メタニウム xt。 オーバーホール日記#674:シマノ 92メタニウムXT (赤メタ) 洗浄&注油

手放せない名機。赤メタ(92メタニウムXT)

メタニウム xt

が・・・SVSが環境の変化に弱い。 キャスト後、いい時はいいが、安定しない事も多い。 特に露の時期などはSVSのブレーキドラムに水滴がついてブレーキが安定しない事多し。 モッサリした飛び、遠心なので風ふくと必ず小バックラ。 ベイトフィネスのスプールも装備して使うがまるでダメ。 遠心は所詮遠心。 微調整が全く効かない。 SVSの限界を感じた。 ある時は平気でも、ある時は水滴や風で小バックラ。 下手でも何でも無い。 安定しないのである。 ストレスになった。 ベアリング変えても飛距離アップは殆どしない。 MLの6. 6フィートのロッドに組み合わせてフロロ10lb巻いて、高比重ノーシンカーワームでズル引きしてました。 現行リールに負けないくらい飛びます。 重量も現行と比べると少しあるため持ち重り感はあります。 型落ちのため部品があまり出回ってない。 僕がバス釣り始めて最初に買ったリールです。 いろんなところを共に釣り歩き多くの魚をキャッチし思いの詰まったリールです。 あとよく飛ぶ。 18年も前のリールなのに今出てるメタニウムとかと遜色を感じさせないくらいの飛距離。 ドラグかクリックじゃない。 もうアフターパーツがない。 昨年からまた使い始めたけど、かなり快適です。 ある程度のアフターパーツは代用でなんとかなるので、完全に壊れるまで使いきるつもりです。 回転に関しては、そのままでも飛距離もでるんですが、 ベアリングをYT FUSION HYPER BB HDに変更したらあり得ないぐらい回り、 飛距離もかなり出るようになりました。 あまりに回転し過ぎて、 ベアリングから唸るような音がするぐらいです。 設定が決まれば、飛距離も出て、トラブルもないです。 あとは自重があるのでちょうど良い所でバランスが出ない。 あとはごく稀にギア抜けする時があるぐらいです。 良いものは古くても良いです。 まだトライしていないけど、社外のフィネススプールを入れてみたら 再度インプレします。

次の

シマノ 92メタニウムXT(赤メタ): ともぞうのバス釣りしたい+α

メタニウム xt

92年 発売とは思えない剛性感 27年前のリールとは思えないほど今巻いてもカッチリ感があります。 フルアルミボディの剛性の高さからくるスムーズな巻き心地も良いです。 一年に一回はオーバーホールしているのもありますが、いつ釣り場に持って行っても問題無いレベルです。 ワインレッドが最高 これはもう個人的な好みなのですが、スコーピオンのワインレッドと言えばこの赤メタニウムのワインレッドが好きです。 赤メタニウムの後の機種にもワインレッドはあるのですが微妙な色合いが違うんですよね。 メタニウムmglもこのワインレッドにして欲しいくらいです。 部分的に色を変えたりしないでシンプルにワインレッドのみが私は好みです。 スプールはかなり肉厚 スプールの肉厚は今のリールのスプールからは信じられないくらい厚いです。 スプールエッジを見てもらうと分かると思いますが明らかに厚いです。 ブランキングの所の厚みは1mmありそうな厚さ。 強度は凄そうです。 出典:シマノ これは19アンタレスのスプールですが、スプールエッジの厚さ全然違いますね。 技術の進歩って凄い。 ノーマルスプールをアベイルさんのスプールに交換すれば、かなり性能が上がりそうですね。 いつ見ても売り切れになっていて買えてませんが… サイドプレートはねじ込み式 サイドプレートは閉じた後にねじ込むタイプ。 剛性を売りにしたバンタムmglがねじ込み式に戻った所を見ると、ねじ込み式が剛性確保に適していたんだと思います。 赤メタニウムはサイドプレートがガタつくなんて心配した事ないですもんね。 剛性が高いのでしょう。 リールフットの裏にはシリアルナンバー このナンバーの刻印も所有感を満たしてくれますよね。 これは一台ごとに番号が違うのでしょうか? JAPANの刻印が誇らしげです。 まとめ 子供の頃に憧れた道具はいつまでたっても特別な道具ですよね。 欲しくてたまらなかった物は何歳になっても宝物です。 最後までお読み頂きありがとうございます。

次の

【シマノ】メタニウム [Metanium]シリーズ対応 ベイトリール カスタムパーツ特集

メタニウム xt

が・・・SVSが環境の変化に弱い。 キャスト後、いい時はいいが、安定しない事も多い。 特に露の時期などはSVSのブレーキドラムに水滴がついてブレーキが安定しない事多し。 モッサリした飛び、遠心なので風ふくと必ず小バックラ。 ベイトフィネスのスプールも装備して使うがまるでダメ。 遠心は所詮遠心。 微調整が全く効かない。 SVSの限界を感じた。 ある時は平気でも、ある時は水滴や風で小バックラ。 下手でも何でも無い。 安定しないのである。 ストレスになった。 ベアリング変えても飛距離アップは殆どしない。 MLの6. 6フィートのロッドに組み合わせてフロロ10lb巻いて、高比重ノーシンカーワームでズル引きしてました。 現行リールに負けないくらい飛びます。 重量も現行と比べると少しあるため持ち重り感はあります。 型落ちのため部品があまり出回ってない。 僕がバス釣り始めて最初に買ったリールです。 いろんなところを共に釣り歩き多くの魚をキャッチし思いの詰まったリールです。 あとよく飛ぶ。 18年も前のリールなのに今出てるメタニウムとかと遜色を感じさせないくらいの飛距離。 ドラグかクリックじゃない。 もうアフターパーツがない。 昨年からまた使い始めたけど、かなり快適です。 ある程度のアフターパーツは代用でなんとかなるので、完全に壊れるまで使いきるつもりです。 回転に関しては、そのままでも飛距離もでるんですが、 ベアリングをYT FUSION HYPER BB HDに変更したらあり得ないぐらい回り、 飛距離もかなり出るようになりました。 あまりに回転し過ぎて、 ベアリングから唸るような音がするぐらいです。 設定が決まれば、飛距離も出て、トラブルもないです。 あとは自重があるのでちょうど良い所でバランスが出ない。 あとはごく稀にギア抜けする時があるぐらいです。 良いものは古くても良いです。 まだトライしていないけど、社外のフィネススプールを入れてみたら 再度インプレします。

次の