学習塾 比較。 学習塾比較サイト 塾ナビと塾シルを比較してみた。

塾スタイル

学習塾 比較

学習塾の月謝の相場はいくらくらい? 学習塾の 月謝の 相場、 気になるところですが、 学習塾に入る時期は お子様のタイミングで考えたり、 母親のタイミングで考えたりと、 学習塾に 入る時期は人それぞれですよね。 小学生や中学生から 通い始める場合もあれば、 中には就学前から 塾に通うお子様も今では多いですよね。 行くからには、 真面目に身になるように勉強してほしいし、 なによりも、 自分のしたいことに熱中してくれるのが、 親からすれば、子供の成長を感じられるし、 嬉しく感じる瞬間ではないでしょうか! ですが、 現実的な話、 月謝というのは毎月の出費になるもの。 料金よりも、 まずは、 通うお子様と学習塾の相性は 通うにあたっての 重要なポイントになります! 小学生から学習塾を考えている場合、 大きく分けると、 学習塾の種類 苦手な科目を 重点的に教えてくれる学習サポート系と 受験することが目的の中学受験専門系 の2種類が存在します。 学習サポート系 学習サポート系では、 学校の授業で 分かりにくかったり 理解できなかった部分を 予習、復習、応用問題などで 解消していくのがメイン。 000円 家庭教師:約5,000〜10,000円 ちなみに、 受験専門系の学習塾は テキスト代に加え、 模擬試験 夏期講習 冬季講習 なども準備されているので、 本気で取り組んだ場合は 年間で100万円はかかるとされています。 学習塾の月謝を比較すると、どうなる? 学習塾の 月謝 比較が必要です。 でも、結局のところ、 お子様に 合った塾を探すのが一番の近道。 料金が高いから、 成績が 必ずしも上がるとは限りません。 そもそも、 親が勧めて 塾に通っても身になりません。 自分の意思で勉強したい! と思わない以上、 無駄に終わってしまいます。 親があせっている時ほど 本人はそこまで危機感が無いのです。 個々で比較の対象になる部分が 違ってくるとは思いますが、 月謝を比較して、 家計に響かない程度の塾を 選ぶのもアリですし、 1対1のマンツーマン形式や 3対1の集団授業などの 授業スタイルで選ぶのも1つです。 やはり、 集団授業の方が、 割と月謝が安いところが多いですが、 受験専門系は 上記でもご紹介したように 割高になっています。 住んでいる地域によって、 大手の塾や地元の塾など様々あります。 ある程度は、情報収集が出来ますが、 疑問を抱いたりもしますよね。 なので、 気になったら、 直接電話をかけて話を聞くか、 見学や体験授業などに 参加するのがオススメですよ! 学習塾の月謝の平均はいくら? 学習塾の 月謝の 平均も 知るべき情報ではありますが、 上記でもご説明しましたので、 大体の料金は理解できたと思います。 高いと感じる方もいれば、 想定内だった方も居たはず。 学習サポート系の学習塾に関しては、 苦手な科目だけの 授業を受ける生徒が大半です。 1科目につき、 約6,000円が大体の平均で、 2科目だと、 その倍だという感じとなります。 その時の営業用資料の中に、 お子様の好きな色によって、 お子さんの性格などのタイプ別診断が できるようなものがあります。 ただいざという時に、 うっかり忘れてしまう癖がある 黄色 何事も効率が良く、 頭がキレるので、 基本平均的な点数が取れる オレンジ色 クラスのムードメーカー的存在で 輪の中心で場を盛り上げる。 ピンク色 一匹狼タイプで単独行動を好む。 緑色 大きな壁にぶつかった時に 1人では立ち向かえないタイプ。 周りの人が補助に入ってあげると 自分の力を発揮できる。 紫色 優柔不断がたまにキズ。 自分の意見を押し殺してしまいがち。 白色 完璧主義者。 悪く言えば、 他人の意見を受け入れないで 自分が思った事が正解だと思ってしまう。 黒色 今では、 トレンドのカラーなので 好きな人も多いため、 診断しづらい色なのです。 が、 純粋に、黒色が好きな場合は、 悩みが尽きないタイプと言えるため、 誰かが相談に乗ってあげた方が良い。 さて、お子様はどのタイプでしたか? 集団塾に合うお子様もいれば、 個別塾が合うお子様もいます。 絶対的な性格診断方法ではないですが、 参考にしながら、本人の意見を尊重して お子様に合った学習塾を探しましょうね!.

次の

【保存版】首都圏の「中学受験塾」4塾を徹底比較!2019 | 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』

学習塾 比較

学校の役割の限界と塾の役割 今までの学校は、教科(授業)と特別活動(生活と行事)の二本柱で教育を行ってきた。 学習面だけでなく、人格形成や社会生活の基礎といった社会的自立基盤を育てる側面があり、基礎学力(教養)と社会性の2つを育成することが目指されていた。 しかし、現実にはもあり、この2つをバランスよく育成することは困難になってきている。 学校の役割の限界 学校での授業を含めた全ての活動は、基本的に教育指導要領に基づいて行われる。 最近では学校ごとの裁量もかなり認められるようになってきているが、あくまでも指導要領の範囲内で行わなければならず、これを逸脱し、反することが無いという条件が付きまとう。 少なくとも義務教育においては、学校は全てのレベルの生徒を対象にしなければならない。 このレベルとは、学力だけでなく意欲などのメンタル面も含まれる。 すなわち学校は、生徒の意欲やモチベーションの有無に関係なく教育・指導しなければならない。 このような制限の中では、平均レベルの生徒に合わせることになり、自然に上位層や下位層の生徒は無視されることになってしまう。 近年の学歴社会における受験偏重の状況では、学習面の比重が大きくなっているが、学校はその役割のため、学習以外の面を無視することはできず、また、どのような生徒であっても拾い上げなければならない。 元々、義務教育自体が必要最低限の基礎を教えることがベースになっている為に、親が望む水準の学習レベルを提供しきれないのが現実である。 したがって、現在、学校では学習面での要求に応えることはできないという認識が定着し、特に中学校では、高校受験のため6~7割の生徒が塾に通っているのが現状である。 このような学校の現状と、受験偏重という問題はあるものの、塾は多くの生徒と、その親にとって、不可欠な存在になりつつある。 塾の役割とは? そこで、「塾」の役割について考えてみる。 塾は学校と違い、授業料を払って限られた時間だけ生徒と関わることになる。 その中で最優先されるものは、受験に合格する為の確実な学力アップである。 塾に通う生徒はともかく、その親にとっては学力向上こそが支払う授業料に値する価値である。 その期待に対して塾が提供できることとしては、受験のための知識とテクニック、勉強のやり方、勉強に対しての努力の仕方などである。 塾は学校のように平均的な生徒に合わせる必要はなく、基本的に個々に合わせたやり方、ペースで行うことができるのも特徴である。 また、もはや学校では向上させることが難しくなっている勉強に対する意欲やモチベーションの向上も、最近では期待されていると言えよう。 しかし、先に挙げた学校教育の役割全てを塾で担うことは不可能である。 テストには出ない生活の基本的な知識や、伝統・文化等の行事体験、集団生活の中で学ぶ人間関係の育成などは、学校でなければ身に付けることはできない。 中学受験の勉強ために小学校を欠席させたり、良い高校に合格する為に、生徒会や卒業アルバムの係をやらないように指導する塾もあるが、自分のために社会的な責任や人と協力することを避けるようなことを小中学生のうちに覚えた子供が、大人になって社会で上手くやっていけるとは思えない。 塾は子供の人格形成を妨げることはしてはいけない。 今後、塾のニーズはさらに高まり、役割も大きくなっていくことが予想される。 その中で必要とされていく塾とは、学校との役割の違いを明確にした上で、受験テクニックだけでなく、子供達の将来を真剣に考え、育成できる塾であり、ひいては日本の将来も視野に入れた運営ができる塾である。 そこで、人材育成も重要になってくる。 これまでの一般的な塾の研修では、運営方法や売上計算のやり方、集客方法を教えるばかりのところも多い。 また、大学生のアルバイト中心の塾では、授業の進め方の簡単な研修をしただけで、現場ですぐに子供に教えている。 しかし、受験という子供の一生に関わる塾の講師にはしっかりとした人格が必要となる。 そういう人材を育成できる研修システムが確立されていることも、今後の塾には求められている。

次の

高校受験におすすめの塾人気ランキング7選【2020年最新版 】

学習塾 比較

高校受験において志望校への進学を目指すためには、お子さんに合った指導をしてくれる塾を選ぶことが非常に重要です。 ひいてはその先の大学受験にもつながっていくので、ここは慎重に選びたいところ。 中学生のうちにしっかりとした学習方法を身につけておけば、高校生になってからも必ず役立ちます。 しかし、集団授業や個別指導・合格率・費用の違いなど、いったい何を基準に選べば良いのかわからない両親も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 高校受験を控える中学生向けの塾の選び方を徹底解説。 あわせて、全国区で展開しているおすすめの人気の塾をランキング形式でご紹介します。 お子さんにぴったりの塾を選んで、志望校への合格を確実に掴んでいきましょう! 塾に通う前に絶対にチェックしておきたいのが、現在の「学校の成績」です。 いくら親が塾の方針や先生に共感して「通わせたい!」と思ったとしても、その塾が子どもの学力にあっていなければ元も子もありません。 まずは子どもがどれくらい勉強ができているのか?を基準に塾を選ぶ必要があります。 具体的には、各教科の「テストの平均点」と、「それに対して何点取れているか」を確認するのが良いでしょう。 平均点を下回っているようなら、学校の先取り学習が多い集団授業の塾についていくのは困難になりそうです。 じっくり伸ばし方を考えてもらえる個別指導塾や家庭教師をつけるほうが良いかもしれません。 平均点以上の点数が取れているようなら、今の集団にはついていけているということなので、集団授業の塾も選択肢に入れられるでしょう。 集団授業の塾にはクラス分けがあるので、ある程度同じレベルのクラスメイトと切磋琢磨しあいながら勉強することができます。 競争心の強いお子さんや、悔しさをバネにできる、比較的メンタルの強いお子さんには適していると言えるでしょう。 また、集団授業の塾はレベルに合わせて年間の授業スピードがコントロールされており、スケジュールが決まっています。 ある程度要領良くついていけるお子さんには問題ありませんが、学校での授業についていけてないようなら、あまりおすすめできません。 講師の個性を売りにする塾も多くあり、それが面白いところでもありますが、講師が合わなかった場合に変えることができないという問題もありますので、体験授業への参加などと合わせて総合的に判断してみてください。 個別指導というだけあって、個人的にしっかりと指導してもらえますので、講師との信頼関係が築きやすいですし、個人に合わせてカリキュラムを組んでもらうことができます。 集団の圧力に負けてしまうような繊細なお子さんや、そもそも勉強の仕方がわからない、というお子さんにはおすすめ。 また、授業を中断してしまう心配がありませんので、引っ込み思案で置いていかれがちなお子さんにも良いでしょう。 マンツーマンなのでどんどん質問ができ、分からないことを言いだせないうちに遅れをとってしまう心配がありませんね。 しかし個人的な距離が近い分、講師の当たり外れに左右されやすくなるのが難点。 塾によっては固定の講師ではなく毎回入れ替わるというところもあります。 集団のように切磋琢磨し合える相手がいないので、性格によってはダレてしまう子もいます。 集団授業の塾に比べて料金が高いということも頭に入れておいたほうが良いでしょう。 河合塾の教育姿勢は、学ぶことの面白さを実感してもらうこと。 やる気や理解力アップにつなげつつ、受験対策をプラスすることで志望校合格を目指すスタイルです。 モチベーションを高めるのにはうってつけですね。 高校合格を目指す中学生向けには、難関都立・公立高校進学をはじめ、 難関大学受験までを見据えたカリキュラムのコースも用意(一部教室のみ)。 高校受験~大学受験までを視野に入れて、難しい志望校に挑戦する学生をサポートします。 部活が終わってからでも通いやすい時間割で、無理なく部活と塾を両立できるようになっています。 これなら、何かと忙しい中学生でもきちんと参加できますよね。 また、 ノートや課題など、内申点に繋がる提出物のサポートも万全。 学校の定期テスト対策はもちろん、授業の予習・復習にも対応できるシステムも整っています。 2019年度の高校受験合格者は12,000人超えと実績があるところも魅力です。 生徒に寄り添ったマンツーマン指導で、理解するまで丁寧に教えてもらえますよ。 自分と相性の良い 専任講師による指導で、教わりたい科目・学習したい内容・学びたい曜日や時間などをフルオーダー可能。 基本は、学校の授業の予習で内容を先取りし、定期テスト2週間前からは弱点克服対策が行えます。 学校と塾を連携させながら、内申点対策・受験対策ができますよ。 「どこに決めたらいいのか分からない」という志望校決定の悩みも、カウンセリングで一緒に考えてくれます。 希望する高校のレベルや授業の理解度に沿った学習プランの提案も! さらには、内申書に影響する定期テスト対策も行ってくれるので、学校のテストにもしっかり臨めます。 目標に合わせて、応用力強化・公立高校入試対策・単元や分野別対策などから、高校受験に向けたコースを選択可能。 自分だけの学習プランで目標に向かって進むことができます。

次の