ディープ ウェル 工法。 スーパーウェルポイント工法

ウェルポイント・ディープウェル工法の設計計算 Q&A

ディープ ウェル 工法

Q&A '20. 09 更新内容 '20. 0より井戸の片側配置に正式対応しました。 前者は水位ですのでG. L -xx. xxx m としてプログラムでは扱います。 一方、ディープウェルでは自然に浸透する水をくみ上げるため入力が必要となります。 1での動作は可能です。 ただし、管理者として本製品を起動いただく必要がある場合があります。 誠に申し訳ございませんが、結果一覧以外の項目の確認につきまして詳細出力にてご対応いただきますお願い申し上げます。 なお、本来は施工現場の物性値を設定するのが適切と考えますため、数値の利用に際しましては設計者様にてご判断ください。 恐らく「工法条件」、「諸元の設定」画面にて適宜設定いただく事になろうかと思います。 詳しくは製品カタログ、操作ガイダンス等をご覧ください。 多段の場合は各段における低下量を設定しますが、この低下量のトータルは「初期の地下水位」と「低下後の地下水位」との差となるよう設定します。 0より非平衡理論に基づくタイス式(非定常式)に対応しました。 本計算機能はViewerモードでは動作しません。 バージョン情報画面のライセンス情報をご確認ください。 詳しくは製品ヘルプの計算理論-井戸公式-揚水量-非定常-タイス式(非定常)をご覧ください。 132 2. 4ウェルポイント揚水計算法をご覧ください。 ウェルポイント工法の場合は5段まで設定可能となっています。 ウェルポイント工法では、土質条件が良く、また、掘削幅の狭いときは、布掘りの片側にウェルポイントの目的を果たすことができるので、片側配置(全周ではなく一列)とする場合があります。 参考資料としては、ウェルポイント工法便覧p. 131をご覧ください。 地盤条件と井戸下端の深度から自動判別します。 前趾設計時に前面土砂を無視した反力を用いる場合は、別途、安定計算において前面土を考慮せずに計算する必要があります。

次の

ディープウェル工法とは?1分でわかる意味、ウェルポイント工法との違い

ディープ ウェル 工法

2020. 01 地下水位低下工「スーパーウェルポイント工法」 株式会社 アサヒテクノ スーパーウェルポイント工法(SWP工法)は水中ポンプと真空ポンプを利用した地下水位低下工法である。 重力に加え負圧(真空)により地下水を集め、水中ポンプにより揚水する。 井戸管内の負圧を維持するため、井戸管の吸水口を下端に設け、スクリーンを分離型にして空気の侵入を防止する構造にしている。 SWPの構造 特 徴 1.高い揚水能力があり、地下水位低下量が大きい 従来のディープウェル工法(DW工法)に比べ揚水能力が高く、集水能力が2倍から20 倍以上となる。 このため地下水位低下量が大きく、施工本数も半分以下となり経済的で ある。 信濃川沈埋トンネル工事 SWP工法の原理 2.ドライワークを実現 自由水(重力水、毛管水)の揚水に加え、吸着水の一部も負圧によって回収するため地 盤の含水比の低下が大きく、ドライワークが可能となる。 3.周辺地下水位の低下が小さい 遮水壁で周辺を囲む場合、遮水壁の外の地下水位の低下が小さい。 これは本工法が比較 的浅い深度に井戸を設置して、地下水位の低下を可能にすることによる。 4.あらゆる地質に対応、各種用途に適応する 負圧を用いる揚水のため砂礫、砂質土から粘性土までの広範な地質での揚水が可能であ る。 用途においては地下水位低下工(水替工)のほか盤ぶくれ対策、粘性土脱水に多く の実績があり、地すべり対策、液状化防止対策、ニューマチックケーソン工事 における 水圧の低減、シールド工事切羽崩壊防止対策にも実績がある。 この方法により短期間、 低コス ト で軟弱地盤を圧密脱水 する。

次の

ウェルポイント・ディープウェル工法の設計計算 Q&A

ディープ ウェル 工法

掘削時のドライワークの確保や安全性の確保などに有効な地下水位低下工法には、ウェルポイント工法をはじめとする、様々な工法があります。 こちらでは、各工法の概要とメリット・デメリットをご説明していますので、ぜひご参考にしてください。 工法概要 メリット デメリット ウェルポイント工法 地中に設置したパイプから真空の力で地下水を汲み上げる• 広範囲の地盤に適用可能• 増設が容易• 地盤改良も可能• 水位低下量が4~6m程度 ディープウェル工法 堀削溝内・外にディープウェル(深井戸)を設置し、ウェル内に流入する地下水をポンプで排水させる• 水位低下量100m前後まで可能• 地盤改良も可能• 増設が困難• コスト・工期がかかる 安定液掘削工法 孔内に安定液を満たしながら回転式バケットで掘削・排土を行う• 掘削容量が大きく、1回あたりの掘削土量が多い• バケットのサイズを変えるだけで削孔の口径を変えることができる 丸山工務店では上記の各工法に対応しています。 現場や用途に最適な工法をご案内しますので、まずはご気軽にご相談ください。

次の