鏡検査では、 大腸にポリープがあればそれをその日のうちに日帰りで切除することが可能です。 発見したポリープがどのようなものかを適切に診断し、経過観察を要さずその場で切除可能と判断されたものが処置の対象となるため、安心して切除に臨むことができるでしょう。 また、血便や腹痛などのその他の症状に対しても精査のための全大腸内視鏡検査が可能となっているので、何か気になる症状があればまずは一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。 もう少し詳しくこの内科のことを知りたい方はこちら• endoscopic. 東京メトロ南北線・三田線の白金台駅が最寄り駅で、駅からは2番出口を出て徒歩2分ほどの距離となります。 この駅チカでアクセス良好な立地から、遠方にお住まいの方を含む幅広い地域の患者さんが通われており、通院の便利さと人気の高さがうかがえます。 診療時間は月曜日から金曜日まで午前9時から午後6時までとなっており、夕方以降も診療を行われていることで、日中お忙しくされている患者さんでも通いやすいクリニックと言えるでしょう。 土曜日と日曜日につきましては、もし診療をご希望であればお問い合わせされることをおすすめいたします。 白金台内視鏡クリニックの特徴について ・大腸内視鏡検査で的確な診断を受けられます! 白金台内視鏡クリニックは、内視鏡検査を専門的に行うクリニックです。 例えば大腸内視鏡検査が行われており、これは肛門から挿入したスコープによって全大腸を観察する処置です。 これによって、大腸ポリープなどはその場で切除すべきか、もしくは経過観察をするべきかなどの診断を的確に行うことができ、患者さんの健康状態の維持向上に貢献されています。 ハイビジョンモニタを使用することでわずかな異常も見逃さない的確な検査となっています。 ・胃のムカつきや胸やけの原因を突き止めてくださいます! 白金台内視鏡クリニックでは、 下咽頭や食道、胃、十二指腸などを観察する上部内視鏡検査も行われています。 これによって、胃の中にヘリコバクターピロリ菌がいるかどうかなどを確認することができ、もしいた場合は除菌をすることで胃潰瘍や胃がんなどの発症リスクを下げることができます。 また、上部内視鏡検査は胸やけや胃のムカつきなどの症状があった際に受ける検査でもあり、これによって原因を突き止め、その原因に対するアプローチを可能にします。 もう少し詳しくこの内科のことを知りたい方はこちら.

次の