メッセージリクエスト インスタ。 インスタグラムでDMのメッセージリクエストがきたらどうする? スパムには「無視」が有効

【完全攻略】インスタグラムのDMの見方!!許可、既読、通知、削除などすべての使い方を大公開!!

メッセージリクエスト インスタ

撮影またはライブラリからアップロードした写真や動画• GIFアニメ• 消える写真と動画• プロフィール• テキスト• ハッシュタグ• 地域(位置情報)• いいね(ハートマーク)• ライブ動画• ボイスメッセージ フォローしていない・されていない人にも送れるので、インスタ上で交流を深めるのに活用している人も多いでしょう。 LINEのような「既読」機能もついており、相手が読んでくれたことをすぐに確認できます。 DMを使ってメッセージを送る方法 DMで新規メッセージを送るには、まずフィード画面右上の紙飛行機アイコンをタップし、右上の新規作成ボタンを押します。 上の検索欄にアカウント名を入力するか、「おすすめ」に表示されたアカウントの中からメッセージを送る相手を決定し、[チャット]をタップすればOKです。 あるいは、相手のプロフィール画面の[メッセージ]を選択することでも、DMでチャットを開始できます。 インスタDMで使える8つの便利な機能 DMではメッセージの送受信だけでなく、写真・動画やインスタの投稿のシェア、複数人でのチャットやビデオ通話といった機能も利用できます。 DMのおすすめ機能を紹介していきます。 ストーリーや投稿、プロフィールのシェア 他人のアカウントプロフィールや投稿、ストーリーをDMでシェアができます。 プロフィールのシェア 相手のプロフィール画面右上にあるメニューボタン[ ]から[このプロフィールをシェアする]をタップし、送る相手を選び[送信]します。 フィード投稿のシェア フィード投稿の場合は、投稿のすぐ下にある紙飛行機マークをタップして、送る相手を選んで[送信]します。 ストーリーのシェア ストーリーをシェアするには、再生中に右下に表示される紙飛行機マークをタップし、送る相手を選択後に[送信]します。 それぞれ、送信した相手のDMにシェアされるようになります。 なお、非公開アカウント(鍵アカウント)のフィード投稿・ストーリーのシェアに関しては、シェアする相手(DMの受信者)も当該アカウントをフォローしていないと内容が表示されません。 「消える」写真・動画の送信 DMでは、相手が一度閲覧すると削除される「消える写真・動画」を送ることができます。 相手とのDMスレッド内の左下にあるカメラアイコンをタップし、画面下部の白いシャッターボタンを1回押せば写真が、長押しすれば動画が撮影されます。 左にある小さいサムネイルボタンからは、端末内にある画像や動画も選択可能です。 撮影(選択)した写真や動画をどのように送るかについて、画面下にある設定を左右に切り替えて選びます。 消える写真・動画はDMのスレッド一覧画面の下からも送れる 右:1回表示やリプレイ表示、チャット保存の選択ができない ダイレクトを開いたすぐの画面の一番下にあるカメラアイコンからも、消える写真・動画は同じく送ることができます。 ただし、「一回表示」「リプレイ許可」といった選択ができません。 デフォルトで「一回表示」の設定になるため、相手が一度見ると写真・動画はDMから消えてしまいます。 メッセージへのいいね(ハート) 写真や動画などを含むあらゆるメッセージには、ダブルタップで「いいね」のハートマークが付けられます。 相手のメッセージに「いいね」すると、その通知がDMに届くようになっています。 GIFアニメスタンプやボイスメッセージの送信 メッセージ入力欄の横にあるボタンから、GIFアニメスタンプやボイスメッセージも送れます。 GIFアニメスタンプ 顔マーク(スマイルボタン)からGIFアニメが選択できます。 検索欄に入力したキーワードに関連したスタンプ一覧が表示されるほか、画面下の顔マークか[GIF]を切り替えて好みのGIFスタンプを探せます。 ボイスメッセージ 音声を録音して送信できるボイスメッセージ機能もあります。 メッセージ入力欄に表示されるマイクのアイコンを長押ししながら、スマホのマイクに向かって話すと音声の録音がスタート。 マイクアイコンから指を離せば、自動的にボイスメッセージが送信されます。 DM画面右上の新規作成ボタンをタップしたら、おすすめのユーザーから選ぶか、ユーザー名を手入力してメンバーを追加します。 [次へ]を選べば、グループの作成は完了です。 グループには名前をつけることもできるので、わかりやすい名前にしておくとよいでしょう。 グループでは、誰がメッセージを既読にしたかがわかるようになっていますが、最新のメッセージにのみ適用されます。 そのため、表示されていないユーザーがどこまで読んだかは、ここからは判断できないというわけです。 appllio. com ビデオチャット(通話) DMには、互いの顔を見ながら通話できる無料のビデオチャット機能があります(通話料はかかりませんが、Wi-Fi環境以外ではモバイル通信量を消費します)。 DMのスレッドからビデオチャットを開始したい相手を選び、トークスレッド内の右上にあるビデオアイコンを押すと発信が開始されます。 相手とのスレッドがない場合、DMを開いてすぐのビデオマークから通話する相手を選び、[開始]をタップすればOKです。 6人までであれば、複数人でビデオチャットも可能です。 作成済みのグループ/複数人スレッド内でビデオアイコンをタップすると、そのスレッド内のメンバー全員とビデオチャットが楽しめます。 もちろん、前述と同じ手順でDMを開いてすぐのビデオマークから複数人を選択する方法もあります。 appllio. com DMでは「既読」や「オンライン中」が相手にバレる DMを利用する上で注意しておきたいのが、「既読」と「オンライン」の機能でしょう。 DMにおける「既読」の仕様 DMには、相手がメッセージを読んだことがわかる「既読」機能が備わっています。 LINEのようにメッセージ1つずつに付くわけではなく、最新のメッセージにのみ表示される仕様なのが特徴です。 上のように、インスタのDMの「既読」は最新メッセージにのみ表示されるため、「相手が自分のメッセージをここまで読んだ」ということがわかります。 さらにメッセージを送ると、「既読」マークは消えてしまいます。 あくまでも互いにやりとりをする場であり、どちらかが一方的に情報提供するという使い方には向いていないようです。 appllio. com オンライン表示(緑の点)の意味 ダイレクトメッセージのスレッド一覧画面では、オンライン中に緑の点(ドット)が写真アイコンの脇などに表示される仕様になっています。 相手のオンライン時間がわかるということは、裏を返せば 自分がいつインスタを使っていたのかも知られるということ。 自分のアクティビティステータス表示はデフォルトでオンになっているため、自分のオンライン状況がバレたくない人は設定から表示をオフにしておきましょう。 プロフィール画面右上のメニューボタン[ ]から設定ボタン[ ]をタップし、[プライバシー設定]へと進みます。 [アクティビティのステータス]で設定をオフにすれば、非表示にすることができます。 appllio. com DMを安全に使うためのプライバシー設定 インスタのDMでは、知らないアカウントから勝手にメッセージが送られるのを未然に阻止したり、メッセージの受信をブロックしたりと、安心して使うためのプライバシー設定がおこなえます。 「アカウントの制限」でDMだけの受信拒否ができる 「アカウントの制限」を利用すると、特定の相手からのコメントやDMをブロックできます。 アカウント自体をブロックするわけではないため、DMだけを受け取りたくない相手には有効でしょう。 DMのスレッドから相手とのメッセージ画面を開き、右上の[i]マークをタップします。 次の画面で[制限する]を選ぶとアカウント制限が適用されます。 アカウントを制限した相手からのメッセージは、DM画面右上の[メッセージリクエスト]に移されます。 そのため、スレッドとして画面上に表示されないというわけです。 ホーム・ロック画面やアクティビティにメッセージ受信通知が届くこともありません。 リクエスト画面からメッセージを開いても相手側に既読は付かず、トーク画面下で[制限を解除]を選ばない限り、DMのやりとりが開始できない仕様です。 ただしアカウント制限は、コメントやDMのオンラインマーク(緑の点)にも影響があります。 詳しくは下記記事で解説しています。 appllio. com フォローしていないアカウントからのメッセージリクエスト拒否 自分がフォローしていない人からメッセージが届いた場合、その人からのメッセージを受け取るか否かを選択できます。 DMを受け取って返信したい場合は[承認する]をタップしましょう。 もし知らない人から不快な内容やスパムが送られてきた場合は、[ブロック]を選択すると以後そのアカウントからはメッセージリクエストさえ届かなくなります。 appllio. com 知らないアカウントから勝手にグループへ追加されないようにする設定 フォローしていないアカウントから、勝手に知らないグループへ追加されるのを防ぐ設定方法です。 プロフィール画面右上のメニューボタン[ ]から設定ボタン[ ]をタップしたら[プライバシー設定]を開きます。 [メッセージ]を選択し、「あなたをグループに追加することを許可します」のチェックを[フォロー中の人のみ]にすればOKです。 メッセージのミュート(通知オフ) 特定の相手やグループDMからのメッセージ通知をオフにできるのが「ミュート」です。 iOS版では相手とのスレッドを左へスワイプ後に[ミュート]を選択し、もう一度[ミュート]をタップします。 Android版では、相手とのスレッドを長押しして[メッセージをミュート]をタップしてください。 ミュートした相手とのスレッドには、ミュートマークが付きます。 相手とのメッセージが非表示になったり、メッセージが届かなくなったりするわけではないため注意してください。 appllio. DMにおける「既読」は最新メッセージにのみ表示されるため、最後に送ったメッセージに既読がつけば「相手が自分のメッセージをここまで読んだ」ということになります。 ところが、ブロックされてしまうと相手にはメッセージが届かないので、ブロック後に送ったメッセージにはいつまで経っても既読がつきません。 また、ダイレクトメッセージ内で過去に「相手の投稿」を共有していた場合、ブロックされると投稿部分に「投稿を見ることができません」と表示されるようになっています。 単純に該当の投稿を相手が削除しただけなら、右上の画像のように「この投稿は削除されたため利用できません」と表示されるため、この違いからブロックの存在に気が付くユーザーも少なくないでしょう。

次の

インスタ フォローリクエストの確認と削除の方法!

メッセージリクエスト インスタ

Instagramのダイレクトリクエスト(メッセージリクエスト)とは何? ダイレクトリクエストとは、 「自分がフォローしていないユーザーからダイレクトメッセージが送られてきた時に、そのメッセージを受け取るかどうかの判断を求められている状態」を意味しています。 Instagramでダイレクトメッセージを送る為の条件は「相手をフォローしていること」だけで相互にフォローをしている必要はありませんが、こちらをフォローをしていない相手にダイレクトメッセージを送った場合、普通にメッセージは届かず、 「ダイレクトリクエスト」として承認を待つ状態になるのです。 ダイレクトリクエスト(メッセージリクエスト)は実際どの様に届く? フォローしていないユーザーからダイレクトメッセージが届いた場合、ダイレクトメッセージの機能を開いた時に上の様に表示されます。 上の表示が、ダイレクトリクエストを表しています。 これをタップすると・・・ 上の様に、ダイレクトリクエストの承認待ちの一覧が表示されます。 この時ユーザーネームをタップするとメッセージの内容が表示されますが、その時点では相手を承認したことにはならず、既読にもならないので安心して下さい。 ダイレクトリクエストを開くと上の様に表示されます。 きっちりメッセージの内容は見られるけど、既読にはならない覗き見状態ですね。 相手が更にメッセージを送ると、上の様にメッセージが更新されます。 下に「承認しない」と「許可する」の文字があります。 「許可する」を選択すると、メッセージの受信を許可し、通常通りメッセージのやり取りが可能になります。 「承認しない」をタップすると・・・ 「承認しない」をタップすると、上の画面となります。 「承認しない」を更にタップすると、相手からのメッセージを拒否する事が出来ますが、ブロックをするわけではないので相手はコチラを引き続きフォロー状態となります。 「拒否してブロックする」を選ぶと、「承認しない上にブロック」をする事になります。 ブロックをする事で、相手からコチラへのブロックは外れ、再度コチラをブロックする事も出来なくなります。 ちなみにこの2つの選択肢を選ぶと、その相手からダイレクトメッセージが受信出来なくなります。 これはその後自分が相手のブロックを解除しても、相手をフォローしても受信出来ない状態が続くので注意して下さい。 相手からは「普通にメッセージを送れているが既読にならない状態」が続く事になります。

次の

【インスタグラム】ダイレクトメッセージ(DM)の使い方 総まとめ──送り方からプライバシー設定まで

メッセージリクエスト インスタ

インスタのDM(ダイレクト)にはメッセージリクエストという機能があります。 メッセージリクエストは通常のDM画面にはメッセージスレッドが表示されていないので気付かないことも多いです。 特にインスタを始めて間もない間はメッセージリクエストが来ている事にも気付かないといったケースもあったりします。 一応プッシュ通知の設定ができるのですが、実はプッシュ通知があっても無くても気付かない事が多いです。 DMのメッセージリクエストについて知りたい方は参考にして下さい。 インスタのDMにあるメッセージリクエストとは、自分がフォローしてない相手からメッセージが届いた時に使われる機能です。 通常、DMで受信したメッセージはDM画面のスレッドで新着メッセージとして表示され内容を確認します。 しかし、相手をインスタでフォローしてない場合、メッセージを受信してもDMのスレッド画面に表示されません。 メッセージリクエストという形で別の場所に保存される仕組みになっているのです。 メッセージリクエストで送られたメッセージに対しては『承認しない』や『承認する』という選択があります。 そしてそのままその相手とは自由にメッセージのやり取りができるようになります。 リクエストを許可しても相手には通知などはされません。 特に問題なさそうな相手でなければ、とりあえずリクエストの許可だけしておくというのもアリでしょう。 また、許可した後でもお知らせ通知をオフ(ミュート)にしたり、ブロックする事でメッセージの受信を拒否する事も可能です。 特に、相手にバレるのかどうかというのは多くの方が心配に感じる部分だと思います。 まず、メッセージリクエストで『承認しない』を選択した場合、そのメッセージリクエスト自体が削除されます。 メッセージリクエストとして受信したメッセージは削除されますが、送信者側のDM画面では送信メッセージとしてメッセージは残ります。 ただし、そのメッセージに既読が付くことはありません。 そして、メッセージリクエストで『承認しない』を選択した事が相手に通知されたりバレる事もありません。 相手に通知されないというのは安心ですね。 変なアカウントや怪しいユーザーに対しては気にせず『承認しない』で対応できそうです。 上記のように『承認しない』を選択して削除したメッセージをもう一度確認したい思っても復元などもできません。 また、『承認しない』をタップするとその瞬間にリクエストを拒否した事になり、確認画面などは表示されないので間違えて押さないよう注意しましょう。 一度『承認しない』を選択して拒否した相手から同じようにメッセージが送られてきたらどうなるのかという点も調査しました。 実際に試してみたところ、メッセージリクエストで『承認しない』を選択したら、それ以降は同じ相手からのメッセージを受信する事はありませんでした。 相手側はDM画面からメッセージの送信をする事はできますが、こちらにはメッセージが届かないという状態ですね。 ちょうどLINEのブロックと同じような感じをイメージして頂ければわかりやすいかと思います。 そのユーザーからは新規メッセージをブロックしている状態となりこちらにメッセージが届く事は無いです。 相手をブロックしたくないけどメッセージを送られるのは迷惑という時にはメッセージリクエストで『承認しない』を選択すると良さそうですね。 これは明確な原因が不明で、通知がちゃんとくる時と通知が来ない時があります。 対策と言うのも特になく、メッセージリクエストに気付かない原因の一つになっていたりします。 端末の問題やアプリの問題などがあり得ますが、とりあえず復旧するまでは定期的にDM画面を確認するしか方法はないでしょう。 毎日インスタでDMを使う方であれば、そのついでにリンクの確認をしておくと良いですね。 早く改善されれば良いのですが…。

次の