ドラクエウォーク転職。 【ドラクエウォーク】職業一覧とおすすめ編成|各職業の特徴を解説【DQウォーク】

ドラクエウォークの転職の順番(ルート)はコレで決まり!転職先の早見表アリ!

ドラクエウォーク転職

ドラクエウォークにおける おすすめの 転職時期や 職業ルートについて記載している。 おすすめの職業一覧や上位職業に関する情報や考察もまとめている。 おすすめの転職タイミング 初めて転職時期について 初めての転職は レベルを25以上まで上げてから行うことをおすすめする。 レベル20と50で 永続スキルを習得できる。 転職後も永続スキルは継承されるため、新たな職業でも役立てることができるため、習得しておきたいスキルだ。 レベルが20になってからすぐに転職すると、パーティによってはこれまで周回できていた場所が攻略できなくなる恐れもある。 転職するまでに少しだけレベルを上げておくなどすると難易度の上昇を抑えることができる。 さまざまな職業を経験してみたいなら レベル25ぐらい、ストーリーの進行など、 攻略の効率を優先するなら レベル50以上にしてからというように自身のプレイスタイルに合わせて転職のタイミングを決めていこう。 週末は絶好の転職時期 前項目の時期以外に、 週末は転職する良いタイミングだ。 ドラクエウォークでは 週末に メタルダンジョンという大量の経験値がゲットできるイベントが開催される。 このイベントを活用すると効率よくレベル上げすることができる。 おすすめ職業一覧 職業 おすすめ度とポイント 魔法使い おすすめ度:5 ・強いこうげき魔法の火力がトップクラス ・レベル習得のバイシオンで仲間を補助できる ・防御が弱いため、3・4番目に配置するべき 武闘家 おすすめ度:5 ・全体攻撃の回し蹴りが習得できる ・素早さが高いため先攻しやすい ・永続スキルが優秀 戦士 おすすめ度:4 ・防御力が高く壁役で使える ・攻撃力が高く火力として使える ・素早さが低いため、他職の永続スキルで補おう 僧侶 おすすめ度:4 ・回復役としてサポートとして貢献 ・ステータスのバランスが良い ・重要な役割のため転職させにくい 盗賊 おすすめ度:3 ・永続スキルが優秀 ・状態異常攻撃を多く習得できる ・ジバリア系習得後に強くなる晩成型といえる おすすめの職業 最初の転職での おすすめの職業について記載している。 転職の優先順位やおすすめする理由も書いているので、選び方を間違えたくない人は参考にするといい。 25 【後半の転職ルート】 ・盗賊 or 武闘家 Lv. 25 【後半の転職ルート】 ・盗賊 or 魔法使い Lv. 50 武闘家(3人目) 【前半の転職ルート】 ・武闘家 Lv. 25 【後半の転職ルート】 ・盗賊 or 戦士 Lv. 50 魔法使い(4人目) 【前半の転職ルート】 ・魔法使い Lv. 25 【後半の転職ルート】 ・僧侶 or 盗賊 Lv. 50 ちなみに仲間はストーリーを進めていくと増えていくぞ。 敵より早く動けることで先制攻撃やピンチ時に回復がしやすくなるなどのアドバンテージが得られるとともに、戦略が立てやすくなる。 今の職業が活かせる職への転職をしよう 戦士が魔法使いに転職すると戦士で高められたちからのステータスを活かせなくなってしまう。 戦士からの転職ではちからの高さを活かすことができ、すばやく行動できる武闘家というように、 転職前の職の強みが活かせるような職業を選んだ方が良い。 上級職業について 存在しない上級職業 現在は 「戦士」、 「武闘家」、 「魔法使い」、 「僧侶」、 「盗賊」の5つの職業が実装されており、ドラクエの過去の作品ではこれらの職業は 【基本職】となっていた。 ナンバリングのドラクエでは 基本職において設定された条件を満たしたら上級職へ転職することが可能だった。 ドラクエウォークの場合は今後のアップデートにより上級職が加えられて、「戦士のレベルを〇〇以上にする」といった条件の解放クエストをクリアすることで転職が可能になると推測する。 賢者などにも転職できるようになると考えられるため、いつでも新しく解放される職業に転職できるようにレベル上げはしっかりとしておこう! 過去シリーズの上級職 ドラクエ6を参考にすると以下の組合せが考えられる。 その条件がレベルなのかは判明してないが、 さまざまな職業でレベル上げをしておくと上級職を目指しやすいだろう。

次の

【ドラクエウォーク】上級職の最新評価とおすすめパーティー|転職すべきはどれ?【DQウォーク】

ドラクエウォーク転職

仲間3人目は「賢者」を目指して僧侶に転職させましょう。 「賢者」に転職した後は後衛職は耐久力が低いので補うために「HP」や「みのまもり」を永続スキルで上げられる「戦士」への転職がおすすめです。 転職するレベル・時期 初期職がレベル50になったら転職 最初に転職するべき時期は、初期職がレベル50になるタイミングです。 上級職に転職するには2つの基本職をLv50にする必要があるので初期職をLv50まで上げてから転職するのが良いでしょう。 高レベルの全体攻撃役を2人は残しておき、2人ずつ転職するのがおすすめです。 2人がレベル43になった時点で他の2人を転職させると、転職したキャラのレベルが43になる頃にレベル43のキャラがレベルが50になるので、効率よく永続スキルを習得できます。 週末のメタスライベントの時に一旦転職する 週末の「」の時に一旦転職して レベル20の永続スキルを習得するのがおすすめです。 上級職の転職方法 2つの基本職をレベル50まで上げると転職できる + + + + + 上級職は2つの基本職のレベルを50まで上げると転職できるようになります。 上級職によって必要な基本職は異なるので、なりたい上級職に必要な基本職のレベルをあらかじめ上げておくと良いでしょう。 転職するメリット 基本職より性能が高い上級職になれる 2つの基本職をレベル50にすることで転職できるようになる上級職はどれも性能が高いです。 こころを4つ装備できるため、基本職と比べてステータスが高く、それぞれが優秀な固有特性と新スキルを所持しています。 条件を満たすことで上級職になれるのが転職の一番のメリットと言えるでしょう。 永続スキル習得で他の職業に活かせる 転職するメリットとして、永続スキルの習得が挙げられます。 永続スキルは転職し他の職業になった際にも反映されるスキルであるため、永続スキルを取っておけば、職業毎のステータスを底上げすることができます。 今後追加される「」のような高難易度クエストのために2人目の「僧侶」や自己回復できる「盗賊」を育てたり、「」戦で高順位を目指すために「武闘家」を育てたりすると良いでしょう。 手持ちの得意武器に合わせられる 自分が持っている星5武器が職業と合わなかった場合に転職するのも一つの手段です。 各職業には得意武器が設定されており、得意武器となっている武器を装備した際にアドバンテージを得られます。 職業と得意武器の相性が合わない場合には、転職することを考慮に入れても良いです。 転職するデメリット 転職前の職業スキルは引き継ぎできない 『ドラクエウォーク』では転職前に習得していた職業スキルは使用できません。 例えば「戦士」から「魔法使い」に転職すると「戦士」がレベル25で習得する「」は使えなくなります。 ただし、武器やこころで同じスキルを習得することは可能です。 転職したキャラは一時的に弱くなる 転職するとレベルは1からスタートになり、転職したキャラは一時的に弱くなります。 全員同時に転職することはせずに、レベルの高い他のキャラでモンスターを倒せるようにしましょう。 レベルが低いうちは低コストの強力なこころを集めるのも一つの手です。 転職とは? 好きな職業に変更すること 「転職」とは今の職業から好きな職業に変更することです。 初めのパーティはバランスが取れており、そのままのパーティ編成で「ストーリー」を進めることができるので、レベルの低いうちは無理に「転職」する必要はありません。 職業レベルはリセットされない 職業レベルはそれぞれのキャラ毎に管理されており、転職してもリセットされません。 一度上げた職業レベルは他の職業に「転職」してもそのまま保存され、転職前のレベルと取得した経験値はそのままに、いつでも元の職業に戻せるので安心です。 転職のやり方 解放条件は冒険ランク12到達 「転職」は、冒険ランクが12に到達することが解放条件です。 100Gあれば他のジョブにいつでも転職することができ、 主人公だけでなく仲間キャラも全員「転職」させることが可能です。 「転職」をするたびに100ゴールド必要になりますが、すぐに元の職業に戻すことができるので気軽に「転職」してみましょう。 関連記事 確認すべきおすすめ記事 メガモンスター「キングスイカ岩」の攻略情報を掲載! 蒼竜のやりの評価は?ガチャは引くべき? あぶない水着の評価は?ガチャは引くべき? 強敵「フレイムドック」の攻略情報を掲載! レア強敵「トロピカルドラゴ」の攻略情報を掲載!.

次の

【ドラクエウォーク】転職おすすめタイミングとメリット|転職のやり方【DQW】

ドラクエウォーク転職

永続スキル(パッシブスキル)で選ぶ 各職業のLv20とLv50で永続スキルを習得します。 永続スキルは 他の職業へ転職しても効果が引き継がれます。 各職業でおぼえる永続スキルは以下のとおりです。 上級職を視野に入れる 他のドラクエシリーズで採用されている「上級職」システムがドラクエウォークでも実装される可能性は高いと予想されます。 あくまで予想ですが以下のようなシステムが予想できます。 特定の職業を一定レベルまで上げることによって、能力の高い上級職へ転職が可能 これを見越して各職業のレベルを上げておくのも良いでしょう。 例えば以下のような組み合わせで育てておくと、上級職へスムーズに転職できるかもしれません。 あまりに弱いメンバーになってしまうとレベル上げのためのバトルもままなりません。 育成する低レベルキャラは1〜2体までとする• 回復スキルを使う仲間を必ず1体以上残す などパーティー全体の戦力バランスを考えながら転職プランを考えましょう。 おすすめ転職ルート ここまで説明してきた職業選びのポイントを元に、初期職業から転職すべきおすすめ転職ルートを紹介します。 パッシブだけ習得して僧侶に戻すのもあり。 ぜひ今後のパーティー育成の参考としててみてください。 職業の詳細ステータス一覧.

次の