草刈 機 エンジン かからない。 草刈機のエンジンのかけ方は一筋縄ではいかない!正しい対処法を紹介|生活110番ニュース

草刈機のエンジンがかからない!考えられる原因3選!

草刈 機 エンジン かからない

ある程度広い庭を持っている人や、造園などの仕事で使う人にとっては草刈り機は雑草の手入れの効率化には欠かせない、非常に重要な役割を果たしています。 ですが、機械が相手なので時には困ったことに肝心の草刈り機のエンジンがかからないことや急に止まる、そしてエンジンのかけ方が分からなくなったりも多々ありますよね。 このような場合には、イレギュラーな自体が発生した! と考え、普段から草刈り機のエンジンが止まってしまった時、かからなくなった時の対策をある程度練っておく必要があります。 そこで今回は 草刈り機エンジンがかからない?止まる!そんな場合の対処法とエンジンのかけ方について紹介していきます。 気になる、プロが選ぶメーカー草刈り機はコレ!2018年版・ゼノア・カーツ・共立?記事はこちら 草刈り機エンジンがかからない!その原因は? 基本的に機械を相手にする場合には、様々な予想外のトラブルが起こりえます。 いざ久しぶりに使おうとした時に、草刈り機のエンジンがどうしてもかからない、止まることもありえます。 草刈り機のエンジンがかからない、止まってしまう時の対処法と言っても、その草刈機がどれぐらい利用されているかにもよります。 もし、草刈り機のエンジンがかからないぐらい長期にわたって使用していて、消耗してしまった草刈り機ならば 一度分解して、交換をする必要がある部品を交換するなど、根本的な解決をするしかありません。 エンジンがかからないのはエンジンオイルが不足? また、草刈り機のエンジンがかからない、止まる時の原因として、 エンジンオイルが不足している可能性も考えられます。 非常に初歩的なことですが、普段からメンテナンスとしてエンジンオイルを入れ替えて動きやすいようにしておく事が重要です。 基本的に草刈り機のエンジンオイルは、頻繁に動き続けるエンジンを円滑にするためのものですので、少しでもエンジンオイルが気化して足りなくなった状態で稼働し続けるとエンジン内が摩擦で高温になり、最悪焼け焦げて故障してしまう可能性があります。 人間の関節も、人間の寿命が尽きるまで動かし続けますが、これも関節の部分に脂分が入っているからこそ、動き続けられるわけです。 このことを考えれば、 エンジンオイルがいかに重要かよく理解分かります。 必ず、草刈りを動かす前に、エンジンオイルの量は適正かをチェックしておきましょう。 バッテリー不足が原因?ガソリン? 草刈り機のエンジンがかからない、止まる原因としては、それ以外には、そもそもバッテリーが不足している場合も考えられます。 あるいはバッテリーでなくても ガソリンが足りないため動かないことも考えられます。 もし、普段から草刈り機の管理が悪ければ外に置いておくよりも室内に置いておき、しっかりとした管理をする必要があります。 バッテリーは寿命もありますので、バッテリー液の量や色を確認して、新しく交換することも検討しましょう。 草刈り機が急に動かなくなる原因として、本当に多いのは、ガソリン不足です。 もしくは、ガソリンがキチンと中に入っていく部分、部品が故障している可能性です。 焦らず、ゆっくりとガソリンはあるか、キチンと中にガソリンが入っていく道筋に異常はないか、確認が必要です。 草刈り機エンジンがかからない?止まる!対処法とエンジンのかけ方まとめ いかがでしたでしょうか。 草刈り機のエンジンがかからない?止まる!対処法について紹介してきました。 主な原因として考えられるのが以下の3点です。 また、芝刈り機などの機械類を面倒だからと言って使用後に室内に入れない人も多いですが、倉庫などがあれば倉庫に入れておくことで、草刈り機がよい状態を長持ちさせることもできます。 草刈り機のトラブルを少なくする為にも、エンジンがかからない、止まってしまう場合を予想して予備の部品、エンジンオイル、ガソリン、バッテリーを用意しておけば万全です。 この情報があなたのお役に立てれば幸いです。 気になる、プロが選ぶメーカー草刈り機はコレ!2018年版・ゼノア・カーツ・共立?記事はこちら.

次の

草刈機のエンジンのかけ方は一筋縄ではいかない!正しい対処法を紹介|生活110番ニュース

草刈 機 エンジン かからない

しかし、草刈りのシーズンが終了して倉庫などに保管しておくと、その間にオイルが劣化して、翌シーズンにそのままの状態で エンジンをスタートさせるとオイルが焼き付いて止まってしまう場合があります。 そのため長期にわたって使用を停止する場合には燃料を使い切ったりタンクを空にするなどして、常に新しい燃料を使用することが大切です。 長期にわたって使い続けていると不純物や汚れが溜まってしまい燃料の流れを阻害してしまうケースがあります。 そしてプライマリーポンプが劣化してひびが入って燃料がエンジンに達する前に漏洩してしまうケースもあります。 そのような事態に陥ってしまう前に新しいプライマリーポンプに早めに交換するのがおすすめです。 いざ草刈りをしようと考えると途中で燃料補給が発生して作業が止まってしまうことを恐れて、ついつい燃料を入れ過ぎてしまうケースも少なくありません。 それが原因でプラグに触れて先端が濡れてしまうことがあれば、スパークを発することができなくなり、エンジンが止まる原因となります。 多くのタンクにはメーターまたは上限を定めたラインが引いてあることがあるため、それらを確認して適切な量の燃料に留めるのはもちろんのこと、万が一プラグが濡れてしまった場合には一旦取り外して綺麗な布で拭き取るなどして完全に乾燥させてからエンジンを再スタートさせます。 草刈り機のエンジンが止まる原因は?まとめ いかがでしたでしょうか。 ぜひ、草刈機のエンジンが急に止まっても慌てず、上記の3つの原因をまずはチェックしてください。 きっと復旧できると思います。 この情報があなたのお役に立てれば幸いです。 気になる、プロが選ぶメーカー草刈り機はコレ!2018年版・ゼノア・カーツ・共立?記事はこちら カテゴリー• 257• 114• 163•

次の

草刈機のエンジンがかからない!考えられる原因3選!

草刈 機 エンジン かからない

草刈機のエンジンがかからない原因 草刈機は自動車と同じようにエンジンで作動する機械なので、エンジンがかからないことには何も始められません。 この章では、草刈機のエンジンのかけ方やかからない原因と対処法についてご紹介していきます。 エンジンのかけ方が間違っている そもそもエンジンのかけ方を間違えているかもしれません。 機種によってエンジンの始動方法が異なるので、以前使っていた機種の方法で始動できると勘違いしていることも考えられます。 一度お手持ちの説明書を確認してみるといいかもしれません。 燃料が不足している・劣化している エンジンがかからないのは、燃料が原因になっている場合があります。 単純に燃料が不足している場合は、継ぎ足せばエンジンはかかるでしょう。 このとき、エンジンタイプが2サイクル・4サイクルかによって、燃料のタイプも違ってきますので注意しましょう。 また、燃料が古くなり劣化していることでエンジンがかからない場合は、新しい燃料と交換する必要があります。 新しい燃料と交換してもエンジンがかからない場合、エンジンを分解して清掃する必要がでてきます。 ただ、エンジンを分解して清掃するには専門知識が必要になるため、心配な方は業者で修理してもらいましょう。 チョークが開いている チョークとはエンジン部分に付いていて、エンジンの始動を補助する装置のことです。 チョークを閉じてエンジンをかけることで、燃料に混ぜ合わされる空気の割合が高まり、着火しやすくなります。 チョークが開いていると、この機能がオフの状態になっているので、閉じてエンジン始動を試してみましょう。 ただし、チョークを閉じたまま何度もエンジンをかけすぎると故障してしまうことがあるので注意が必要です。 数回やってみてエンジンが始動しないときは、一旦チョークを開いて再度始動を試みるようにしましょう。 その後また、チョークを閉じて試してみます。 エンジンがかかった後は、チョークは開いておくようにします。 閉じたまま草刈機を作動させていると、エンジンに悪影響を及ぼす危険性があるからです。 スパークプラグが汚れている チョークを閉じたまま何度もエンジンの始動動作をすると、スパークプラグが燃料で濡れてしまいます。 スパークプラグとは着火するために火花を起こす装置です。 そのスパークプラグが燃料で濡れると、「燃料かぶり」と呼ばれる現象が起きてしまいます。 燃料かぶりになると、火花が起きず着火できない状態なので、芝刈り機のエンジンを始動させることができなくなります。 この場合、スパークプラグを取り外して、付いている燃料や不純物などをきれいに拭き取ることで問題解決することができます。 プライマリーポンプが押されきっていない エンジンがかからない原因のひとつとして、プライマリーポンプによる燃料送りが不足していることも考えられます。 プライマリーポンプとは燃料タンクからキャブレターまで、燃料を送る補助をするポンプです。 これを何度も押すことで、エンジンへと燃料が送られていきます。 そのため、チューブに気泡が見えなくなるまで押さないと、燃料がしっかりと送られずエンジンがかからないといったことになるようです。 スターターの回転が不十分 草刈機のエンジンを始動するために引く紐が、スターターでリコイルとも呼ばれます。 スターターは、ヨーヨーのように一気に引かないと、回転不足で正しくエンジンが作動しません。 弱々しく引いてしまうと、エンジンがかからない原因となってしまいます。 片方の手で草刈機本体を押さえ、利き手であるもう片方の手で一気に引っ張るようにして試してみましょう。 エンジンがかかってもすぐ止まる原因 正しい草刈機のエンジンのかけ方によりエンジンがかかって一安心と思いきや、なぜかすぐに止まってしまうなんてこともあるでしょう。 ここでは、エンジンが止まってしまう原因と対処法についてご説明していきます。 まず、単純な原因として、給油キャップの穴が詰まっていることがあげられます。 草刈機の給油キャップには、圧力を調節するためのごく小さな穴が開いています。 この穴が詰まっていると、圧力が上がりすぎてエンジンがストップすることがあるのです。 給油キャップの小さな穴を探して、そこが詰まっていたら針などで詰まりを取り除きましょう。 もうひとつ考えられるのは、エンジンのキャブレターが詰まっていることです。 これは古い燃料をタンクに長期間入れっぱなしにしておいたことが原因になります。 古くなってドロドロになった燃料がキャブレター内部に詰まって障害となっていることがあるのです。 その場合、分解して内部を掃除・点検してみましょう。 しかし、分解には専門知識が必要なため、慣れていな方は注意して作業をおこなってください。 草刈機を使う前の点検事項 正しい草刈機のエンジンのかけ方を覚えるとともに、エンジンをかける前に点検しておくべきことについても覚えておきましょう。 安全に作業をするために欠かせない点検なのでしっかり確認しておいてください。 まずは、草刈機の刃の状態をみます。 損傷等がないかや刃の向きが正しく設置されているか、しっかりネジで固定されているかなどの項目をチェックしましょう。 つぎに肩かけベルトがきちんと調節されているかをチェックします。 楽な姿勢で草刈機を持ったときに、ちょうどよい高さになるようベルトの長さを調節しておきましょう。 また、作業場の点検も大切です。 雑草を刈っていく場所に空き缶や石などがあると、回転刃が当たって非常に危険です。 自分がケガをするだけでなく、周囲にいる人まで被害が及んでしまう危険性があります。 また、草刈機が壊れてしまうことも考えられるので、落ちている物とともに側溝やケーブルなど障害物がないかも事前にチェックしておきます。 まとめ このコラムでは、草刈機のエンジントラブルのさまざまな原因と対処法をご紹介しました。 燃料が適切でないとエンジンがかからないことがありますし、チョークの開き忘れでもエンジンが止まってしまうことがあります。 スパークプラグやプライマリーポンプ、スターターが原因になっていることも考えられるでしょう。 草刈機のエンジンのかけ方を正しくおこなうとともに、作業前の点検の重要性についても解説しました。 草刈機を長く使っていくにはシーズンが終わって草刈機をしまっておくときに、燃料をタンクに残したままにしないようにしましょう。 エンジンの分解作業が必要な場合やどうしても問題が解決しない場合は、一度業者に依頼してみてはいかがでしょうか。 専門知識を持っている業者に対処してもらうことで、スムーズに解決できるでしょう。 急いでいる場合は、草刈りを業者に任せるのもいいかもしれません。

次の