性病原因。 精液(精子)が黄色っぽい・・これって大丈夫?もしかしたら性病!?

【医師監修】性病が原因の血尿と他の病気が原因の血尿は、何か違いはあるの?

性病原因

次に書くのは、よくある会社の朝の風景です。 あなたはこのような相談をされたことはありませんか? 「先輩おはようございます。 実はちょっと相談があるんですけど聞いてもらえますか? 先週に秋のボーナスが出たでしょ。 それで、おれその日の内に歌舞伎町のファッションヘルスに行ってきたんです。 盆休みが終わってから、しばらくは風俗遊びもせずに仕事をがんばってたから、自分へのご褒美みたいなもんですよね。 ただ、今日の朝おしっこをしようとしたら、あそこが痛すぎて、チョロチョロとしか出すことが出来なかったんですよ・・・。 これって、もしかして性病なんですかね?」 後輩くんはどうやら、ファッションヘルスで性感染症が移ってしまったようですね。 症状が出るまでの潜伏期間が1週間であったことと、尿をするときに、激痛がするという症状からおそらく『淋病』をもらったのだと推測ができます。 しかし、それは正しいことなのでしょうか? 男性の性感染症の原因の8割以上が風俗 先ほどの問いの答えとなるデータをご紹介します。 このデータは、男性の性感染症の患者の内で、風俗で働いている女性(コマーシャルセックスワーカー)が原因で感染した人の割合をしめしたものです。 クラミジア・・・約70%• 淋病・・・約40%• 性感染症患者全体の85%以上と過半数を超えていますので、男性の性病の原因としては最も多いことは一目瞭然ですよね? 『一般の女性と関係を持つ方が、風俗遊びをするよりも危ない』という発言が、いかにデタラメで無責任なものであるかがよく分かります。 風俗でフェラチオや素股のサービスを受けることは、たしかに法律的には合法かもしれません。 しかし、感染症にかかるリスクが大きいことは事実です。 もし、あなたがそのようなサービスを受ける場合は、最低限の予防策としてコンドームをつけることを心がけてください。 そして、風俗に行った後にはHIVやクラミジア、淋病のような病気に感染していないかを、きちんと検査で確認するようにしましょう。 『えっ、毎回検査しないといけないの?』と思われるかもしれませんが、風俗遊びは感染の危険が高いのですから、当たり前です。 早期発見なら、すぐに治療ができる病気がほとんどですから、あなたや周囲の大切な人のためにも、必ず検査を受けるようにしてください。 自宅検査キットを使えば、病院に行くことなく自宅で検査することもできますからね^^.

次の

性病の臭いって?女性器のニオイガイド

性病原因

黴毒、瘡毒とも呼ばれています。 梅毒の感染原因には性行為や母子感染があり、症状には膿の溜まった塊の発生や、リンパ節の腫れ、発熱、倦怠感、関節痛、全身への発疹、 ゴム腫の発生、臓器への腫瘍、脳や脊髄や神経の破壊などがあり、場合によっては死亡することもあります。 対処法には抗生物質の投与が有ります。 淋病(淋菌感染症) 淋病は淋菌を原因とする感染症で、性行為感染症(STD)および、性病にもなっています。 淋病の感染原因には性行為や母子感染があり、極稀に淋菌の付着したタオルなどを経由して感染することがあります。 なお、淋菌は非常に弱く、乾燥、日光、消毒剤などで死滅させることが出来ます。 淋病の症状には、咽頭炎、淋菌性尿道炎、子宮頚管炎などがあり、尿道・子宮頸部・直腸などの内膜や目の結膜に感染します。 軟性下疳 軟性下疳は軟性下疳菌を原因とする感染症で、性行為感染症(STD)および、性病にもなっています。 軟性下疳の症状には、生殖器の発疹、膿の溜まった塊の発生、痛み、出血、太ももの付け根のリンパ節の腫れなどがあります。 また、軟性下疳に感染するとエイズ(HIV の感染しやすくなることが有ります。 対処法には抗生物質の投与が有ります。 軟性下疳は日本では感染例は少ないですが、東南アジア、南米、アフリカなどで多くの感染例があります。 鼠径リンパ肉芽腫 鼠径リンパ肉芽腫とはクラミジア・トラコマチスを原因とする感染症で、 第四性病(梅毒、淋病、軟性下疳に次ぐ性病のため)と呼ばれることが有ります。 鼠径リンパ肉芽腫の症状には、感染部分の糜爛化・腫瘍化、発熱、頭痛発疹、痛みを伴う鼠径リンパ節の膨張などがあります。 対処法には抗生物質の投与が有ります。 鼠径リンパ肉芽腫は日本での感染例は少なく、熱帯雨林気候の発展途上国などで多くの感染例があります。 ウイルスを原因とするもの 性器ヘルペス 性器ヘルペスとは単純ヘルペスウイルスを原因とする性行為感染症で、単純ヘルペスウイルスの2型(1型は口唇ヘルペスの原因となる)によって引き起こされます。 感染の原因には性行為などがあり、症状には水泡の発生、腫瘍、痛み、神経痛などがあります。 治療法にはヘルペス剤のアシクロビルや、抗ヘルペス剤の投与・散布があります。 尖圭コンジローマ(尖圭コンジローム) 尖圭コンジローマとは、ヒト乳頭腫ウイルス HPV により引き起こされる性行為感染症で、 男性器、女性器、肛門、口唇、口腔に感染します。 症状には感染部への痛みを伴わないイボの発生などがあり、1年程度で自然治癒する場合があります。 尖圭コンジローマに似た症状には男性器への「フォアダイス」「真珠様陰茎小丘疹」が有ります。 子宮頸癌 子宮頸癌とは子宮の出口に位置する子宮頸部に発生する癌で、ヒト乳頭腫ウイルス HPV により引き起こされるため性感染症に分類されています。 子宮頸癌には発生場所により「扁平上皮癌」「粘液腺癌」「類内膜腺癌」「漿液性腺癌」「腺扁平上皮癌」 「粘表皮癌」「すりガラス様細胞癌」「腺様嚢胞癌」などの癌がありますが、通常は「扁平上皮癌」が発生します。 B型肝炎 B型肝炎とはB型肝炎ウイルス HBV により引き起こされるウイルス性肝炎で、性行為でも感染することから性行為感染症に分類されています。 B型肝炎の症状には、急性肝炎、劇症肝炎などがあり、肝硬変や肝臓がんを引き起こすこともあります。 HIV HIVとはヒト免疫不全ウイルスで、人の免疫細胞に感染し免疫細胞を破壊してしまうため、エイズ(AIDS:後天性免疫不全症候群)を引き起こします。 後天性免疫不全症候群は、性行為、輸血や麻薬のまわし打ちによる血液感染、出産時や授乳時による母子感染があり、 感染者は世界で約5千万人居るとされています。 後天性免疫不全症候群の症状には倦怠感、体重の減少、発熱、咳、眩暈、発疹など風邪に良く似た症状が発生し、 後天性免疫不全症候群感染後にカンジダ症、壊疽、ニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)、HIV脳症など23の疾患の何れかが発生した場合に 後天性免疫不全症候群発祥と判断されます。 治療方法は症状によった抗ウイルス薬の投与があります。 成人T細胞白血病 成人T細胞白血病とはヒトTリンパ好性ウイルス(HTLV-1)の感染により引き起こされる白血病もしくは悪性リンパ腫です。 ヒトTリンパ好性ウイルスの感染原因には、授乳、性交、輸血などがあり、日本では九州や沖縄に感染者が多くいます。 サイトメガロウイルス感染症 サイトメガロウイルス感染症とは、ヘルペスウイルス科のウイルスであるサイトメガロウイルスにより引き起こされる感染症で、 性行為で感染することもあるため性行為感染症に分類されています。 サイトメガロウイルス感染症の症状には、結膜炎、肺炎、骨髄炎、腸炎などがあります。 また、母子感染による先天性サイトメガロウイルス感染症の場合、小頭症や頭蓋内石灰化を引き起こすこともあります。 伝染性軟属腫 伝染性軟属腫とはPoxviridae科のmolluscipoxvirusにより引き起こされるウイルス性感染症で、「水イボ」とも呼ばれています。 基本的には子供がプールなどで感染する病気ですが、成人でも性行為により感染する場合があります。 伝染性軟属腫の症状には、2~5mm程度の水イボが発生します。 C型肝炎(稀であるためSTDの定義に該当するか議論がある) C型肝炎とはC型肝炎ウイルス HCV により引き起こされるウイルス性肝炎で、 極稀に性行為でも感染することから性行為感染症に分類される場合もあります。 C型肝炎の症状には、発熱や倦怠感、嘔吐などがあり、場合によっては急性肝炎や慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんの発症へと繋がる場合があります。 クラミジアを原因とするもの 性器クラミジア感染症 性器クラミジア感染症はクラミジア・トラコマチスを原因とする性行為感染症で、キスや性向などにより尿道、膣内、咽頭などに感染します。 性器クラミジア感染症の症状には、感染部の痛みや膿の発生、尿道炎、前立腺炎、肝炎、腎炎、子宮内膜炎、卵管炎、子宮頸管炎などがあります。 治療法には抗生物質や抗菌剤の投与があります。 真菌を原因とするもの 性器カンジダ症 性器カンジダ症とは真菌の一種であるカンジダを原因とする性行為感染症で、 女性の膣に感染することが多いため「カンジダ膣炎」「膣カンジダ症」とも呼ばれています。 カンジダは人体にも存在している常在菌ですが、体調不良などで身体の免疫力が下がっている際に感染する事が多くなります。 また、外気に触れている男性器ではカンジダの繁殖は起こりにくいですが、女性の性器は外気に触れないため繁殖しやすくなっています。 性器カンジダ症の症状には、痒み、分泌物の発生、炎症などがあります。 治療方法には感染部位の洗浄や、抗真菌薬の投与などがあります。 口腔カンジダ症 口腔カンジダ症は真菌の一種であるカンジダを原因とする性行為感染症で、鵞口瘡とも呼ばれています。 カンジダは口腔内にも存在している常在菌ですが、体調不良などで身体の免疫力が下がっている際に感染する事が多くなります。 口腔カンジダ症は急性型(偽膜性、萎縮性)、慢性型(萎縮性、肥厚性)の分類があり、 症状には口腔内の斑点、粘膜のびらん、出血、腫瘍などがあります。 白癬 白癬とは真菌である白癬菌属(トリコフィトン属)により引き起こされる皮膚感染症です。 白癬は感染部分により、「たむし(頭部・手・足・股以外)」、「いんきん(股)」、 「水虫(足の裏や足の指先)」、「爪水虫(手足の爪)」、「しらくも(頭部)」などと呼ばれています。 性感染症としての白癬には「いんきん」が有ります。 寄生虫、原虫を原因とするもの トリコモナス原虫による感染症(トリコモナス症) トリコモナス原虫による感染症は、原生生物であるトリコモナスを原因とする感染症で、性行為でも感染する事があります。 なお、性行為以外にも、母子間s年、共同浴場やトイレ、タオル・下着・衣類などでも感染する場合があります。 トリコモナス原虫による感染症の症状には、膣炎、子宮頸管炎、尿道炎、性器のかゆみなどがあり、大腸に感染して下痢を引き起こす場合もあります。 アメーバ赤痢 アメーバ赤痢とは、赤痢アメーバを原因とする消化器伝染病で、性行為でも感染する事があります。 アメーバ赤痢の症状には、大腸・直腸・肝臓への腫瘍、粘液血便の排泄、下地、腹痛、ガスの発生が有ります。 日本では発生は殆ど無く、熱帯や亜熱帯気候の地域で発生しています。 毛じらみ症 毛じらみ症とは、毛虱(ケジラミ)と呼ばれる、吸血昆虫が寄生することにより発生する性感染症です。 毛虱は主に性行為で感染するため主に陰部の毛に寄生します。 また、性行為以外にも入浴施設などで感染する場合もあります。 毛虱は大きさ1~2mmで、症状には強いかゆみと、吸血されることによる出血があります。 対処法には感染部分の毛を剃る剃毛や、毛のブラッシングによる成虫の除去、専用殺虫剤の散布があります。 疥癬 疥癬はヒゼンダニの寄生による皮膚疾患で、湿瘡 しっそう 、皮癬 ひぜん とも呼ばれています。 疥癬は交尾を済ませた雌の成虫が、人間の皮膚の角質層にトンネルを掘って寄生する事で発生し、 症状には皮疹。 強いかゆみ、赤い発疹などがあります。 ヒゼンダニは性行為などから人に感染することがある為、性行為感染症にも分類されています。

次の

性病になる原因ってどんなものがある?

性病原因

主要な性病・性感染症の症状写真を男女別でまとめました。 修正していない男性器・女性器の写真や、ショッキングな写真もかなり多い為、画像はクリックしないと見れないようにしています。 なぜ、性病の症状の写真をわざわざ見なきゃいけないの? 性病の症状ごとの症例写真を見る事は、もちろん自分が性病にかかっていないか?という事をチェックする為にも大切です。 しかし、もっと大切な事は 【相手が性病に感染していないか?行為前に目で見て判断の目安になる】ということです。 もちろん、目で見ても分からない性病や性感染症もたくさんあります。 しかし、何も知らないよりは、知っていた方が性病感染を回避できる可能性が上がる事は間違いありません。 相手の性器を見た時に 『あれ・・・このブツブツ・・・もしかして性病じゃない?』と気付くだけでもいいんです。 このページがあなたの性病感染予防に少しでもお役に立てれば嬉しく思います。 クラミジア感染症 日本で男女ともに感染者数が一番多い性感染症がクラミジアです。 見た目ではほとんど判別ができず、また自覚症状も非常に乏しい為、知らないうちに感染して、知らないうちに他の人にうつしてしまう事が非常に多いです。 風俗店に限らず、一般の男女のお付き合いでも感染する事が多いので注意が必要です。 男性のクラミジア感染症の写真 男性器(ペニス)の亀頭と尿道のアップの写真です。 男性のクラミジア感染特有の「尿道から出る透明な膿」が写っています。 女性のクラミジア感染症の写真 女性器(ヴァギナ)の内部の写真です。 奥の方で炎症を起こして、白っぽい膿(オリモノ)が出ている事が確認できます。 咽頭クラミジア 咽頭クラミジアは喉に感染する性感染症ですが、ほとんど症状が出ません。 そして、炎症が起きても、咽頭炎との区別は性病検査をしないと分かりません。 よく、性病関連のサイトで海外の咽頭クラミジアの写真といって掲載しているサイトがありますが、 その写真は咽頭クラミジアとは全く関係ありません。 それらのサイトは、免疫系の疾患(AIDS)の重度に進行した写真を、咽頭クラミジアと勘違いして転載しています。。 淋菌感染症(淋病) クラミジアとセットで感染する事も多い淋病。 クラミジアと違い、男性は明確な症状が出やすいです。 ただし、女性はオリモノの質が変わったり、軽い性交痛があるなどの症状なので、気付きにくいです。 男性の淋病感染の写真 男性器(ペニス)の亀頭と尿道のアップの写真です。 男性の淋菌感染特有の「尿道から出る黄色い膿」が写っています。 女性の淋病感染の写真 女性器(ヴァギナ)の写真です。 内部で炎症を起こして、白い膿(オリモノ)が出ている事が確認できます。 咽頭淋菌の写真 喉の奥の扁桃腺周辺に、赤いポツポツが確認できます。 ただし、こちらも重症化した際の写真で、通常の感染ではほとんど目に見える変化は確認できません。 梅毒(男女共通) 梅毒感染は進行度合いによって4つのステージごとに分けられています。 梅毒1期(初期症状) 感染箇所に5ミリ-20ミリ程の小さなしこりが発生します。 写真は男性器(ペニス)にできたシコリです。 梅毒2期(中期症状) バラ疹と呼ばれる薄い赤色の発疹が身体中に出ます。 口周りの発疹 腕に現れた発疹 梅毒3期(後期症状) ゴム腫というゴムのような腫瘍が特徴的です。 皮膚や骨から内蔵にまで体中に硬いコブができ、周囲の組織を破壊していきます。 写真は女性の頬にできたゴム腫 梅毒4期(末期症状) 梅毒が末期まで進行すると、体中の崩壊がすすみます。 日本でも江戸時代から梅毒は遊郭などで蔓延しており、「梅毒に感染すると鼻が落ちる」と言われていました。 これは、2期~3期で発生するゴム種が壊死して、取れてしまう事が由来していると言われています。 現代は医療が発達している為、ここまで進行する事は少ないですが、東南アジアの貧困地帯などで満足な治療を受けられず、そのまま進行して亡くなってしまう方もいます。 写真は梅毒末期患者の顔です。 いたるところが壊死して崩壊しています。 大変ショッキングな画像ですので閲覧には注意して下さい。 HIV AIDS HIVウイルスに感染する事で免疫力が失われ、特定23種の疾患のうち2種類以上が発症した場合に、AIDS発症と呼ばれます。 ここでは代表的なAIDSの疾患の写真をいくつかご紹介します。 カポジー肉腫 写真は、顔に発生した肉腫(デキモノ)です。 こちらの写真は、男性の鼻に発生した肉腫です。 口腔粘膜カンジダ症 写真は、口の中(口腔内)にできた腫瘍です。 口腔毛髪状白斑 写真は口の中(舌まわり)に発生した白い苔状の症状です。 伝染性軟属腫 写真は、額(おでこ)にできた腫瘍です。 ヘルペス 性器ヘルペスに感染すると性器周辺にブツブツや潰瘍性のただれ、水ぶくれ、リンパの腫れ等の症状が現れます。 一度ヘルペスに感染すると、今の医療ではウイルスを完全に消すことが出来ず、完治する事はありません。 症状が治まっても、1年以内に80%が再発すると言われています。 男性の性器ヘルペス感染 写真は、男性器にヘルペスが炎症を起こしています。 女性の性器ヘルペス感染 写真は、女性器周辺~お尻のまわりまで広範囲にブツブツと水ぶくれが発生しています。 口腔ヘルペス感染 写真は、口の周り(唇)にヘルペス感染しています。 重度のヘルペスのため、閲覧には注意して下さい。 尖圭コンジローマ 尖圭 せんけい コンジローマは性器のまわりや肛門等にカリフラワー状のイボがたくさんできる性感染症です。 速やかに治療を進めないと、どんどんイボが増え、大きくなります。 男性のコンジローマ感染 写真は、男性器(ペニス)の亀頭まわりに、コンジローマが発生しています。 女性のコンジローマ感染 写真は、女性器(ヴァギナ)の陰核(クリトリス)周辺にコンジローマが発生しています。 肛門のコンジローマ感染 写真は、肛門周りにコンジローマが発生しています。 肝炎(B型肝炎・C型肝炎) 肝炎に感染すると、白目の部分や皮膚が黄色くなる黄疸(おうだん)という症状が発生します。 顔・目にあらわれた黄疸 写真は、男性の顔や白目に黄疸があらわれています。 手にあらわれた黄疸 写真は、黄疸が出ている人の手と普通の人の手の比較です。 右が、黄疸の方の手です。 ケジラミ ケジラミ(毛じらみ)はウイルスや細菌ではなく、虱(シラミ)の一種です。 性行為などで陰毛が接触する事で感染し、血を吸い卵を陰毛に生み付けて寄生します。 ケジラミ(成虫)の写真 ケジラミ(卵)の写真 要注意!症状が出ない性病がたくさんあります! 一通り、上記の通り主要な性病の症状写真を紹介させてもらいました。 なかなか、ショッキングな写真が多かったと思います。 ここで一つ注意しなければならないのは、紹介した写真は性病に感染して明確な症状が出た場合や、重症化した場合の写真がほとんどです。 実際には、まったく見ても分からない性病も多く、気付かないうちに感染してしまうケースがほとんどです。 悩んでいても何も解決しませんし、そのまま放置すれば症状が悪化したり、あなたの大切な人や将来のパートナーに感染させてしまう恐れもあります。 検査を受けた結果、陰性であれば今後安心して過ごす事が出来ますし、陽性だった場合は早期治療に進めることが出来ます。 特に、日本では風俗店・一般の若い人達を中心にクラミジアや咽頭クラミジア等、 自覚症状の出にくい性感染症が拡大しています。 気付かないうちにうつされたり、誰かにうつしてしまっている可能性も十分にあります。 今は、自宅でも簡単に精度の高い性病検査を受ける事ができるようになりました。 忙しくて病院に行く暇が無い人や、病院であれこれ説明や問診を受けるのが恥ずかしいという人、とにかく検査を受けて性病に感染していない事を早く知りたい!という人には性病検査キットがおススメです。 具体的には下記の6種類の性病を検査すれば間違いありません。 【クラミジア】【淋病】 【HIVウイルス】【梅毒】【トリコモナス】【カンジダ】 女性の場合は、感染者が多い 【咽頭クラミジア】【咽頭淋菌】など、喉に感染する性病も併せて検査する事をおすすめします。 自宅で出来る性病検査キットで、上記の性病を検査できるキットの価格を比較しましたので参考にしてください。 血液検査に加えて、男性は尿・女性は膣液を採取して検査します。 特に女性はセットで検査をお勧めします。 上記の価格表の通り、コストパフォーマンスにも優れています。 他にも365日の検査体制が整備されていて、性病検査キットの中で一番結果が出るのが早いのも特徴です。

次の