トヨタ ヤリス クロス オーバー。 【トヨタ新型ヤリスクロス】2020年8月31日「NEW SUV」日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

【トヨタ ヤリスクロス】ついに発表! BセグメントのSUV

トヨタ ヤリス クロス オーバー

コンテンツ• toyota. 注目のボディサイズは以下の通りです。 ()内はヤリスの数値です。 全長:4,180mm(3,940mm) 全幅:1,765mm(1,695mm) 全高:1,560mm(1,500mm) ホイールベース:2,560mm(2,550mm) 全長で140mmも伸びていますが、ほとんどはラゲッジスペースの拡大に充てられています。 このため後席の足元スペースはヤリスとほぼ同じと考えていいでしょう。 ボディサイズが大きくなったとはいえ、ヤリスと同じくあまり後席を使用しない人向きといえます。 あと、全高が1550mmをオーバーしているので立体駐車場の利用は限られてきます。 ヤリスクロスのメインの市場は欧州ですが、日本でもライズのヒットからわかるようにコンパクトSUV市場が伸びています。 ヤリス(ヴィッツ)やフィット、ノートといったコンパクトカーからの乗り換えやダウンサイジングしたいニーズにぴったりですね。 サイズ的にはホンダのヴェゼルやマツダのCX-3、日産のキックスがターゲットになります。 ヤリスクロスはTNGA(トヨタの設計思想)の宿命ともいうべき狭い後席がハンディになりますが、トヨタの販売力でかなり競合することになりそうですね~ 次にヤリスクロスのパワートレインは以下の通りです。 新開発1. ヤリスと同様のラインナップとなっていますが、このパワートレインはヤリスのオーナーさん達から動的質感や燃費が好評です。 toyota. 資料は見せてもらうことは出来ませんでしたが、営業スタッフさんに「コレはある?」というように質問形式 笑 で教えてもらった情報などをまとめてみました。 toyota. このヤリスクロスで注目したいのが、ヒエラルキーを無視した快適装備の充実ぶりです 笑 ヤリスにはない電動パーキングブレーキにオートホールドに加えて、カローラシリーズやC-HRなど上位クラスでも採用されていないモノが多数用意されてます。 すべて付ければ、RAV4はもちろん新型ハリアーにも負けていない快適な車となります。 アダプティブハイビーム 基本はハイビームの配光で対向車や先行車に合わせてLEDの配光範囲を調整してくれる優れモノです。 Zにオプション設定です。 カローラシリーズやC-HR、RAV4にはない装備です。 LEDヘッドライト Zに標準装備、GとXにオプション設定です。 GとXはハロゲンランプです。 ルーフレール ZとGにオプション設定です。 運転席6ウエイパワーシート Zにオプション設定です。 カローラシリーズやC-HRにはない装備です。 7インチマルチインフォメーションディスプレイ Zに標準装備です。 フロントシートヒーター Zに標準装備、Gにオプション設定です。 ステアリングヒーター ZとGにオプション設定です。 ハンズフリーパワーバックドア フットセンサー付きで両手がふさがっても開閉ができます。 ZとGにオプション設定です。 カローラツーリングやC-HRにもない装備です。 toyota. Xはオプション設定で標準はスチールホイールとなります。 Zグレードに相当するサイドビューです。 ツートンカラーも設定されます。 toyota. toyota. ただ、もっと明るい色も設定して欲しかったところです。 この他、ヤリス同様に 安全・運転支援システムであるトヨタセーフティセンスは最新のものが採用されています。 toyota 今のところ、ざっくりヤリスの40万円高とみられています。 ・ ハイブリッドで240万~290万 ・ ガソリンエンジンで199万~250万 ほぼ、カローラシリーズと同じで、きっちりC-HRの下を狙ってきましたね。 Zの2WDのハイブリッドで乗り出し価格が300万くらいでしょうか? 一足先にデビューする日産の新型SUV「キックス」はe-Power搭載で、2,759,900~2,869,900円となっているのでハイブリッドだと価格ではガチですね~ スポンサードリンク ヤリス クロスオーバー 名称は「ヤリスクロス」に!気になる発売日は? まとめ ヤリスのSUVモデルである新型ヤリスクロスの最新情報をまとめてみましたがいかがだったでしょうか? 本来なら予約できる段階(先行発注)で装備が明らかになってくるものですが、ヤリスクロスはかなり事前に情報が提供されているようです。 (カローラスポーツのときとは大違い) それにしても、ヤリスクロスの装備はハンパない充実ぶりでしたね。 個人的に夜間走行が多いので、アダプティブヘッドライトに大注目です。 ヤリスクロスのデザインはヤリスよりいい意味で万人受けしやすいものに仕上がっていると思います。 売れ筋のコンパクトSUVに加えて快適装備が充実しているため、C-HRなど上位モデルのオーナーさんも気になっていることでしょう。 都会的クロスオーバーが増えてきましたが、ヤリスクロスはRAV4同様、ロードクリアランスが確保されている(170mm)のでSUV本来のアクティブな使い方が出来そうです。 これは発売が楽しみです!! ヤリスクロスは引き続き注目モデルとして情報が入り次第更新していきますね。 人気の記事• コンパクトSUVの新型モデルとしてトヨタからライズが2019年11月に登場しました。 トヨタのSUVが欲... 今度の新型ヤリスの走りは今までのヴィッツとは別格の出来で私も含めて多くの人から高い評価を受けています。 2020年2月にデビューした新型ヤリスのクロスオーバーとしてヤリスクロスが発表されました。 こうなると5ナン... 好調の新型カローラシリーズですが、セダンやハッチバックを抑えて約8割はカローラツーリングが選ばれています。 ライズに続いてコンパクトSUVのヤリスクロスがこの夏に発売されます。 このヤリスクロスは手ごろなサイズで取り...

次の

新型ヤリスクロス全情報ゲット 8月31日発表発売! 7月中旬から先行予約開始!!

トヨタ ヤリス クロス オーバー

トヨタが、コンパクトカー「ヤリス」をベースとしたクロスオーバー「ヤリスクロス」の日本発売を予定しています。 力強い走りを実現するトヨタ新型ヤリスクロスについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 新設定される新型ヤリスクロスの販売は、日本で7月中旬から事前受注を開始、発売日は2020年8月31日が予定されています。 専用のエクステリアデザインを採用し、悪路走行性能を向上• ベースモデルからボディサイズを拡大• パワートレインに新世代の1. 5Lガソリン、ハイブリッドパワートレインを搭載• ハイブリッド4WDモデル「E-Four」を設定• 3分割式リアシート、電動テールゲートを設定• 価格:200万円~300万円• 「X」 ・Toyota Safety Sense ・7インチディスプレイオーディオ ・2分割リアシート ・2スピーカー• 「G」 ・16インチアルミホイール ・8インチディスプレイオーディオ ・バックガイドモニター ・本革巻きステアリングホイール&シフトノブ ・3分割リアシート ・6スピーカー• 「Z」 ・18インチアルミホイール ・フルLEDヘッドランプ&リアコンビランプ ・運転席6WAYパワーシート ・7インチマルチインフォメーションディスプレイ+アナログメーター ・運転席助手席シートヒーター トヨタ新型ヤリスクロスの価格は、ベースモデルからのアップが抑えられ、戦略的な価格設定となります。 上位SUVのC-HRは日本で236万7000円からとされていますが、新型ヤリスクロスでは200万円ほどをスタート価格とすることで幅広いユーザーに対応します。 前後バンパーにはアンダーガードが採用され、サイドを強調してよりワイドな印象とすることによりクロスオーバーとしてのデザイン性を向上。 ホイールアーチや車体下部にはプラスチック素材を採用することで、傷への耐久性もアップ。 足元を引き締めるホイールには18インチが用意され、力強い印象に仕上げられます。 ボディカラーには、ルーフをブラックとした2トーンカラーも用意され、デザインを楽しむことができるようになります。 ホイールベース:2560mm• 最低地上高:175mm• 全長の延長は、フロントオーバーハングに60mm、リアに180mmを追加することでより多くの居住空間が確保されています。 悪路への対応力をアップするために最低地上高を上げながらも、重心高を低く設定することで軽快な走りがつくられています。 装備にはコネクティッドサービスに対応するディスプレイオーディオやカラーヘッドアップディスプレイを採用し、多彩な情報をドライバーに提供。 ラゲッジスペースはベースモデルのヤリスから強化され、2分割式だったリアシートは3分割式に変更。 電動テールゲートがオプション設定されるほか、高さを2段階に調整できるラゲッジボードやベルトで荷物を固定できるようにすることで使いやすさをアップ。 ハイブリッド車にはアウトドアレジャーなどで便利に使うことができるAC100V 1500W電源も装備されます。 直列3気筒1. 8kgm• 【ヤリスクロスハイブリッド】 直列3気筒1. 駆動方式:FF or 4WD• トランスミッション:CVT「Direct Shift-CVT」or 6速MT トヨタ新型ヤリスクロスのパワートレインには、ベースモデルの「ヤリス」からくる新世代の直列3気筒1. 5Lガソリンエンジンが搭載されています。 直列3気筒1Lガソリン• 4kgm• トランスミッション:CVT• 駆動方式:FF ベースモデルの「ヤリス」ではエントリーモデルとしてFF駆動のみの1Lエンジンが設定されていましたが、新型ヤリスクロスではボディサイズが大きくなることから1. 5Lエンジンを採用。 直列3気筒1. 5Lエンジンは、「カムリ」から導入された「ダイナミックフォースエンジン」の排気量を縮小するとともに、ロングストロークやバルブ挟角拡大などの高速燃焼技術を採用し、低燃費と高出力を両立。 5Lハイブリッドシステム あわせて設定される1. 5Lハイブリッドでは、システム全体の高効率化とハイブリッドシステム専用のエンジン設計、リチウムイオンバッテリーや高出力モーターの採用により、ハイブリッドシステム出力を15%アップし、燃費を前世代から20%以上向上。 リアにモーターを搭載するハイブリッド4WD「E-Four」も設定されています。 また、外部給電機能を持つアクセサリーコンセント(1,500W)にも対応し、家庭用と同じコンセントを通じて電化製品を使用できるほか、災害などの非常時には発電機として使用できるようになります。 悪路など負荷の大きい路面での走行性能や耐久性にも優れたトランスミッションとなります。 「C-HR」では新燃費規格のWLTCモード値でハイブリッド車が25. 1Lガソリン:20. 5Lガソリン 6速MT&FF:19. 5ハイブリッド FF:36. 「Toyota Safety Sense」は、歩行者検知(昼間・夜間)および自転車運転者検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減に寄与する「プリクラッシュセーフティ」を採用。 右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象とし、万が一の交差点事故への対応範囲を拡大。 また、低速時の事故予防をサポートする「低速時加速抑制」機能を採用。 自車の直前にいる歩行者、自転車運転者、車両をミリ波レーダーと単眼カメラで認識し、前方に対象物がある状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルが必要以上に強く踏み込まれた場合には、エンジン出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポート。 高度駐車支援システム「Advanced Park」も設定され、ハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御し、駐車に必要な操作を支援。 カメラと超音波センサーによって周辺を監視し、万一の場合は警報とブレーキ制御で接触回避をサポート。 さらに事前に駐車位置を登録することで、白線のない駐車場でも使用を可能とする「メモリ機能」が採用されます。 いつ?トヨタ新型ヤリスクロスの日本発売日は? 新設定されたトヨタ新型ヤリスクロスの発売日は、日本で2020年8月31日、欧州で2021年夏が予定され、生産は日本向けがトヨタ自動車東日本、欧州向けはフランスのTMMF(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・フランス)が担当します。 トヨタは、日産「ジューク」やルノー「キャプチャ」、プジョー「2008」などがラインナップされ人気になっている欧州Bセグメントクロスオーバーに新モデルを投入することによりシェアを獲得していきたい考えです。 「ヤリス」の車名の由来は、ギリシャ神話の美の女神「カリス Charites 」の単数形「Charis」からの造語になっています。 日本名「ヴィッツ」の由来は英語の「Vivid」(鮮やか)とドイツ語の「Witz」(機知・発想の転換)を掛け合わせた造語となっていました。 初代は、登場前に販売されていたスターレットの後継車として開発され、コンパクトカーながらデザインや機能性を高めたモデルとすることで大人気になりました。 前モデルは3代目として日本で2010年、海外で2011年にフルモデルチェンジ。 欧州では2012年にヤリスハイブリッドが新設定されていましたが、日本では「アクア」が人気になっていたことから2017年に導入されました。 モータースポーツでのベース車としても使用され、ワンメイクレースのほか、2017年からは世界最高峰ラリーにも「ヤリスWRC」にて参戦。 トヨタの新スポーツブランドとして2017年に発表された「GR」では、ブランド最上位の限定モデル「GRMN」が一番最初に設定された車種にもなりました。 新型トヨタ・ヤリスクロスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

トヨタ・ヤリスクロスの悪路走破性に期待が持てる3つのワケ|MotorFan[モーターファン]

トヨタ ヤリス クロス オーバー

2代目 ist トヨタは新型コンパクトSUVをヨーロッパ市場に導入する計画を2020年1月14日(現地時間)に発表。 2020年3月5日〜2020年3月15日(現地時間)に行われるにて世界初公開の予定であったがが、デジタル記者会見が2020年3月3日(現地時間)に放送された。 新しいコンパクトSUVの「名前」「プラン(価格)」「導入のタイミング」は、将来発表される予定。 未来の車の様式化されたシルエットだけがイベントで示された。 新型 ヤリス クロス 仕様について をベースとし、専用のエクステリアデザインを採用。 全長4,180mm、全幅1,765mm、全高1,560mm、ホイールベース2,550mmの3ナンバーサイズのSUVとなった。 専用の18インチアルミホイールを採用。 ヤリスと比べ全長は+240mm、全幅は+70mm、全高は+60mm拡大している。 0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ」を採用し、リアシートは「3分割式リアシート」「ハンズフリーパワーバックドア」を採用する。 ハイブリッドモデルに「アクセサリー コンセント」AC100V 1500Wのコンセントを追加することができる。 新型 ヤリス クロス Toyota Safety Sense の主な特長 先進の予防安全技術、を搭載する。 レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。 従来のトヨタセーフティセンスPに比べ、昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載。 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。 ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。 更に 右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象とした。 ロードサインアシスト RSA 検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。 レーンディパーチャーアラート(LDA) カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。 オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。 レーダークルーズコントロール 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。 前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。 トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。 レーントレーシングアシスト(LTA) レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense に初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。 新型 ヤリス クロス 予防安全装備 インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ静止) アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。 車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。 ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。 先行車発進告知機能 信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。 緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式) 急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。 セカンダリーコリジョンブレーキ SRSエアバッグのセンサーが衝突を検知して作動したとき、自動的にブレーキと制動灯を制御することで、車両を減速させ二次衝突による被害の軽減に寄与。 デジタルインナーミラー 車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する。 高度駐車支援システム「Advanced Park」(トヨタ初)ハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御し、駐車に必要な操作を支援。 ハイブリッドモデル オプション設定(7万7000円~9万3500円)。 イージーリターンシート お好みのドライビングポジションを機能させ、マニュアル操作で前回の位置へ簡単に復帰することができる。 ターンチルトシート 運転席および助手席のシートが回転&チルトし、楽にクルマに乗り降りすることができる。 T-Connect基本サービス「ヘルプネット(エアバッグ連動タイプ)」「eケア走行アドバイス」「eケアヘルスチェックレポート」「マイカーサーチ」を購入後の5年間は無料で提供。 オーディオディスプレイは7インチまたはグレードにより8インチディスプレイを採用。 スマートフォンをUSBケーブルで接続することで連携が可能(「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応 オプション、SDL(Smart Device Link)「TCスマホナビ」「LINEカーナビ」「LINE MUSIC」など)となり、日常利用している地図アプリや音楽などをディスプレイで操作・利用が可能。 「SDL(Smart Device Link)」対応アプリ(「LINEカーナビ」「LINE MUSIC」など)であれば標準で連動が可能。 「Apple CarPlay」と「Android Auto」を仕様する場合には TV(フルセグ)+Apple CarPlay+Android Autoのセットオプション価格33,000円[税込]の申し込みが必要となる。 新型 ヤリス クロス スペックについて 車高は通常モデルの新型「ヤリス」と比較して45mm〜60mmアップさせている。 スペック 新型 ヤリス クロス 全長 4,180mm 全幅 1,765mm 全高 1,560mm ホイール ベース 2,650mm タイプ ハイブリッド ガソリン車 エンジン 直3 1. 9kW(5. 3ps) — モーター 最大 トルク フロント:141Nm(14. 4kgm) リア:52Nm(5. 3kgm) — WLCT モード燃費 33. 0~32. 4~18.

次の