あつ森 インタビュー。 『美術手帖』ゲーム×アート特集 『あつ森』とコロナ禍の世界を考える対談も

中国『あつ森』発禁騒動に続報!『FF7』も発売禁止の危機に……習近平政権、ゲーム規制強化の裏側|日刊サイゾー

あつ森 インタビュー

様々な角度から研究の対象ともなっているゲームと、その手法を使ったメディア・アート、芸術性を追求するゲーム作品、さらには現代美術における遊戯性の系譜まで、広くゲームとアートの領域が重なるところをとりあげ、両者の関係と新たな表現の可能性を考える内容になっている。 アーティスト、学芸員などの識者が考察 PART1では「ゲームアート」と呼ばれる領域を中心に、アートにおける新たなメディアとしてのゲームについて紹介。 巻頭アーティストインタビューでは、国内でいち早くゲームの技法を取り入れてきた 谷口暁彦さんと、岡山芸術交流などに出品したことでも知られ、ゲームAIを使った制作を行う イアン・チェンさんが登場する。 また、このテーマを考えるうえで知っておきたいゲーム用語などのキーワードをイラスト入りで解説。 愛知県美術館学芸員・ 副田一穂さんによる、アナログゲームなどをモチーフとしたアーティストの実践の紹介、若手アーティスト・ 大岩雄典さんによる「ゲームブック」形式の論考などから、ビデオゲームにとどまらず両領域の関係を考察する。 商業ゲームにおける「美」の概念とは PART2では、ゲームにおける芸術性に着目。 ゲームクリエイターから、国内外で注目される個人制作者・ 麓旺二郎( もっぴん)さんと、『ぷよぷよ』で知られ、現在は上演形式の作品なども手がける 米光一成さんにインタビュー。 また、商業ゲームにおける「美」の概念を、批評家・ 藤田直哉さんが分析する。 主に作品性を重視したインディ・ゲームを指す「アートゲーム」と呼ばれる分野については、ゲーム研究者・ 松永伸司さんの監修により紹介。 テーマ別の作品カタログのほか、アートゲーム制作者の草分けとして知られる ジェイソン・ローラーさんがその制作について語るインタビュー翻訳も掲載する。 『あつまれ どうぶつの森』とコロナ禍の世界を考える PART3は論集として構成。 ゲーム制作者・文筆家の 山本貴光さんによる、初期コンピュータ・ゲームを題材としたゲームの視覚効果の分析、世界的ゲーム研究者の イアン・ボゴストさんと美学者・ 吉田寛さんによる、『 』とコロナ禍の世界について考える対談、近現代美術史にゲームの系譜を見出す 中尾拓哉さんによる論考などを掲載する。 そのほか、ゲームにおける多様性やフェミニズムに注目するキュレーターの イザベル・アルヴェールさんへの取材や、ゲーム内で撮られた写真作品「インゲームフォトグラフィ」のビジュアルページなど、120ページ超の大ボリュームの特集となっている。 また今号では、久門剛史さんのロングインタビューや、コロナ禍における世界のアートシーンの状況レポートも掲載される。

次の

「あつまれ どうぶつの森」の博物館はどうすごい? 一級建築士に聞いてみた|まいしろ|note

あつ森 インタビュー

任天堂公式サイトより 3月20日に発売されたNintendo Switchの大人気ゲーム『あつまれ どうぶつの森』が中国で発売禁止となったことはだが、発禁から1週間以上がたち、現在さらなる騒動が中国で沸き起こっている。 今回は『あつ森』発禁騒動の続編をリポートしていきたい。 発売禁止の理由はやはり習近平政権への批判だった? 発売禁止の告知が行われた数日後、中国当局は更なる厳格なゲーム規制に乗り出した。 まず、中国以外の国に在住するユーザーと共同プレイをしてはいけないことが決まったのだ。 オンラインゲームの魅力はインターネットに接続し、世界中のプレイヤーと共にゲームを楽しむことができることにあるが、政府はこの機能を問題視したらしい。 他国とは異なる形式で「中国専用の接続サーバー」を製作すると同時に、中国以外の人々とチャットを行う機能も削除するという。 以前より『あつ森』が発売禁止になった理由として、ゲーム内で好きなデザインを起こし、自身の島にインテリアとして配置できる「マイデザイン」という機能で習近平政権やWHOのテドロス事務局長を批判するユーザーが世界中に多発したことが原因ではないかと推測したが、当初政府側からは正式な発禁理由を語ることはなかった。 しかし、「世界のユーザーと交流することを禁ずる」という今回の規制によって、「国民に批判されたくない」または「他の国からよせられる自国の批判を国民に見せたくない」政府の魂胆が浮き彫りになったと言える。 彼らはどんな形であれ、自分たちの威信を揺るがす発言を許さない。 それがたとえゲーム内のチャット機能であろうが、その内容がちょっとしたジョークであろうが、それが革命の火種となる可能性を警戒しているのだろう。 新型コロナウイルスを想起させる単語も使用不可に さらに『あつ森』規制のみならず、中国ではどさくさ紛れにさまざまな『規制法案』が可決してしまった。 Nintendo Switch、及び周辺ソフトを中国国内で購入する際は実名登録が必要となり、現在すでに購入している人も、役所に実名登録をしなければ罰せられる規則の制定が報告されている。 これはパッケージ版やDL版にかかわらず、全てのユーザーが行わなければならなくなるようだ。 それだけではなく、ゲームソフトには当局によって、より一層厳しい審査が行われることになり、社会に影響を及ぼす内容、及び多数の異性と恋愛関係になるなど青少年の教育に悪いと判断されたもの、また使用される文字も規制され「殺、死、鬼、妖」等「よい影響を及ぼさない」とされる字も使用不可となるそうだ。 中国では以前からこうした動きはあり、ゲームユーザーは「ますます規制が厳しくなるのではないか」と戦々恐々としていたものだが、いよいよ現実となってしまった。 また、「瘟疫(疫病)」といった単語など、新型コロナウイルスを想起させる単語は使用が禁止されるのだという。 これはオンラインゲームのチャット機能も同様で、こうした言葉たちは「そもそも出現しない」ものとされている。 先日スクウェア・エニックスから発売された『ファイナルファンタジーVII リメイク』も、中国ファンは発売を待ちわびていたわけだが、どうやら厳しくなった規制に引っかかる可能性が濃厚で、発売が絶望的になってしまった。

次の

「あつまれ どうぶつの森」の博物館はどうすごい? 一級建築士に聞いてみた|まいしろ|note

あつ森 インタビュー

任天堂のコミュニケーションゲーム『あつまれ どうぶつの森』(Animal Crossing: New Horizons)は7月3日、夏のアップデート(Ver. 0)を配信した。 しかし、思わぬ機能の消失に、コミュニティーの間で混乱が生じており、アップデートを差し控えている人も出ている。 ゲームプレイを、きれいにキャプチャ出来なくなった 「夏のアップデート第1弾」では、海水浴や新キャラクターとの出会いが目玉だ。 しかし一方で、カメラアプリを使う際にHUD(ヘッドアップディスプレイ)を消去できる機能が、なくなっているという。 最高のコンテンツを創りたいクリエーターが、アニメーション映画のような作品を目指しても、画面にメニュー等が映り込んでいると、絵的に乱雑に見える。 結局のところ、HUDが表示されていると、ゲームプレイのキャプチャだったことが明白になってしまって厄介だ。 『Polygon』は、これが「大きな違いを生む小さなディテールだった」と嘆く(参考:)。 『あつ森』の成功は、プレイヤーが好きなシーンを創れる自由度によるところが大きい。 これらの秀逸な作品はソーシャルメディアでシェアされ、口コミでどんどん広がる。 比較動画を製作したYouTuberのMiguel Deleon氏は「衝撃を隠せない」とコメント。 そのうえで「多くの人が動揺している。 ゲームの公式ビデオアプリ機能を作ってくれることを願っている」と動画内でメッセージを送っている。 一部のクリエーターは、この不具合を回避するためだけに、新しいアップデートのダウンロードをしていないという。 その機能は、動画作成に非常に重要だからだ。

次の