上弦 の 参 あかざ。 上弦の声優は 予想も【鬼滅の刃】

【鬼滅の刃】上弦の参、猗窩座(あかざ)の泣ける過去、鬼になった悲しい理由が、、、

上弦 の 参 あかざ

上弦の参・猗窩座(あかざ) 上弦の参。 全身に紋様めいた刺青を施した、紅梅色の短髪を有する青年の鬼。 作中最初に登場した上弦。 鬼舞辻は忠実で真面目な猗窩座を気に入っている。 愚直に強さを求め続ける武術家じみた一面を持ち、敵でも実力者には尊敬の念を持つ一方、自身が弱者と見定めた者は露骨に見下し、些細な理由で真っ先に殺害しようとする。 若く強いまま何百年も鍛錬し続け、自分のような強大な鬼になることを「至高の領域」と賛美し、逆にどんな強者も「老い」によって弱体化する人間という種に対しては嫌悪感を抱く。 その価値観から高い実力を備えた者に対しては敬意を払い、同じ鬼になるように勧誘する。 「拳鬼」と呼ばれ、戦闘スタイルは己の体で戦う肉弾戦。 また、闘気を感知する血鬼術を用いる。 人間だった頃は「狛治」という名で病気の父親のためにスリで薬代を稼いでいたが、狛治が自分のために罪を犯すことに心を痛めた父親は自殺し江戸を追放される。 世を恨み喧嘩を繰り返していたところを、素手で戦う武術道場を営む慶蔵に拾われその娘の恋雪と恋仲になり、恋雪を守るため誰よりも強くなることを誓う。 しかし隣接する剣術道場の嫌がらせで井戸に毒を入れられ慶蔵と恋雪が死に、剣術道場の67人を虐殺。 自暴自棄になっていたところを無惨に鬼にされ、記憶を失ったことでただ強さのみを求める亡霊と化した。 構え、雪の陣、花火にちなんだ技などは、人間だった頃の思い出が土台となっている。 「狛治・猗窩座」ともに狛犬にちなんだ名であり、彼の回想を掘り下げた第155話のタイトルは「役立たずの狛犬」。 魘夢が倒された直後、無惨の指令で現れる。 煉獄の強さを認め、鬼になるよう勧誘するも決裂して交戦。 致命傷を与えるが、動きを封じられてしまう。 差し始めた陽光と頚に突き刺さる日輪刀に焦り、自らの腕をもいで戦場から撤退。 その行動を見た炭治郎に、卑怯者呼ばわりされる。 任務の結果を報告をするも、無惨の望みに達していなかったため、咎められ制裁を受けてしまう。 このことから炭治郎を標的視する。 無限城編では、炭治郎・義勇と二対一で戦う。 痣に覚醒した義勇と、柱に準じた実力を持つ炭治郎でさえも実力で上回るが、炭治郎の「透き通る世界」の闘気を感知することができず、斬首される。 それでも鬼の執念で頚を再生しようとするが、人間だった頃の記憶が蘇り自分がすでに強くなる理由を失っていたことに気づき、自分に攻撃を打ち込み崩れ去る アニメ鬼滅の刃をもう一度見るならAbemaTV 2016年4月より本稼働を開始したライブストリーミング形式で多彩な番組を提供するインターネットテレビ局です。 パソコンやスマホなどで視聴が可能で、開局から約11カ月で1. 500万ダウンロードを突破するほどの人気で多くの人が「AbemaTV」を活用している。 サービスとしてはニュースやドラマ、音楽といった幅広いジャンルを網羅したインターネット上で楽しむ番組の集合体です。 釣りや将棋、麻雀といった趣味系やアニメにも力を入れています。

次の

【鬼滅の刃】あかざの漢字の意味と変換方法は?

上弦 の 参 あかざ

概要 首領・鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)直属の十二人の鬼・十二鬼月の一人。 位は上弦の参。 人間だったころの名前は狛治(はくじ)。 初登場は第8巻63話。 鬼 鬼舞辻無惨の血により人間から 人外へと変貌した存在。 人食いの衝動があり、 人を食うほど力が増す。 肉体の強度や膂力が 並の人間より格段に優れているほか、 高い再生能力を持ち、通常の物理的な攻撃では殺すことができない。 弱点は「 太陽の光」。 太陽の光を吸収した鉱石で作った 日輪刀で頸を斬ると殺すことができる。 猗窩座は日輪刀で頸を斬られたが、勝利への執念により一時 頸を斬られても死なない進化を遂げかけた。 藤の花も苦手にしていて、藤の花で作った 特殊な毒で殺すこともできる。 太陽の光は基本的にどの鬼にも 等しく有効だが、藤の花の毒は鬼の実力によっては 効き目が減じられることもある。 十二鬼月 鬼の中でもとりわけ高い実力を持つ 十二人の最強の鬼。 鬼舞辻無惨の直属で、十二鬼月以外の鬼とは 比較にならないほど強い。 実力の高い順に、上弦の壱~陸、下弦の壱~陸の位が与えられている。 作中時点では上弦と下弦の間の実力の差は非常に大きい。 上弦は基本的に実力順で、下位の鬼が上位の鬼と戦い、勝利すると位が入れ替わる。 ゆえに、上弦の鬼で位の高いものは、 絶対的な実力を持つ。 下弦は鬼舞辻無惨が指名するもので、任命も剥奪も鬼舞辻の 気分次第。 作中では下弦の伍・累の敗北ののち、残る5人のうち4人が鬼舞辻によって処分され、残る1人は鬼殺隊に敗北し、 下弦の鬼は壊滅した。 上弦の参 十二鬼月12人のうち 上位6人に与えられる上弦の位、その中の 第三位である参の位を持つ。 上位には と 上弦の弐・童磨がいる。 童磨曰く「猗窩座殿はわれらには勝てまい」。 戦闘技能 上弦の参・猗窩座の主な戦闘技能は以下のとおりである。 身体能力• 格闘術• 再生能力• 血鬼術• 破壊殺 鬼 猗窩座は十二鬼月の一人であり、 他の鬼と同様の特性を持つ。 身体能力 鬼は人間だったころよりも 高い身体能力を持ち、猗窩座も例外ではない。 徒手空拳を戦闘の基本スタイルとする猗窩座だが、武器を持たずして 一撃必殺の攻撃を繰り出すことができる、極めて高い身体能力を持つ。 格闘術 猗窩座は鬼となってからの長い年月の多くを 修練に費やしているため、身体能力そのものだけでなく、格闘術の 練度が極めて高くなっている。 なお、猗窩座の戦闘スタイルの源流は、人間のころに習得した素手の流派「 素流」。 人間のころから 武器持ち67人を素手で惨殺するなど、戦闘能力は高かった。 再生能力 全ての鬼は極めて高い再生能力を持つが、猗窩座は鬼の中でも、十二鬼月の中でも 抜群に高い再生能力を持つ。 刀で斬られた傷も瞬時に塞がり、腕を落とされても瞬く間に生える。 頸を斬り落とす以外の攻撃がろくに効かない鬼ではあるが、与えた傷が大した 時間稼ぎにすらならない猗窩座の再生能力は 異常と言える。 また、、水柱・富岡義勇との戦いの中で、炭治郎に頸を斬られた後も頭しか崩壊せず、 体だけで戦闘を継続し、あまつさえ 頸が再生するという鬼の常識を超えた再生能力を一時獲得した。 血鬼術 猗窩座も多くの人を喰った鬼が使用する異能・血鬼術を使うが、能力自体に 攻撃力がなく、あくまでも己自身の身体能力と戦闘技術で戦うという点において、これまで登場した鬼たちとは 一線を画す。 なお、破壊殺全般は厳密には 血鬼術ではなく、血鬼術と徒手空拳の戦闘技術の合わせ技である。 厳密に血鬼術と呼べる技は破壊殺・羅針 のみ。 破壊殺・羅針(はかいさつ・らしん) 「術式展開」により自身の周囲の闘気を感知する血鬼術。 闘気の強いものはより強く感知するため、強い者の攻撃程鋭敏に反応することができる。 一方で闘気がないものは感知できず、透き通る世界に到達したの攻撃を感知することはできなかった。 炎柱・煉獄杏寿郎との戦いにおいて使用した(第8巻63話)。 破壊殺 破壊殺・羅針を術式展開し、敵の闘気を感知しながら放つ格闘術。 感知した闘気に向けて技を放つため、全ての技の精度が異常に高い。 破壊殺・空式(はかいさつ・くうしき) 虚空を拳で打ち、 遠距離に攻撃を放つ技。 刀で頸を斬らなければ勝てない鬼殺の剣士にとって、極めてタチの悪い技。 炎柱・煉獄杏寿郎による炎の呼吸 肆ノ型 盛炎のうねりで迎撃された(第8巻63話)。 破壊殺・乱式(はかいさつ・らんしき) 衝撃波を伴う数多の打撃を乱れ打つ技。 炎柱・煉獄杏寿郎の炎の呼吸 伍ノ型 炎虎と打ち合い、杏寿郎に重傷を与えた(第8巻63話)。 破壊殺・滅式(はかいさつ・めっしき) 拳の打撃を連続で放つ技。 炎柱・煉獄杏寿郎の炎の呼吸奥義 玖ノ型 煉獄と打ち合い、杏寿郎の鳩尾を拳で貫いた(第8巻64話)。 破壊殺・脚式 冠先割(はかいさつ・きゃくしき かむろさきわり) 背後にいる敵を後ろ足に蹴り上げる足技。 の炎舞に対して放ち、刀で受けられたにもかかわらずダメージを与えた(単行本未収録148話)。 破壊殺・脚式 流閃群光(はかいさつ・きゃくしき りゅうせんぐんこう) 連続蹴りを放つ足技。 水柱・富岡義勇に対して放ち、壁を何枚も突き破って遠方まで吹き飛ばした(単行本未収録148話)。 破壊殺 鬼芯八重芯(はかいさつ きしんやえしん) 拳で多数の打撃を広範囲に放つ技。 見かけからして、破壊殺・乱式の系譜と思われる。 正式名は「破壊殺・乱式 鬼芯八重芯」か。 の灼骨炎陽と打ち合った(単行本未収録148話)。 破壊殺・砕式 万葉閃柳(はかいさつ・さいしき まんようせんやなぎ) 上から下へ振り下ろすように放たれる打撃技。 に対して放ち、躱されたものの、周囲に衝撃が広がった。 (単行本未収録149話)。 破壊殺・脚式 飛遊星千輪(はかいさつ・きゃくしき ひゅうせいせんりん) 螺旋状の衝撃を伴う上段への蹴り上げ技。 に対して放ち、刀で受けられたもののダメージを与えた(単行本未収録149話)。 終式 青銀乱残光(しゅうしき あおぎんらんざんこう) ほぼ同時に百発の乱れ打ちを放つ不可避の技。 正式名称はおそらく「破壊殺・終式 青銀乱残光」。 痣を発現した水柱・富岡義勇の水の呼吸 拾壱ノ型 凪をもってしても受けきれなかった(単行本未収録152話)。 総評 上弦の参の肩書に恥じない 圧倒的な強さを誇るが、これまで出てきた鬼たちとは何かと 趣が異なる。 まず、基本の戦闘スタイルが 徒手空拳による近接戦闘であり、血鬼術を戦闘の中心とする鬼が多くいる中で、 かなりの異端である。 長い歳月をかけて培われた高い戦闘能力のため、ただ シンプルに強くて速いという、最も 攻略するのに骨が折れるタイプの戦法である。 しかもそれにとどまらず、破壊殺・羅針による闘気の感知により、敵の攻撃に対する 反応が異常に速く、まともに攻撃を加えるだけでも一苦労である。 また、闘気の感知の精度に加えて 相当な器用さを併せ持ち、• 振り下ろされる刀を 白刃取りする• 背後から降られた刀を 後ろを向いたまま指で掴み取る• 振り下ろされる刀を 側面から殴り折る など、瞬時の判断が要求される場面で尋常ではない 精密動作を行っている。 闘気の感知と精密動作が合わさったことにより、持ち前の高い身体能力と戦闘技術により繰り出される攻撃が、ただ強く、速いだけでなく、 やたらと正確な攻撃へと変貌し、通常であればただ強力なだけの 攻撃全てが一撃必殺の重みをもつ。 さらに、特筆すべきは 理不尽なほどの超速再生能力。 並みの太刀傷なら 瞬時に再生し、腕や足が落とされても 瞬く間に生える。 近接戦闘を得意とする猗窩座にとって、傷を負うことは 手数の減少につながるが、この再生能力のために傷を負っても ほとんど手数が減ることがなく、高い戦闘能力を維持し続けることができる。 常に万全の状態から強力な攻撃を延々と放ち続け、ひたすら戦い続ける猗窩座を、義勇は「この男は 修羅だ」「戦うこと以外すべて捨てた男だ」と評した(単行本未収録152話)。 柱に匹敵する実力を持つ、痣を発現した水柱・富岡義勇の 二人がかりでも戦況をようやく互角に持ち込むのがやっとで、超速再生能力のせいでただ手数を増やしても意味がないという 理不尽の権化のような存在。 炭治郎に頸を斬られたが、勝利への執念により 頸を斬られても死なないという 反則的な進化を遂げかけたが、記憶を取り戻し、鬼舞辻の呪いから解放されたことで敗北を受け入れ、消滅した。 この際、は「 更なる高みへの…開けた道をも…自ら放棄するとは…」、上弦の弐・童磨は「猗窩座殿が 何か別の生き物になるような…」と語っており、ただの鬼にとどまらない 別の何かへの進化であったことが示唆されている(単行本未収録157話)。 最終的には敗北を受け入れて消滅したが、 勝利への執念にとらわれて戦い続けていた場合、炭治郎、義勇両名の消耗が限界に達していたことから、あっという間に 止めを刺されていたであろうことは確実で、その上 更なる高みに達して手のつけようもない存在になってしまう可能性があった。 結果的にそうはならなかったものの、十分以上に強大な力を持ちながら、上限の参の肩書以上の 可能性を秘めた存在であったと言える。

次の

鬼滅の刃の上弦の参であるあかざ(猗窩座)とは?どのような能力を持つ|鬼滅の刃.info

上弦 の 参 あかざ

この記事では、鬼滅の刃の上弦の参である猗窩座(あかざ)に関してまとめるとともに、猗窩座(あかざ)の能力に関してお伝えします。 「鬼滅の刃」を語る上で欠かせない存在である敵・十二鬼月。 その十二鬼月でも、上弦の鬼である6人はとんでもない強さを持っています。 そして主人公・竈門炭治郎が初めて戦った上弦の鬼が、上弦の参・猗窩座(あかざ)でした。 2020年の今年、映画公開される「無限列車編」にも登場する猗窩座。 この無限列車編に最大の敵として登場し、鬼殺隊の炎柱である煉獄杏寿郎が命をかけて戦った相手です。 この記事ではそんな柱を倒してしまう強さを持っている上弦の参・猗窩座(あかざ)についてまとめていきたいと思います。 鬼滅の刃:上弦の参のあかざ(猗窩座)ってどんな敵? 十二鬼月の上弦の参・猗窩座(あかざ)。 鬼舞辻無惨より直接任務を与えられている猗窩座は、同じ鬼の中でも行動範囲がとても広いのが特徴です。 ほとんどの鬼たちは自身の狩場(テリトリー)で人々を喰い、そのテリトリーに こもることが一般的です。 そんな鬼とは違い、猗窩座(あかざ)は様々な場所へ赴いています。 無惨が直々に猗窩座(あかざ)へと任命していることから分かる通り、無惨は猗窩座(あかざ)に信頼を寄せているのだということがわかります。 猗窩座(あかざ)の外見は特徴的で、ピンク色の短髪に、細身でありながらも筋肉がしっかりとついた体つき。 身長はさほど高くはありませんが、外見から人間としての年齢を推測すると青年くらいに見えます。 顔から足まで、全身にかけて藍色の線状の文様が描かれていて、足と手の指先は同じ色に染められているようです。 上弦の参・猗窩座(あかざ)の話が鬼でありながら論理的 人間として生きていた頃に執着していたこと、飢餓や闘争心などにより鬼の精神は滅裂となっていることがほとんどです。 ですがそんな鬼が多い中、上弦の参・猗窩座(あかざ)は話がとても論理的になっています。 このことから猗窩座(あかざ)は、敵と正面から戦うことを望み、強い者と戦う時でも冷静さを忘れることなく、敬意もしっかりと払っています。 敵が強いと認めるとその敵にですら笑顔を向け、その敵の技を褒め鬼に勧誘したりするのです。 猗窩座(あかざ)は、怪我や病気ですぐ死んでしまう人間という生き物を見下しており、そんな人間と比べて完治してしまう鬼という生き物を褒め称えています。 猗窩座(あかざ)が鬼になったのは18歳のときのことでした。 人間の頃に 「十二体程強い鬼を作ろうと思っているんだ」と鬼舞辻無惨から誘われました。 この無惨の言葉から、猗窩座は十二鬼月の初期メンバーなのではないかと考えられます。 上弦の参・猗窩座(あかざ)の強さとは 無惨の直属の配下である。 そんな十二鬼月の中でも上弦の鬼の6人は、凄まじい戦闘能力を持っています。 十二鬼月の中でも、上弦の参・猗窩座(あかざ)はかなりの強さを保持しているのです。 一体どれほどの強さを持っているのでしょうか。 猗窩座(あかざ)は炎柱・煉獄杏寿郎を倒した鬼 主人公・炭治郎と一緒に列車に乗っていた炎柱・煉獄杏寿郎は、十二鬼月「下弦の壱」である鬼・魘夢(えんむ)を倒します。 その後、鬼舞辻無惨の命により、そこに猗窩座が現れました。 猗窩座(あかざ)は煉獄の強さを称え、鬼になろうと勧誘するのですが、その提案を煉獄は拒絶。 そして戦闘へ突入するのです。 他の鬼とは比べられないほどの力量と再生能力を持つ猗窩座(あかざ)は、柱である煉獄を徐々に追い詰めていき致命傷を与えますが、自身の動きを封じ込まれ、顎に刃を叩き込まれてしまいました。 夜が明けようとし、鬼の弱点である太陽の光が差し始めたことに焦りを感じた猗窩座(あかざ)は、自ら両腕を引きちぎり、その場から離脱するのです。 その行動を見ていた炭治郎に「逃げるな卑怯者!! 逃げるなァ!!!」と言われ、心の中では怒りを感じながらも、己の命には変えられないと戦場を後にするのでした。 この戦闘によって、炎柱・煉獄杏寿郎は最期を迎えました。 この最期に残したは、読者ファンにとって忘れられないものです。 無限列車編は煉獄杏寿郎と炭治郎が、下弦の壱・魘夢と上弦の参・猗窩座との対決が描かれている物語。 無限列車編は鬼滅の刃のファンにとって、なくてはならない、とっても大切なストーリーなのです。 上弦の参・猗窩座(あかざ)が持つ能力とは 上弦の参・猗窩座(あかざ)が持っている能力をまとめてみました。 猗窩座の(あかざ)血鬼術「羅針」 猗窩座の血鬼術の形が今は亡き恋人の髪飾りって知った瞬間目の前が真っ暗になりました。 敵の闘気を感知し、動きを先読みする術で、これによって死角から攻められても容易に対処してしまえるという、チート技でし。 猗窩座(あかざ)の血鬼術「空式」 拳圧を乱打し、中距離の制圧に用いる技です。 虚空へ拳撃のインパクトを打ち込むことにより大きな衝撃波を起こして、距離が離れている敵を打ち砕くことができるようです。 このインパクトから衝撃が到達するまで、タイムラグはほぼゼロに等しく、普通の鬼殺隊士では近づくことが困難です。 猗窩座(あかざ)の血鬼術「破壊殺(はかいさつ)」 自分の身体能力を強化・引き上げることで、その状態で徒手空拳の技を放つ血鬼術です。 身体能力を高めたところで徒手空拳の技を放ち、術式を展開させることで効力を発揮することができます。 猗窩座(あかざ)の能力「破壊殺・乱式」 拳打を連携させ、高速で乱打する技です。 近距離タイプの乱舞技です。 猗窩座(あかざ)の能力「破壊殺・脚式・冠先割(かむろさきわり)」 背後に迫った相手を下から蹴り上げる技です。 微かに掠っただけでも出血を免れることができないほどの威力を持っています。 猗窩座(あかざ)の能力「破壊殺・脚式・飛遊星千輪(ひゅうせいせんりん)」 近距離で敵を上に蹴りあげる技です。 冠先割と同じように、防御をしたとしても吐血を免れることはできません。 左右の脚で交互に蹴り上げながら相手を追い詰めていきます。 猗窩座(あかざ)の能力「破壊殺・脚式・流閃群光(りゅうせんぐんこう)」 上段から中段にかけて高速で連続で蹴りつける技です。 この攻撃を与えた相手をはるか遠くまで吹き飛ばしてしまうほどの威力。 飛遊千輪が左右の脚で交互に蹴りを繰り出して相手を追い詰める攻撃なのに対し、流閃群光は片足で立ったまま連続攻撃を出します。 片足で立ったままこの連続蹴りを繰り出すという猗窩座の身体能力の高さに驚かされます。 猗窩座(あかざ)の能力「破壊殺・砕式・万葉閃柳(まんようせんやなぎ)」 頭上に拳を振り下ろす技です。 この技の破壊力は凄まじく、地面を砕き割ったしまうほど。 猗窩座(あかざ)の能力「破壊殺・砕式・鬼芯八重芯(きしんやえしん)」 左右の拳で四発ずつ、合計で八発の乱打を放つ技です。 猗窩座(あかざ)の能力「破壊殺・滅式(めつしき)」 今までの技の中でも大技です。 煉獄杏寿郎が全てを集約して放った奥義に、正面から一方的にぶつかり、凄まじい威力と疾さを誇ります。 猗窩座(あかざ)の能力「破壊殺・終式・青銀乱残光(あおぎんらんざんこう)」 先ほどの滅式に並ぶ大技の1つです。 全方向に同時に百発の乱れ打ちを放ちます。 受けを得意とする水の呼吸を極めた冨岡義勇ですら不可避と言わしめた威力と速度を誇ります。 煉獄VS猗窩座は熱いわ。 命を燃やせ。 公開予定の無限列車編に期待を寄せる声も多いです。 上弦の参・猗窩座(あかざ)のまとめ 上弦の参である猗窩座(あかざ)は鬼殺隊の炎柱・煉獄杏寿郎を死に追いやりました。 猗窩座(あかざ)と杏寿郎、2人の戦いは、も見受けられます。 今年、ので、ぜひ楽しみにしましょう!.

次の