ぬいぐるみ お医者さん。 MY53801 すみっコぐらしコレクション てのりぬいぐるみセット ベッド&ぺんぎん?(お医者さん)

ライオンのお医者さん フェルト ぬいぐるみ

ぬいぐるみ お医者さん

38歳の働く主婦です。 子供はおりません。 子供の頃からお人形遊びが大好きで、お気に入りのお人形とは一緒に寝たり、どこへでも連れていったりと 幼少時代にはある、ごく普通の行動だったとは思うのですが、 現在、38歳。 結婚も10年前にし、会社員として働いています。 まったく普通の大人なのですが 前記のぬいぐるみ、お人形好き&遊び(?)がやめられないんです。 遊ぶといっても一日中遊んでいるとかいうことではありませんが、たとえば 可愛がっているぬいぐるみに名前をつけて、食事のときはとなりに座らせたり、 寒くなると(そのぬいぐるみ用の)布団に寝かせたり、服を着せたり、 夫と居るときも、そのぬいぐるみを動かして話をしたり、といった具合です。 幸い、夫も笑いながら そのおかしなぬいぐるみ遊びに適当につきあってくれて 私がぬいぐるみを使って話しかけた問いに、答えてくれたり、時には夫も ぬいぐるみを使って私に話しかけてくれたりしています。 が・・ もうすぐ40歳、けど40になろうが、50になろうがこのおかしな傾向は直りそうにありません こんなんで大丈夫なんだろうか ちょっとおかしいんだろうか と最近不安になることがありましてトピを立てさせていただきました。 結局 >けど40になろうが、50になろうがこのおかしな傾向は直りそうにありません と、ご自分でおっしゃってるくらいだし、 子供がいるわけじゃないのなら かまわないと思いますよ。 犬に我が子のように話しかける人だってたくさんいるのだし、 トピ主さんの場合、それが人形なわけで。 …ちなみに ペットを飼うというのはスキじゃないんですか? ユーザーID: 4459603125• わかります。 子供の頃からぬいぐるみが大好きでした。 寝る時は布団に沢山入れて一緒に寝ていました。 ずっとそんな状態が続いたんですけど、20歳ぐらいで一度止めました。 その後結婚してしばらくしてかわいいぬいぐるみに出会いました。 一目で気に入り買いました。 しばらくはたまに触ったりするだけでしたが、布団に入れるようになり、旅行に連れて行くようになり(バッグに入れっぱなしです)今ではちょっとそこまで出かけるにもバッグの中に入れて連れています。 友人の前で出すことは無いので友人は知りません。 夫は半分呆れていますが付き合ってくれたりもします。 私は現在35歳ですがずっとこのままな気がします。 ユーザーID: 1999638991• 不惑突入3年目ですがやってます 人形ではなく可愛い系の動物のぬいぐるみ(架空生き物もいますが)で遊んでます。 子どもら二人ともぬいぐるみ大好きで(特に長男)服を着せたりのお世話したりもしますし、ぬいぐるみのために嘘っこの食べ物を作ったりもしてます。 元夫もその遊び結構好きみたいで今でもこちらに居る時は「美味しそうなキュウリ買ってやったぞ」とかっぱへお土産をくれます。 いえ結局は人間が食べるんですけど一応囓らせ?ます(笑) ちなみもうすぐ不惑突入の弟も好きです(自宅か我が家限定ですが) 他所様宅まで連れ歩くとか、他人にもその良さを強制するとじゃなければ構わないのでは。 ユーザーID: 1592673926• 人を巻き込まないこと 自分と全く同じ方がいて嬉しいです! わたしも小さいころからたくさんのぬいぐるみを可愛がっていました。 結婚して連れてきたのは、その中で一番かわいがっていたぬいぐるみだけですが、今でも遊んでいます。 わたしも、一日中遊んでいるというわけではありませんが、服を着せたり一緒に寝たり、ご飯食べたり・・・。 他人から見たら、かなり異常なんでしょうね・・・。 私自身も、ぬいぐるみで遊ぶ以外はいたって普通の大人だと思っています。 ぬいぐるみを通して、夫と話したり遊んだりしています。 結婚してすぐは恥ずかしくて隠していましたが、今ではかなり普通にあそんだりしていますよ。 他人に迷惑かけたりしているわけではないので全く問題ないですよねぇ。 子供生まれるまではとりあえずこのままな感じだとおもいます! ぬいぐるみって癒されますからね。 ユーザーID: 6892678006• 恥ずかしいけれど おかしくはないと思います。 かわいいもの大好きです〜。 持ち歩いたりはしませんが、ぬいぐるみ類好きです。 捨てることは出来ないので、増えるばっかりです… 旦那もそういう私に感化されて来たのか、来年の干支の置物がディズニーストアのプーさん寅3体でいいと言うようになりました(笑) 新婚旅行でハワイに行った時、どうしても行きたかった場所がぬいぐるみ屋。 自分でプロデュースする?ぬいぐるみのお店です。 中に入れるビーズの量を決め、ハート型のフェルトにKISSをして中に入れ命を吹き込み、名前登録してきました。 大体は子供が作るか、子供へのお土産らしいのですが、30代で自分用に作ってきました。 ユーザーID: 4557372180• トピ主です。 みなさんのお返事を読ませていただいて 自分と同じ嗜好の方がけっこういらっしゃることにびっくりしたのと安心いたしました。 あまりにも自分と同じ行動、気持ちの方のお話だったので 何回も読んでは一人でニヤニヤしてしまいました 私も、夫との旅行には必ずそのぬいぐるみを連れて行ったり ドライブのときも、後部座席に座らせて一緒に出かけたり 話しかけたり、一緒に寝たりしていますが どんなに親しい友人にも、さすがにこのことは言えずにウン十年。。 このまま 周囲にはナイショで、楽しもうと思います 自分がずっとこういう部分だけ脳のどこかが幼児のまま成長していなくて もしかしたらおかしいのかもしれないと 考えれば考えるほど心配になっていたのですが みなさんのお返事を楽しく読ませていただくことでもやもやが晴れました。 ありがとうございました ユーザーID: 1308315686• 私にもいます お気に入りは一つだけ。 幼稚園の時から30代半ばになるまでず〜っと一緒に生きてきたネコのぬいぐるみです。 私の中ではもうぬいぐるみではなく生き物だと思ってます。 結婚後も連れて来ましたし、主人にもかわいがってもらってます。 毎日一緒に寝て、ご飯も時々食べます。 毛布をかけてあげたりお出かけしたり、海外旅行も一緒に行きました。 勿論おしゃべりもしますよ。 ちょっと行き過ぎていて変かな?とも思いますが、自分自身はすごく癒されるし、見守ってもらってるような気がするし。 ただぼろぼろなのがすごく心配でかわいそうなのですが、そんな所がまたかわいくてしかたがない。 これからもずっと一緒です。 こんなに大事にできるものってなかなかないと思うのでお互い大切にしていきましょう〜。 ユーザーID: 4730771189• レスします。 トピ主様へ 私はもうごっこ遊びはしませんが、私には同い年(33歳)のぬいぐるみがいます。 結構ヨレヨレで修理もかなりして年季が入ってるので、大事にならぬよう実家のガラス戸付きの棚に飾ってます。 母に作って貰った服を着せて、実家人も私と同い年なんだから大切にしなさいと言い大事にしてます。 ぬいぐるみや人形って、一緒に年を重ねる感覚があるので妹のように思いますよね。 (人間の妹も居ますが) 私にとって同い年のうさちゃんは、他のぬいぐるみや人形と違い特別な思いがあるので 死ぬまで一緒に生きていて欲しいと思ってます。 バービーやリカちゃんは卒業しましたが、うさちゃんの卒業は私にはあり得ないですね。 年なんて関係ないですよ。 大事にして下さい ユーザーID: 1133144859•

次の

お医者さんごっこ用おもちゃを手作り!聴診器など材料と簡単な作り方|cozre[コズレ]子育てマガジン

ぬいぐるみ お医者さん

実体験を遊びにできること 病気になった時や予防接種の時などに子どもは病院へ行き、胸に聴診器を当てられたり注射をしてもらったりします。 子どもは病院を嫌がることが多いですが、きちんとその体験を覚えていることでしょう。 注射は痛いもの、病院では薬をもらえることなどを学びます。 また、お家や公園などで怪我をした場合にはママやパパに怪我の手当てをしてもらいます。 薬をつけてもらったり絆創膏を貼ってもらったりしたことも記憶に残ります。 怪我をして痛くて泣いてしまっても、ママやパパや優しく手当てをしてくれた、大切にしてくれたという思いが残るでしょう。 お医者さんごっこは、そのような実体験を遊びに出来るという魅力があります。 さらに、お医者さんごっこ用のおもちゃがあれば、より現実感のあるごっこ遊びができるでしょう。 また、お友達とお医者さんごっこをする際には、「痛くてかわいそう」といった人を思いやる心も育むことができます。 作り方 【お薬】 (1)ヨーグレットなどの空き容器の大きさに合わせてフェルトを切ります。 (2)開封できるように、マジックテープをフェルトと空き容器の片側にそれぞれを縫い付けます。 マジックテープは適当な大きさにカットしてください。 (3)空き容器とフェルトを重ね合わせ、マジックテープが付いていない側を縫い合わせます。 (4)空き容器にボタンを入れ、マジックテープで留めれば完成です。 【お薬袋】 本物の薬袋にラベルシールを貼って作ります。 ラベルシールには、子どもの名前や病院名などを書いて貼りましょう。 これは一例ですので、布を袋状に縫って作るアイディアもあります。 布で作ると丈夫に出来て良いかもしれないですね。

次の

MY53801 すみっコぐらしコレクション てのりぬいぐるみセット ベッド&ぺんぎん?(お医者さん)

ぬいぐるみ お医者さん

ぬいぐるみのお医者さん 小さな頃から一緒にすごした大切なぬいぐるみ 大切な人からのプレゼントなど 愛されすぎてしまったぬいぐるみたちが、これからもあなたとずっと一緒に居られますように。 ぬいぐるみ作家のチャウテセイが丁寧に施術させていただきます。 STAY HOME! キャンペーン 5月30日延長!6月30日ご相談分まで チャウテセイではみなさまと良い子で在宅されているぬいぐるみたちの、お風呂サービスをしております。 お見積りいたします。 ぬいぐるみのお写真、角度別に2. ぬいぐるみのお名前• ぬいぐるみのご年齢• ぬいぐるみの大きさ• お迎え時の金額(だいたいでOK)• 気になっている箇所など• 本ページ下部のご注意事項を必ずお読みください 入院• 以下のメモを同梱の上、ご案内するお送り先まで箱に入れてお送りください• ぬいぐるみのお名前• ぬいぐるみのご年齢• 中綿の返却有無• ご都合の良いお受け取り時間帯、曜日など• チャウテセイの元にいらっしゃいましたら、到着時やお風呂、お怪我の状態を撮影しご連絡いたします 退院 施術が完了しましたら写真でご確認いただきます。 問題ございませんでしたらご帰宅となり、ご帰宅後に再度確認いただきご納得の上で施術料金をお支払いください。 SNSなどでご紹介させていただきますのでどうぞよろしくお願い致します。 キャンペーン中は無料です!! パーツがない おめめがない等はご用意の上でお送りください。 取付費用はかかりません。 どうしてもご用意がむずかしい場合はご相談ください。 こちらで別途費用をいただきお探しします。 どんなものが良いかは、お気軽にご相談くださいね。 破れなど 10か所の小さな破れであれば基本パックに含まれています、それ以上のお怪我の場合は、程度や材質などでお見積りいたします。 型紙の生成が必要な場合1パターン1000円+生地の材料費をいただいております。 植毛 アクリル毛糸を同梱でお送りください。 500円ハゲくらいで500円 大けが 入院されたぬいぐるみを解体して型紙を作り、そこから盗作を作って退院などという会社もありますが ぬいぐるみ作家でもあるチャウテセイでは、あなたに愛されたその子はその子だけと考えています。 飼い主さんがご自身でたくさん治されたぬいぐるみさんなどは、不思議なバランスでこの世にとどまっていることがあります。 今の状態が一番その子らしいという、営利目的だけではないから見えてくるところです。 それでも中身が出てきちゃうとか、気になる箇所でできることはあるはず。 別途お見積りになりますが、精いっぱい施術方法をご提案させていただきます。 ご注意事項 ・ちいさなお子さまのぬいぐるみを、お医者さんへ連れて行こうとされている大人のみなさまへ。 大人から見たらボロボロになってしまったぬいぐるみであっても、ご本人にとってはそれが最良である可能性があります。 お子さまが自分の大切なぬいぐるみと向き合い、判断できるまできちんと話し合ってください。 チャウテセイは人間ですので、万が一のことがあった場合もきちんとぬいぐるみがご帰宅できるよう、同居の家族1名にぬいぐるみのご帰宅先の住所を開示しております。 施術は魔法ではありません、最善は尽くしますがご希望のレベルまで修復できない場合もございます。 大規模な震災やその他災害または著しく人命にかかわるような状況の場合、お返しできない場合がございます。 その場合は購入金額の範囲内で保証させていただきます。 感染予防の観点より、血液や吐しゃ物などが著しく付着したぬいぐるみの受け入れをお断りする場合がございます。

次の