もっと勉強しないと 英語。 本当に初心者の勉強(DSえいご漬けや英会話)について

意味を教えてください

もっと勉強しないと 英語

社会人が英語の勉強をする時に大切なこと 一番、肝になってくるのが「時間のやりくり」だ。 社会人の英語勉強で一番大切なのは「時間の有効活用」、これに尽きると言ってもいい。 多くの社会人が英語の勉強を挫折するのは、時間がうまく使えなくなるからだ。 ある日、忙しくて英語の勉強を後回しにしてた。 ある日、仕事でとても疲れていたから寝てしまった。 こうして、社会人は英語の勉強をしなくなっていくのだ。 つまり、こうならないようにすれば状況は改善するということだ。 では、具体的にどのようにすればいいか、コツをチェックしていこう。 朝の時間を有効活用しよう とにかく、「朝」が大切だ。 勝負は朝、決まると言ってもいいほど、朝が肝になってくる。 いつもより1時間から2時間早く起きて、英語の勉強をしよう。 なぜ、朝が大事かというと、朝は他の予定がないからだ。 夜勉強しようと思うと、仕事が忙しくなり手が回らなくなったり、飲み会が入ったりして英語の勉強が続きにくい。 朝はその点、睡眠を少し早く切り上げるというつらさはあるが、そこに仕事や飲み会は入ってこない。 朝の時間を活用して、シャドーイング(ネイティブの発生に少し遅れながら音読で真似してついていく方法)したり、英文法の例題を解くのもおすすめだ。 通勤時間中も英語の勉強 通勤時間は、人により差があるが、例えば片道60分だとしたら、往復2時間も勉強ができる。 通勤時に適した英語勉強は、「精読」や「リスニング」になる。 精読は、自分の好きな英語小説などを用意し、それをひたすら読むことだ。 単語を調べなくてもだいたいの意味がわかるレベルの本を選ぼう。 またリスニングは、ネイティブの音声を耳から聞くことだ。 ポッドキャストや映画など様々な音声があるので、自分の好みや必要性を考えて選ぼう。 隙間時間に英語の勉強 ランチや、仕事の移動時間などのちょっとした隙間時間をつかって英語の勉強をしよう。 おすすめなのは、英単語を覚えることだ。 さっと目を通すだけでも違ってくる。 しかし、ここまでハードにやると疲れるので、思い切って休みにしてもいい。 長く続けられるスタイルを自分で探っていこう。 寝る前の時間に英語の勉強 寝る前は、脳の仕組み上、暗記作業をすると記憶に定着しやすいと言われている。 英単語を覚えたり、文法問題集をするのもいいだろう。 また、夜はもうひとつ大切な作業をするといい。 それは、 その日1日にした英語勉強についてノートに記載することと、翌日の英語勉強の計画をたてることだ。 この、予定と振り返りによって、自分の英語勉強を積み上げていくことができるようになる。 英語の勉強は、成長した実感を持ちにくく、空虚な気持ちになりやすい。 毎日の勉強記録をつけることで、少しでも自分が積み上げてきたものを振り返ることができるため、今後の励みにつながりやすい。 社会人の英語勉強ですべき内容は? 勉強する内容については、それぞれのレベルやなりたい未来像によって変わってくる。 使える英語を話したいなら、「リスニング、シャドーイング、英会話レッスン」を行いつつ、適宜足りない英単語を覚えたり、あいまいな英文法を見直したりすることになる。 TOEICの点数を上げたいなら、「リスニング、シャドーイング、英文法、精読」を行いつつ、英単語を覚えるということになるだろう。 いずれの場合においても、社会人が英語の勉強をする際は、時間をどう使うかということが肝になってくるだろう。 勉強のペースさえ乱さなければ、あなたの英語力はぐんぐん伸びていくことになる。 しかし、実際のところ、この英語学習を継続するということほど難しいこともない。 これまでにも、だらだらと英語の勉強をしながら継続できずに終わってしまった経験のある人もいるだろう。 もしあなたが、これまでにも独学の英語学習に挫折したことがあるならば、今回は、少し本腰を入れてコーチング系英会話スクールに行くことも検討してみてほしい。 コーチング系英会話スクールなら、あなたと一緒に学習スケジュールを組み立ててくれて、毎日必ず英語学習の進捗をチェックしてくれる。 さらに、具体的にどのように英語学習をすればいいか、あなたの目標にあわせて最適で最短のカリキュラムを作成してくれるのだ。 あなたは、あなた専属のコーチの言う通りに、ただ勉強さえすればいい状態になる。 自分ひとりで英語学習をするのとでは、「結果」に大きな差が生じるのは明らかだ。 今度こそ本気で英語を身に付けたいという社会人なら、このあたりで自己投資をするのも賢明な選択となりそうだ。 短期間で英語力アップをのぞめると話題なのが「PROGRIT(プログリット)」だ。 PROGRIT(プログリット)は、マッキンゼー出身者がつくった実力派英語スクール。 コーチの実力が高く、英語の疑問点に対する回答が理論的で腹落ちするために、ストレスなく実力がアップすると人気が急上昇中のコーチングスクールになっている。 カウンセリングは無料なので、一度足を運んでみよう。 人気No. 1 「トライズ」・・・圧倒的人気ナンバーワン!• 総合的に英語力を上げたい人向け! 専属コーチスタイルの草分け的存在! 【トライズの特徴】 *あなただけのオーダーメイドカリキュラム *専属日本人トレーナーとネイティブ講師があなたをサポート *受講期間は1年! *初心者でも1年で英語が身につく!• 人気No. 2 PROGRIT(プログリット)• たった2ヶ月でも結果を出す!元マッキンゼー出身者による独自メソッド(旧トックンイングリッシュ) 【PROGRIT(プログリット)の特徴】 *あなただけのオーダーメイドカリキュラム *専属コーチがあなたを詳細にサポート *受講期間は2ヶ月〜! *TOEICコースあり *通学できない人にはオンライン対応も可能!• 人気No. 3 RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)• どんなに初心者でも確実に引き上げてくれる!実は英語でも実力派!! 【ライザップイングリッシュの特徴】 *カリキュラムはあなたのレベルにあわせカスタマイズ! *専属トレーナーがあなたをサポート! *受講期間は2ヶ月〜! *スピーキングコース・TOEICコースあり 番外編 一時的な助けが必要なら もし、英語が必要なシーンが目の前に迫っているなら、一時的に助けになるだろう。 ポケトークに向かって日本語で語りかけると、必要な言語に自動変換されて相手に伝えてくれる。 相手がしゃべった言葉は、自動的に日本語音声となり再生してくれる優れものだ。

次の

【それは正常な証拠です】TOEICの勉強がつまらない・飽きてしまった人へ【もっと楽しい勉強法があります】

もっと勉強しないと 英語

初めまして、僕が「英語日記BOY」の新井リオです 「英語が話せるようになりたい」と思ったときにまず浮かぶのが「語学留学」ですよね。 5年前の僕もそう思い、実際に調べてみたんです。 そうしたら、一年間でかかる平均費用が200~300万円だと分かり、衝撃を受けました。 「これじゃ、英語を話したい人が一番初めにやる努力が『お金を貯める』になってしまう」と。 そこで 僕は、なんとかお金がかからない英語勉強法はないかと考えました。 しかし、英単語をたくさん覚えても、教科書を丸暗記したとしても、英語が話せるようになるイメージは一切湧きませんでした。 次第に、僕はこんな思いを抱くようになります。 そもそも、「英語が話せる」って何を指すんだろう? 何をクリアできている人をペラペラって呼ぶんだろう? 僕にとってのペラペラは、瞬時にフレーズが出ること まずは「英語が話せるということの定義」を決めないことには、英語が話せるようにはならないと感じました。 そこで、僕はこんなことを考えます。 例えばアメリカ人の小学生は、まだまだ話せないことがたくさんあるものの「英語が話せる人」ではありますよね。 つまり、(ペラペラというとどんなシーンにも対応できる英語力が連想されますが、)「今の自分に必要な分野の英語」がある程度話せていれば、その人は英語が話せる人だと言っていいと思うんです。 営業の人は営業で使えるフレーズから、カメラマンの人は写真にまつわる専門用語から先に英語で言えるようにしてしまえばいい。 「自分に合った英語」があるんです。 こうして僕は、「英語が話せる」ということの定義を、以下のように決めました。 英語が話せるとは、 「今言いたい英語フレーズが瞬時に出てくる能力」だ! この定義が染み付くと、勉強法が変わってきます。 教科書のフレーズは、一生使わない例文ばかり 例えば教科書にはこんな例文があります。

次の

「もっと勉強します」に関連した英語例文の一覧と使い方

もっと勉強しないと 英語

みなさん、こんにちは!GCSの児玉です。 1月に入ってようやく仙台は雪が降るようになりましたね。 自分はスキーに行くことが好きなのでようやく雪が降ってくれて嬉しい気持ちです。 寒いのは嫌ですが。。。 上の写真は、僕の留学先スイスのスキー場での写真です。 この日はクリスマス直前でサンタのコスプレをしてきた人はリフト券が無料になるというイベントがあったのでサンタがたくさんいました(笑) さて、今回は 僕が留学中に後悔した英語についての記事を書きたいと思います。 留学を控えた皆さん、英語 もしくはその現地で使う言語 の準備は進んでいますか?重要度は極めて高いにも関わらず、他の準備で忙しくて後回しにしてないでしょうか? というのも、僕が英語学習を後回しにしてしまい留学が始まった当初かなり苦労した人間だからです。 以下では、そんな僕が 留学前に勉強しておけばよかったと感じたことと僕がとった英語の勉強法 リスニングとスピーキング についてまとめました。 記事を読んで、 自分の英語力にまだ自信がないなと感じている人はぜひ留学前に自分で自信を持てるくらいまで準備をしていきましょう。 リスニングがとにかく大事!相手の話を聞けないことには始まらない。 さて、英語を勉強するにあたっておそらく日本人が一番苦手意識を持つのはスピーキングで、まずそれを鍛えようと考える人は多いと思います。 しかし、旅行であれば一番必要な能力はスピーキング力かもしれませんが、 留学ではリスニング力がまず鍛えるべき最も重要なスキルだと僕は考えます。 というのも、英語で何かディスカッションやグループワークをしようとする時、そもそも相手の話を理解できないと話の流れに沿った発言ができず相手にしてもらえないからです。 そのため、忙しくて時間がない人も留学に行く前にせめて リスニングだけは徹底的に鍛えていくことを強くおススメします。 リスニング力を鍛える方法として、よくあるのがTED Talkを見て勉強したり英語のニュースを聞くというのが王道だと思います。 でも、僕はかなり飽き性なので、わりと堅めなTEDやニュースなどではモチベーションがあまり上がりませんでした。 そこで、僕がよくやっていたのは NETFLIXのオリジナルドラマを下の順序で見る方法です。 1.ストーリー理解のため英語音声・日本語字幕付きで見る 2.英語音声英語字幕付きで見る 3.英語字幕も無しにして見る こうすることで、何を話しているか明確に理解した上で耳を慣らしていくことができたのでおすすめです。 加えて、NETFLIXのドラマは面白くて すぐに次の話が見たくなるし、ドラマを変えればアメリカ訛りやイギリス訛り、さらにはスペイン訛りなど 様々な訛りにも触れることができるので僕的にはベストな教材だと感じました。 お金がかかってしまうのがネックではありますが、なかなかリスニングの勉強が進まないと悩んでいる人がいたらぜひ試してみてください! II.英語がある程度聞けるようになったら、あとはひたすら実践あるのみ! リスニング力がだいぶ鍛えられたなと感じる人は、ぜひスピーキングにも力を入れていきましょう。 スピーキングを鍛えるためには、やっぱり誰かと話をすることに尽きると思います。 リスニングを鍛える中で覚えた表現も積極的に使っていきましょう。 日本にいる間に英語を話す機会がない、相手がいないという人のために東北大学で英語を話せる機会についていくつか下にまとめてみました。 ・ ・ ・, などの国際交流団体 他にも、今はオンライン英会話の値段もかなり下がっていて比較的手軽に利用できるので、1 on 1で毎日みっちり鍛えたい人にはおすすめです。 GCSでも来年度に英語力upのためのイベントを企画するかもしれないので、もし興味がある人がいればぜひ参加してみてくださいね。 このように、理系の場合、留学中に研究室や授業で数式や自分の専門分野の用語について説明をしなければならない機会もあると思うので、もし慣れていない方は今のうちに勉強しておきましょう。 ちなみに、僕は有機化学という分野を専攻していたのですが、日本の化学はドイツを参考に発展してきた歴史があるので、基本的な用語がすべてドイツ語の発音をします。 そのため、自分が日本でしていた発音では基本的に周りには通じなかった一方、ドイツ人の先輩には理解してもらえたのが興味深かった思い出です(笑) ーーー 以上、僕が留学中に苦労した英語についてまとめてみました。 留学生活では 英語で意思疎通ができてようやくスタートラインに立てるようなものなので、留学を控えた皆さんはぜひ留学に行く前に万全の準備をして留学中後悔をすることがないようにしてもらえると僕も報われます(笑) もし英語のことを含め留学準備について何か不安なことがあれば、ぜひお気軽にGCSにご相談ください!お待ちしております!.

次の