パクソジュン iu。 【トピック】パク・ソジュン&IU(アイユー)の新作映画「ドリーム」がクランクイン(WoW!Korea)

パク・ソジュンの完全ガイド|出演ドラマ、映画、年齢、身長、インスタグラム

パクソジュン iu

女性ソロ歌手(俳優としては本名のイ・ジウン)は映画「エクストリーム・ジョブ」を演出したイ・ビョンホン監督の次回作映画「ドリーム(仮題)」のキャスティングを確定した。 「ドリーム」側は3日、「忠武路(チュンムロ)で注目される役者として浮上したIUが『ドリーム』のキャスティングを確定した」と伝えた。 「ドリーム」は選手生活最大の危機に瀕したサッカー選手のホンデ(パク・ソジュン)と生まれて初めてボールに触れた特別な(? )国家代表選手たちのホームレスワールドカップ挑戦を描いた愉快なドラマだ。 「エクストリーム・ジョブ」や「二十歳」のイ・ビョンホン監督による次回作「ドリーム」でIUは、ホンデが監督を務める急遽作られたサッカー代表チームのドキュメンタリーを制作し、成功を夢見る放送局のプロデューサー「イ・スミン」役を務める。 今回の映画でIUは人生のどんでん返しに対する熱望を隠せない、率直で大胆な姿から誰より選手団の夢を応援する心優しい姿まで見せる予定だ。 IUは2011年にドラマ「ドリームハイ」を通じて演技活動を始めた後、「プロデューサー」、「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」、「ホテルデルーナ」など出演するドラマごとに興行に成功した。 これだけでなく「2018 Asia Artist Awards」のベストアクターズ賞、「2013KBS演技大賞」の女性新人演技賞を受賞し絶賛を得た。 またストリーミングサービス「Netflix」のオリジナル映画「ペルソナ」に出演し、それぞれ異なる監督の作品でまったく別の4人のキャラクターを演じ、名実ともに演技派の役者としての存在感を印象付けたことがあり、IUが「ドリーム」でどんな魅力を繰り広げるのか、期待が寄せられる。 このように「ドリーム」はイ・ビョンホン監督の才気あふれるストーリーと感覚的な演出力、個性あふれる多彩なキャラクターを通じた監督と愉快な笑いを予告する。 さらに予期せぬ事件に巻き込まれ、懲戒中のサッカー選手ユン・ホンデ役を務めるパク・ソジュンとIUの幻想的な演技アンサンブルまで期待させる。 一方、映画「ドリーム」は2020年にクランクインを予定している。 過去記事一覧• 20年• 19年• 18年• 17年• 16年• 15年• 14年• 13年• 12年• 11年• 10年• 09年• 08年• 07年• 06年• 05年• 04年•

次の

韓国「パク・ソジュン」のプロフィール、画像・動画、最新ニュース|wowKorea(ワウコリア)

パクソジュン iu

イ・ビョンホン監督の次期作である映画「ドリーム 仮題 」がキャスティングを確定してクランクインしました。 8日、メガボックス中央 株 プラスエムによると、映画「エクストリーム・ジョブ」の演出を担当したイ・ビョンホン監督の新作である「ドリーム」はパク・ソジュンとイ・ジウン(IU)を筆頭に、キム・ジョンス、コ・チャンソク、チョン・スンギル、イ・ヒョヌ、ヤン・ヒョンミン、ホン・ワンピョ、ホ・ジュンソク、イ・ハニなどキャスティングを確定し、7日クランクインしました。 パク・ソジュンが劇中で選手生活最大の危機に瀕したサッカー選手ユン・ホンデ役を演じます。 パク・ソジュンは半ば強制的に急造されたサッカー代表チームの監督を担ったが、時間が経つにつれ心からチームメンバーを信じ指導するユン・ホンデ役を通じて魅力を発散する予定です。 イ・ジウンはホンデ パク・ソジュン が監督を務める急造されたサッカー代表チームのドキュメンタリー製作で成功を夢見る放送局PDイ・ソミン役を演じ、パク・ソジュンとの初演技の呼吸を予告しました。 初撮影に先立って行われた台本の読み合わせ現場では多彩なキャラクターを演じた俳優たちが愉快なエネルギーと完璧なケミストリーを披露し、終始一貫して笑いが絶えなかったという裏話です。 イ・ビョンホン監督は「長い間準備した作品で、私にとっても意味深い作品だ。 立派な俳優たちが集まり共にする作業だけに期待が高まる」と話しており、パク・ソジュンは「ホンデとして過ごす時間が期待され、ときめく。 観客の皆さんにいい作品をお届けできるように一生懸命駆けていきたい」と抱負を伝え」ました。 イ・ジウン(IU)は「初の長編映画デビュー作であるだけに、ときめきと責任感を持って作品に臨む。 あたたかく、学ぶことが多い先輩、同僚の俳優たち、そしてスタッフと共にすることができて嬉しい」と感想を述べました。 映画「ドリーム」は来年封切り予定です。

次の

韓国エンタメ・トレンド情報サイトKOARI(コアリ)

パクソジュン iu

イ・ビョンホン監督の新作映画「ドリーム 仮題 」がキャスティングを確定してクランクインした。 8日、メガボックス中央 株 プラスエムによると、映画「エクストリーム・ジョブ」の演出を担当したイ・ビョンホン監督の新作である「ドリーム」はとイ・ジウン(IU(アイユー))を筆頭に、キム・ジョンス、コ・チャンソク、チョン・スンギル、イ・ヒョヌ、ヤン・ヒョンミン、ホン・ワンピョ、ホ・ジュンソク、イ・ハニなどキャスティングを確定し、7日にクランクインしたという。 パク・ソジュンは半ば強制的に集められたサッカー代表チームの監督を任されたが、時間が経つにつれ心からチームメンバーを信じ指導するユン・ホンデ役を演じる。 イ・ジウンはホンデ パク・ソジュン が監督を務める代表チームのドキュメンタリー製作で成功を夢見る放送局PDイ・ソミン役を演じる。 撮影初日に先立って行われた台本の読み合わせ現場では多彩なキャラクターを演じた俳優たちが愉快なエネルギーと完璧なケミストリーを披露し、終始一貫して笑いが絶えなかったという。 イ・ビョンホン監督は「長い間準備した作品で、私にとっても意味深い作品だ。 立派な俳優たちが集まり共にする作業だけに期待が高まる」と話しており、パク・ソジュンは「ホンデとして過ごす時間が期待され、ときめく。 観客の皆さんにいい作品をお届けできるように一生懸命駆けていきたい」と抱負を伝えました。 イ・ジウン(IU)は「初の長編映画デビュー作であるだけに、ワクワクした気持ちと責任感を持って作品に臨みたい。 あたたかく、学ぶことが多い先輩、同僚の俳優たち、そしてスタッフと共にすることができて嬉しい」と感想を述べた。 話題の映画「ドリーム」は来年、韓国で公開される予定。

次の