橋本 屋 うなぎ。 橋本屋 (はしもとや)

【うなぎ料理】橋本屋

橋本 屋 うなぎ

もくじ• 橋本食堂ってどんな店? 橋本食堂は川魚料理店です。 創業50年を越える店舗ですが、東日本大震災の際に全壊しました。 震災時前から親しんでいた店だったので心配でしたが無事にリニューアルオープン。 畳の部屋を32席整え、リラックスして料理を楽しむ店舗になりました。 橋本食堂では何が食べられるの? 本当に美味しいうなぎを頂くことができます。 ふっくらしていてボリュームがある。 一口食べたときの幸福感と満足感は格別です。 価格も手が届きやすい設定です。 連日とても賑わっており、遠方からのお客様も多いそうです。 橋本食堂ではうなぎが持ち帰りできる! 私、橋本食堂に立ち寄った際はうなぎを持ち帰ります。 店頭で食べることもありますが、基本的に持ち帰ります。 持ち帰れるのは、店頭で口にできるものと同じうなぎ白焼です。 個人的に思う持ち帰りのメリットは以下のとおり。 コストパフォーマンスが高い。 待ち時間がない。 (混雑状況によっては結構待ちます。 自宅でゆっくりうなぎを堪能できる。 好きなごはんの量で食べることができる。 持ち帰って食べることのメリットが結構大きいんですね。 うなぎを購入するにあたり、事前に予約をしていました。 時間になり、取りに行くと開店を待つ行列ができていました。 行列にならぶなら、家でゆっくり食べたいなぁというのが個人的な意見です。 実際に家で食べてみた 今回は3人分のうなぎ白焼を買いました。 白いビニル袋を開いたとき、目が輝いてしまいました笑 もうパックから尻尾がはみでているんですもの! 持ち帰りの際にはうなぎのタレを付けてくれます。 3尾買うと、2本のタレをくれました。 普通の食べ方だと基本的に余ります。 いつも「もっと白飯が欲しい!!」と思いながら食べていました。 自宅であれば、うなぎを一口食べて白飯を心配なくかき込める! 幸せですよコレは!! というわけで橋本食堂のうなぎを楽しみました。 ハッキリ言えます。 橋本食堂で購入できるうなぎはスーパーのうなぎとは比べ物になりません。 私が千葉にいる限り、この店に通うことは止めないでしょう。 本当に幸せを与えてくれるお店です。 今回もブログを読んで頂き、ありがとうございました。 Nashでした。

次の

江戸川橋で人気の老舗うなぎ屋「はし本」。お座敷の個室完備【公式】

橋本 屋 うなぎ

コンテンツ• 橋本屋 神戸店 橋本屋は、兵庫県西脇市の老舗の鰻屋さん。 創業130年を超えるんだそう。 神戸店として、二号店を新開地に出店されています。 現在は、6代目さんなんだそう。 ドコにあるの? 最寄り駅は、新開地駅。 神戸駅からも歩けますよ。 新開地駅からは、海側に徒歩3分といった感じ。 通りは違いますが、ボートピアも近くにあったりとディープな新開地の雰囲気も。 外観 夜は赤提灯が目印になりますよ。 メニュー ランチ限定のお得丼の案内が出ていました。 お得丼(鰻1尾、肝吸い、香の物)にドリンクまたはデザートのついたセット。 2,850円 ランチにもちょっとお酒をいただいてって方には、お得すぎますねー。 店内にあったレギュラーメニュー。 うな重(特上) 3,000円 うな重(松) 2,300円 白焼定食(特上) 3,000円 白焼定食(松) 2,300円 うな丼 1,500円 一品として、肝焼き・骨せんべい・鰻巻き・鰻のタレ酢和えなども。 この他、黒板メニューにおつまみ的な、居酒屋サンな雰囲気のメニューも書かれていました。 夜は、ちょっと飲んで締めで鰻なのかな?? スポンサードリンク うな重(松) 2,300円 気分的にそこまでガッツリではなかったので、うな重(松)をオーダー。 ブログ的には、お得丼だよねーって思ったのですが(苦笑) 神戸の鰻って、実は関東風で提供されることが多いんですよね。 (関東風=一度蒸してから焼いているもの) でも、橋本屋は関西風。 地焼き鰻です。 カリッと焼き上げられ、身はふわりなんですよね。 関東風は全体的に?ふんわりですよね。 ちょっと違うんです。 カリッと焼き上げられているので香ばしさもあり、タレの甘みがあり、 関東風の鰻とは、また違った旨さが味わえますよ。 蒸さないので、鰻の味がダイレクトに楽しめますよ。 コチラでは、三河一色産の鰻なんだそうです。 ごまかしの効かない関西風の鰻。 久しぶりにいただき、大満足でした。 店舗詳細 橋本屋 神戸店 兵庫県神戸市兵庫区湊町3-2-22 ハーバーフジ 1F 078-599-9757 営業時間 11時30分~14時00分 L. O13:30 17時~21時00分 L. O20:30 火曜休み•

次の

【橋本食堂】九十九里で食べられる絶品の鰻(うなぎ)!

橋本 屋 うなぎ

もくじ• 橋本食堂ってどんな店? 橋本食堂は川魚料理店です。 創業50年を越える店舗ですが、東日本大震災の際に全壊しました。 震災時前から親しんでいた店だったので心配でしたが無事にリニューアルオープン。 畳の部屋を32席整え、リラックスして料理を楽しむ店舗になりました。 橋本食堂では何が食べられるの? 本当に美味しいうなぎを頂くことができます。 ふっくらしていてボリュームがある。 一口食べたときの幸福感と満足感は格別です。 価格も手が届きやすい設定です。 連日とても賑わっており、遠方からのお客様も多いそうです。 橋本食堂ではうなぎが持ち帰りできる! 私、橋本食堂に立ち寄った際はうなぎを持ち帰ります。 店頭で食べることもありますが、基本的に持ち帰ります。 持ち帰れるのは、店頭で口にできるものと同じうなぎ白焼です。 個人的に思う持ち帰りのメリットは以下のとおり。 コストパフォーマンスが高い。 待ち時間がない。 (混雑状況によっては結構待ちます。 自宅でゆっくりうなぎを堪能できる。 好きなごはんの量で食べることができる。 持ち帰って食べることのメリットが結構大きいんですね。 うなぎを購入するにあたり、事前に予約をしていました。 時間になり、取りに行くと開店を待つ行列ができていました。 行列にならぶなら、家でゆっくり食べたいなぁというのが個人的な意見です。 実際に家で食べてみた 今回は3人分のうなぎ白焼を買いました。 白いビニル袋を開いたとき、目が輝いてしまいました笑 もうパックから尻尾がはみでているんですもの! 持ち帰りの際にはうなぎのタレを付けてくれます。 3尾買うと、2本のタレをくれました。 普通の食べ方だと基本的に余ります。 いつも「もっと白飯が欲しい!!」と思いながら食べていました。 自宅であれば、うなぎを一口食べて白飯を心配なくかき込める! 幸せですよコレは!! というわけで橋本食堂のうなぎを楽しみました。 ハッキリ言えます。 橋本食堂で購入できるうなぎはスーパーのうなぎとは比べ物になりません。 私が千葉にいる限り、この店に通うことは止めないでしょう。 本当に幸せを与えてくれるお店です。 今回もブログを読んで頂き、ありがとうございました。 Nashでした。

次の