生理 痛 飲み物。 生理痛の緩和に効果のある食べ物や飲み物おすすめ20選!

ハーブティーはOK!カフェインはNG!生理痛/PMSを緩和する食べ物・飲み物

生理 痛 飲み物

生理痛を和らげる飲み物7つ・生理痛を悪化させる飲み物4つ 私たちの身近には、たくさんの飲み物があります。 毎食のご飯のお供として、ちょっとした休憩の時の一杯として、習慣の中にある日常の象徴の一つとして、飲み物が存在しますね。 種類がたくさんあると言うことは、その栄養や効果もたくさん存在するということです。 その中には、私たち女性を悩ませる生理痛に効果がある飲み物も存在します。 今回はそんな、生理痛に効果がある飲み物について紹介していきます。 日々の生活で飲む飲物を少し変えるだけで、生理痛を緩和する手段にすることができるのです。 【生理痛に効果がある飲み物1】身近にあるお茶から始めてみよう 毎日の食事のお供として、お茶を飲んでいる方は多いですよね。 お茶の種類には麦茶やほうじ茶、ウーロン茶など様々ありますが、その種類はなんとなく惰性で選んでいませんか? せっかく口にする機会が多いお茶なので、生理痛の緩和や予防に効果があるものを選んでみましょう。 緑茶 日本人になじみ深いお茶、緑茶といえばカテキンをイメージされる方が多いと思いますが、 緑茶は生理痛を緩和すると言われている、フェノール類も多く含まれています。 ちょっとした休憩時間に、温かい緑茶でほっと一息入れるのはいかがでしょうか? 麦茶 馴染み深いお茶といえば麦茶もあります。 麦茶は日本の真夏の定番ともいえるお茶ですが、実はその香りの元に、血流を良くする働きがあるピラジンという成分があります。 さらに麦茶そのものにもビタミンB1が入っているため、自律神経を整えたりイライラを鎮める効果も期待できます。 自律神経が乱れやすい生理中には、是非とも飲んでおきたいお茶です。 ルイボスティー 生理痛の時に飲むお茶として、紅茶好きの間で最近注目を浴びているのがルイボスティーです。 消化器官の弱い人や、肝機能が低下している人でも気楽に飲める紅茶の種類です。 ルイボスティーには生理中に不足しやすいミネラルも豊富に含まれており、妊娠さんや授乳期の方にもお勧めされるお茶です。 身体の代謝機能が低下している生理中の飲み物として、是非とも毎日の中に取り入れてみてくださいね。 【生理痛に効果がある飲み物2】ハーブの効果を手軽に得られるハーブティー 世の中には、身体に良い効果を与えてくるハーブがたくさんあります。 そのハーブの力を手軽に取り入れることができるのが、ハーブティーです。 もちろんハーブに種類と効果が豊富にあるように、ハーブティーにもそれぞれが異なる効果を発揮します。 ラブベリーリーフティー 生理痛に効果があるハーブティーの代表格として言うならば、ラブベリーリーフティーでしょう。 ラブベリーリーフティーに含まれているフラガリンという成分は、子宮やその周囲の骨盤と筋肉にその効果を発揮し、子宮の状態を正常値に整えてくれる効果があります。 そのため、子宮からくる生理痛の痛みを和らげてくれるのです。 その他にも、生理不順や月経前症候群を初めとして、女性特有の症状や貧血にも効果を発揮します。 まさに女性のためにあるハーブティーと言える程に女性に関する効果が高いので、生理中には是非とも飲んでおきたいハーブティーの一つです。 カモミール ハーブティーの中でもよく知られている、カモミールもおすすめです。 カモミールは胃腸の調子を整えたり、気分をリラックスする効果があります。 イライラが募りやすい生理中に飲むことで、ほっと一息つけますよ。 さらにカモミールには、ホルモンバランスを整える効果もあります。 生理中はホルモンバランスが崩れやすく、それにより生理痛が悪化することもあります。 カモミールを飲んで、ホルモンバランスからくる生理痛の痛みを和らげてもらいましょう。 【生理痛に効果がある飲み物3】豆乳で大豆パワーを取り入れよう 大豆から作られる豆乳は、大豆パワーを手軽に取り込める飲み物です。 豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをします。 その働きから、乱れがちな女性ホルモンの働きを促す成分です。 大豆は畑の肉と言われるほどに、たんぱく質も豊富です。 これらのことから、生理痛や生理不順、貧血にも効果が期待できます。 食欲が減少する生理中にこそ、豆乳を飲んで不足しがちなエネルギーを補給しましょう。 また逆に食欲が増す方は、豆乳によって女性ホルモンが整えられるので、異常な食欲の上昇が抑えられる効果が期待できます。 朝にコップ1杯飲んだり、食事の前にゆっくり1枚飲んだりとしてください。 わたしはきなことはちみつを少しだけ入れたり、トマトジュース:豆乳=1:3くらいの割合で混ぜたりしています。 【生理痛に効果がある飲み物4】お酢は不安定なホルモンを整える 最近は健康的な面でも注目が高いお酢。 実は、生理痛にも効果を発揮するすごいものなのです。 そんなお酢を利用して作られたお酢ドリンクは、手軽にお酢の力を身体に取り入れられる飲み物です。 お酢はホルモンの生成を助けてくれます。 生理中に増減する女性ホルモンの生成を助けることで、乱れがちなホルモンのバランスを整えることができます。 近年のお酢ブームにより、お酢ドリンクの種類は今なお増え続けています。 リンゴ酢• ザクロ酢• ハチミツ酢 などなど、かわったものも様々あります。 自分が美味しいと感じるお酢を見つけ出して、お酢ドリンクをつくって飲んでみてくださいね。 【生理痛に効果がある飲み物5】ココアは女性の強いみかた! カカオから作られるココアは、マグネシウムや鉄分など、生理中の女性にとって必要な成分が入っている飲み物です。 特にココアの中でも準ココアと呼ばれる、砂糖などが入っていない物が効果的です。 豊富に含まれるマグネシウムは、血行促進の効果や自律神経を整える効果があります。 経血など常に血を流す生理中は、特に冷え性や血行不良になりやすい一面もあり、それを改善するにもおすすめです。 さらに、ココアには鉄分も含まれています。 この鉄分は身体に吸収しやすいもので、生理中の貧血予防にも効果があります。 さらにココアの香りはリラックス効果もあり、大活躍してくれる飲み物なのです。 生理痛が辛い時に、温かいホットココアを一杯、ゆっくりと飲んでみてくださいね。 【生理痛に効果がある飲み物6】生姜湯は苦手な人にも挑戦してほしいくらい優秀 生理痛の痛みを悪化させる原因の一つは、身体が冷えていることにもあります。 そのため身体を内側から温め、血行を促進をしてくれる生姜湯は、女性に嬉しい効果がある飲み物です。 生姜湯は昔に比べて市販されている商品も増えたので、お試しとしても手軽に始められます。 生姜が苦手な方でも飲めるような、生姜湯に何かを足した商品も発売されていますよ。 また、生の生姜をすり下ろしたものや、生姜チューブでささっと用意したもので、自分のお好みの量を入れて作ることもできます。 自分で作るにしても、蜂蜜を入れたり、湯を出汁にしたりと一手間工夫をするだけで、生姜湯を飲みやすくすることができます。 冷えた室内に長時間いたり、身体が冷えたと思った時になどにおすすめです。 パパッと生姜湯を用意して、ほっと一息。 これで身体の調子がかなりかわってくると思います。 【生理痛に効果がある飲み物その7】白湯は生理痛を治す以外にも原因の特定もできる 白湯は、水を温めるだけで用意できるお手軽な飲み物です。 白いお湯という表記通りに、沸騰させた水を飲みやすい程度に覚ましたお湯ですが、飲むことで得られる効果は女性にぴったりです。 白湯を飲むと、温かいお湯のおかげで内臓を温め、代謝をよくする効果があります。 脱水になりやすく代謝機能が低下する生理中の飲み物として、白湯も最適な飲み物なのです。 また 白湯を飲むことで、生理痛の原因を推理する目安を知ることもできます。 白湯を飲んで生理痛が緩和するということは、あなたの生理痛の原因になっているのは、• 身体の代謝不良• 身体の冷えすぎ• 便秘気味 の中のどれかかもしれません。 逆に、白湯を飲んで生理痛が緩和できない時は、女性ホルモンのバランスが乱れていることが最大の原因かもしれないのです。 そのため、 白湯を飲んでも生理痛が緩和しない時は、女性ホルモンのバランスを整える効果がある飲み物に切り替えるといいでしょう。 【番外編】野菜ジュースやスムージーで栄養を補う 野菜ジュースは、食物繊維や野菜の栄養素をお手軽に補給できる飲み物です。 生理痛になって食欲が落ちたり、胃腸の調子が悪くなり便秘になる人に特におすすめです。 野菜ジュース以上の効果がほしい人には、グリーンスムージーなど野菜や果物を中心として作るスムージーをおすすめ!これはミキサーがあれば自宅でも簡単に作れるので、野菜ジュースよりも家計の節約になります。 また自家製のスムージーならば、その時の自分の気分や好みに合わせて作れますよね。 野菜の栄養素を低カロリーでしっかり補給できるため、生理痛の時に陥りやすいミネラル不足にもなりにくくなります。 生理痛を悪化させる!生理の時に避けた方がいい飲み物 今までの紹介から察していただけるかもしれませんが、生理痛に効果がある飲み物があるということは、逆に飲まない方がいい飲み物もあるということです。 さっそく生理の時に気を付けたい飲み物も紹介しましょう。 生理痛に効果がある飲み物を飲んだ時に、そのせっかくの効果をこれらの飲み物で相殺しないように気を付けましょう! 【生理痛を悪化させる飲み物1】冷たい飲み物 近年は異常気象などで、暑い時期には猛暑が猛威をふるいます。 そんな時には、やはり冷たい飲み物をぐぐっと飲みたくなる欲求も理解できます。 しかし、生理痛で苦しむ時期に冷たい飲み物は避けた方がいいのです。 例えば、生理痛に効果がある飲み物だから、きっと冷たくても大丈夫、と思って冷えたアイスココアを飲んだとしましょう。 熱い身体に冷たい飲み物は心地よいですが、急激に身体を冷やすことになりますので、生理痛の身体には逆効果になりかねません。 生理痛の時期には、痛みの悪化を防ぐ意味でもキンキンに冷えている飲み物は避けましょう。 どうしても冷たいものが飲みたい時には、常温近くの冷たさで我慢してくださいね。 【生理痛を悪化させる飲み物2】カフェインの強い飲み物 生理痛に効果がある飲み物の中には、カフェイン入りの物も多く存在します。 しかし何事もほどほどが一番。 カフェインの摂りすぎは、生理痛を悪化させる原因になりかねません。 特に、カフェインの強いコーヒーに要注意です。 生理中にコーヒーなどカフェイン入りの飲み物をたくさん飲みたい時は、その時だけでいいのでノンカフェインの飲み物を飲むようにしてください。 【生理痛を悪化させる飲み物3】甘いジュースや飲み物 市販されている多くのジュースは、飲んで分かるように甘く調整されています。 その甘くする材料の中に白砂糖が使用されている場合は、その甘いジュースは生理中は飲むことを控えましょう。 もちろん市販のコーヒーや紅茶など、白砂糖で甘く調整されている飲み物は総じて避けた方が無難です。 白砂糖には、身体を冷やす効果があります。 身体の冷えは、生理中の女性の身体にとって痛みを誘発しやすい状態です。 少しでも冷えの原因を排除するためにも、白砂糖がたっぷり入った飲み物は控えましょう。 特に、市販のコーヒーや紅茶には注意が必要です。 例え表記に微糖と描かれていても、白砂糖はたっぷりと入っているんですよ。 もし市販のものを飲みたいならば、無糖を選びましょう。 【生理痛を悪化させる飲み物4】アルコール 毎晩晩酌を楽しむ人も、生理痛がひどいときはお酒を控えてください。 生理中の女性の身体は代謝機能が低下しています。 そのため、アルコールを分解できる肝臓への負担が大きくなりがちです。 結果的にアルコールを普段よりも上手に分解できず、悪酔いの原因になってしまうのです。 またアルコールを分解するためには、ビタミンBやマグネシウムが使用されます。 これらは、ホルモンのバランスを整える意味でも重要な栄養素です。 ただでさえホルモンが乱れやすい生理中では、ますます乱れて生理痛をひどくする原因になりかねません。 それでもどうしてもお酒が飲みたいという飲兵衛の人は、少量のお酒でなんとか我慢してください。 その時には氷を入れた冷たいお酒ではなく、温かいお酒で飲んでくださいね。 手軽な飲み物から、生理痛の改善を目指してみよう 定期的に訪れる生理痛に苦しむ人にとって、いかに手軽に簡単に生理痛を緩和できるのか、ということは長年の困りごとでありなにより優先したい身体の悩みでしょう。 生理痛に効果がある飲み物は、つまり女性にとって不足しがちな物がたっぷりと入っている飲み物とも言えるのです。 苦しい生理痛の中だからこそ、その痛みを軽減できる飲み物をせっせと活用して、一日でも早く生理痛の症状を軽くしていきましょう。 飲んで体質改善を目指しつつ、生理痛ゼロを目指してくださいね。

次の

【医師が解説】生理痛を和らげる食べ物は?

生理 痛 飲み物

そもそも、どうして生理は毎月くるのでしょうか。 女性のカラダの中では、一定のサイクルで女性ホルモンが変化しています。 それは毎月子宮内膜に栄養をため、妊娠に備えるためです。 しかし、妊娠しなかった場合、子宮が収縮して不要になった子宮内膜を血液とともに体外へ排出します。 これが生理です。 生理痛があるのは、子宮にある筋肉が収縮するためです。 痛みの強さは、子宮内膜の厚さによっても変わるといわれています。 子宮内膜が厚く、体外へ排出される血液や内膜が増えるほど、子宮を強く収縮させなければならないためです。 その一方、子宮内膜が薄いほど体外へ排出される血液や内膜が減るため、一般的には加齢とともに子宮の収縮は弱くなり、生理痛が軽くなる傾向があります。 生理痛をやわらげるには、ホルモンバランスを整え、カラダを温めて血行を良くする効果が期待できる食べ物を摂取しましょう。 ホルモンバランスを整える効果が期待できる食材としては、女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含む大豆食品が代表的です。 納豆や豆腐、味噌、豆乳など、普段の食事に取り入れやすい食品を積極的に食べましょう。 カラダを温めてくれる食材としては、生姜が代表的。 生姜はすりおろして豆腐に乗せたり、味噌汁やスープに加えたりするといった食べ方もおすすめです。 リラックスタイムに、すりおろした生姜を紅茶に足してジンジャーティーを楽しむのもいいですね。 また、カラダの調子を整える良質なたんぱく質を含む、鶏肉や牛肉、青魚も生理中におすすめの食べ物です。 サンマやアジなどの青魚には、必須脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれているため、生活習慣病の予防効果も期待できます。 食べ物を工夫しても、重い生理痛に悩まされ続ける人もいるでしょう。 そんなときはギリギリまで痛みをガマンするのはやめて医師に相談を。 また、鎮痛剤の副作用や習慣性が心配で気軽に服用できない人もいるかもしれませんが、鎮痛剤には習慣性はないといわれています。 痛みが強くなった状態で服用しても、すでに痛みの原因物質が大量に分泌されているためあまり効果は期待できません。 毎回重い生理痛に悩まされているようであれば、痛みを感じたら早めに服用するとよいでしょう。 生理痛の原因となるのは、黄体ホルモンの作用により子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンというホルモンです。 プロスタグランジンは、子宮を収縮させて不要になった子宮内膜を排出させる作用を持つものですが、過剰に分泌されると子宮の収縮が強くなる分、痛みも強くなります。 このプロスタグランジンが血流に乗って全身にまわると、頭痛や腰痛の原因にもなります。 鎮痛薬はこのプロスタグランジンの分泌を抑制するものであるため、早めの服用が大切なのです。 ただ、月経困難症のように日常生活に支障が出るレベルの生理痛の場合、鎮痛薬が効かない場合もあります。 そんなときは、婦人科で相談しましょう。 痛みをやわらげるために、低用量ピルを服用する方法もあります。 低用量ピルは避妊のイメージが強いですが、生理痛が重い人に処方されることもあります。 低用量ピルを服用すると排卵が止まり、黄体ホルモンの分泌が抑制されるため、痛みの原因物質であるプロスタグランジンの分泌も抑制でき、生理痛の予防につながります。 低用量ピルは医師の処方箋が必要なので、希望する場合は婦人科で医師に相談しましょう。 今回は生理中におすすめの食べ物を取り上げましたが、「冷えは万病のもと」といわれるように、思わぬ病気を引きおこす原因となるものです。 普段の食生活にも取り入れて冷えを予防しましょう。 ただ、食べ物やメニューをひとつずつ覚えるのはとても大変ですよね。 カラダを冷やす食べ物は、夏が旬の食材や暑い地域で収穫されるもの。 カラダを温める食べ物は、冬が旬の食材や寒い地域で収穫されるもの、と覚えておくと食材選びに役立ちます。 旬の食材は栄養も豊富で味も良いですから、積極的に食べましょう。 もし、食べ物や生活習慣を工夫しても症状が緩和されず、鎮痛剤を服用しても痛みが強い場合は、何らかの病気が原因の可能性もありますので、早めに婦人科で診察を受けましょう。 生理は閉経を迎えるまで長い期間付きあう必要がありますから、できるだけ生理期間を快適に過ごせるように工夫することが大切です。

次の

【医師が解説】生理痛を和らげる食べ物は?

生理 痛 飲み物

豆乳には「大豆イソフラボン」が含まれています。 大豆イソフラボンは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの働きと似たような働きをする成分です。 たんぱく質も豊富なので栄養補給にもOKですし、生理痛以外に、生理不順や骨粗しょう症予防、脂質代謝改善などの効果が期待されていますよ。 ただし、飲み過ぎは生理痛がひどくなる恐れがあるため、注意が必要です。 大豆イソフラボンの摂取上限量は1日70mgといわれています。 市販の豆乳飲料200mLには、だいたい約20~40mgのイソフラボンが含まれています。 豆乳を飲んでいる場合は、他の大豆製品の摂取量を減らして調整するようにしましょう。 大豆イソフラボンの含有量は、豆腐1丁で約60mg、納豆1パック約35mg、みそ大さじ1で約9mg、無調整豆乳200mLで約60mgとなっています。 (イソフラボンから糖を分離させたアグリコンとしての値) 野菜は身体の調子を整えてくれる食べ物ですが、生野菜は身体を冷やしてしまうこともありますので温かいスープにしてみてはいかがでしょう。 温かいスープを摂ることでお腹も満たされて、ダイエット効果も期待できますよ。 生理痛を緩和させるのに必要な栄養素はビタミン類です。 ビタミン類が豊富な野菜をスープにして飲むと、身体もぽかぽかしますし、便秘の改善も期待できますよ。 ポトフのようにコトコトと煮ても良いですし、牛乳や豆乳とミキサーにかけてポタージュにしてもおいしいですよ。 生理痛を緩和してくれる野菜にはゴボウやニンジン、タマネギ、レンコン、カボチャ、ショウガ、アボカドなどがあります。 アボカドにはビタミンEが豊富に含まれており、ホルモンバランスを整える効果が期待されています。

次の