タクシードライバーになるには。 作家である僕がタクシードライバーになった理由 中村慎太郎(OWL magazine代表)<1/2> : 宇都宮徹壱ウェブマガジン

タクシードライバーになるには?タクシー運転手に必要な資格とは?

タクシードライバーになるには

Contents• タクシードライバーになるには タクシードライバーに必要な免許 タクシードライバーになるためには普通一種免許だけではいけません。 「乗客を乗せて運賃を得る」ためには 二種免許の取得が必要となるのです。 これはタクシーやバスのようなお客を乗せて運ぶという車両を運転する際に必要になる免許です。 また、 介護タクシーを運転する場合には「介護職員初任者研修」の資格が必要になります。 二種免許を取得するには 一種免許と同じように教習所に通って取得するのが一般的です。 ただし、受験するには 一種免許を取得して3年が経っていることが条件となりますので、無免許の人がいきなり取得することはできません。 だいたいは 10日程度で、• 合宿・・・18万円前後• 通学・・・22万円前後• 試験一発勝負・・・4万円前後 の費用がかかります。 二種免許取得のための支援制度 ハローワークなどでの職業支援を利用して教習所に通った場合などは補助金が出る可能性があります。 この 「教育訓練給付金制度」を利用するには手続きが必要になります。 また、タクシー会社などに入社後に二種免許を取得する場合は 会社が支援制度の手続きを行ってくれる場合があります。 どちらの場合も事前に確認しておきましょう。 タクシードライバーの仕事と給料 タクシードライバーの仕事内容 会社に属している場合は勤務表にのっとって仕事を始めます。 まず 車両の点検、運行表の確認などを行い、一日の流れを確認して業務に入ります。 昼勤務・・・7~16時もしくは8~17時の勤務• 夜勤務・・・夜間の勤務 になります。 どちらの場合も時間帯によって客層が変わるために売上にも差が出やすくなります。 そのため 多くのタクシー会社では「隔勤務」が採用されています。 これは昼勤務と夜勤務を組み合わせる、もしくはシフト制にするというものです。 組み合わさった場合は 昼と夜を続けて勤務して、次の日が休み、という流れになります。 この組み合わせが採用されている会社では勤務日数が12日前後となります。 タクシードライバーの給料 会社によっても割合は違ってきますが、タクシー会社で多いのは 「基本給+歩合」という形式です。 これは売上に応じて歩合の部分の収入が変わるというものです。 このため同じタクシードライバーでも給料はまったく同じにはなりません。 長く働く、多く売り上げを上げるという人はそれだけ収入が多くなるようになっているのです。 そのためタクシードライバーの 平均給与を見ると250~500万円ほどとかなりの幅の広さとなっています。 タクシードライバーの仕事のメリット 年齢・学歴不問 体さえ元気であれば高齢になっても勤務することができるのがタクシードライバーです。 また、仕事を行うに当たって運転技術や地理知識は必要になりますが学歴は関係がありません。 そういったところもメリットと言えるでしょう。 歩合制での実力勝負 給与体系が「基本給+歩合」という設定ですと歩合で稼ぐ自信がある人にとっては高額の収入を得るチャンスでもあります。 バリバリ仕事をして売り上げを上げて稼ぎたいという人にとっては魅力的な仕事だと言えます。 さまざまな人との出会い 一日タクシー業務にあたっているとさまざまな乗客に巡り合います。 色々な人に出会えるということを楽しいと感じることができる人にとってはメリットとなります。 逆に色々な人にあまり会いたくないという人はタクシードライバーにはあまり向いていないのかもしれません。 休日が多い 昼勤務、夜勤務、隔勤務などの関係で組み合わせによってはかなり休日が多くなることがあります。 もちろん連続勤務になるときもあるのですが、 休日自体はかなり多いと言えます。 タクシードライバーの仕事のデメリット 勤務時間が長い・変則的 これも勤務の組み合わせにもよるのですが、 昼勤務と夜勤務を連続して勤務するときなどは20時間勤務で休憩時間3時間などということもあります。 かなり長い勤務時間になるので注意が必要です。 また、昼勤務と夜勤務があるということは毎日同じ時間帯の規則正しい勤務というわけにはいきません。 昼型、夜型が入れ替わることになりますので 体が慣れるまではつらいかもしれません。 お客さんとのトラブル どの仕事でもそうですがお客とのトラブルはタクシードライバーにもあります。 ややこしい注文をしてくる• お金を払わない• 酔っていて会話ができない• 威圧的 などさまざまです。 なかなか未然に防ぐことができないためにどうしても起こってしまうのです。 最近では明らかに酔っている度合いがひどい場合は乗車を断るということもありますが、多くのトラブルは パッと見ではわからない人が乗車後に起こすためになかなか防げていません。 地理に詳しくなければならない これは当然のことですが、地理に関してはある程度の知識が必要となります。 もちろんカーナビを使う方法もありますが、混んでいる道、早く到着できる道などを多く知っている方が仕事はスムーズになります。 お客の方が地理に詳しい場合などはトラブルの原因にもなります。 法人・個人どっちがいいの 5-1. 法人・個人のタクシードライバー タクシードライバーには大きく分けると二種類あります。 最低限の給与が保証されること• 福利厚生があること といったメリットがあります。 運行に関しても会社が考えてくれますので、 何よりも安心というのが会社に属するメリットと言えます。 個人事業主になるメリット 会社に属していると色々な保証がある反面、お客からもらった運賃がすべて自分のところに入るわけではなく、会社が売り上げを集めることになります。 そのうえで給与が支払われますので売り上げがすべて自分の収入にはなりません。 しかし個人事業主になれば 売り上げはすべて自分のものとなります。 もちろん売り上げがないときは自分の責任になりますが、単純に収入としては大きくなることがほとんどです。 また、自分で勤務時間を決めることができるために 時間の融通は自由にききます。 タクシードライバーに向いているのはこんな人 タクシードライバーは仕事が運転することですので、 運転が好きな人には向いていますし、運転が好きではない人には向いていないと言えます。 また、運転だけしていれば良いというわけではなく、乗客に対しては接客をしなければいけません。 タクシードライバーは接客業でもあるのです。 こうした要素がある人であれば向いていると言えるでしょう。 まとめ タクシードライバーになるための方法や勤務時間、給与などについて述べてきました。 それらを踏まえて自分の希望するタクシードライバーになっていきましょう。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。 ドライバー専門の無料求人検索サイト 物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。 10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、 とりあえず検索して見ることをおすすめします!.

次の

タクシードライバーになるのに必要! 深視力とは?

タクシードライバーになるには

Contents• タクシードライバーになるには タクシードライバーに必要な免許 タクシードライバーになるためには普通一種免許だけではいけません。 「乗客を乗せて運賃を得る」ためには 二種免許の取得が必要となるのです。 これはタクシーやバスのようなお客を乗せて運ぶという車両を運転する際に必要になる免許です。 また、 介護タクシーを運転する場合には「介護職員初任者研修」の資格が必要になります。 二種免許を取得するには 一種免許と同じように教習所に通って取得するのが一般的です。 ただし、受験するには 一種免許を取得して3年が経っていることが条件となりますので、無免許の人がいきなり取得することはできません。 だいたいは 10日程度で、• 合宿・・・18万円前後• 通学・・・22万円前後• 試験一発勝負・・・4万円前後 の費用がかかります。 二種免許取得のための支援制度 ハローワークなどでの職業支援を利用して教習所に通った場合などは補助金が出る可能性があります。 この 「教育訓練給付金制度」を利用するには手続きが必要になります。 また、タクシー会社などに入社後に二種免許を取得する場合は 会社が支援制度の手続きを行ってくれる場合があります。 どちらの場合も事前に確認しておきましょう。 タクシードライバーの仕事と給料 タクシードライバーの仕事内容 会社に属している場合は勤務表にのっとって仕事を始めます。 まず 車両の点検、運行表の確認などを行い、一日の流れを確認して業務に入ります。 昼勤務・・・7~16時もしくは8~17時の勤務• 夜勤務・・・夜間の勤務 になります。 どちらの場合も時間帯によって客層が変わるために売上にも差が出やすくなります。 そのため 多くのタクシー会社では「隔勤務」が採用されています。 これは昼勤務と夜勤務を組み合わせる、もしくはシフト制にするというものです。 組み合わさった場合は 昼と夜を続けて勤務して、次の日が休み、という流れになります。 この組み合わせが採用されている会社では勤務日数が12日前後となります。 タクシードライバーの給料 会社によっても割合は違ってきますが、タクシー会社で多いのは 「基本給+歩合」という形式です。 これは売上に応じて歩合の部分の収入が変わるというものです。 このため同じタクシードライバーでも給料はまったく同じにはなりません。 長く働く、多く売り上げを上げるという人はそれだけ収入が多くなるようになっているのです。 そのためタクシードライバーの 平均給与を見ると250~500万円ほどとかなりの幅の広さとなっています。 タクシードライバーの仕事のメリット 年齢・学歴不問 体さえ元気であれば高齢になっても勤務することができるのがタクシードライバーです。 また、仕事を行うに当たって運転技術や地理知識は必要になりますが学歴は関係がありません。 そういったところもメリットと言えるでしょう。 歩合制での実力勝負 給与体系が「基本給+歩合」という設定ですと歩合で稼ぐ自信がある人にとっては高額の収入を得るチャンスでもあります。 バリバリ仕事をして売り上げを上げて稼ぎたいという人にとっては魅力的な仕事だと言えます。 さまざまな人との出会い 一日タクシー業務にあたっているとさまざまな乗客に巡り合います。 色々な人に出会えるということを楽しいと感じることができる人にとってはメリットとなります。 逆に色々な人にあまり会いたくないという人はタクシードライバーにはあまり向いていないのかもしれません。 休日が多い 昼勤務、夜勤務、隔勤務などの関係で組み合わせによってはかなり休日が多くなることがあります。 もちろん連続勤務になるときもあるのですが、 休日自体はかなり多いと言えます。 タクシードライバーの仕事のデメリット 勤務時間が長い・変則的 これも勤務の組み合わせにもよるのですが、 昼勤務と夜勤務を連続して勤務するときなどは20時間勤務で休憩時間3時間などということもあります。 かなり長い勤務時間になるので注意が必要です。 また、昼勤務と夜勤務があるということは毎日同じ時間帯の規則正しい勤務というわけにはいきません。 昼型、夜型が入れ替わることになりますので 体が慣れるまではつらいかもしれません。 お客さんとのトラブル どの仕事でもそうですがお客とのトラブルはタクシードライバーにもあります。 ややこしい注文をしてくる• お金を払わない• 酔っていて会話ができない• 威圧的 などさまざまです。 なかなか未然に防ぐことができないためにどうしても起こってしまうのです。 最近では明らかに酔っている度合いがひどい場合は乗車を断るということもありますが、多くのトラブルは パッと見ではわからない人が乗車後に起こすためになかなか防げていません。 地理に詳しくなければならない これは当然のことですが、地理に関してはある程度の知識が必要となります。 もちろんカーナビを使う方法もありますが、混んでいる道、早く到着できる道などを多く知っている方が仕事はスムーズになります。 お客の方が地理に詳しい場合などはトラブルの原因にもなります。 法人・個人どっちがいいの 5-1. 法人・個人のタクシードライバー タクシードライバーには大きく分けると二種類あります。 最低限の給与が保証されること• 福利厚生があること といったメリットがあります。 運行に関しても会社が考えてくれますので、 何よりも安心というのが会社に属するメリットと言えます。 個人事業主になるメリット 会社に属していると色々な保証がある反面、お客からもらった運賃がすべて自分のところに入るわけではなく、会社が売り上げを集めることになります。 そのうえで給与が支払われますので売り上げがすべて自分の収入にはなりません。 しかし個人事業主になれば 売り上げはすべて自分のものとなります。 もちろん売り上げがないときは自分の責任になりますが、単純に収入としては大きくなることがほとんどです。 また、自分で勤務時間を決めることができるために 時間の融通は自由にききます。 タクシードライバーに向いているのはこんな人 タクシードライバーは仕事が運転することですので、 運転が好きな人には向いていますし、運転が好きではない人には向いていないと言えます。 また、運転だけしていれば良いというわけではなく、乗客に対しては接客をしなければいけません。 タクシードライバーは接客業でもあるのです。 こうした要素がある人であれば向いていると言えるでしょう。 まとめ タクシードライバーになるための方法や勤務時間、給与などについて述べてきました。 それらを踏まえて自分の希望するタクシードライバーになっていきましょう。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。 ドライバー専門の無料求人検索サイト 物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。 10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、 とりあえず検索して見ることをおすすめします!.

次の

タクシードライバーになるには

タクシードライバーになるには

タクシードライバーとして仕事をするには、「普通自動車第二種運転免許」を取得する必要があります。 そしてその免許を取得するためには、視力検査以外に「深視力(しんしりょく)検査」というものを受けなくてはいけません。 「深視力」とはどのようなものを指すのでしょうか。 意外と苦手な人が多いと言われている「深視力検査」をクリアするコツは? 今回は、タクシードライバーになるのに必要な「深視力」について詳しく解説していきます。 深視力とは? 「深視力」というのは、「物がどれだけ良く見えるのか」という一般的な視力とは違い、両眼視機能と呼ばれる目の能力のなかでも、「立体感や遠近感を見分ける」目の能力のことを言います。 深視力は「二つの目で見る力」が求められるテストですので、視力が左右で大幅に異なる場合には奥行きがつかみにくくなってしまい合格が難しくなることも。 深視力検査に受かるためには、左右の視力のバランスが大切なのです。 深視力はタクシードライバーとどう関係する? タクシードライバーとして仕事をするためには、「普通自動車第二種免許」の取得が義務づけられていますが、その際に通常の視力検査とは別に「深視力検査」を受けなくてはいけません。 では、なぜタクシードライバーにとって深視力が重要なのでしょうか。 先ほども述べた通り、深視力というのは両目を使って立体感や遠近感を見分ける能力のことで、これは運転中の「距離感」を把握するのに大変重要な能力なのです。 この深視力が低下していると、例えば交差点で右折する時にも、対向車のスピード感を正しく把握することができず大変危険です。 お客さまを乗せて運転をするタクシードライバーにとっては、この能力が充分であるかどうかは、たいへん重要なポイントだと言えるでしょう。 深視力の測定方法 深視力は、一般的な視力検査とは異なる方法で測定を行います。 初めて検査を受ける方の多くが戸惑ってしまうようですので、あらかじめ測定方法をしっかりと理解して、準備しておくことも大切でしょう。 通常、免許センターなどで行われる深視力の検査には「三桿法 さんかんほう 」と呼ばれる測定方法が採用されています。 これは、2本の黒い棒の間に1本の棒を前後させ、それを2. 5m離れた位置から見て3本が水平になった瞬間にボタンを押すというテストです。 測定は3回行われ、誤差の平均が2センチ以下で合格となります。 とても単純なテストですが、左右の視力が大きく違っていたり、乱視や弱視があったりする人にとっては、大変難しい検査です。 深視力を向上させる方法とは? 一般的な視力検査は合格できるのに、深視力検査で不合格となってしまう方は決して少なくありません。 例えば、不合格となる原因が、単純に深視力の検査方法に慣れていないだけであれば、深視力検査のアプリなどを利用して練習することができますし、左右の視力が大きく違う場合にはメガネをかけることで対応が可能でしょう。 また、深視力が低下している場合にはトレーニングをすることで向上させることもできます。 具体的なトレーニング方法としては、【1】腕を伸ばして目の高さに自分の人差し指を持って行く、【2】その指を両目でしっかりと注視する、【3】注視したまま指を鼻先へと近づけたり離したりを数分間繰り返す、という方法がおすすめです。 普通自動車第二種免許に合格するためにも、深視力のトレーニングを行うなどしてしっかりと対策をしておきましょう。 関連する記事はこちら•

次の