履歴書 スマホで作成。 スマホアプリで職務経歴書を簡単作成する術【職務経歴書】

スマホで入力できる履歴書を自動作成・自動変換してくれるサービス7選

履歴書 スマホで作成

履歴書は「バイト用」「資格重視用」「自己PR用」の3種類• 入力内容を履歴書(3種類とも)、職務経歴書をフォーマットに直してPDF化• 作成したPDFは、ネットプリント・PrintSmashアプリを通じて全国のコンビニで印刷可能• アプリからさまざまな場所にメール送信可能• スマホのカメラで顔写真を撮影し、好みのサイズに切り抜いて履歴書へ貼り付けできる!• Facebookと連動!名前・生年月日・住所入力の手間が省ける• 学歴は生年月日と在籍年数から自動入力できる!• どんな学歴でも大丈夫!自由に編集可能• 文面例のテンプレートを引用できる 実際にアプリを利用する 開くボタンを押してアプリを起動すると、「Facebook連動」「そのままはじめる」と選択画面が出てきます。 編集画面となります。 履歴書を入力するには、右上の「+」表示されたボタンをタップ。 ここで「履歴書」か「職務経歴書」を選べます。 履歴書をタップします。 ここでもFacebookと連動もしくは、アドレス帳から簡単入力することができます。 プロフィール写真の「+」をタップして、写真を入れ込みましょう。 「撮影する」「既存の写真を選択」とあるので、撮影するをタップします。 好きなアプリケーションで撮影し、右下「選択」ボタンを押します。 これで証明写真の入れ込みが完了しました。 志望動機の項目欄に、参考となる文面例が載っているので見てみましょう。 志望動機の欄まで下にスクロールし、「例文入力」をタップします。 ここで例文を見ることができ、タップするとそのまま引用することが出来ます。 志望動機で悩んでる方はぜひ活用しましょう。 入力し終えたら、履歴書を保存します。 タイトルの入力画面が出てきます。 入力し終えたら「保存する」をタップ。 これで保存完了です。 ペンマークをタップすることで編集できます。 印刷する場合は、「出力」をタップします。 出力画面へと切り替わりました。 ファックスマークをタップします。 フォーマットを選択と出てくるので、今回「バイト用」をタップします。 プレビュー画面が出てきました。 プレビューを押します。 「OK」を選択後、アプリケーションの選択が出てくるので自分の使い易い方をタップし進みます。 ここで、実際の履歴書がどのように印刷されるかチエック可能です。

次の

【履歴書の書き方】まだ手書き?スマホで作成・送信が常識!

履歴書 スマホで作成

カルテットコミュニケーションズは7月2日、スマホのみで履歴書や職務経歴書を作成できる無料のウェブサービス「anata」をした。 サイトにアクセスするだけで、誰でもすぐにサービスを利用することができる。 同サービスは、新型コロナウイルスの影響で有効求人倍率が低下している現状を受け、17歳のエンジニアが求職者に役立ててほしいという思いから開発。 履歴書ごとに固有URLを発行することで、スマホでは扱いにくかったPDFを介さずに応募先企業に送付できる特徴がある。 作成〜送付をスマホで完結 応募先企業にとってもメリットに これまでの履歴書や職務経歴書は、エクセルなどのソフトで作成した後にPDFで出力し、メールに添付して応募先企業に送ることが一般的だった。 このため、PCの保有率が20代でも7割台しかないにも関わらず、就職活動にPCは欠かせず、PCを持たない人は一社ずつ手書きの書類を用意する必要があった。 今回のサービスの特徴は、作成から送付までをスマホで完結できることにある。 履歴書の作成者は、サイト上で氏名や生年月日、住所、連絡先などの必須項目を入力。 証明写真は予めスマホ上に保存しておく必要があるが、サイト上でアップロードも可能になっている。 完成した履歴書には固有URLが発行されるので、応募先企業に伝えることで、相手からも履歴書の情報にアクセスすることができる。 応募先にとっても、大量のメールやPDFの管理から解放されるので、メリットがあると言えるだろう。 スマホだけでなく、PCでアクセスして履歴書を作成することも可能。 作成者も応募先企業も、必要であれば履歴書をPDFとしてダウンロードすることができるので、これまでのやり方から段階的に移行しやすい仕組みになっている。 開発を担当した17歳のエンジニアは 「自分も今後、社会に出るに当たり履歴書を書く機会が増えるかもしれませんが、やはり従来の履歴書は時代に即したものではないと思っております。 自分の学生としての目線で従来の履歴書をアップデートし、一人でも多くの方に便利だと感じていただければ幸いです」 とコメントしている。

次の

スマホアプリで職務経歴書を簡単作成する術【職務経歴書】

履歴書 スマホで作成

履歴書は「バイト用」「資格重視用」「自己PR用」の3種類• 入力内容を履歴書(3種類とも)、職務経歴書をフォーマットに直してPDF化• 作成したPDFは、ネットプリント・PrintSmashアプリを通じて全国のコンビニで印刷可能• アプリからさまざまな場所にメール送信可能• スマホのカメラで顔写真を撮影し、好みのサイズに切り抜いて履歴書へ貼り付けできる!• Facebookと連動!名前・生年月日・住所入力の手間が省ける• 学歴は生年月日と在籍年数から自動入力できる!• どんな学歴でも大丈夫!自由に編集可能• 文面例のテンプレートを引用できる 実際にアプリを利用する 開くボタンを押してアプリを起動すると、「Facebook連動」「そのままはじめる」と選択画面が出てきます。 編集画面となります。 履歴書を入力するには、右上の「+」表示されたボタンをタップ。 ここで「履歴書」か「職務経歴書」を選べます。 履歴書をタップします。 ここでもFacebookと連動もしくは、アドレス帳から簡単入力することができます。 プロフィール写真の「+」をタップして、写真を入れ込みましょう。 「撮影する」「既存の写真を選択」とあるので、撮影するをタップします。 好きなアプリケーションで撮影し、右下「選択」ボタンを押します。 これで証明写真の入れ込みが完了しました。 志望動機の項目欄に、参考となる文面例が載っているので見てみましょう。 志望動機の欄まで下にスクロールし、「例文入力」をタップします。 ここで例文を見ることができ、タップするとそのまま引用することが出来ます。 志望動機で悩んでる方はぜひ活用しましょう。 入力し終えたら、履歴書を保存します。 タイトルの入力画面が出てきます。 入力し終えたら「保存する」をタップ。 これで保存完了です。 ペンマークをタップすることで編集できます。 印刷する場合は、「出力」をタップします。 出力画面へと切り替わりました。 ファックスマークをタップします。 フォーマットを選択と出てくるので、今回「バイト用」をタップします。 プレビュー画面が出てきました。 プレビューを押します。 「OK」を選択後、アプリケーションの選択が出てくるので自分の使い易い方をタップし進みます。 ここで、実際の履歴書がどのように印刷されるかチエック可能です。

次の