ガチマッチ 2人。 【スプラトゥーン2】ガチマッチとは?ルールと攻略のコツをウデマエXが伝授!

【スプラトゥーン2】ALLウデマエXが教えるガチマッチで勝率を上げる7つの立ち回りと対策!

ガチマッチ 2人

スプラトゥーン2で遊べる内容 まず、スプラトゥーン2で遊べる内容としては、大きく分けて• ヒーローモード• レギュラーマッチ• ガチマッチ• サーモンラン この4つです。 ヒーローモードのみが1人プレイで、残りの3つはインターネットなどで仲間と組んで戦うゲームになっています。 ヒーローモード(1人プレイ) 超初心者はまずこれから始めるのがおすすめです。 さまざまなステージをクリアしていくストーリーモードのような感じなんですが、チュートリアルだけでは説明しきれなかったいろいろな操作を学びながらプレイできます。 また、いろいろな武器を使うように指定されるので、各武器の操作の練習にもなります。 すべてのステージをクリアすると、最後に「ヒーロースーツレプリカ」の3点セットがもらえます。 また、ヒーローモードで支給される武器のそれぞれで全ステージをクリアすることで、武器屋にその武器も並ぶようになります。 それぞれのヒーロー武器と同等の武器は以下の通り スプラシューター ヒーローシューターレプリカ ホットブラスター ヒーローブラスターレプリカ スプラローラー ヒーローローラーレプリカ ホクサイ ヒーローブラシレプリカ スプラチャージャー ヒーローチャージャーレプリカ バケットスロッシャー ヒーロースロッシャーレプリカ バレルスピナー ヒーロースピナーレプリカ スプラマニューバー ヒーローマニューバーレプリカ レギュラーマッチ こちらは「ナワバリバトル」というルールで遊ぶ戦いです。 ステージは2時間ごとに変わり、毎時2種類のステージからランダムに選ばれます。 インターネットで8人マッチングされ、そこからさらにランダムで4人ずつの2チームに振り分けられます。 バトルが終わると経験値とお金がもらえ、それによりランクも上がっていきます。 ランクが上がるとさまざまな施設が解放されたり、買える武器が増えたりします。 また、レギュラーマッチのみ「チョーシ」と呼ばれる武器ごとのゲージが上がり、各段階に達することでたくさん経験値がもらえるので、いろいろな武器でチャレンジするといいでしょう。 レギュラーマッチは負けてももらえる経験値が多いので、初心者向けとも言えると思います。 負けるとチョーシゲージは下がりますが、それ以外にデメリットはないので、最初は負けが続くかもしれませんが、がんばって練習して強くなりましょう!(わたしも必死に練習してます笑) ガチマッチ ガチマッチはランクが10になったら解放されるコンテンツです。 こちらは 2時間ごとにステージとルールが変わります。 レギュラーマッチよりも打ち合いが激しくなりがちなので、こちらは中級者以上向けかもしれません。 4対4のチーム戦で戦うのはレギュラーマッチと同じですが、ガチマッチには現在4つのルールがあるので、それぞれのルールを理解する必要があります。 ガチマッチには「ウデマエ」と呼ばれるゲージがあり、C-からXまでランク分けされます。 ガチマッチでも経験値はもらえ、ナワバリバトルで勝つよりも経験値が多くもらえるので、腕に自信のある人はガチマッチでランクを上げるといいかもしれません。 ナワバリバトルの時のステージとは少し違っているところもあるので、はじめての時は先にステージを散歩してルートを確認しておくのがおすすめです。 制限時間はすべて5分で、5分以内にノックアウトできなかった場合は、その時点で残りカウントの少ないチームが勝利になります。 制限時間終了時に負けているチームが確保している場合は、そのままカウント0になるか、カウントストップされるまで延長戦になります。 ガチエリア ステージの中央あたりにある「ガチエリア」と呼ばれる四角で囲まれたエリアを自チームのインクで塗って守り抜くというルール。 0までそのまま守り抜ければ「ノックアウト!」となり勝利。 途中で相手のインクに塗りつぶされると、「カウントストップされた!」からの「ガチエリア確保された!」で、今度は相手側のカウントが進みます。 ガチホコ ステージ中央に「ガチホコ」と呼ばれる金のシャチホコのようなものがバリアに包まれた状態で設置してあります。 バリアを攻撃して割るとガチホコを持つことが出来るようになり、それを敵陣側にある台座まで持って行けばノックアウト勝利となります。 ガチホコを持った人が台座に向かって進むことでカウントを進めることができ、ガチホコを持った人が倒されるとカウントがストップし、再びガチホコはバリアで包まれます。 その場ですぐバリアを割ってガチホコを持てばそこからスタートできますが、一定時間だれもホコを持たなければ最初の位置まで自動的に戻されます。 ガチヤグラ ステージの中央にヤグラが設置されていて、上に乗ると決められたレールの上を動くようになっています。 途中で何度か一時停止しますが、そのままヤグラに乗り続けてゴール地点まで到達できればノックアウトで勝利になります。 ヤグラが進むごとにカウントが進み、ヤグラから降りるとカウントがストップします。 誰も乗らないまま5秒すぎると、ガチヤグラは初期位置に自動で戻りはじめます。 ガチアサリ アップデートで追加された新ルールです。 ステージのあちこちに「アサリ」が散らばっており、それらを10個集めると「ガチアサリ」になってラグビーボールのような形状に変化。 「ガチアサリ」を敵陣近くにあるゴールにぶつけることでバリアを壊すことができ、そのあと一定時間はアサリを投げ入れ放題になります。 ガチアサリを入れると20カウント、アサリを入れると3カウント進みます。 0カウントになったらノックアウト勝利。 アサリを持っている状態で倒されると、持っていたアサリはその場に散らばります。 また、ガチアサリを持っている人はかなり居場所がわかりやすくなるので注意です。 サーモンラン これはクマサン商会で行うバイトと呼ばれるものです。 最初に研修があるので、ある程度敵の倒し方はわかると思いますが、インターネットまたはイカッチャなどから4人チームを作り、4人で敵の襲撃に迎え撃ちます。 サーモンランはいつでもできるのではなく、何時から何時までと毎日時間が変わるので、バイトを募集しているときしか参加できないので注意。 基本的なルールとしては、「金イクラ」と呼ばれる大きなイクラを集めて、指定の場所に格納するのが目的になります。 金イクラはオオモノシャケと呼ばれる敵のボス的なやつを倒すことで3つずつ手に入ります。 次々と敵が襲いかかってくるので、かなりカオスなことになりやすいのですが、仲間と協力しながら敵を倒しつつイクラを運びつつというなかなか忙しいゲームです。 途中でノルマを達成できなくなっても特に問題はないので、できるだけたくさんの金イクラを格納できるようにがんばりましょう。 武器はランダムで配布され、ギアも何を装備していても同じなので、参加するときの装備については考えなくて大丈夫です。 倒されると浮き輪を付けた状態になり、仲間にインクをかけてもらうことで復活できます。 浮き輪を見つけたらすぐにインクをかけてあげましょう。 仲間全員が倒されるか、制限時間以内に金イクラを指定の数格納できなかったら即バイト終了となります。 全部で3WAVEあり、3回敵の襲撃を防ぎつつ金イクラをノルマの数だけ格納できればクリアです。 スペシャルウェポンは最初に2回分支給されており、3WAVEを通して2回しか使えず、普段のようにスペシャルゲージは貯まらないので注意です。 バイトが終わると「クマサンポイント」というものがもらえ、これを貯めることでいろいろな報酬と交換することができます。 交換所はクマサン商会を出てすぐの窓口のところなので行ってみましょう。 限定ギア、お金カプセル、フードカプセル、ドリンクカプセル、かけらカプセル、中古ギアカプセルがもらえます。 スプラトゥーン2の歩き方 Xボタンを押すと、このようなメニューが出てきます。 各施設へは広場から直接歩いて行くこともできますが、このメニュー画面からショートカットして行けるので、覚えておくと便利です。 では、メニューに表示されている施設について1つずつ解説していきます。 ロビー ここはオンライン対戦バトルの入り口になっています。 リーグマッチ(ウデマエB-で解放)• ガチマッチ(ランク10で解放)• レギュラーマッチ• フレンド• プライベートマッチ• Onlineラウンジ リーグマッチはフレンドと2人組もしくは4人組を作って参加するもので、ルール内容はガチマッチと同じです。 フレンドからは、フレンド登録している人が参加しているバトルの8人の中に混ざることができます。 合流できるフレンドのところには「合流可能!」という表示が出ます。 プライベートマッチは、フレンドと2人~8人で、自由にルールやステージを選んで遊ぶことができます。 特定のフレンドとのみ遊びたい場合はパスワードでロックをかけることも可能。 Onlineラウンジは、スマホアプリと連携することでフレンドとボイスチャットができるシステムです。 わたしもこれはまだ使ったことがないので詳しくはをご覧ください。 広場 メニューの右側に出るマップを見てもらうとわかりやすいかなと思いますが、ここではメニューからショートカットで行けないところについて解説します。 ポスト マップ左側にある赤い郵便ポストからは、手書きのイラストを投稿できます。 広場を歩いているキャラたちに近づくと表示されるアレです。 ジャッジくん いつもバトルの勝敗をジャッジしてくれるジャッジくんは、ロビー入り口の左にいます。 バトルに関するさまざまなアドバイスが聞けたり、ランクが30以上になるとランクが上がるごとにスーパーサザエがもらえます。 スパイキー ロビー入り口の右にいるトゲトゲ頭のキャラです。 ここではギア関連のいろいろなことができます。 (ランク4で解放)• 注文の受け取り• スロットクリーニング• ギアパワーの復元• ゲソタウンの配達確認 注文の受け取り 注文の受け取りは、広場にいるキャラに話しかけて、そのキャラが装備しているギアを注文しているとここで受け取ることができます。 注文したギアはたまに全く同じものが届くので、手っ取り早く欲しいギアのそろった装備を手に入れるチャンス。 1日に1回しか受け取れないので、毎日注文して欲しいギアを手に入れよう。 希望のものでなければ買わなくて大丈夫です。 おすすめは「スロットを増やす」です。 スロットクリーニング 1回20000コインで、すでについているギアをすべてクリーニングしてスロットを空っぽにできます。 クリーニングで落としたギアは、「ギアのかけら」になります。 ギアパワーの復元 ここではスロットクリーニングやサーモンランなどで集めた「ギアのかけら」を使って、ギアを復元できます。 同じギアがついていなければ10個 同じギアが1つついていれば20個 同じギアが2つついていれば30個 それぞれ必要になります。 ゲソタウンの配達確認 ゲソタウンというのは、スマホアプリ内にある限定ショップのことで、スマホから注文した装備があればここで受け取れます。 ロブの屋台 広場の手前側にはロブの経営している屋台があります。 ヒーローモードやサーモンランで手に入れたドリンクやフードのチケットがあれば、ここに持って行くことで交換できます。 チケットの効果はいずれもバトル20回分です。 メニューによって経験値アップ効果や、お金アップ効果、特定のギアがつきやすくなる効果などが得られます。 amiibo ロブの屋台のさらに奥には、amiiboを読み込むところがあります。 別売のamiiboを購入してここで読み込むことで限定のギアが手に入ったりするというものになります。 フェスの日はナワバリバトルしかプレイできなくなり、その時のフェスのお題のどちらかに投票して全員がどちらかのチームに分かれて戦うことになります。 掲示板ではこの投票が行えます。 例えば直近のフェスでは「たけのこの里VSきのこの山」で、投票するとそれぞれの専用Tシャツが配られるので、全員がそれを着て戦います。 タコツボキャニオン これはヒーローモードを遊べるところです。 メニューからショートカットでも行けますし、ジャッジくんの奥にいる傘をもったキャラのあとを追ってマンホールに入ることでも行けます。 まずはマップに隠れている透明な「やかん」を探し、インクで塗って出現させると、そこから各ステージへ行くことができます。 イカッチャ これはオンラインではなくローカル通信(近くにいる友達と通信)することで遊べるものになります。 遊べるのは「プライベートマッチ」と「サーモンラン」の2種類です。 プライベートマッチは2~8人、サーモンランは2~4人で遊べます。 イカッチャで遊ぶとスタンプカードにスタンプがもらえ、8つ集めるとロブの屋台で使えるチケットがもらえます。 クマサン商会 これはサーモンランのバイトができるところです。 最初に研修を受けたあと、4人マッチングでバイトに参加できます。 報酬はここを出てすぐにある窓口で受け取れます。 エスカベース ブキ屋、アタマ屋、フク屋、クツ屋にショートカットできます。 ランク10になれば商品が充実してきます。 ブキ以外の装備は、毎日0時に品物が更新され、品揃えはランダムなので、欲しいものがあればその日のうちに買うようにしましょう。 深海メトロ これは追加有料コンテンツの「オクト・エキスパンション」を購入することで遊べるようになります。 購入はダウンロード版のみで、内容としてはヒーローモードの難しいバージョンといった感じになります。 全てクリアすると、タコの姿が選べるようになります。 バトルでよく目にするタコの髪型の人達は、この追加コンテンツをクリアした人達です。 その他にも、購入特典やクリア特典、特定のアイテム収集によっていくつかの限定ギアが手に入ります。 クリアするのはかなり難しいみたいでわたしもまだ購入してないのですが、かなり面白いらしく、武器の練習にもなるみたいなので、わたしももう少し上達したら買う予定です。 以上! ざっくりとではありますが、超初心者向けにいろんな施設やバトルのルールなどについて解説してみました。 スプラトゥーン1からやっている人にとっては当たり前なことも、2から始めた人にとっては説明がないとよくわからないことも多いんじゃないかなと思うので、参考にしてもらえればと思います。 では今日はこれでーノシ.

次の

【スプラトゥーン2】スイッチ1台で二人で遊ぶやり方は?複数人で遊ぶやり方まとめ

ガチマッチ 2人

ウデマエS帯以降とそれ以下のイカの戦い方の違い 本題に入る前にひとつ私個人の感想ですが、ウデマエSの下位パワーと、Sの上位からウデマエXまでの試合には大きな違いがあります。 それはカバーの重要性が上がり、全員で戦わないと厳しいという点です。 打開や侵攻の際、極端な単独行動を取るとそこから決壊するという事も少なくないです。 ウデマエが上がることによって、立ち回りの練度、集団での攻守や駆け引きなど戦略のレベルも上がるため、リスキル含め一方的な立ち回りというのが難しくなってきます。 なので、個人的な操作技術はもちろんの事、攻守・スペシャル使用のタイミングやカバー技術が無いと勝率を維持するのは厳しくなってきます。 それを踏まえて、ウデマエが上がらない人がやりがちな行動を考えていきましょう。 スプラトゥーン2でウデマエが上がらないイカがやりがちなプレイ 洞察力が心もとない、先読みをしない あまり周りを見られていない事が多いです。 画面端の敵や発射されているインク、イカ移動の波打ちなどになかなか気づいていません。 気付く事ができなくても、敵が来そうな方向を警戒できていれば素早く反応できますが、それもあまり出来ていません。 まずは画面上部のメンバー状況の凝視から初めてみよう 改善の第一歩として、上部の画面端のメンバー状況をこまめに凝視できるようになればだんだんと視野が広がるのではないでしょうか。 見やすい上に、得られる情報は多いですから効果が実感しやすいと思います。 誰かが切断したとか気付くのが遅かったりする人は改善の余地ありですね。 メンバー凝視から派生する目標として、チャクチ狩りがあります。 敵のスペシャルが溜まっている事に気付いている状態でチャクチ狩りを狙うと意外と高確率で狩れます。 視界や音の変化に対する反応速度、思考力 こちらは非常に言語化がし難いのですが、視界の隅に見えたものや、いつもと違う音を異変と捉えて、推測する能力もかなり個人差があるように思います。 視野の広さと似ているのですが、聴覚も関係するので別項目にしています。 私の感覚で当てはめると、視界の隅で何か動いている人がいればさほど物音を立てていなくても気付きますし、時間帯やその動きの様子から何をしているのか自分の頭の中でとりあえず処理します。 このような目や耳の良さ、視野の広さとも若干違う、ある種の注意力や神経質さみたいな、兆し きざし を読み取る動物的感覚もアクションシューティングには重要な能力であると考えました。 ただこれを鍛える方法については、今までの経験や記憶の中で思い当たるものは今のところありません。 私としては日常生活における悩みの1つなくらい余計な情報を拾ってしまうので、これを後天的に身に付けようとするのはオススメもしません 笑 とりあえず音を正確に把握できるように、安価のものでもよいのでイヤホン・ヘッドホンをしてプレイするのがオススメです。 悪い癖がついている。 例:撃ち合いの初手でボムを投げがち これはサンプルが身内しかないので何とも言えませんが、身内はわかばシューターやZAPをよく使うので、よくボムを投げます。 よくボムを投げすぎて、敵の死角が取れて後は近付いて倒すだけだって局面にまずボムを投げてしまい、気付かれて撃ち負けたりしています。 ボムは投げた時の高い音で位置バレがしやすいですよね、試合開始の初動で牽制として投げまくるぶんにはいいですが、思考停止してしまうと悪癖になります。 たぶんこれだけじゃなく、ウデマエが上がらない人というのは、恐らくあまり効果的ではない定石を無意識に作ってしまっていると思います。 常に模索する事が大事 これに関しては、常により良い方法は無いかと模索し続ける事を意識しないといけないですね。 一番手っ取り早い方法は、他人を参考にする事でしょうか。 でも書きましたが、他人のスプラトゥーン2の配信や実況動画を見て良かった所を真似したり、敵にやられて嫌だった事や、意外にうまくいった事とかを試合後に振り返るのが必要だと思います。 劣勢の時に裏取りをしがち 劣勢での裏取りは刺さりません!劣勢という事はチーム戦で押されているという事で、チーム戦で押されているという事は、裏取りで戦場から一時離脱するという行為が負けに繋がるという事です。 4対4の試合が、裏取りによる離脱よって1と3対4になります。 裏取りによって1人キルできても、やっと前線がイーブンになるだけです。 劣勢の時の裏取りなんて、大抵は塗りの状況も悪いので裏取りもあまりスピーディーにできません。 どうしても裏取り主体の戦いをしたい場合は、カーリングボムを持ったブキや、マニューバーやパブロなど機動力に長けたブキを持つ必要があるかと思います。 使う武器を変更しがち 戦績が悪くなるとブキを変えたり、長射程を持ってみたり、上手な配信者さんに影響されたブキを持ってみたりなどは、ガチマッチのウデマエを上げる事を最優先の目標とする場合は不要な行為だと考えます。 別ブランドや同種のブキに持ちかえる程度なら良いですが、射程どころか攻撃方法まで変わってくると相当な熟練者じゃないと厳しいと思います。 立ち回りが変わるだけでなく、個人的な感覚ではマッチングの傾向も変わってくると思います。 飽きるという理由なら仕方ないですが、相性を抜きにすると、基本的に一番長く使っている武器が自分が現状で一番使いこなせているブキになりますよね。 スプラトゥーンはどのブキにもある程度の短所はあり、その短所を埋め合わせるのは自分のテクニックしかないと思います。 1日に何時間でもプレイする余裕がある人なら色々なブキを練習しても良いですが、そうでない人が思いつきでブキを変えても付け焼刃にしかなりません。 私は時間をあまり多くは割けないですし、ホクサイが遊んでいて一番に楽しいブキなので使い続ける事は苦痛ではありません。 もちろん無意識に出来る人や、このゲームと相性が良い人も居ますがほんの一握りではないでしょうか。 ウデマエXに到達した感想を追記するなら、さらに上を目指すには今まで以上にリソースを割く必要がありそうという事です。 私は多趣味なのでかなり悩んでいます。 要約すると、ガチマッチは面白いけどしんどいですよね。 以下のスプラトゥーン記事もよろしければどうぞ。

次の

【ウデマエXが教える】ガチマッチで勝てない人の特徴と対策【スプラトゥーン2】|スマトゥーン通信

ガチマッチ 2人

この記事は、 任天堂が公式に発表したものではなく、私が1年間以上スプラトゥーン2をプレイして体感を元に書いているため、事実と異なるかもしれませんのであらかじめご理解ください。 ガチマッチのマッチング・編成がクソになってしまう理由 自分がプレーして感じるガチマッチのマッチング・編成がクソだと感じてしまうのは下記のことが関係しているのではないかと感じています。 同じウデマエ同士のマッチング• 武器系統を合わせようとする• 勝率を考慮してくる 一つずつ詳しく説明していきます。 一見、ウデマエが同じであれば大きな問題ないような気もしますが、実際これには大きな差が生まれる可能性があります。 スプラトゥーンをやっている人なら分かると思いますが、 ガチマッチのルールは同じとは言えど、ウデマエによってプレーが大きく異なります。 「今までプレーしていたことが通用しない…」 なんてことはザラにあるものです。 そのため、同じウデマエ同士のマッチングがクソだと思ってしまう原因になります。 武器系統を合わせようとする ガチマッチでマッチングを見ていて思うのは武器編成を味方と相手で合わせようとしている傾向があるように感じます。 例を挙げると、自分がスプラローラーを使っていたら相手にもスプラローラーがいる、自分がスパッタリーを使っていたらデュアルスイーパーがいる、というふうに武器系統が同じ場合が多いです。 これも戦いやすいようにと運営が気を利かしているのかもしれませんが、それが編成をクソにしてしまっている原因でもあると思います。 同じ武器系統でも性能は大違い その理由として、同じバケツ系の武器であるヒッセンとエクスプロッシャーで比べると、立ち回りや射程、ダメージ量など様々な面で差がありますが、 武器系統を合わせようとすると同じ武器系統としてひとくくりにされるわけです。 その差が編成がクソだと思ってしまう原因につながっていると思います。 勝率を考慮してくる ガチマッチをやっていると 「さっきまで勝ていたのに負けだした…」 「ウデマエ上がる前になると負け続ける…」 という経験がある方がいるかと思いますが、これは単に不運なだけではなく勝率をマッチングに考慮しているからだと予想しています。 負け越している人への救済措置?かも 勝率をマッチングに考慮しているのは、私たちを勝ちすぎだから負けさせようとしているのではなく、負け続けてしまっている人への救済措置みたいなものでしょうか… もし勝率が考慮されているのであれば、マッチングがクソだと感じる理由の一つになると思います。

次の