地鎮祭 日取り。 地鎮祭の日取り決定の方法・・・土用や三隣亡はだめなの?

地鎮祭をやってはいけない日取りはある?仏滅より縁起の悪い日を解説

地鎮祭 日取り

スポンサーリンク 地鎮祭の縁起のいい日取りはいつ 地鎮祭は一般的に、「大安」「友引」「先勝」といった六曜の吉日の、午前中に執り行うことが多いようです。 特に一番縁起のいい日とされている「大安」は良いとされています。 そのほか、「友引」、「先勝」もよいとされていますが、「先勝」については午前中であればよいのですが、午後はあまり良くないようです。 ちなみに我が家では大安の日の月曜日だったのですが、有給を使い休みにして行いました。 また、「仏滅」はお祝い事にはあまり良くないとされていますが、実は「赤口」も避けた方がいい日とされています。 午の刻、つまり11時から13時頃までは良い時間とされているのですが、 赤という文字から、火災、血液などを連想させるため、地鎮祭については良い日ではないので、できれば避けた方がよいでしょう。 とはいっても、日程が詰まっていたり、仕事を行っている中で、関係者や家族全員のスケジュールを合わせるのは中々難しいと思います。 最終的には考え方次第ですので、特にこだわりがなければ気にする必要もないでしょう。 そもそも、地鎮祭は神道の行事ですが、神道と無関係の六曜で判断するのも変という考え方もあります。 どちらかというと、 建築関係の行事は「十二直」に基づき建築の吉日を重視するということがあります。 あまり、気にしすぎずに参考程度に考えてください。 スポンサーリンク 六曜(ろくよう)とは 六曜とはカレンダーに書いてある、「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6つが六曜です。 婚礼は「大安」が良く、葬儀では「友引」を避ける等六曜には色々と意味があります。 六曜は、ひとつずつに意味があり、その日の吉凶を判断するものです。 先勝(せんしょう) 早くことを済ませてしまった方が良いとされている日。 「先んずれば即ち勝つ」の意味をもっており、午前中に行えば吉。 午後は凶と言われている。 急用の処理や訴訟には吉日とされており、昔は「速喜」「即吉」とも言われていた。 友引(ともびき) 勝負ごとで決着がつかなくても良くも悪くもないとされている日。 朝、晩は吉であるが、昼は凶と言われている。 友引の葬儀・法事は友を冥土に引き寄せられるとされ、避けられている。 先負(せんぶ) 急用や勝負事は避けた方がいいとされる日。 先んずれば即ち負ける。 午前中は凶、午後から吉とされる。 何か行うときは、午後からのほうが良い。 仏滅(ぶつめつ) 六曜の中でも仏も滅するような大凶の日。 万事において最悪な日。 開店、婚礼などは行わない方がよい。 仏事には良い日。 大安(たいあん) 大いに安し。 六曜の中でも最も吉日とされる日で何事においても吉、成功しないことなない日とされます。 婚礼・結納などによい。 建前や建物の基礎工事着工日や引き渡し日、自動車の登録、納車などにもよいとされている日。 赤口(しゃっこう) 凶日とされる。 お昼ごろのみ吉、それ以外は凶で特に祝い事は大凶。 赤から連想される火や刃物によるケガに注意する。 建築ではあまりよくないとされる日 建築関係に良いとされる六曜は「大安」、「友引」の全時間、「先勝」の午前、「先負」の午後です。 十二直(じゅうにちょく)とは 「建」、「除」、「満」、「平」、「定」、「執」、「破」、「危」、「成」、「納」、「開」、「閉」に12の星で吉凶を表します。 建築吉日は、主に十二直で確認します。 十二直 よみ 意味 運勢 建 たつ 「万物を建て生じる」 事始めに適している日 【吉】祭祀、棟上、移転 【凶】土木工事、動土(土を動かすこと) 除 のぞく 「障害を取り除く」 不浄をはらってくれるとされる日 【吉】掃除、病気、怪我の治療、祭祀、井戸掘り 【凶】結婚・動土 満 みつ 「すべてが満たされる」 控えめに行動するのが良しとされる日 【吉】新しいこと始める(建築、増改築、引っ越しなど) 【凶】動土(土を動かすこと)、土木工事、服薬 平 たいら 「物事が平らかになる日」 何事も平等、円満になりやすいとされる日 【吉】柱建て、旅行、結婚 【凶】井戸掘り 定 さだん 「善悪が定まる」 何かを定めるのに適している日 【吉】新しいこと始める(建築、増改築、引っ越しなど) 【凶】旅行、訴訟 執 とる 「執行し促す」 何かを察するのに良い日 【吉】祭祀、祝い事、増改築、造作 【凶】金銭の出費 破 やぶる 「物事を突き破る」 取り決めなどを行わない方がよい日 【吉】訴訟、漁猟 【凶】祝い事、祭祀、契約 危 あやぶ 「物事を危惧する」 何事にも危ない日 【吉】- 【凶】旅行、祭祀、祝い事、契約 成 なる 「物事が成就する」 何事にも成功しやすい日 【吉】新しいこと始める(建築、増改築、引っ越しなど) 【凶】訴訟、談判 納 おさん 「物事を納め入れる」 何かを納めるのに適している日 【吉】買い物、収穫 【凶】結婚、葬式、引っ越し 開 ひらく 「開き通じる」 運勢を開くことが出来る日 【吉】建築、引っ越し、結婚 【凶】葬式 閉 とづ 「閉じ込める」 何事も閉じ込めてしまう日 【吉】建墓、金銭出納 【凶】棟上げ、結婚、 建築によいとされる日は、「建」、「満」、「平」、「定」、「成」、「開」です。 これとは別に「三隣亡」という日がありますが、この日は上記の建築の良い日でも避けた方がいいようです。 また、縁起のいい日を選ぶのになじみがあるのは六曜だと思いますが、建築では十二直と言われています。 両方を合わせてみて、いい日が一番良いと思いますが、中々、合う日付もないので、六曜のみや、十二直のみでみて縁起のいい日で行うことをおすすめします。 ただ、どちらの悪い日には当たらないようにすれば個人的には良いと思います。 決めるのは自由なので参考程度に診てもらえればと思います。 地鎮祭カレンダー 地鎮祭を行う予定だけれども、六曜や十二直などいつ行えばよいのか、わからない!縁起のいい日はいつなの?という方のために地鎮祭カレンダーを作成しました。 日取りを決めるための参考になればと思いますので、地鎮祭の吉日カレンダーを参考にしてみてください。

次の

地鎮祭をやってはいけない日取りはある?仏滅より縁起の悪い日を解説

地鎮祭 日取り

スポンサードリンク 様々な行事の日取りを選ぶには欠かせない「六曜」について 地鎮祭の日程はもちろん、結婚式や結納、葬式などを行うときは 「六曜」を参考にするのが一般的です。 よくカレンダーに「大安」 「仏滅」などと記されていることがありますが、 まさにあれのことです。 六曜と言う名前の通り、次の6つの種類があります。 ・先勝(せんしょう、さきかち): 先手必勝、急げば勝ちという意味で、午前中なら吉日です。 午後2時以降は逆に良くないとされますので、この日に結婚式や 結納などをする場合は午前中にしましょう。 ・先負(せんぷ、さきまけ): 先勝とは逆の意味ですので、先を急いだことはすべて凶となる日です。 この日に急いで何か決めたり始めたりするのは 避けましょう。 とはいえ、午後からなら吉日とされていますので 急ぎでない用事は既に決まった予定があれば午後からにすれば 問題ありません。 ・大安(たいあん): 何をしても、何を始めても上手くいく吉日です。 結婚式などにも 選ばれることが最も多いのと同時に、 新しい事を始めるのにも 適しているので引っ越しや転職日を考える時にも人気です。 ・友引(ともびき): 友を引くと書きますが「どういう意味?」となる方も多いと思います。 これはこの日に葬儀をすると、故人の友を一緒に 冥途へ引いて行ってしまうという意味がありますので、 法事には避ける傾向があります。 ただし基本的にはお昼の時間帯を除いて 大安に続く吉日とされています。 ・仏滅(ぶつめつ): 何をしても凶とでる最も良くないとされる日です。 ただし、「滅」と言う字は滅びてまた一からという意味で 「スタート」を意味しているとも言われます。 ・赤口(しゃっこう): 赤口は忌日です。 運気が停止しており不吉な日とされているので、 この日は余計なことは何もしない方が無難です。 ただしお昼の 時間帯のみであれば吉とされます。 地鎮祭っていつやるのがベストなの? 先ほど紹介した「六曜」の意味合いからすると、地鎮祭を 行うのであれば「大安」「友引」が好ましいですが、 「先勝」の午前中や「先負」の午後でも構いません。 「赤口」や「仏滅」はなるべく避けてください。 地鎮祭の日取りで赤口や仏滅にするとどうなるの? どうしても日程が合わないということもありますよね。 そんな時に「赤口」や「仏滅」を選択するのは有りなのでしょうか? まず、「仏滅」についてですが、避けた方が無難な日とされている一方、 先ほど紹介したように考え方によっては「新たなスタートの吉日」 ともなります。 そちらの意味を重視して、あえてこの日を選ぶ方も 一定数いるようですので、家族とよく相談して決めましょう。 次に「赤口」ですが、唯一の吉時間であるお昼頃(11時~14時) に限定して行うのであれば「とりあえずは大丈夫かな・・・」 という感じです。 ただし「赤口」は「赤」から火事や火傷を連想 させるばかりか、それが「飛び火する」と言う意味もあり、災いが 隣近所までいってしまう危険な日です。 六曜を気にするご近所から 嫌がられる可能性もありますので、 やはり地鎮祭にはできるだけ 選ばないでいただきたいのが正直なところです。 まとめ 地鎮祭は「建築工事の成功」「完成した家や建物の安全と繁栄」 を祈る儀式ですので、ほとんどの建物の建築前に行われています。 日程はできるなら縁起の良い日に決めたいところですよね。 できるだけ「大安」「友引」を選ぶか時間を限定して「先勝」 「先負」に行うようにしましょう。 考え方によっては「仏滅」も 選択肢に入りますが、ご近所にも関係してくる「赤口」は なるべく避けてくださいね。

次の

地鎮祭をやってはいけない日取りはある?仏滅より縁起の悪い日を解説

地鎮祭 日取り

家を建てる前に行う儀式「地鎮祭」。 その名前は聞いたことがあるものの、何のために行う、どんな儀式なのか知らない人が多いのではないでしょうか。 ほとんどの人にとって、地鎮祭を行うのは初めてのこと。 不安に感じることも多いでしょう。 そもそも「やる必要があるの?」と思っている人や「お金がもったいない」と思っている人も少なくないのでは? ここでは、地鎮祭とは何か、やらなければならないのか、日取りや準備、式次第についてもまとめました。 地鎮祭とは? 地鎮祭とは、家を建てる前に氏神様(居住する地域の神様)を鎮め、土地を使用する許可を得る意味があります。 許可を得ることで祟りを防ぎ、工事中の安全や、完成した家の繁栄を祈ります。 神式で神主さんが行うケースが一般的ですが、熱心な檀家さんでしたら仏式で、キリスト教徒であればキリスト教式で、地鎮祭に代わる「起工式」を行うケースもあります。 地鎮祭はやらなくてもいいの? 地鎮祭を行うことは義務ではありません。 地域によって風習が異なりますが、時代の変化に伴い、特に都心部を中心としたハウスメーカーでは、施主の意向を重視して地鎮祭を行わないケースが増えています。 居住する土地に根付いた工務店などでは、地鎮祭を勧められるケースが多いようです。 また、計画段階で地鎮祭の費用を諸経費に含んでいるハウスメーカーも少なくありません。 全てハウスメーカーが取り仕切ってくれて、当日は手ぶらで参加するだけというケースも多いようです。 地鎮祭の日取りは? 縁起を担ぎたければ、地鎮祭は六曜で吉日とされる大安や友引、先勝の午前中に行いましょう 地鎮祭は一般的に、「大安」「友引」「先勝」といった六曜の吉日の、午前中に執り行うことが多いようです。 「仏滅」がお祝い事に不向きな日であることは広く知られていますが、「赤口」も避けた方がいい日とされています。 午の刻、つまり11時から13時頃までは良い時間とされているものの、赤という文字から火事や血などを連想させるため、地鎮祭に関しては仏滅以上に不吉な日と考える人もいます。 できれば避けたほうがいいでしょう。 とはいえ、毎日忙しい中で関係者全員のスケジュールを合わせるのは大変なこと。 最終的には自分たちの気持ち次第です。 そもそも、地鎮祭は神道の行事ですから、神道と無関係の六曜を持ち出すこと自体がナンセンス、という考え方もあります。 建築関係の行事は「十二直」に基づく建築吉日を重視する人もいます。 いずれも、参考程度に考えればよいでしょう。 地鎮祭に向けて、何を準備したらいいの? 地鎮祭に必要なお供え物は本来、施主が用意するもの。 最近は工務店やハウスメーカーが準備するケースが増えています 地鎮祭は基本的に、神主さんと工務店やハウスメーカーが準備をしてくれるため、施主は当日、神主さんへのお礼である「初穂料(玉串料・神饌料)」を持参するだけというケースが一般的です。 当日は、米や奉献酒、塩、鯛やするめ、昆布といった海の幸、野の幸(野菜)、山の幸(果物)などの準備が必要です。 これらの一部またはすべてを施主が準備するケースもあります。 笹竹や注連縄、砂、白木のくわ・すき・鎌、榊などは工務店やハウスメーカーが準備します。 また、地鎮祭が終わると基礎工事に着手することになります。 工事車両の駐車や騒音など、ご近所には何かと迷惑をかけてしまいますから、このタイミングで向こう三軒両隣に挨拶まわりをするケースが多いようです。 施工会社がタオルなどの粗品を持参しているでしょうが、施主サイドでもちょっとした挨拶の品を用意しても良いでしょう。 地鎮祭の初穂料の相場、のし袋の書き方は? 水引が印刷されたタイプののし袋に入れる金額は、一般的に1万円まで。 地鎮祭のために祝儀袋を用意するなら、水引を取り外しできるタイプがベストです ・初穂料の相場 地鎮祭は基本的に、神主さんと工務店やハウスメーカーが準備をしてくれるため、施主は当日、神主さんへのお礼である「初穂料(玉串料・神饌料)」を持参するだけというケースが一般的です。 初穂料の相場は、3~5万円。 多いところでは10万円が相場という地域もあるようですが、いずれにしても奇数の切りの良い数字が好まれる傾向にあります。 工務店やハウスメーカーの担当者が、相場を教えてくれるでしょう。 ・のし袋の書き方 のし袋の水引(みずひき)は、結婚祝いなどに使われる「結びきり」と出産や進学などに適した「蝶結び」、関西より西でよく使われ、結びきりと蝶結び双方の意味で使える「あわび結び」の3種類があります。 地鎮祭では基本的に「蝶結び」が使用されます。 水引の上段には一般的に「初穂料」もしくは正式に「御初穂料」と書きます。 毛筆、もしくは筆ペンを利用しましょう。 「(御)玉串料」「(御)幣帛料」「(御)神饌料」と書くこともあります。 下段には、上段の名目よりも少し小さめに施主の姓を記入します。 フルネームでも構いませんし、土地や建物が共有名義の場合は連名で表記しても構いません。 複数人数の場合は、中央に代表者の氏名を、左側にそのほかの氏名を書きます。 4人以上になるときは、施主の名前の横に「他家族一同」などと書いてまとめるとよいでしょう。 中袋の表面には入れた金額を旧字体で、裏面には住所と氏名を書き、肖像画が表になるように新札の紙幣を入れます。 のし袋はあらかじめ折り目が付いていますが、祝い事のため、下の折が上になるように折りましょう。 地鎮祭当日の流れ、服装は? 当日は、極端に派手な服装や露出の多い服装、だらしのない恰好でなければ、普段着で問題ありません。 家を建てる土地にテントを建て、祭壇を組み、お供え物を並べたところで、神主さんが地鎮祭を執り行います。 式次第は主に「修跋の儀(しゅばつのぎ)」「降神の儀(こうしんのぎ)」「献饌 (けんせん)」「祝詞奏上(のりとそうじょう)」「四方祓(しほうはらい)」「地鎮の儀(じちんのぎ)」「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」「撤饌(てっせん)」「昇神の儀(しょうじんのぎ)」「閉式の辞(へいしきのじ)」「直会(なおらい)」と進めます。 最後の直会とは簡単な食事のことで、最近は省略するケースも多いようです。 地鎮の儀では、「エイ、エイ、エイ」という掛け声とともに、設計者が鎌を、施主が鍬を、施工者が鋤を入れます 施主がやることは主に、「地鎮の儀」で神主さんから手渡された鍬を使い、盛り砂を掘り起こす仕草を行う「鍬入れ」と、玉串を祭壇に置いて二礼二拍手一礼を行う「玉串奉奠」。 あとは地鎮祭が終わってから、神主さんへ感謝の気持ちとともに、初穂料を渡しましょう。 実際に家を建てた人は、どんな地鎮祭を行っているの? 東京都・Kさんの体験談 「地鎮祭を行わないと着工できない」という想いがあり、当時仮住まいだった私たちは、1日も早く地鎮祭を行いたいと考えていました。 施工をお願いしていた工務店から告げられた大安の日は夫の都合がつかず、家族で参加できる友引の日を選ぶことに。 費用は工務店から「宮司さんにお渡しする初穂料は5万円で、その他にお供えを準備するために5,000円程度かかる」とお聞きしましたので、相場通りの額をお支払いしました。 エリアごとに「初穂料」が異なり、私たちが暮らすエリアはやや高めと聞いた記憶があります。 これらの費用は宮司さんではなく、工務店さんに支払い、工務店さんが宮司さんにお渡しする流れでした。 当日の準備は、工務店さんにおまかせ。 宮司さんの送迎も、工務店の方がして下さったようです。 新居を建てるエリアの氏神様を祀る神社の宮司さんが来てくださり、儀式は30分程度で終了しました。 当日は儀式よりも、その流れで行った近隣への挨拶回りに時間がかかった印象ですね。 (参考記事:東京都・Kさんの住宅購入者インタビュー「」) 茨城県・Mさんの体験談 業者から提案された日に、地鎮祭を行いました。 当時都内在住・都内勤務だったため、必然的に土日しか都合がつかなかったこと、両親が新居の近くで暮らしていて地鎮祭に参加してくれる予定だったことから、日にちの選択肢はあまりなかったと思います。 準備は特にありませんでしたが、新居を建てる土地の氏神様ではなく、業者が懇意にしている神社の神様で良いかという確認はあり、紹介された神社にお願いしました。 60戸ほどの分譲地でしたが、地鎮祭を行わなかったご近所さんも多かったようです。 当日は普段着で現地へ。 あいにくの雨となってしまい、傘をさしながら参列しました。 神棚が濡れないように雨避けのテントを建てるなど、準備をして下さった方々は大変だったと思いますが、神主さんから「雨降って地固まるですね」と言われたことが、とても印象深いです。 (参考記事:茨城県・Mさんの住宅購入者インタビュー「」) まとめ 地鎮祭を行わなくても家は建ちますが、着工前に地鎮祭を行うことで、その土地に住む神様に受け入れてもらい、工事の安全と家の繁栄を祈願することができます。 施工する関係者の士気も高まることでしょう。 分からないことだらけで不安かもしれませんが、基本的には神主さんや施工者が取り仕切ってくれます。 家を建てる際は、貴重な人生経験として、地鎮祭を行ってみてはいかがでしょうか。 (最終更新日:2020. 07).

次の